ID登録せずに、ニックネームで質問できる♪教えて!gooアプリ

  こんばんは。

 タイトルの通りですが、医薬品だとアスコルビン酸が主成分ですが、サプリの場合はローズヒップなどから造られています。

 同じ量のビタミンCを摂取した場合の効能は異なるのでしょうか?


 ちなみに、私はサプリをいつも飲んでいます。風邪気味の時には多く飲むようにしています。


 気長に回答をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ビタミンCに限りませんが、医薬品と同じ成分のサプリメント(健康食品のことと解釈いたします)の場合は、成分的には同等ですが、含有量の基準についての考え方が異なります。



医薬品の場合は使用期限があり、その期限内は成分含有量が一定の範囲にあることが規定されています。
裏を返せば、使用期限内に含有量が基準未満となってしまうようなものは、医薬品としてはありえないということになります。

一方健康食品の場合、成分含有量を表示しているものも多くなってきていますが、この量は実は製造時の量であることが多いのです。
つまり作る時に入れた量であって、ビタミンCのように時間の経過とともに力価の低下が見られるものについては、たとえ賞味期限内でも表示量が含まれているという保証はありません。

特に健康食品でこういったものを選択する必要のあるときは、医薬品を作っているメーカーが製造したものの方が信頼できることが多いようです。
それはたとえ健康食品といえども、心あるメーカーは医薬品に準じた基準を社内で設けて製造している場合が多いからです。
もちろん、そうでないところもありますが、一般的な傾向として、という意味です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

  こんばんは。回答ありがとうございます。成分的に同等でも含有量の考え方の違いということで詳しく書いていただき参考になりました。

お礼日時:2005/12/15 23:09

NO.2の方がいわれている通り、医薬品と健康食品は増量して3年なら3年の使用期限内にちゃんと摂取量を保証しているかどうかという違いはあるかも知れませんが、基本的には同じものです。


 ローズヒップのような成分を入れているのはイメージの問題で、ビタミンCに関して合成品です。しかし天然と合成は全く同じものですので、心配はいりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。回答ありがとうございます。同じものですか。ローズヒップはイメージ向上のようですね。参考になりました。

お礼日時:2005/12/16 22:57

同じ量なら全く同じです.(但し,食品の場合は表示量だけ入っている保証はありません.)



但し,VCは安定性が悪いので,医薬品の場合は3年間の保証はしておりますが,サプリの場合は,内容量の保証はありませんので,なるべく新しい製品を購入下さい.

多分ですが,量販店の薬局では,皇漢堂のビタミンC錠330錠入り840円程で売ってますのでこの方が安いと思います.健康食品系は高いだけです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

  こんばんは。アドバイスありがとうございます。同じということと、安定性の保証とのことが分かり、参考になりました。

お礼日時:2005/12/15 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市販のビタミン剤と処方箋のビタミン剤の値段

現在ビタミンCを病院で処方してもらって飲んでいます。
病院で処方してもらうのと、ドラッグストア等で購入するのでは値段に違いはありますか?

Aベストアンサー

ビタミンCはビタミンの中でもいちばん身近なもので、美白、しみ、ソバカス、風邪予防のもくてきで多くのサプリメントが発売されています。
また多くの食品にも添加されていますね。

実は、ビタミンCはサプリメントだけでなく医師が処方箋で、治療の一環とし使用することもあります。
処方箋で出されるくらいだから、医薬品のビタミンCはサプリメントよりも強力なのでしょうか?

処方箋でよく使用されるビタミンCの代表的なものとして、シナール配合錠とシナール配合顆粒があります。

含有成分は
1錠中または1g中に
 アスコルビン酸200mg
 パントテン酸カルシウム3mg

このアスコルビン酸がいわゆるビタミンCのことです。
処方箋でのよく使う使い方は、1回1錠(1g)を毎食後に服用なので、1日3錠を服用します。
つまり、1日アスコルビン酸600mgになります。

この量は多いのでしょうか?

サプリメントでよく見る摂取帯は、1日1000mg~1500mgだから、600mgだとこれに比べるとずいぶん少ない量になります。

ビタミンCは、美白目的や風邪の予防を期待するのであれば、2000mgくらいの積極的な摂取が必要とされています。
たとえば、シナール配合錠と同じ、塩野義製薬が発売している市販用のシナール(シナールEX)があります。
同じ塩野義製薬が出しているのに、1日量が2000mgとたくさん入っています。
「病院のビタミンCの方は、量が多くてよく効くし、保険が効くから安い」なんて思っている方は多いが、実はそんなことないんです。
シナールだけだとなんだからもう一種類有名な処方箋薬として、ハイシー顆粒というメジャーな処方薬があります。

■ハイシー顆粒
1g中に、アスコルビン酸 250mg
これも毎食後に1包ずつってのがよく見る使い方だから、1日750mgだ。ちなみに、ハイシー顆粒は、医薬品添付文書に1日0.2~8gと記載されているので、最高で、ビタミンCを2000mgまで服用できます。

医師が1日量を決定して処方してくれるので、積極的に摂取したい人は、8gでお願いするといいでしょう。
ちなみに、病院で薬をもらうときはふつうは保険が適用になりますが、美白目的で使用するときは、病気で使用するわけではないので、自費での処方になる診察代と薬の処方代を考えると、決して安くありません。
しかし、保険でビタミンCを治療目的で使用することもあります。
皮膚科でよく使う目的としては、炎症後の色素沈着の予防です。
怪我をしたり掻き壊した皮膚は、傷が治るにつれて色素沈着っていって、皮膚が黒ずむことがあります。

これの予防(治療)には保険が適用されるので、受診してビタミンCをもらうのもいいかもしれないですね。
これなら市販薬を買うよりも安くつくでしょう。

なので、基本的に処方箋の方が、分量が少ないのです。
相対して安いということですね。

ビタミンCはビタミンの中でもいちばん身近なもので、美白、しみ、ソバカス、風邪予防のもくてきで多くのサプリメントが発売されています。
また多くの食品にも添加されていますね。

実は、ビタミンCはサプリメントだけでなく医師が処方箋で、治療の一環とし使用することもあります。
処方箋で出されるくらいだから、医薬品のビタミンCはサプリメントよりも強力なのでしょうか?

処方箋でよく使用されるビタミンCの代表的なものとして、シナール配合錠とシナール配合顆粒があります。

含有成分は
1錠中また...続きを読む

Qビタミン剤とビタミンサプリの違い

 
薬局で売っているビタミン剤(アリナミンなど)とスーパーの食料品売場にあるビタミンサプリの違いは何ですか。

使い分けとかあるのでしょうか。
 

Aベストアンサー

アリナミンは医薬品です。そこで医薬品とサプリメントの違いを説明します。

医薬品は日本薬局法の基準に基づいて作られており、効果・効能をうたうことが認められています。当然表示の成分がきっちり含まれてないといけません。

一方サプリメントは特にこのような基準はなく、効果・効能はうたえません。(うたうと薬事法違反になります)従って、サプリメント(以下サプリ)は表示どおり成分が含まれていないものもあるかも知れません。ただ信頼のおけるサプリメーカーのものなら表示の成分は含まれているでしょう。

サプリは直接効果・効能はうたえませんが、3段論法で効果・効能を連想させているケースが多いです。たとえば「物質○○は××に効果があります。このサプリは○○をこれだけ含んでいます。(だからこのサプリは××に効果ありと連想させる)」と表示します。これなら違法ではありません。

ビタミン不足で疲れた人には、それを補う医薬品を飲めは効能がありますが、ビタミンが足りていても疲労しているケースがあり、そんな人が同じ医薬品を飲んでも、疲労は回復しません。
逆にビタミン不足で何らかの症状が出ている人へは、サプリでビタミンを補えば、症状は回復します。

昔ビタミン不足で起きた脚気や壊血病は、サプリのマルチビタミンを用法どおり飲んでいれば未然に防げます。

私は毎日いろいろなサプリの世話になっていますが、日々快調です。

アリナミンは医薬品です。そこで医薬品とサプリメントの違いを説明します。

医薬品は日本薬局法の基準に基づいて作られており、効果・効能をうたうことが認められています。当然表示の成分がきっちり含まれてないといけません。

一方サプリメントは特にこのような基準はなく、効果・効能はうたえません。(うたうと薬事法違反になります)従って、サプリメント(以下サプリ)は表示どおり成分が含まれていないものもあるかも知れません。ただ信頼のおけるサプリメーカーのものなら表示の成分は含まれているでし...続きを読む

QビタミンC内服錠剤でシミに効果があった方いらっしゃいますか?

顔の薄いシミを消したくて、ハイチオールC・システィナC・レーベルホワイトなど合わせて8ヶ月ほど飲み続けていますが、全く効果が現れません。(ちなみに、種類を変えたり、長期間飲み続けることについては全く問題ないと店頭で薬剤師さんに言われました)
問題はなくてもこのまま飲み続けて効果がないなら中止しようと思うのですが、これらの錠剤で効果があった方はいらっしゃいますか?
その場合、何ヶ月目にどれくらいの効果がありましたか?
あまりにも効果がなさすぎて悲しひです・・・。

あと、もともとシミだったところがホクロになってしまった箇所がいくつかあります。これを消す方法ってもうレーザーしかないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
聞いた話なので根拠が示せませんが、肌に対しての効果を期待するのなら、最低でも1000mgは摂取しなければダメだそうです。

理由は#2の方がおっしゃっている通り、体内で生命維持に必要な箇所から、優先的にビタミンが消費されているため、よほど大量に摂取しなければ、肌にまでその効力が回らないためです。
確実に効果を出すためには、摂取限度、つまりお腹を下さないギリギリの量をとらなければならないそうです。
ちなみに現在成人の摂取限度として定められているのは2000mgなので、この範囲で調整してみてはどうでしょうか。

ほくろに関してはどうしても分かりませんので、他の方の回答をご参照ください。
ご参考になれば幸いです。

Qサプリメントのビタミンと医薬品のビタミン

たまにサプリメントを飲んでいます。ビタミンCとかビタミンBなど。他。
薬局で、よく「疲れに効く」などと書いてある薬(第三類医薬品と書いてありました)にもビタミンBがいくつか入っていました。
同じビタミンでも、サプリメントのビタミンと医薬品のビタミンは違うのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サプリのビタミンも薬品のビタミンも同じように作られているので、サプリを飲んでも、そのビタミン欠乏症には効くはずです。しかし薬事法上の制限があって、サプリは効能を謳うことが出来ないだけです。

医薬品とサプリの違いは下記↓に詳しく説明があります。

http://health.merrymall.net/ci01_07.html

疲れに効くといっても、その疲れが単に寝不足に拠るものなら、医薬品を飲んでも効きません。ビタミン不足に拠る疲労には、サプリを飲んでも効くでしょう。

QビタミンCのサプリメントでおすすめはありませんか?

お世話になります。
ビタミンCのサプリメントを
購入しようと思っているのですが
おすすめを教えてください。

Aベストアンサー

お勧めの・・・・病院での検査に使用する、岩城製薬などのアスコルビン酸は純度スリーナインで、遮光瓶に入っています。500グラムが基本です。

サプリは此れを固めたり、カプセルに入れたものです。
又、刺激が少ないようにカルシウムなどと結合させたものもあります。

V-Cは殆どの人はグラム単位で摂取すると効果が出ますので、安価のを大量に購入するのが良いでしょう。

QビタミンC(L-アスコルビン酸)の価格の違い

美白のために、ビタミンCを飲もうかと思っていますが、探してみたらずいぶん価格が違うものがあり困っています。
安いものだと1kgで1000円台のものがあります(L-アスコルビン酸99%以上・原末と書いてあります)
日本薬局方と書いてあるものだと500gで4000円ぐらいします。

この違いはなんですか?原料やメーカー(ブランド)の違い?

やはり高いほうが品質としてはいいのでしょうか?

Aベストアンサー

日本薬局方は薬事法に基づき厚生労働大臣が定めた医薬品の規格基準書です。これに基づかない物は日本では医薬品とは認められません。日本薬局方と書かれたものは、この規格基準に依拠して作られていることを意味します。

>この違いはなんですか?原料やメーカー(ブランド)の違い?

日本薬局方の規格基準に細かく対応して作られたかどうかの違いだけです。

>やはり高いほうが品質としてはいいのでしょうか?

日本薬局方の規格基準に細かく対応するため、製造過程での各種チェックもしっかり行われているので、そのように考えて良いです。少なくとも、ビタミンCの医薬品を作るには、日本薬局方の原材料を使わねばなりません。

1kg1000円台のビタミンCも、日本薬局方のビタミンCと化学構造は同じです。ということは、両者の化学作用は同じであると考えられます。巷で販売されているビタミンCサプリは、安い方のビタミンCレベルの物が原料となっていますので、効果効能は謳えません。ただ、もし医薬品のビタミンC製剤が手に入らない環境で、ビタミンC投与を必要とする患者がいるならば、医師は1kg1000円台レベルのビタミンCもしくはビタミンCの豊富な食品を摂取するように指示するでしょう。

ビタミンCは科学的に不安定ですので、余り大量に買って長期にわたって保存すると、壊れやすいものです。それは日本薬局方のビタミンCと言えども同様です。特に1kgとか500gなどというのは粉末状なので、空気に触れる面積が大きく、保存には気を付けないと壊れやすいです。特に高温多湿の環境では要注意です。

有名メーカのビタミンC製剤は高価ですが、知名度の低いメーカーのビタミンC製剤は比較的安価に購入できます。ともに医薬品ですので、ビタミンC配合量が同じであれば、同じ効き目のはずです。価格の比較がしやすいので、下記に通販サイトのURLを貼り付けます。近所のドラッグストアや他の通販サイトなどで、もっと安くできる購入できる可能性があります。

http://www.kenko.com/product/seibun/sei_662040.html

日本薬局方は薬事法に基づき厚生労働大臣が定めた医薬品の規格基準書です。これに基づかない物は日本では医薬品とは認められません。日本薬局方と書かれたものは、この規格基準に依拠して作られていることを意味します。

>この違いはなんですか?原料やメーカー(ブランド)の違い?

日本薬局方の規格基準に細かく対応して作られたかどうかの違いだけです。

>やはり高いほうが品質としてはいいのでしょうか?

日本薬局方の規格基準に細かく対応するため、製造過程での各種チェックもしっかり行われているの...続きを読む

Q天然100%で一番お手軽なビタミンCのサプリメント教えてください

私はここ10年くらい、ずっとビタミンCのサプリを愛用していました。最初は医者から処方されたシナールに始まり、ファンケル、DHC・・。
おかげで(?)20代後半になってもシミはできてないですが・・でもこのごろ天然ものと合成ものとは違うっていう意見がありますよね?!
合成側の人は元素記号は一緒だから効き目は同じ・・とか言われますが、どうせ取るなら少々高くても天然100%のものにしたいと思っています。
なので、天然100%で、配合されたビタミンCの量に見合った値段が一番安いものを教えてください。
とりあえず私が知ってるのは化粧品メーカー”アスカ”のものなのですが・・。 ↓
http://www.natural-aska.co.jp/products.html
これならOKなのでしょうか?ただ、ビタミンCの含有量から考えるとずいぶん高いですよね。。
もっと安くて天然100%のサプリメント、オススメあったら教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

No.2のasrunです。
私も飲んでて気になったので問い合わせてみました!!
アスコルビン酸はやはりケミカル(天然ではない)だけども、ビタミンCの中では実績のある成分だそうです。
それから、ローズヒップはもちろん天然成分でした。
一緒にあるビタミンEも、天然成分だそうです。

参考URL:http://www.dms.co.jp/sup/SUP0001.html

Q総合ビタミン剤で一番いいのは?

ネイチャー○イドやポポ○Sなど色んな総合ビタミン剤がありますが
どれが一番いいのでしょうか?

Aベストアンサー

ビタミン剤を買うなら医薬品のを買いましょう.医薬品は入っている量をきちんと保証しています.安全性や有効性が証明されていますから安心です.医薬品は品質の問題ありものは絶対市場には無いのが普通です.厚生省がしっかり見張っています.ですから安くても医薬品メーカー品なら何処でも同じです.

サプリ関係は中味の保証は何らありません.製造時はいれてはありますというだけで,本当に入っているのか,分解してしまっているかも知れません.含量の保証は何らしていません.添加物もいろんなものが使われています.健康被害が多くでているのはこうした健康食品です.

  http://hfnet.nih.go.jp/
 

Qサプリメントって、本当に効果あるんですか?

しみ・そばかすに効くチョコラ○○とか、溜まった脂肪を落とす何とかとか、寝ている間にアミノ酸ダイエットとか、炭水化物を採らなかった事にする何とかとか、さらにはヒアルロン酸、コエンザイムQ10、コラーゲン・・・・・
一日に15種類くらいのサプリを何年も飲み続けていますが、肌色は別に白くならないし、脂肪もたいして落ちないし、最近、なんだかサプリにお金を使うのがバカらしくなってきました。

【サプリメントって、本当に効果あるんですか?】

Aベストアンサー

サプリは、身体に欠乏している要素を、食品などより効率的に摂るというものです。
マイナスをゼロの状態に戻すということです。
ゼロをプラスの状態にするのではありません。

VB2,6 が不足して皮膚が荒れるならば、○ョコラが効くかもしれません。
VC が不足して体の抵抗力が下がっているなら、○イシーが効くかもしれません。
大量に摂れば、メラニンの産生を抑えるかもしれません。

原則、生活習慣などを改めるのが先で、サプリを飲んでいるから、○○しても大丈夫は大間違い。
極端な生活をしなければならない人は別ですが、ほとんどの方は普通の生活をしているはずでずし・・・

溜まった脂肪を落とす、アミノ酸ダイエット、摂らなかったことにするは、まず効かないでしょう。
別の方法を検討しましょう。飲むだけという手軽な方法は、それなりの効果です。
ヒアルロン酸、コラーゲン、コエンザイムは、まあ、金が余って気休めが欲しければお勧めですが。

規則正しい生活、睡眠、普通の食事をしていれば、必要ではありません。

QビタミンCの摂取量上限

アレルギー&美容対策にここ何年かビタミンCのサプリメントを飲んでいるのですが、どうも効果が感じられません。
最近聞いた話では、ビタミンCをとっても最初は体の必要なところ(内臓関係?)の方に使われてしまって、残ったモノが肌に効くというとのこと。
だとしたら、なるべくいっぱいとって肌にまでいきわたらせなくちゃ!と思っているのですが、摂取上限がないといわれているビタミンCも、ビタミンCだけでとりすぎると尿酸結石の原因になる(ビタミンB6やマグネシウムを合わせてとれば大丈夫らしいのですが・・)とか、合成モノだと大量に摂取すると胃痛をおこすとか副作用もあるみたいです。
そこで、副作用をおこさず、効率的に摂取するには、一日どれくらいの量を、何回くらいにわけたら一番良いのか知りたいです。
また、オススメのビタミンCサプリも教えてもらえるとうれしいです。
今はファンケルを使っているのですが、これはビタミンB6も、マグネシウムも含まれていないので大量にとることはできなさそうなので、もっと飲む回数を増やすとしたらファンケルに加えたいと思うので。。
長くなりましたがよろしくおねがいします!

アレルギー&美容対策にここ何年かビタミンCのサプリメントを飲んでいるのですが、どうも効果が感じられません。
最近聞いた話では、ビタミンCをとっても最初は体の必要なところ(内臓関係?)の方に使われてしまって、残ったモノが肌に効くというとのこと。
だとしたら、なるべくいっぱいとって肌にまでいきわたらせなくちゃ!と思っているのですが、摂取上限がないといわれているビタミンCも、ビタミンCだけでとりすぎると尿酸結石の原因になる(ビタミンB6やマグネシウムを合わせてとれば大丈夫らしい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
先日回答させてもらった者です。
2,3日してこのログを見たら、なんだかすごく難しいことになってたので、びっくりしてしまいました。
ところで、過剰摂取が却ってカラダを酸化させてしまう可能性がある、というのは、簡単にいいますと、活性酸素と同じことって意味でしょうかね。

酸化防止の働きをするものというのは、その物質自体が、カラダの身代わりとなって酸化してくれる、ってことが多いようです。そうしますと、酸化したその物質は、むしろさっさとカラダの外に出てってくれよ、という、まことに自分勝手な(?)話になってしまうわけですねえ。
これは、V・Cに限らず往々にして言われることで、わたしも誰かに聞いたことがあります。
でも、Cのいいところは、とにかくこの「さっさとカラダの外に出てしまう」ことなんじゃないですかね。

因みに、結石の原因になるというのは、私もはじめて知りました。
腎臓に負担をかけるという点について、本には、一日1000ミリグラム以内なら心配ないであろう、と書いてあったのです。

またボウコウに負担をかけるのは、アスコルビン酸ナトリウムのナトリウムだとも、別の本で読みました。だから、薬局で成分を見る場合は、ナトリウムとつかない組成のものがいいのだな、と、漠然と思っていました。

それから、これはまた別の、お医者さんが何かの雑誌に書いてたことですが、V・Cの効果は、血中濃度を一定以上に保ったときに現れる。だから、摂ったり摂らなかったりは、好ましくない、続けるなら続けること、とありました。

そのお医者様は、V・Cが、知能指数を上げるとか、ボケをくいとめるという話を、医学雑誌で読んで、飲み始めたそうです。
その人自身が、最近ちょっとボケてきた、と不安になっていたからだそうですが、みごとに改善したとありました。

で、懸案はどうも飲む量ですよね。そのかた、さすがにお医者さんらしく、摂取量を、少しずつ増やしていったらしいのです。
これが一番無難なやりかたか? と思います。

それと、サプリの効果は、体質などで、現れにくい人もあるし、効果が現れない、と思うスパンを、もっと長くみたほうがいいと思います。
V・Cは、薬局で、アスコルビン酸と言えば、いくつか出してくれると思います。

Cに関しては、こっちのCがいいとか、どのCがオススメとか、そんなにないんです。どれも、CはCだから。
本当は、食事から摂るのが一番なんでしょうが、前述のように、血中濃度を一定以上に保つためには、サプリのほうがわかりやすいですよね。

あんまり深く考えず、一日500ミリから1000ミリグラムならいいんじゃないでしょうか? それで何か問題が出るようなら、減らせば。
ポーリング博士が何年20グラムを続けたか、私も知りませんが、私は10グラム摂るのを少なくとも1、2年は続けました。
さっぱり元気です。どこも病気はありません。尿結石にもなっとらんようです。
だから、その10~20分の1くらい、大丈夫なんじゃないですかねえ。

こんにちは。
先日回答させてもらった者です。
2,3日してこのログを見たら、なんだかすごく難しいことになってたので、びっくりしてしまいました。
ところで、過剰摂取が却ってカラダを酸化させてしまう可能性がある、というのは、簡単にいいますと、活性酸素と同じことって意味でしょうかね。

酸化防止の働きをするものというのは、その物質自体が、カラダの身代わりとなって酸化してくれる、ってことが多いようです。そうしますと、酸化したその物質は、むしろさっさとカラダの外に出てってくれよ、と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング