非線形光学効果は将来的にどのように活用されていきそうなのか?を調べているのですがわかりません.誰か教えてください.
全光情報処理は将来的に活用されそうなものなのですか?それも,知りたいです.よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

レポートですかね。



はっきり言うと答えはありません。
誰も将来どうなるのか確たる事は言えないのです。
つまり、現在までのわかっている非線形光学効果と、提案されている応用などをみて、「自分はどう予測するのか」を聞いているわけです。

総合的に考えなければならないため、一人一人着眼点も異なれば、予想も異なるでしょう。
私も一専門家であり、私なりの意見もありますが、必ずしも他の専門家の意見と一致してはいません。

全光学情報処理を実現しようとしたときに、今の電子技術に対抗できるメリットはなんですか?
それがわからなければ応えようがないし、それすら人によって意見は異なるでしょう。
ちなみに、昔NASAでは画像処理のために光コンピュータを作ったことがあります。
当時のコンピュータの能力は低く、またFFTという技術もなかったため、画像処理を行う際にフーリエ変換レンズで行ったのです。
しかし、アナログはあくまでアナログです。よってデジタルを基本とした現在のコンピュータに取って代わりました。

レポートの課題としては、広範囲に知識を知る必要があるとても良い課題と思います。
手がかりとしては、応用物理学会誌、日本光学会誌などによく研究・技術の将来展望が載っていたりします。
(更に年末か年始には最近の情勢などのレビューも特集されていたと思います)
これらが参考になるでしょう。

では、がんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あるがとうございます。いろいろ調べてみます。

お礼日時:2001/12/14 13:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非線形光学効果について

今、実現しているもので非線形光学効果を利用しているものを教えてください。

Aベストアンサー

色々あるので、幾つかだけあげますね。
詳しくは調べてみて下さい。

1)SHG
YAGなどのレーザの光の2倍波(緑の光)を発生させる。
これにより最近ではDVDのマスターの製作などに使われています。
(用途は他にもありますが)

2)二光子吸収
これは、光造形や化学の計測用によく使われます。
(フェムトパルスの測定:オートコリレータと言います、蛍光顕微鏡など)

3)位相共役波
工業的にはまだあまり成功した話はありませんが、一部で使われています。
たとえば、これを反射ミラーとしたレーザも市販されたりしました。

4)誘導ラマン散乱
最近波長多重光ファイバーが全盛を迎えつつあります。
この光の増幅にこれが良いのではと期待されています。


広義にはレーザそのものも非線形光学効果です(通常はレーザ工学と区別して表記されることが多いですが)。

全部詳しく書くのはあまりにも量が膨大なので、後は色々ネットなり文献なりで調べられるでしょう。
レポートですか?がんばって下さいね。

Q古典についてです。 上一段活用と上二段活用の違いと、 下一段活用と下二段活用の違いを教えてください

古典についてです。

上一段活用と上二段活用の違いと、
下一段活用と下二段活用の違いを教えてください。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1498051539

Q色彩.光学分野の質問です。xy色度図を算出したいのですが...

通常のLOW PASSフィルターに白色光を照射させて色度図から主波長を求めようと思います。そこでまずは色度図の勉強を始めたのですが、その前のRGBの算出においてR,G,Bはr(λ),P(λ)の積分となるわけですが、問題はエネルギー量をどのような形で用いればいいかわかりません、各波長に対する透過率は分光分析にて得られています。他の方々はどのようにエネルギー量を算出しているのですか?ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

エネルギー量をどう捉えるかということですが、これを目に感じる刺激値と解釈しますと、分光光度計で得られた各波長に対する透過率(または反射率)のデータを使って計算できます。つまり、各標準光源に対するスペクトル三刺激純値(青(z)・緑(y)・赤(x)の3色での係数)に各波長の透過率または反射率を掛けるわけですね。具体的な計算をここでくどくど述べるよりも下記URLにすっきりした説明が載っていますので、そちらを覗かれてはいかがでしょうか。見当違いのことを言っていたらごめんなさい。

参考URL:http://www.nsg.co.jp/ntr/TIME/opt-01.htm

Q古文の質問です。 形容詞の本活用とカリ活用を見分ける時下に助動詞がついているとカリ活用とあったのです

古文の質問です。
形容詞の本活用とカリ活用を見分ける時下に助動詞がついているとカリ活用とあったのですが、助動詞を全て活用も含めて覚えないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

助動詞は全て活用も含めて覚えないといけません。古文解釈には不可欠です。

活用 接続 意味 この3点セットです。

苦痛に思うかも知れませんが、しばらくすると群分けの区分が見えてきます。

頑張ってください。

Q医療レベルの上昇による高齢化の原因についての資料がほしいです。教えてください。よろしくお願いいたします。...

医療レベルの上昇による高齢化の原因についての資料がほしいです。知っている方は助けてください。よろしくお願いいたします。

私は日本語を勉強している学生です。今論文を書いています。テーマは「高齢化について」いま。持っている資料が少ないです。特に「医療レベルの上昇による高齢化の原因についての資料がほしいです。知っている日本人は教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>資料がほしいです
具体的なデータ、ということですよね。

>医療レベルの上昇による高齢化の原因
ということなら、平均寿命の伸長を思い出してしまうのですが。
 日本人の平均寿命の伸長については、教科書などには、「医療と栄養の改善」となっています。しかし、医療の何が、栄養の何がについては論及されていません。

 ご質問の医療レベルの上昇というのは、医療の改善と同一内容です。すなわち、その資料が欲しい、ということは、「医療の改善」の具体的な内容を教えて、そのデータを欲しい、ということです。これは、「医療の改善」と抽象的に表現されているものを具体的に教えてくれ、ということになります。
 それはどこにも明示されていません。すなわち、誰も具体的に明言できません。それが分かれば学会で発表しますので、質問者に教える馬鹿はいません。ご自分で研究して下さい。

 私の研究では、日本人の平均寿命が伸びた原因で、医療の効果は、全体の20%~30%かな、と推察しています。たとえば、男女差が8歳近くありますが、これは医療の改善とは無関係でしょう。レディーファーストで、医者が女性に優しかったから、と冗談は言えますが。
 というわけで、単純に医療レベルの上昇で説明なさるなら、視野が狭すぎます。その論理は、木端微塵にできます。もっと全体を把握されることをお進めます。

 ちなみに、高齢化については、寿命が長くなったよりも、少子化がより大きな原因とされています。少子化は、医療レベルの上昇とは直接関係はありません。

>資料がほしいです
具体的なデータ、ということですよね。

>医療レベルの上昇による高齢化の原因
ということなら、平均寿命の伸長を思い出してしまうのですが。
 日本人の平均寿命の伸長については、教科書などには、「医療と栄養の改善」となっています。しかし、医療の何が、栄養の何がについては論及されていません。

 ご質問の医療レベルの上昇というのは、医療の改善と同一内容です。すなわち、その資料が欲しい、ということは、「医療の改善」の具体的な内容を教えて、そのデータを欲しい、と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報