最新閲覧日:

私は高校2年の女子です。家出をしたい理由は家庭での父が恐い事です。怒られた時は一方的にすぐ殴ります。いつもは普通なのですが、何か(ささいな事でも)あると急に怒り出します。他の家族(祖父・妹・母・祖母)は目の前で私が殴られてても何もしてくれません。母・祖母・妹も対象になるのですが、私も殴られてたり、文句を言われてるのを何もしてあげられません。理由は止めに入るとエスカレ-トするからです。父が嫌いな理由にもう1つ。エロビデオコレクタ-だという事があります。本人は家族には隠しているつもりなのだろうけどみんなが知っています。パソコンでもそういうサイトばかり行き、今回のなくなったビデオもそういう映画を録画していたもので、余計に怒りを買ってしまったのです。父のこういうヘンタイぶりにひいています。
今、学校などでもう受験勉強が始まっていて、成績が伸びない、行く大学はあるのだろうかとこっちの方でもかなりストレスがあります。でも家に帰ればこんな家が待っているし、塾では勉強ばかり。学校では勉強は大変だけど、一応友達もいる。。。家出をしたいです。父から逃げたいです。どんな方法がありますか?私の悩みすべてにアドバイスお願いします。私を助けて下さい。ちなみにこの相談は誰にも話した事がありません。。。どうかよろしくお願いします。

A 回答 (13件中1~10件)

家庭内暴力がエスカレートして、殺人事件に発展するケースは、決して珍しいことではありません。


なので貴方の状況は、とても心配です。

家庭のことを外に持ち出すことを恥ずかしいとか、どうにかなるんじゃないかと思っている人は
家庭内暴力の悲惨さをよくわかっていらっしゃらないと思うのです。
「家族愛」だとかそんなのは幻想です。いや、家族だからこそ最悪の事態を引き起こすこともありえるのかもしれません。
「他人」ではなく、「身内」だから、想像以上に状況打破が困難で、解決するためにはかなりの精神的強さと、体力が必要なのです。

まず、父親から逃げたいと思う人から逃げるしかありません。
先に回答された方のいう通り、まず児童相談所へ相談されるのがいいと思います。
貴方だけのためではなく、妹さんのためです。貴方は来年卒業でも、妹さんはあと何年後のことでしょう?
けんかに包丁を持ち出すよな人であれば、一刻も早く手を打った方がいいです。

お母さんのことですが、逃げる、別れるなどの意志がないのであれば
助けることは難しいかもしれません。
ただ今年の10月にDV法「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」ができました。
これは配偶者、つまりお母さんだったら、旦那さんの暴力から法的に保護を受けられる法律です。
配偶者暴力相談支援センターというものがあるので、相談することができます。

第六条 配偶者からの暴力を受けている者を発見した者は、その旨を配偶者暴力相談支援センター又は警察官に通報するよう努めなければならない。

と定められていますから、貴方が通報することも可能ですよ。

・・・と、ここまで書きましたが、あとは貴方の意志です。
自分で働いてお金を稼ぐ意志、父親と決別する意志、もしくは母親や家族と別れる意志。

自分の保身は大切なことです。精神的ダメージは生涯あなたにのしかかるかもしれません。
早く自分を(できれば妹さんも)助けてあげてください。
ほかの家族の方と違い、あなた達には今後60年、それ以上の人生があるのです。
我慢しろとか、家族から離れるのは悪いことと思っている人は、所詮他人事なのでその辛さをわかっていないと思います。
強い意志を持ってくださいね!

<配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律>のページ↓

参考URL:http://www.ron.gr.jp/law/law/haigu_bo.htm
    • good
    • 0

もう一度。


お母様が父親と別れたがらないのは、「共依存」しているからかもしれません。
「この人を支えることに私の存在価値がある」ということ。
旦那が暴れれば暴れるほど、そんなひどいヤツに耐えられる自分を
えらい、と思える仕組みです。これにはまるとなかなか脱出できません。

たとえば父親が急に死んでしまったら、お母様はどうなるでしょう。
元気に、幸せに暮らすでしょうか?想像できますか?
共依存している場合でも、借金を残して死んでくれれば、
その返済という目標があってしばらくは持ちます。
その後は、自分が世話をする相手がいなくなり、自己評価が低くなり、
ぼんやりとすごしたり、あなたがたお子さんの世話を焼こうとやっきに
なるかも知れません。

共依存については、斉藤学という精神科医の本を読んでみてください。
大きめの図書館や書店なら数種類は置いていると思います。
家族を扱ったものを見てみてください。


わたしは、あなたの家はもはや「帰るところ」などではないと思います!


家に戻って、また殴られたい?
縮こまって、将来のこともずっとコントロールされて、それを
美しい家族愛なんかにすりかえて暮らしたいのですか?
未成年でも働けなくても、居場所は用意されています。ほんとうです。
あなたが将来に不安を抱くのは、そのように育てられているからです。
「ここを出たら、おまえらの食っていく場所はない、存在価値もない」と。
そんなの嘘です。出ればわかります。
あなたの居場所は、あなたが動くにつれてできてきます。大丈夫!
不安ならば、ケースワーカーやカウンセラーや福祉担当に助けを求めて
ください。彼らはプロです。

お母様が共依存状態らしいと思ったら、お母様の救済は後にしましょう。
あまりのんびりはしていられませんが…
そのあたりのことも、ケースワーカーという人がいて、一緒に計画を
考えてくれます。
どうぞ意志を強くなさって。
「こんなのおかしい」と思えるうちに脱出してください。
とにかくひとりでも。
そして、決して見つからないようにご注意ください。
途中で引き戻されたら、次の脱出が難しくなります!

最終的には、父親にも自分の問題に直面してもらって、
さびしい心を満たすようなケアを受けてもらうことが一番です。
いまのままで居たって、みんなが淋しいだけです。
殴る男性が問題に直面できるかどうかは、本人の素養の問題があって、
必ず実現するとはいえませんが…あなたの行動がきっかけになって、
「これはおかしい」「この家族はみんな辛かったのだ」
「どうにかしたい、できるかもしれない、うちの長女みたいに」と
ご家族が考えられるようになれば、状況はよい方向へ行くと思いますよ。

お幸せをお祈りします。
    • good
    • 0

私の叔父が同様の人だったので、他人事とは思えません。


アドバイスになるかどうか解りませんが、一人の男性の生涯を紹介しますので参考にしてください。

酒癖が悪く、自分で車の運転ができないために叔母を足代わりに使うことは日常茶飯事でした。
気に入らなければすべて暴力に訴えます。
家族は妻と娘二人、息子一人でした。
娘二人は高校を卒業すると東京へ就職するもの、さっさと嫁いでゆく者と自分の道に進みました。
息子は係わり合いを持たないようにして一緒に暮らしていました。
酒が過ぎて「アルコール依存症」と診断され、入退院を繰り返すようになりました。
自分の思い通りにならないことが増えたのでわがままはさらにエスカレートしました。
親戚中で別れることも含めて真剣に協議しましたが、叔母は付き合い続けました。
事業をたたみ多額の借金が重くのしかかりました。
借金を返済するために日夜を問わず叔母は働き通しました。
傍から見ていて生きているのがやっとの状態のように見えました。
それでも分かれると言う言葉は本人からは聞けませんでした。
やがて、叔父の体調に異変が現れ始めました。
体がどんどん衰弱し、暴れる気力もなくなってきました。
つい最近ガンで死亡しました。
亡くなってみるといやな思いでは思い出されません。
生きていた頃にお世話になったこと、正月に夜通し遊んだことなど、楽しいことばかりが思い出されます。
今、思い返すと大変寂しい人生を送っていたなと思います。
本人も自覚していたから暴れることで紛らしていたのでしょう。
周囲の温かさを素直に受け入れられない自分にいらだっていたのかもしれません。
それでも家族は遠くから近くから支え続けました。
親戚からみても呆れるほど根気強く。
叔父の寂しさの根源に家族だけが気づいていたからでしょう。
一緒に住んでいてはみることのできない面を離れて暮らすことで改めてみることができたのかもしれません。
すべては時が解決してくれます。
解決してくれる時をどこで待つかを考える必要があります。
根っからの悪人はいないといいいます。
私から見て当時の叔父は悪人そのもののように見えました。
しかし、今は違います。寂しさを少しだけですが理解できます。

現在の困難な状況から脱出する術を考えることは必要です。
しかし、家族を一気に崩壊に導くような荒療治はまだ待ってください。
できることから一つずつ積み上げていってください。
第三者は善悪で物事を判断します。家族には究極の愛があります。
愛情の表現の仕方はさまざまです。我慢するばかりが愛情でもないでしょう。
だが、父親を誰も理解しなくなったらどうなってしまうでしょうか、お母様はそのことを気に掛けているのではないでしょうか。
家族の一人一人が自分の身の処し方を考え、それぞれの権利で行動する。
公的な相談機関に相談することも重要です。
逃げたい時には逃げられる場所も確保しておきましょう。
しかし帰る場所も意識しておいてください。
家族の絆に関して第三者が口を挟むことはできません。
家族の問題は傍から見たり聞いたりしただけでは解らないからです。
解っていることは身の危険だけは避けていただきたいと言うことです。
その他の状況は時とともに刻々と変化します。
やがて、当事者でさえ考えもしなかった展開をみるかもしれません。
だからこそ極端な行動はなるべく避けていただきたいのです。
身の安全と家族の絆、難しいバランス感覚を要求されることとは思いますが、上手く乗り切ってください。
お力になれなくて申し訳ありません。
私がアドバイスできるのはこの程度です。
少しでも参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。帰る場所の確保・・・これに気がつきました。あと、1番不思議だった母の別れようとしない理由。がなんとなく分かるような気がしました。でも私は母の自分のお兄さんである人に泣きながら電話で相談しているのを知っています。そんな母を見るといたたまれません。。。でも決して私たちの前で父の事を悪く言ったり、相談する事などありません。すごく不思議です。
今日はテレビをたくさん見ていた(たくさんというほどでもない)妹に父が「誰のせいでそんなにテレビが見れると思ってるんだ!」と怒鳴り殴りました。
妹は泣いていて、後で私の所に来て父の事について話し合いました。
今までせっぱつまった事はないけれど最近の父に限界のようです。
妹は母に別れる説得を、私は公共機関にへ情報収集する事にしました。
その時にこれらの書き込みを見せたら妹は「もっと酷い事されてるよね」と泣いていました。今までの事を思い出したようです。それを見て私も悲しくなりました。
どうやって母を説得すればいいですか?私たちは事までせっぱつまってますが、母も祖母もずっと我慢する様子なのです。

お礼日時:2001/12/13 22:28

お母さん、お祖母さん、妹さんはどうなのでしょう?


家を出たい、旦那さんと別れたいと思ってはいないのでしょうか。
本人が望まないのなら仕方ありませんが、望んでいるふしがあるのなら
家の中の女性全員で逃げ出すという手があります。
妹さんだけでも、一緒に行けるかも知れないし。
とはいえ、誰かにばらされたらまた大騒ぎですね。慎重にしないと。。
あなたがまず家を出て保護を受け、その後で他の家族も公の機関に
救出してもらうこともありえるかも知れません。

その場合の可能性については、
区や市、県などの役所に女性センターがあるので、
そこに問い合わせてみてください。
匿名でも大丈夫なはずです。
とりあえず役所にふらっと出かけて見ては。
福祉課の付近を見ると、家庭内暴力についてのパンフレットが
置かれていることが多いですよ。その場で相談に乗ってくれる場合もあります。

高校卒業については、それまでにあなたが耐えられそうなら
それに越したことはありません。
でも無理そうなら、我慢しないで。
後で勉強する手はあります。
費用がなければ、それを援助してもらう手もちゃんとあります。

保護してもらえる先が見つかったら、家出のタイミングや
持って出るものについても指示をしっかり受けましょう。
保護された後は、あなたが安心して暮らすための
法的な手続きがいろいろとなされることになるでしょう。
そうなれば、ご友人とも再会できるでしょうし、家族とも
それぞれの距離で安全につきあえるようになっていくはずです。
少なくとも、行政ではそれを目的とした活動をしていますよ。

この回答への補足

我慢している母を説得するいい方法はないでしょうか?
みんな家を出るとまでは思っていないように感じます。やっぱり我慢をしているのです。。。私は父から逃げたいです。1度、市役所に相談に行ってみようと思います。。。もし家出をして家出がばれて見つかった後、怒られて、気まずくならないかと心配です。見つかった後、本当に家に入れてくれなくなったら・・・(中途半端で投げ出されたら困ります。ど-しょうもありません。)保護してもらえる所なんてほんとうにあるのでしょうか??

補足日時:2001/12/13 16:49
    • good
    • 0

とにかく家を「近い将来」出るための努力に集中しましょう。



今出ても、親の権利で結局は家に戻されて次の自由が奪われるだけ。
それよりも、高校卒業をターゲットにして進学・就職など「社会的に」独立できる道を研究しましょう。

アフガンの難民と比べるまでもなく、あなたの状況は大変なんです。
よく「他の人と比べて」しまいがちですが、自分のこころの悲鳴をこうやって出しているんだから。それぞれの重たさというものがあります。

家出は今は得策ではない(捜索願を出されたら父親のところへ連れ戻される、経済的に困難、違うトラブルが多発するなど)ので、堂々と出て行けるように工夫しましょう。
他の家族を見捨てることに、と思うかもしれませんが、あなたが頑張れば少なくとも妹さんは脱出法を学べるだろうし。

一刻も争うほどあなたは追い詰められてるとは思いますが、友達にも話を聞いてもらってこころの中で爆発しそうなエネルギーをギリギリで保ちながら、あと1年少しもたしてみればどうでしょうか。

高校卒業というのは社会が世間が見る目が変わりますので。
親の変態度は変えることができません。親はもう引き返せないところに来ている弱い人なのです。認めたくはないだろうけど。
自分がそうならないように、自分を持ってください。
(っていうか持ってますよね。)

脱出法はいくらでもある。でもできるだけ周りから見て合理的に脱出すれば、親父もかかわって来れません。そんな方法をあなたのできる範囲で見つけてください。

この回答への補足

1年後、大学に行くため、家を出るつもりでいます。これに関しては両親も大学は好きなところへ行かせてくれると言ってくれています。。。1年後、私は家を出れて父から開放されて状況が変わるかもしてませんが、家に残ってる母・妹・祖父・祖母はどうなるのでしょうか?これでは状況は変わった風に思えるけど、実は変わってないように感じます。だから、どっちにしても、いつにしてもこの生活を変えなければならないのです。変えなければならないのです。と思っています。
友達には・・・まだ話せそうにありません。

補足日時:2001/12/13 16:42
    • good
    • 0

 2回目の回答をさせていただきます。



 児童相談所は誰が通告したかと言うことを親に伝える事はありません。すべて秘密にしてくれます。その虐待がよほど閉鎖的な空間で行われていない限り、親戚・隣人等、虐待を知りうる人はたくさんいるでしょうから、親は誰が通告したか分からないはずです。

 児童相談所が、misa-0516さんの親の態様が問題だと判断すれば、児童相談所は親への指導や家庭訪問、悪質な場合には一時保護もしてくれます。ご参考になりそうなURLを紹介しておきます。

<全国児童相談所の一覧>

  http://village.infoweb.ne.jp/~fwge4836/ichiran.htm

<子どもの虐待防止センター>

  http://www.ccap.or.jp/

以下は児童相談所に関する一HPです。

参考URL:http://www.city.kitakyushu.jp/~k2306010/
    • good
    • 0

難民を支援するにせよ、自分を支援するにせよ、先立つものは「カネ」です。

一方、暮れのクソ忙しい時に、他人の子供の面倒まで見る奇特な家庭は少ない。家族団欒に水を差す身も、又つらい。

今ならまだ間に合うかも…。近くの集配局(!)に、暮れから正月にかけて、真面目な高校生のアルバイトの口はないかと尋ねてみることです。旨くすれば、鬼のようなオヤジの魔手から逃れて、カネが稼げるかもしれません。郵便局の年末年始のアルバイトなら、たいていの高校で公認のハズ。高校生的に労働を学習するよい機会でもある。

今度殴られた時には、素敵な宿泊施設を紹介しましょう。逃走資金がたんまりあれば、心に余裕ができるのですね。それがこの説得作戦のポイントです(^^)

参考URL:http://www.infotera.ne.jp/kantoarb/index.html
    • good
    • 0

家出は、確かに、暴力を回避するひとつの方法ですが、一方、それは新たな怒りを触発します。

これ以上状況を悪くする事には賛成できません。家庭内での接触を極力避けて、現状をしのぐこと。これが一番です。家出先の迷惑もありますね。あと1年程すれば、質問者を取り巻く事情は大きく変化するハズですよ。

同時に、父上の置かれている状況も理解して上げて下さい。今、20人に1人の割合で職を失っているのです。40人のクラスなら、その内2人は退学の危機にあるような状況ですね。コミュニケーションが取れる頃合を見計らって、娘としての事情も説明することです。来年は受験生なのだと…。

一方、父上の性癖に関しては、断じて批判できる立場ではありません。しかし、大切なことは、それが人に迷惑をかけているのか、違法なことであるのかと言う点です。そのいずれでもなければ、趣味嗜好ですからね。因みに、ヘンタイの頭文字がHというのは、知っていましたか? 係る意味からも、回答者は父上と同罪なのです。

逃げたいお気持ちは、回答者も昔に高校二年生していましたから、それなりに察します。しかし、女性の場合は、いずれ良き伴侶に巡り合えれば、サッサとお別れ出来ます。更に申し上げれば、今、所帯を持てば全ての問題は解決します(この場合、「生活」という、より困難な問題に直面することになりますが…)。

首を上げて世の中を見渡してみることです。そして、厳寒のアフガンの難民の子供たちに心を馳せることです。彼らは、温かいスープの為なら、殴られるのもいとわないでしょう。今質問者が直面しているちっぽけな困難なんてのは、これから生きていく上で、栄養にこそなれ、逃げ出してはイケナイ状況なのです。1年後に、彼らに平和な世界が訪れると信じますか? 

都内の私学に高校2年生の娘を通わせています。質問内容に、思わずPCの前で腰を浮かせてしまいましたよ。ホントに驚いた。どこの家庭もよく似ているな。

参考URL:http://webclub.kcom.ne.jp/ma/jenhq/afgan/news.htm

この回答への補足

これがちっぽけな困難?。。。アフガンの状況と比べるのですか?下ばかり見ていては前に進めませんし、そこで私は(下のその人達は)恵まれてると安心してしまいます。それじゃあ駄目なような気がします。かといって上ばかり見て背伸びをしたがるのも駄目だと思うけど。。。でも、oo1さんのアドバイスのおかげで家出を止める事にしました。できるだけ父と会わないようにするという事にします。
補足として、今日は父のビデオテ-プが無くなったという事で私が最近デッキを使用してのが理由で怒鳴られ殴られ頭にこぶができました。。。Hは映画を録画していたものだったのです。私は父がよくビデオデッキを使いテ-プもいっぱい持ってるのでどっかにやっているのではないかと言いましたが一方的に怒鳴られ。。。。その趣味で迷惑かけてます。自分専用のデッキも持っているのに撮りきれないからということでこっちのデッキも使うのですから。。。
冬休みに家出ではなくお泊りに行きたいというのを母に言ってみようと思っています。補習で学校へ行くのがほとんどだったり年末でお世話になる家も忙しかったりするだろうと思うので難しいとは思うけど・・・どうでしょうか??

補足日時:2001/12/13 00:37
    • good
    • 0

 しつけの域を越えた暴力は虐待の一種です。

家族がやめさせるべき行為ですが、その家族が黙認しているのであれば、もはや第三者を頼るしかありません。児童相談所の保護を受けることができます。また、虐待に関しては、児童虐待防止法規定の通告義務というものが存在しますので、misa-0516さんが頼りにできる大人のところへ行って虐待の事実を話すのもひとつの方法です。その人が公的機関に相談してくれると思います。

 あなたに味方してくれる人も必ずいるはずです。元気出して下さいね。

この回答への補足

私が小さいとき(小学校時ピ-ク)はもっと殴られてたり蹴られてたりしてました。これでも少なくなった方です。当時は幼かったので虐待かも?なんて思いもしませんでしたが今になるとあれは虐待だったと思います。今日もビデオテ-プ(Hなのが録画されてるものなので余計に怒りを買う)がなくなったのを最近デッキを使用してたのが私だったという一方的な理由で怒鳴られ殴られ頭にこぶができました。違うと言っても聞いてもくれません。なんでなぐるんって言ったら「口で言ってもわからんけ-じゃ」って言われます。母の従姉妹に頼りになるおばちゃんがいます。家も近いし前に父の事で相談した事もありますし、また相談にのってもらおうと思っています。通告した場合、私が通告の元だと父にばれないんでしょうか?
もしかしたら通告を頼むかもしれないおばちゃんも、おばちゃんが言ったとばれないんでしょうか?すべてを内密にかつ父に虐待にひってきするとか困ってる人がいるというのを分からせる事はできないのでしょうか?

補足日時:2001/12/13 00:52
    • good
    • 0

そういえばドラマ「カバチタレ!」で常盤貴子さんも児童相談所のこと言ってましたね。

夫の暴力や親の暴力に悩んでいる妻や子供を一時てきにあずかってくれて、しかも国で援助しているからお金がかからないとか。そこに行くのがいいかもしれませんね。

この回答への補足

児童相談所について詳しい事をもっと教えてくれませんか?私も調べてみます。

補足日時:2001/12/13 01:02
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ