ジョン・フォード監督作品でオススメを教えて下さい。
宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

この作品リストの中で(93:駅馬車)(95:怒りの葡萄)


(109:黄色いリボン)(119:ミスターロバーツ)がお薦めです。

(119:ミスターロバーツ)は西部劇のJ.フォードにこんな作品があったのかと思わせるほどホノボノとした海軍のお話です。

ジョン・フォード監督作品リスト・(1895年~1973年)
http://village.infoweb.ne.jp/~fwnk1502/film2/for …

93.駅馬車(1939)Stagecoach
95.怒りの葡萄(1940)The Grapes of Wrath
97.わが谷は緑なりき(1941)How Green was My Valley
105.荒野の決闘(1946)My Darling Clementine
109.黄色いリボン(1949)She Wore a Yellow Ribbon

110.リオ・グランデの砦(1950)Rio Grande
114.静かなる男(1952)The Quiet Man
119.ミスタア・ロバーツ(1955)Mister Roberts
134.ドノバン珊瑚礁(1963)Donovan's Reef
137.荒野の女たち(1966)7 Women
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは「捜索者」と「駅馬車」と「わが谷は緑なりき」を借りてみました。
とっても参考になりました!有難うございました!

お礼日時:2001/12/25 10:23

ジョン フォードの作品はどれも好きなのですが、あえて選ぶとするならば「捜索者」が一押しです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは「捜索者」と「駅馬車」と「わが谷は緑なりき」を借りてみました。
とっても参考になりました!有難うございました!

お礼日時:2001/12/25 10:23

僕の一番は「我が谷は緑なりき」ですね。


イギリスの炭鉱村の一家の話で何ともいえない
懐かしさを感じる情景を描いた昔の映画らしい映画です。

お得意の西部劇でいえばやっぱり
「駅馬車」と「荒野の決闘」

誰にもはずれがないということでいえば「駅馬車」が一番かも・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは「捜索者」と「駅馬車」と「わが谷は緑なりき」を借りてみました。
とっても参考になりました!有難うございました!

お礼日時:2001/12/25 10:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジョン・トラボルタについて

ジョン・トラボルタファンです。
映画のチラシを全部集めようという野望の夢を抱えておりますが、問題はジョン・トラボルタが出演していた全部の映画が分からないことです。(脇役や一時的なことも含む)
どのサイトを探してもあったりなかったり中途半端が多いです。
公式サイトも同じなので、どなたかジョン・トラボルタが全部出演したかどうか存知の方はいませんか?
どなたか教えてください。
(あと、できれば古い順からチラシを並べたいので、古い順からお願いします)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もジョントラボルタは好きですが、全部となると分かりませんねぇ。
補足で挙げているサイトも日本語の物では結構沢山書いてるみたいですね。
本国では知られているけど日本では知られていない物もあるでしょうから、英語で検索してみると良いのではないでしょうか。

例えば
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=John+Travolta++filmography&lr=

この検索結果で出てきた物を幾つか挙げておきます。
http://www.tiscali.co.uk/entertainment/film/biographies/john_travolta_films/2
http://www.starpulse.com/Actors/Travolta,_John/Filmography/
具体的な作品は分かりませんが、補足に書かれているサイトよりは数は多いようです。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=John+Travolta++filmography&lr=
など、思い当たるキーワードで検索したサイトを幾つか見て見て、情報量の多そうなサイトを参考にして見てはどうでしょうか。

私もジョントラボルタは好きですが、全部となると分かりませんねぇ。
補足で挙げているサイトも日本語の物では結構沢山書いてるみたいですね。
本国では知られているけど日本では知られていない物もあるでしょうから、英語で検索してみると良いのではないでしょうか。

例えば
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=John+Travolta++filmography&lr=

この検索結果で出てきた物を幾つか挙げておきます。
http://www.tiscali.co.uk/entertainment/film/biographies/john_travolta_films/2
http://www.st...続きを読む

Qジョン・ウー監督作品のフェイス・オフの日本版字幕翻訳をした翻訳家

ジョン・ウー監督作品のフェイス・オフの日本版字幕翻訳をした翻訳家は誰かご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

松浦美奈さんです。

参考URL:http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=30982&full=1#staff

Qジョン・トラボルタ出演の映画

タイトルがわかりません。
ラストのほうでジョン・トラボルタが電車で何かしてたシーンしか覚えてません。
なんてゆう映画かわかりますか?

Aベストアンサー

こんばんわ、以前回答したjixyoji-ですσ(^^)。

下記映画サイトは既にレンタルリリース作品の映画検索には非常に役立ちます。

「キネマの見地」
http://www.fayreal.com/fayreal/cinema/

meltinさんのおっしゃっている映画は『ブロークン・アロー』だと思いますね。

●「ブロークン・アロー」
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=28619

それではより良い映画環境である事をm(._.)m。

Qジョン・ヒューズ監督

ジョン・ヒューズ監督の映画が大好きなのですが
(ブレックファストクラブ、フェリスはある朝突然に、結婚の条件など)
最近はどんな活動をしてるのでしょうか???
新作とかは作らないのでしょうか???

教えて下さい m(_ _)m

Aベストアンサー

下記のURLは、IMDBのジョン・ヒューズのデータページです(英語)。
http://us.imdb.com/Name?Hughes,+John

これを見ると、監督作品が'91年の『カーリー・スー』以降、ずっとご無沙汰だったのに対して、脚本や製作の仕事ではコンスタントに活動されているのがお分かりになると思います。

ここ5年位の日本公開作、ビデオ発売作品でも
『101』(1996)[製作/脚本]
『フラバー』(1997)[製作/脚本]
『リーチ・ザ・ロック』(1998:未公開、ビデオ有り)[製作/脚本]
『ホーム・アローン3』(1998)[製作/脚本]
『ベートーベン3』(2000:未公開、ビデオ有り)[原案]
といった作品があります。

そして今年『The Chambermaid』という、久々の監督作品も公開されるようです(日本公開に関してはよく分かりません)。

Qジョン・トラボルタの「The Boy in the Plastic B

ジョン・トラボルタの「The Boy in the Plastic Bubble」という映画の中の音楽名が知りたいです。

子供のころの記憶なのでまちがっているかもしれませんが、ほんの少しだけ歌詞を覚えています。

I wouldn't say if you open・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画データベースの楽曲リストに
"What Would They Say"
(uncredited)
Composed by Paul Williams
Sung by Paul Williams
とあります。
http://www.imdb.com/title/tt0074236/soundtrack
曲名で検索するとこの曲をトラボルタが歌っているバージョンが見つかります。
これではないでしょうか。
歌詞は
"What would they say if we up ~"という感じです。

Q映画「エド・ウッド」と、実際のエド・ウッド監督とその作品について

ティム・バートン監督の「エド・ウッド」は
Z級映画監督ことエド・ウッドの半生を描いた作品ですが、
実際のエドもデップが演じたみたいな、いつも躁気味の人だったんでしょうか?

また映画でエドが撮影していた
「グレンとグレンダ」、「怪物の花嫁」、「プラン9・フロム・アウタースペース」の
本当の作品をご覧になった方、感想聞かせてください。

そして映画「エド・ウッド」の制作裏話をご存知の方、教えてください。

映画「エド・ウッド」をみただけで、何も知りません。

Aベストアンサー

パンフに載っていたエピソードなのでご存知かもしれませんが、制作裏話を一つ。

「エド・ウッド」の撮影中、ウッド夫人が別件で、たまたま撮影所を訪れたことがあったそうです。
折りしも現場は、エド扮するジョニーディップが、ピンクのセーターを着て女装して踊り狂う場面の真っ最中。
それを見たウッド夫人、

「まぁ! ウチの人そっくり!!」

エド・ウッドは映画の才能はともかく、奥様運には恵まれていたのだなぁとしみじみしましたです。

Qトム・クルーズ ダスティン・ホフマン ジョン・トラボルタ

福岡在住です。
2ヶ月ほど前に、テレビの映画新作紹介のコーナーで「トム・クルーズ ダスティン・ホフマン ジョン・トラボルタ」出演の映画が東京で上映されるといっているのを見ました。
私は、この3人の大ファンで、この3人のうち、誰か一人でも出演していれば、その映画が、どんなに評判が悪かろうとも、絶対に見るというくらい、大好きです。
その大ファンの3人が一本の映画に出演するというのですから、見逃したくはありません。
ところが、タイトルがテレビ画面に一瞬チラリと出ただけで、結局タイトルは判らずじまい。
映画は全国一斉公開ではなく、東京から順次、各地を回っていくという事でした。

この映画のタイトルを御存知の方、いらっしゃいませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

IMDBで3人のこれからの作品について調べてみましたが共演している作品はありませんでした。2ヶ月前でしたらもう公開されている作品ですよね?となるとトム・クルーズの最新作はロバート・レッドフォード&メリル・ストリープの大いなる陰謀。ジョン・トラボルタは団塊ボーイズ、ダスティン・ホフマンはマゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋です。

Qジョン・カサベテス監督のモノクロの映画で、主人公の俳優が、ひたすら笑っ

ジョン・カサベテス監督のモノクロの映画で、主人公の俳優が、ひたすら笑ってしゃべる作品の題名をご存知の方、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「フェイシズ」ではないでしょうか。

Qアクション映画の主人公の名前にジョンが多いのは?

私が知っているだけでも、アクション映画の主人公の名前にはジョンが沢山います。

ジョン・ランボー(ランボー)
ジョン・マクレーン(ダイ・ハード)
ジョン・クルーガー(イレイザー)
ジョン・コナー(ターミネーター)

一部SFもありますが、この他にもあるかもしれません。
これは、単なる偶然?
ジョンは一番ありふれた名前?
ジョンにはランボー(乱暴)が多い?

あまり、意味のない質問で恐縮です。

Aベストアンサー

私も同じ事を考えたことがあります(笑

単なる偶然なのだと思いますが、

アクション映画だと切迫したシーンが多いとおもいますので、
仮にその名前を早口で叫んでも場のスピード感や緊迫感、リズムなどをぶった切らないように短く判りやすい名前にしたのかな~と思っていました。

『セバスチャーン!』とか叫ばれても判りにくいですよね(^_^;

Qラース・フォン・トリアー監督作品について

実は私には彼の一連の作品群がどうしても理解できません。
と言うよりも生理的嫌悪感さえ抱いております。
一作だけで判断するのは拙速だと何本かの作品も鑑賞いたしました。(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『奇跡の海』『ドックビル』など)
どの作品にも共通するのは、極限まで女性を虐げる趣味の悪い脚本演出と、意図的に多用していると思われるハンディーカメラのぶれた映像(個人的にいらいらします)そして決定的なまでにに残る鑑賞後の
後味の悪さ...!
しかし、映画批評のサイトなどを拝見すると意外と言っては失礼に当たるのでしょうが、監督作品を評価する意見も多くあり感性の違いに驚いております。

ちなみに『ダンサー・イン~』のダンスシーンの映像美は素直に美しかったと評価致しますし、『奇跡の海』において汚れ役を見事に演じきったエミリー・ワトソンの女優魂には心の底より感服しましたが、
『ドックビル』に至っては途中で観るのを止めました。

そこで、どなたか彼の作品の良い所はこれだ!という意見をお持ちの方がいらっしゃいましたらそのご意見戴けませんでしょうか?

勿論、個々の人間にとって感情や嗜好は千差万別であり、彼の作品を生理的に嫌いであると述べながら、このような質問をする事自体が監督作品を敬愛する方々に大変に失礼な行為にあたる事は重々承知しているつもりです。
この質問をするにあたっても投稿ボタンをクリックするまで随分悩みましたが、どうしても意見を聞いてみたく投稿致した次第です。

当方に全く悪意の無い点をご理解の上ご返答戴ければ幸いです。

実は私には彼の一連の作品群がどうしても理解できません。
と言うよりも生理的嫌悪感さえ抱いております。
一作だけで判断するのは拙速だと何本かの作品も鑑賞いたしました。(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『奇跡の海』『ドックビル』など)
どの作品にも共通するのは、極限まで女性を虐げる趣味の悪い脚本演出と、意図的に多用していると思われるハンディーカメラのぶれた映像(個人的にいらいらします)そして決定的なまでにに残る鑑賞後の
後味の悪さ...!
しかし、映画批評のサイトなどを拝見する...続きを読む

Aベストアンサー

答えになっていなかったらごめんなさいね。
僕はトリアー監督の作品は“すばらしい”と思います。
でもbianchiさんと同じように、ぶれた映像に気持ち悪くなったり、
残酷な描写に後味の悪さを感じます。
だから感性はそんなに違わないと思うのです。
違うとしたら“価値観”だと思います。映画の何を評価するかの視点の違いです。
僕はトリアー監督は好きですが、“好きな映画”に彼の作品はあがってきません。
それは僕がハッピーエンドで幸福感を味わえる映画や
登場人物に共感できて感動する映画や
ハラハラドキドキして見終わった後に満足感のある映画が“好き”だから。
でも作品として『奇跡の海』や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を“すばらしい”と評価しています。
(『ドッグヴィル』は観ていません)
それは彼の作品に“価値”を感じるからです。
僕の感じるトリアー作品の価値は、“力強さ”です。
“善”を表現するためには“悪”の描写が必要不可欠で、
“美”は“汚さ”や“醜さ”から学び出されるものだと思うのです。
その“負”の描き方が極端に暴力的だったり倫理に反していたりして、
他を全く寄せ付けない衝撃と説得力で“正”の部分を感じとることができます。
映像のブレやピンぼけに関しても、
それは美しくきれいな最新技術を使った人工的な映像との対比であって、
自然光だけで撮影される生きた映像に即物的な力強さを感じさせます。
彼の描く世界はその主題にかかわらず強烈な力強さを感じるので観る意味があると思っているのです。
僕の好きな映画や他の作品からは得られないパワーを感じるので。

bianchiさんが見たトリアー作品を評価する意見というのも、
おそらく女性を虐げるシーンがすばらしいとか、
ハンディーカメラのぶれた感じがたまらないとかいうものではなく、
彼の作品の与えた影響や、伝わってきた主題に対するそれぞれの評価なんだと思います。
つまり感性や嗜好と評価は別で考えているのだと思います。
僕も別で考えています。
逆に不快に感じたシーンのためにその作品自体が良くない映画だという評価も決して間違っているとは思いませんし、
その方が一般的なのかもしれません。

だから自分が観た映画がつまらないと思ったのに他の人が大勢評価してても驚く必要は全くないと思うんです。
よくあることです。

あくまで私の個人的な考え方ですが、参考になったでしょうか。

答えになっていなかったらごめんなさいね。
僕はトリアー監督の作品は“すばらしい”と思います。
でもbianchiさんと同じように、ぶれた映像に気持ち悪くなったり、
残酷な描写に後味の悪さを感じます。
だから感性はそんなに違わないと思うのです。
違うとしたら“価値観”だと思います。映画の何を評価するかの視点の違いです。
僕はトリアー監督は好きですが、“好きな映画”に彼の作品はあがってきません。
それは僕がハッピーエンドで幸福感を味わえる映画や
登場人物に共感できて感動する映画や
ハラハラ...続きを読む


人気Q&Aランキング