ボローニャにある8月8日広場、の名前の由来を教えてください。
なにかが起こった日なのでしょうか?

A 回答 (1件)

イタリアには9月20日広場とか9月20日通りがたくさんありますね。


これはイタリア統一の日だからだそうです。

8月8日というのは、もしかしたらボローニャにだけあるのかもしれません。
1874年8月7と8日、アンドレア・コスタらアナーキストがボローニャで武装蜂起したものの失敗した日です。
イタリアの労働運動史に出てきます。

由来はたぶん、これじゃないかなあ・・・。違ったらごめんなさい。

ちなみにアンドレア・コスタはいくつかの町で通りの名前になっていたと思います。・・・なぜか現代のサッカー選手にもいますけど^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。アンドレア・コスタ、調べてみます。
実は、イタリアには行った事がないのですが、
友達の旅行写真の中に、この名前が出てきて、気になりました。
が、検索しても、全く分からなくて・・・。
町を歩くだけでも、歴史を知っていると、面白いですね。

お礼日時:2005/12/19 13:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四十九日の数え方

四十九日の数え方は関東では死亡した日が一日目で関西では前日が一日目として数えるようですが、関東と関西でなぜ数え方が違うんでしょう?
教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
7日ごとの法要が昔は前日の夜(お逮夜 オタイヤ)から
当日の午前中に営まれたことから、
関西ではお逮夜の日自体を法要日とするようになったようです。
前日にするので、数え方として、
亡くなった前の日を一日目としているようです。
http://taisetunahito.net/blog/
「お逮夜」の解説も見つけました。↓
http://www.tctv.ne.jp/members/tobifudo/infome/otazune4.html

Qスリッパの名前の由来は?

どのカテゴリに投稿したらよいのか分からなかったので
とりあえずここに投稿してみます。

素朴な疑問なのですが

スリッパは何故「スリッパ」というのですか?
名前の由来は?
日本語ですか?
外国語ですか?

Aベストアンサー

英語の slippers (2つ1組だから複数形)です。

ジーニアス英和大辞典によると
slipper←slip + er 「足を滑りこませるもの」が原義

とあります。

Q変わった数え方・・・

数の数え方は、いろいろな世界で独特なものがあると思います。

例えば・・・

テニスのポイントは、15→30→40と進みます。
銀行員のお札の数え方は、3枚3枚4枚などで10枚にして区切って数えます。

そんな、普通とは違った数え方をする例を、いろいろと教えて下さい。
数え方についてであれば、何でも結構です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

1(チー)、2(ニー)、3(スー)、4(シー)、5(ガー)、6(ドゥー)、7(ディン)。 11(ジュイッチー)、 12(ジュニー)、 13(ジュサン)、 14(ジュシー)、 15(ジュガー)、 21(ニジュイッチー)、 31(サンジュイッチー)

これはヒマラヤのふもとブータン国の公用語ゾンカー語による数の数え方です。 ニギミン サンジュシーといえば『私は34才です』となります。 

Q「サロペット」または「オーバーオール」の名前の由来は?

最近ブーム再燃の「サロペット」、「オーバーオール」って
どういうところからついた名前でしょう?
前者はフランス語のようですが、意味はあるのでしょうか?
どちらでもいいので、分かる方教えてください!

Aベストアンサー

サロペットはオーバーオールを意味ずるフランス語ですから、同じものを表します。
オーバーオールとは上下つなぎとなった服を表しますが、上半身と下半身を「すべて覆う」ということからつけられた名前です。

以下のURLも参考になると思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88

Qフランス語の数字の数え方は数学者にとって有利?不利?

 昨日、外国語のカテゴリーで『フランス語は数が数えられない言語?そんなアホな』という質問をしました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1426333

 かえってきた答えは、
http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/number/frenchj.html
 このURLだったのですが、このページを見ればわかるように、フランス語の数字の数え方は16進法と60進法の名残を残した10進法で、純粋な10進法に慣れ親しんだ日本人の目にはたいへんユニークな数え方なのです。

 この数え方を知ってか知らずか、東京都知事の石原慎太郎氏が、昨年10月に「フランス語は数を勘定できない言語で、国際語として失格」等と発言し、日本のフランス語関係者から猛反発を食らっているのですが、肝心のフランス語での数字の数え方についての是非はまったく議論がないのです。

 フランスといえば、パスカル、フェルマー、ポアンカレ、フーリエ、、、偉大な数学者も多数いるし、ブルバキって数学者集団も理系人間の間じゃ有名だし、フィールズ賞の受賞者数だって日本人より多いわけですが、そのことと、このフランス語のユニークな数字の数え方に何か関係があるのでしょうか?

 四則演算レベルならフランス語の数え方は確かに有利かな、と思うのですが、高等な数学については???合理的な説明が見つかりません。
 どなたかご存じないでしょうか?

#あとついでに、このようなユニークな数え方の言語は他にあるのかということも知りたいです。

 昨日、外国語のカテゴリーで『フランス語は数が数えられない言語?そんなアホな』という質問をしました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1426333

 かえってきた答えは、
http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/number/frenchj.html
 このURLだったのですが、このページを見ればわかるように、フランス語の数字の数え方は16進法と60進法の名残を残した10進法で、純粋な10進法に慣れ親しんだ日本人の目にはたいへんユニークな数え方なのです。

 この数え方を知ってか知らず...続きを読む

Aベストアンサー

 フランス語と数学の関係は興味ある話題です。

 数の数え方と数学的思考パターンの関係は
今いちはっきりとは言えないのですが、
フランスから優秀な数学者が出ているのは
教育思想の成果だと思います。


>ブルバキって数学者集団も理系人間の間じゃ有名だし

 グロタンディークもご存知ですよね。彼は
 お父さんがロシア人でお母さんがドイツ人で、
 フランスの学校で初等教育を受け、二十歳くらいのときに
 パリに出て、数学の才能を認められ、アメリカに
渡っています。

 日本の広中さんも、グロタンディークかブルバギ
関連の誰かに出合って、その才能を高く評価
され、国際的に活躍するようになったはずです。

 フランスの教育思想にはきっと、数学の優れた
才能を見出す技が含まれているんですよ。

 フランスは17~18世紀くらいには、科学技術の
点でイギリスなどヨーロッパ諸国に遅れをとって
いたのですが、これではいけないということで
国家規模で数学教育の改革が行われたんです。
ですから特に改革が行われた19世紀以降
優秀な数学者が多く出るようになりました。




 これは勝手な経験則なんですが、
情報量が多いほど、人間の脳は
それをよく理解できるようになる
のではないでしょうか?

 数字から離れますが、日本が戦争に負けた
とき、アメリカ側から、日本は漢字といった
複雑な文字を使っているので、識字率が低いのでは
と指摘され、実体調査が行われたのですが、
結果は比較的簡単な文字を使っているはずの
英語圏より高かったんです。

 数字の話に戻りますが、0から10までの数字の発音を
覚えると、0~99まで発音できるのは
たぶん日本語だけでしょう。

 例えば、11という時、日本語では
10と1の発音を組み合わせるだけですが、
フランス語では1はアン、10はディスですが、11は
個別にオーンズという発音があります。
ドイツ語でも1はアイン、10はツェーンですが
11はエルフと別の読み方があります。
 
 数字の読み方が複雑なところほど数学が
発達しているようにも思えます。



 

 フランス語と数学の関係は興味ある話題です。

 数の数え方と数学的思考パターンの関係は
今いちはっきりとは言えないのですが、
フランスから優秀な数学者が出ているのは
教育思想の成果だと思います。


>ブルバキって数学者集団も理系人間の間じゃ有名だし

 グロタンディークもご存知ですよね。彼は
 お父さんがロシア人でお母さんがドイツ人で、
 フランスの学校で初等教育を受け、二十歳くらいのときに
 パリに出て、数学の才能を認められ、アメリカに
渡っています。

 日本の広...続きを読む

Qボローニャ大学のサイト

大学の留学プログラムを使ってイタリアのボローニャ大学に留学することになりました。それに向けて自分でサイトを見て留学生についての記述と寮のシステムなどについて調べておくよう指示を出されたのですが、イタリア語初心者の私にはそのページを見つけることができません(>_<)
初めのページはなんとか辞書を使いながら何が書いてあるのか調べましたが、どこにも留学については書いてないように思います。私が見落としてるのかもしれません。
なので、イタリア語の分かる方、留学生についての記述・寮についての記述を見つけてくれませんか??留学まであと半年しかないのに、HPさえ理解できないなんて情けない話ですが、よろしくおねがいします。

ボローニャ大学のサイトは↓です。
http://www.unibo.it/Portale/default.htm

Aベストアンサー

http://www.unibo.it/Portale/Relazioni+Internazionali/Studenti+stranieri+all+unibo/default_scambio.htm
このページから始まるみたいですね。全部イタリア語です。がんばってください。

Q蛸の数え方・単位って

蛸の数え方って、単位は何なんでしょう。数え方がちょっとしたブームになっていて、きになってしかたありません。
  生のたこ、調理済みの蛸など、いろいろかもしれませんが、御存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

↓が参考になると思います。

「福島中央テレビ ちょっと便利帳 ものの数え方・助数詞〔た行〕」
http://www.fct.co.jp/benri/kazu/ta.html

記述によると、
 
>一匹、一杯、一盃

とのことです。

Q「広場」をいろんな言葉で教えて下さい。

喫茶店をオープンしたいと友人がいっており、そのお店の名前を決めるのですが、「広場」っていろんな国の言葉で何といいますか?いい名前があったら、ぜひ教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

マラエ(Marae) マオリ語

(マオリ人とはニュージーランドの先住民族のひとつ)

Qフランス語の数の数え方はなぜ難しい数え方をするの?

フランスに興味をもつようになり、言葉についても知ったほうがいいのかなということで書店でフランス語の初心者用の参考書などをパラパラとめくってみましたが、文法事項などが複雑でマスターするのが難しいらしいということは聞いて知っていましたが、見てみてやはり難しそうなので見るだけで買うのをやめましたが、難しいながらも不思議なというか面白いというか印象に残ったところがありました。それはフランス語での数の数え方です。80から90あたりだったと思うのですが、複雑な数え方をしていました。「英語やドイツ語ではこういうような数え方をしないのになあ・・・」と思いましたが、どうしてあのようなユニークな数え方をするのでしょうか?ラテン系の言語を勉強したことがないのでわかりませんが、やはりフランス語と同じような数の数え方をするのでしょうか?(フランス語を知ろうかなと思って書店でいろいろと見てみましたが、それは高くそびえたつ山のように感じられました)

Aベストアンサー

<フランス語の数の数え方はなぜ難しい数え方をするの?>

No1さんがおっしゃっているように60進法だからです。

そうですね、十進法になれたわたしたちからはとても難しいものに感じます。でもフランス人は「日本語の数の数え方はなぜ難しい数え方をするの?」とかんじているに違いありません。

ドイツ語の数え方だって、わたしには難しかったですよ。
84を4と80(vier und Aachzig)という数え方をするんですから。

言語によって、「2」までしか数えられない言語もあります。それ以上は「たくさん」となる言語。彼らにとっては10だってとてもむずかしいもののはずです。

Q「7月31日」を外国語にすると・・・?

教えて下さい。
「7月31日」英語なら「july 31」ですよね?
フランス語
ドイツ語
ラテン語
イタリア語
各国の単語を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語     July 31,2005
フランス語  31 juillet 2005
ドイツ語   31 Juli,2005
イタリア語  luglio 31,2005
スペイン語  31,Julio 2005
ポルトガル語 31,Julho 2005


人気Q&Aランキング

おすすめ情報