登校拒否と不登校ってどう違うのですか?
また、学校って何なのでしょうね。
行って当たり前と思っていたけれど今では行かなくてもいいんだ!!という考え方が受け入れられてきています。
誰か、定義みたいなものが分かる人は教えてください。登校拒否と不登校って意味が同じようだけど違うと思うのです。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

学校に行かないことを以前は「登校拒否」という言葉で表していたように思います。

それを「不登校」とも言うようになったのは、学校に行っていない子供たちの中には「~の理由で学校には行かない」と自らの意志で登校を拒否しているのではなく、「学校に行きたい、行かなくちゃと自分は思っている。でも行けない」という気持ちの子どももいるので、「不登校」という言葉が使われるようになったのだと思います。

「学校に行っていない」という結果だけを見れば同じですが、学校に行かない(または行けない)のは人それぞれ理由がありますからね。それを全部「登校拒否」と一言でくくると実態が見えなくなるように思います。
    • good
    • 0

kuma-oさんとSantaClausさんの意見で間違いないと思います。

僕は、”行って当たり前だけど、行かなくていい!”という部分について補足意見を…
日本の学校は課程主義(実力第一)よりも年齢主義(年齢にあわせて進級させる)を主に採ってきました。前者ならば、勉強する・しないは個人の勝手ですし、困るのは本人だけです。しかし、日本は後者の為とにかく学校に行ってさえくれれば・・・・・・という社会通念が成り立っていました。しかし最近、飛び級も話題になり、学力低下論が
叫ばれ、会社の年功序列も崩壊して、徐々に実力主義の世の中に変わりつつあります。それと同時に、いじめや学級崩壊などが問題になり、毒に対してどう対処するか、また
良い実をどうやって毒から守るかが課題となりました。この二つが重なり合った時、”無理に学校に行く(行かせる)
必要はないじゃないか”という考えが生まれ、一般に受け入れられたのではないでしょうか。
    • good
    • 0

『登校拒否』とは不登校の一つで、その名が表すように生徒や児童が自らの意志で登校を拒否する形態をいいます。

一方、『不登校』とは、登校拒否だけではなく、学校側がその生徒や児童を閉め出し、校内に入れさせないような形態も含みます。また、形としては登校拒否であるけれども、生徒や児童が登校拒否を行うようになった原因が主に学校側にある場合も『登校拒否』ではなく『不登校』といいます。
以前は、上のすべての形態を『登校拒否』という言葉でくくっていました。しかし、この『登校拒否』という言葉が、生徒側(家庭側)と学校側のどちらに不登校の責任があるのか区別することなく使われていることから問題があるとのことで、『不登校』という言葉が生まれ、使われるようになったです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不登校拒否をただすおばちゃん

ここ2ケ月ぐらいフジテレビのニュース日曜かな?夕方も特集で、よく不登校や、引きこもりなどを正す先生(おばちゃん)でてくるんですけど、お名前知ってる方教えてください。けっこう、こわもてで、ドス効いてて堂々としてて、「どや」「おまえ」口調だったような?関西系かな?
情報知ってる方教えてください。

Aベストアンサー

長田百合子さんでしょうか。

参考URL:http://www.mental-care.org/index.html

Q孫が登校拒否

孫が登校拒否しています。 おじいちゃんとして、してあげることは、なんでしょうか?
サッカークラブに入っていた、中学1年生です。

Aベストアンサー

 外野はじっと見守っていて。それだけで良いです。あれが悪いとか絶対に言わないで下さい。
本人及び親は分かっています。だから苦しんでいるのに、他からあれが悪い、こうすれば良いのだとか言われることほど辛い物は有りません。
 私自身、登校拒否の娘と向き合って居る状態です。

 学校の先生、精神科の先生などとじっくりと話し合っている状態です。


 どうしても係わりたいのなら、登校拒否に係わる質問はしないで下さい。其れ以外の事で楽しい話題とかなら大丈夫です。子どもは自分の中でそうとう葛藤しているようです。逃げ道を用意する。親から言われて辛い時に逃げ場所としてあると嬉しいかな。

Q登校拒否やニートについて

子供はいませんが、小中高関係なく学校に通わない人で
学校に通いたくない理由のない人なんているでしょうか?
例えば学校でイジメにあう又は行きたくない理由はあるけど
言いたくないなど理由があれば分かるんですが
だれでも学校へ通っていた時、行きたくない時はあったと
思います。単にサボリです。
理由もなく学校に通いたくないというのは
自分はダメだと思うんですが、
今こういった人は増えてるんでしょうか?
理由もないのに行きたくないなど理解できないのですが。

Aベストアンサー

あくまでも私見ですが…
我が家に子供が出来た頃に盛んに言われたのが、米国での最新と言われた「子供を叱るとトラウマになって向上心が無くなる」「子供がする事を制してはいけない」という教育論です。
そのため、公共の場所で子供がいたずらをしても騒いでも叱るどころか、諌めた人を攻撃する親が増えてしまいました。
でも、こういった子供が大きくなって、辛い事を我慢する心が育つでしょうか?答えはNOです。
それどころか、理由も無く学校に行きたくないと言う子供を諌める事もできないで居ます。今まで叱る事、行動を制限する事は悪い事だと教えてきた親が叱っては、「親は悪い奴」と言う事になってしまいます。
それに少子化が進んで、親の愛情は一人の子供に集中すると共に、子供同士の欲のぶつかり合いと言う事もなくなってしまいました。
子供同士が居れば、お互いのやりたい事がぶつかり合います。すると自分のやりたい事を制する相手は悪者ですから、相手が悪いということになります。
同級生も先生も自分のやりたい事を制限する悪い奴ですから、行きたくなるのは当然ですよね。
でも、元々やりたいと言う強い意思で、意識してやるのではないから、制限される事に対しても明らかな敵対行為というのではなく、無意識的な「嫌悪」という感情でしかありません。
また、やりたい事を成し遂げるという努力心もありません。苦労無くやりたい事ができると言う事に思考力は要らないのです。つまり、なんで相手を嫌悪するのかと言う思考も無用で、なんとなく嫌だから嫌で充分なのです。
その結果、理由は無いけどなんとなく嫌だから嫌、行きたいと思わないから行かない。
面倒だから殺す。欲しいから連れさる。飽きたから捨てる。
という単純な思いつきと行動でしかないのです。

根源は若い人ではありません。
私の子供は既に20代後半。
つまりその教育論を受け入れたのは私たちの世代。だから犯罪者が多くなっているのが中高年なのです。

今の親世代が、この教育論の犠牲者一代目。
今問題になっている連中は二代目から三代目・或いは四代目です。
わがまま放題の親が育てた子供がマトモになるわけがありません。更に拍車がかかるのが当然です。

日本は米国のように銃社会でないのが救いですが、いずれは(否、既に)アメリカと同じように腐りきるでしょうね。
もっと悪いことに日本の学者も同じ世代。位置を級力された情報を変える能力はありませんから、アメリカで是正する提言がなされても受け入れる事も出来ません。
つまり、日本が好転するのはアメリカに遥かに後れてからという事になります。

この予言が外れてくれる事を切に望むだけです。

あくまでも私見ですが…
我が家に子供が出来た頃に盛んに言われたのが、米国での最新と言われた「子供を叱るとトラウマになって向上心が無くなる」「子供がする事を制してはいけない」という教育論です。
そのため、公共の場所で子供がいたずらをしても騒いでも叱るどころか、諌めた人を攻撃する親が増えてしまいました。
でも、こういった子供が大きくなって、辛い事を我慢する心が育つでしょうか?答えはNOです。
それどころか、理由も無く学校に行きたくないと言う子供を諌める事もできないで居ます。今ま...続きを読む

Q中学1年生 登校拒否

登校拒否の中学1年生、おおやけの相談所は何処にありますか?

Aベストアンサー

以下に相談してみてはいかがでしょう?


ひょうごユースケアネットほっとらいん相談

ひきこもり等の課題を抱える青少年の自立を支援する関係機関のネットワーク「ひょうごユースケアネット推進会議」の新たな事業として、専用電話回線による総合相談窓口(ユースケアネット・ほっとらいん相談)を兵庫県青少年本部内に開設しました。平成24年4月から新たに土曜日に相談を始めます。

相談実施日時

1実施日時
曜日月・水・金・土曜日(週4回)
時間午前10時から12時、午後1時から4時
上記が祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)に当たる場合はお休み

2専用ダイヤル
078-977-7555
専用回線による電話相談(無料)

3相談内容
(1)ひきこもりの専門相談(ワンストップ相談機能)
(2)個々の相談に応じた適切な専門機関等の紹介(ひょうごユースケアネット推進会議の支援ネットワークを活かしたつなぎ機能)

4相談員
ひきこもり等への支援を行うNPO等の専門スタッフ(心理士)

5実施主体
公益財団法人兵庫県青少年本部

以下に相談してみてはいかがでしょう?


ひょうごユースケアネットほっとらいん相談

ひきこもり等の課題を抱える青少年の自立を支援する関係機関のネットワーク「ひょうごユースケアネット推進会議」の新たな事業として、専用電話回線による総合相談窓口(ユースケアネット・ほっとらいん相談)を兵庫県青少年本部内に開設しました。平成24年4月から新たに土曜日に相談を始めます。

相談実施日時

1実施日時
曜日月・水・金・土曜日(週4回)
時間午前10時から12時、午後1時から4時
上記が祝日及び...続きを読む

Q登校拒否なのか、無気力なのか、息子にどう接して良いのかわからない。 思春期でもあるし、反抗的である

登校拒否なのか、無気力なのか、息子にどう接して良いのかわからない。

思春期でもあるし、反抗的であるのは仕方ない。それはわかってる。

でも、中二が普通に登校して普通に帰宅するという、平凡ではあるけれど今の我が家には眩しい現実を取り戻してあげたい。

くだらない話で笑ったり、給食食べたり、かけがえのない青春なんだと思うから。

毎日胸が苦しいです。

Aベストアンサー

私自身、同じような体験をしました。
"なんとなく、学校に行きたくない。
最近、憂鬱だ。
嫌われたくないけど、なんとなく嫌われている気がする。
自信が無い…テストなども最近(その頃の私)芳しくない。
もう何もしたくない。
私は何がしたいのだろう?親から言われるけど自分でも分からない。
自分は何者なのだろうか?"
このような気持ちでした。

あくまでも私の場合ですが、何かが自身の中でぽっきりと折れるような気持ちになってから…中学2年の頃の吹奏楽で責任を任され先輩より上手いとはやしたてられトップに立たされたり、人間関係の泥沼にどっぷりと浸かりきった時それは切れました。今までの自分の…切れてはいけない何かが切れました。
しないといけないこと、大切なもの、すべてが何でもないものだと感じるようになりました。
今思えば、心がボロボロなのに気づいていなくて破裂したのかなと。
バーンアウトというそうですが、まさに私はそうでした。

親に話すのは、その頃出来ませんでしたが…電話で相談をしたり、第三者からの言葉を欲していました。
それでも復帰出来たのはお母さんにしてもらったことからだと思います。
朝起きたらおはよ!と笑顔でハグをしてくれて、今日は一緒にカラオケでも行く?と外に誘ってくれたりゲームをしようか?弱いけどねぇと中でも遊べるように時間のある時は一緒に居てくれました。
平日は中でひとりになることが多かったですが、それでも考え直す時間にはなりました。
あと、旅行に行きましたね。リフレッシュしながら、私が話したくなったら話を聞いてくれました。

小さい頃、もしかして息子さんと一緒にいる時間が少なかったりしませんでしたか?もしそうでしたら、今一緒にいてあげてください。

お母さん、あなた自身も悩んでいて辛いことでしょう。可能であれば、家族でスクールカウンセラーを受けてみてください。
息子さんが15歳なら、お母さんも15歳。
共に歩むのが家族です。

ゆっくり、ゆっくり。
大切に、してください。

長々と失礼しました。
ではではこのへんで。

私自身、同じような体験をしました。
"なんとなく、学校に行きたくない。
最近、憂鬱だ。
嫌われたくないけど、なんとなく嫌われている気がする。
自信が無い…テストなども最近(その頃の私)芳しくない。
もう何もしたくない。
私は何がしたいのだろう?親から言われるけど自分でも分からない。
自分は何者なのだろうか?"
このような気持ちでした。

あくまでも私の場合ですが、何かが自身の中でぽっきりと折れるような気持ちになってから…中学2年の頃の吹奏楽で責任を任され先輩より上手いとはやした...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報