免責不許可決定と言う処分は、債務総額に対して決定されるのでしょうか。それとも債務の一部に対して決定されるのでしょうか。また、「債務の一部に対して」であった場合、どのような順位で弁済優先順位が決定されるのでしょうか?

事業の借金の保証人になり、債務者が自己破産してしまいました。そもそも、自己破産した理由が事業の行き詰まりではなく、債務者の妻の浪費によるものです。債務者は、私が保証人の300万円のほかにも、Aさんが保証人で500万円借りています。

また、債務者の妻は自己破産申請の直前に、自分の身内に高価品を預けた疑いが強いのです。この『隠し財産』を暴く方法はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

免責不許可決定は債務総額に対してです。


まず、妻の浪費が原因でとありますが夫が払わなければ(家事債務ではないから)
いいのにそれを払ったと言うことで同じ落ち度があるとみなされるとおもいます。

事業者の場合は管財人がつくとおもうのですが(管財事件か、少額管財事件として
裁判所があつかうはずです。申請した弁護士がわからないはずはないですから)

まず、管財人はいるのか、破産申請は弁護士がしたのか本人がしたのか。
あと、破産を取消して民事再生手続、任意整理で処理はかんがえてないのか?
2点確認したいです

この回答への補足

破産管財人はいます。
破産申請は弁護士がしています。
また、債務者は再建の意志がなく、任意整理も考えていません。

補足日時:2001/12/14 01:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q破産手続廃止決定書または破産手続開始決定書がいわゆる破産決定書に当たるのでしょうか

会社の破産についてのことですが、破産手続廃止決定書または破産手続開始決定書がいわゆる破産決定書に当たるのでしょうか。
それとも、破産手続廃止決定書の後に、破産決定書の交付を受けられるのでしょうか。
ご教示くださいますようよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

破産手続廃止決定書はそれで(配当はできないで)破産手続が終わったという決定、破産手続開始決定書が破産手続が始まったつまり破産宣告があったという決定です。破産決定書というと後者でしょう。経理上は破産開始=破産宣告で50%が、破産終結で50%が直接償却できるので両方とも必要になります。

Q自己破産について。保証人不要のキャッシングの返済ができずに自己破産した

自己破産について。保証人不要のキャッシングの返済ができずに自己破産した場合、どうなるのでしょうか?

私の母の事です。私は、34歳既婚で、7歳の子供がいます。また、離れた地域に私の姉(37歳の未婚)がいます。私と妻・姉ともにそれなりの仕事に就き、日々働いております。
両親は、また、別に住んでおり生計はそれぞれ別ですが、一年半前に父の職場が倒産して、10ヶ月間、失業保険で暮らしていましたが、ようやっと再就職ができ、手取り10万円程ですが稼いでいます。母親は、パートで稼いだりしていましたが、健康上の理由から中々長続きできせず、無職です。
そんな母に300万円ほどの借金がある事がわかり、家族みんなてんやわんやです。
保証人不要の〇くせんカード、オ〇コカードなど、5社より計300万円ほど借りており、返済が滞ってしまい私の姉に打ち明けたそうです。
母は安易に考えているのか、「夫と離婚して自己破産する」と言っているそうです。
保証人は立てずに借金したと言っています。
父親の手取りでは、返済は完全に不可能です。
法律など詳しくありません。
(1)保証人不要のキャッシングの場合の自己破産について、借入元への返済義務は、我々に生じますか?(姉と力を合わせれば、返済能力はあると思われます)。
(2)離婚して自己破産しなければ、父親への返済義務が残るのでしょうか?(大切な両親です。離婚は避けてもらいたいと思っています)。
(3)自己破産って簡単に言っていますが、上記ケースで自己破産した場合のメリット・デメリットはどんなんでしょう?
(4)我々、子供達への影響は?
母親の行いには、本当にがっかりです。母親から見て、今回のことは私は知らない事になっています。

動揺してうまく説明できませんが、よろしくお願い致します。

自己破産について。保証人不要のキャッシングの返済ができずに自己破産した場合、どうなるのでしょうか?

私の母の事です。私は、34歳既婚で、7歳の子供がいます。また、離れた地域に私の姉(37歳の未婚)がいます。私と妻・姉ともにそれなりの仕事に就き、日々働いております。
両親は、また、別に住んでおり生計はそれぞれ別ですが、一年半前に父の職場が倒産して、10ヶ月間、失業保険で暮らしていましたが、ようやっと再就職ができ、手取り10万円程ですが稼いでいます。母親は、パートで稼いだりし...続きを読む

Aベストアンサー

偽名で借り入れた分ですが、誰の名義ですか?
 本人確認書類を確認せずにお金を貸すところなんてないと思いますから、全くの架空人名義ということはないですよね?
 その名義はお父様、tsutsubou様、お姉様あるいはその他の親族の方になっていませんか?

 少なくとも、その偽名で借り入れた分に関しては、実際はお母様が借りていても契約者となっている方の債務ですので、お母様の債務として自己破産することができないということです。
 
 自己破産の手続そのものは、(簡単だとは申しませんが)弁護士に依頼せず個人ですることも可能ですが、この偽名の分をどのように処理すべきかということも含めて、至急弁護士にご相談することをお勧めします。 
 
 

Q自己破産した会社の連帯保証人になっているのですが、自分も自己破産以外に対処方法はありますか?

義父の会社が倒産し自己破産をして整理しましたが、義父と叔父が連帯保証人になった銀行債務が数件で8000万ほどあります。
現在、残債務の件で保障協会から支払いの督促が来ていますが、会社倒産時に財産も整理しているので多額の支払い能力はありません。
それでも、年金の中から少しずつでも返済をしていきたいと義父は考えております。
会社の倒産時にお世話になった弁護士さんは、義父に自己破産を勧めますが、年金生活の義父に自己破産させたくありません。
自己破産せず、少しずつ死ぬまで返済させる・・・という考えは無理なんでしょうか?

どうか宜しくお願いします。

義父は弁護士を立てており、叔父は立ててません。

Aベストアンサー

相手によりけりですが、相談すれば可能性はあります。

めぼしい財産がすでに無いという前提ですが、例えば月々5000円の1000年払いなんていうのも”有り”です。

ただし、義父が亡くなったときには相続放棄の手続をしてください。

Q債務者から破産事件番号の通知を受けてから半年経ちます。裁判所からの破産開始決定の通知はまだです。

現時点での状況ですが、債務者に対する債務名義は確定しています。

債務者が自己破産の申立てをしたいとのことでしたので、債務調査に応じたところ自己破産の事件番号の通知を相手弁護士よりの書面で受け取りました。(受理証明書は受け取っていません。)

申立日より半年が経過しておりますが裁判所からの開始決定の通知は届いていない状況です。

当方が現時点で、この破産事件について継続中であるか、却下もしくは取り下げられたかを確認する方法がありましたらお教えください。

受理証明書を取ればで継続中か、そうでないか判るものなのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

破産手続きが開始されると、債権者一覧に記載された債権者には、裁判所から通知が届きます。
この通知が来てなければ手続きが始まっていない可能性があります。
裁判所名と事件番号が分かっているのなら裁判所に問い合わせると教えてもらえます。(官報に掲載されるので秘密ではありません)


何の連絡のないのであれば
免責が決定されるまでは貸金の返還請求の訴訟を起こすことが出来ます。
勝訴すれば財産や給料等の差押も可能となりますよ。
手続きが簡単で請求の上限がないので「支払い督促申立書」を裁判所へ申請しましょう。 弁護士、司法書士に相談してみてください。
 

Q親戚の自己破産による連帯保証人の債務

近々親戚の会社が自己破産の申し立てをする予定です。
その際、私の両親が約3000万円もの連帯保証人になっているため、
民事再生法の手続きをとろうと思っています。
その準備期間、(親戚が自己破産の申し立て中の期間(約6ヶ月))の債務の請求はどうなるのでしょうか?? 

Aベストアンサー

銀行取引約定書(融資に際して交わす包括契約書)上では、債務者は、裁判所に対する破産の申立時点で、債務者は機嫌の利益を喪失します。要するに借入金の返済を何年間を通じて毎月分割で幾ら返済していく、という権利を無くし残債務を一括返済する義務、加えて期限の利益喪失日の翌日から全債務に対する年利計算14%(14.6%)の遅延損害金の支払義務を負います。

連帯保証人ですから、債務者と同じ立場で上記の債務を負担していますので、質問にある6ケ月というのが、破産申立から破産手続の終結までをイメージされているのであれば、
「債務者の破産申立の翌日から連帯保証人には債務全額の返済義務が生じます。個人民事再生の申立の時期についてもその点を考慮の上判断して下さい。(当然早い方が良い)」という回答になります。

質問が、「破産申立の手続にあれこれ半年程の時間を要するが、・・・」という趣旨であるならば、その準備期間中は、債務者には約定返済を継続させて、銀行に自己破産準備の旨は感づかれないよう隠密行動で事前準備を進めて下さい」というのが回答になりそうです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報