よくHP上で(c)copyright 1995-~とか、無断転載禁止著作権はすべて~などと著作権に関し記載のあるページがありますよね。
 日本国内では届出を出さなくても、著作権に関する記述がなくとも、著作物を作成したその時点から著作権が発生することは知っています。
 でも、HP上で本名は出したくないですよね。そういう場合、HNでも著作権は認められるのでしょうか?つまり、本人とそのHNにあまりつながりを見出せない場合などです。私のHNだと、ただの桜の種類に過ぎません。また、このHNはここでしか使っていません。つまり今のHN=私本人という見かたをする人間はとても少ないわけです。(有名なサイトさんならこのあだ名=そのサイトの管理人と考えてもよいのかもしれませんが)
 先日、伏字の意味は?という質問を拝見すると伏字にすることで直接そのものでないという言い逃れがしやすいからではと書かれていました。
 そうすると、もし私がHP上に(c)HNと書いても意味をなさないことにはなりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

著作権は、匿名又は仮名で公表されたとしても、書いた本人に帰属します。


これは、公表されない著作物であっても、著作権が書いた本人に発生することからも明らかです。
「誰が書いたかわからないから、勝手に使いました」ということはできません。

ただし、仮名(ハンドルネーム)が誰を指すのか周知ではない場合には、著作権の保護期間が「著作者の死後50年」ではなく、「その著作物の公表後50年」となります(著作権法52条)。
これは、その著作者がいつ死んだかがわからないためです。

ベルヌ条約に加盟している各国(2001.3現在148ヶ国)については、何らの手続なく著作権が発生することとされており、氏名を表示しなければ保護をうけられないということはないので、無記名又は仮名でも保護を受けられることに変わりはありません。
保護期間についても、上と同様の期間は、最低限保護することとされています。(ベルヌ条約第7条)

この回答への補足

 ありがとうございます。ベルヌ条約に加入している国が現在150ヶ国ということは、世界の約4分の1は加入していないわけですね。まあ加入していないからといって即HNでの著作権は認められませんといわれるとは思いませんが、このような国際条約があることを知って知識を新たにしました。以前はぼんやりとしか知らなかったのですが・・・。
 回答ありがとうございました。
 

補足日時:2001/12/14 03:29
    • good
    • 0

 仮名で公表された著作物の保護期間が「公表後50年」というのは、north073 さんが仰るとおりです。

従いまして、例えば、20歳の時に仮名で公表した著作物の著作権は、70歳で消滅します。70歳まで生きているなら、自分が存命のうちに著作権が切れてしまいます。

 もし、「仮名のままにしておきたいが、普通の著作物と同じように、自分の死後50年まで著作権を存続させたい」とお考えでしたら、実名を登録しておく必要があります(著作権法第75条第1項)。ただ、これが海外にも通じるかまでは、私にはちょっと分かりません。

 また、ベルヌ条約に加盟しておらず、万国著作権条約にのみ加盟している国々まで著作権を主張したいのであれば、「Copyright(または○の中にC)」、「著作権者名」「最初の発行年」の表示が必要となります。ゲームソフトやCDには、そんな国に出荷される可能性があることを見越して、この表示がつけられています。一個人では、そんな国で著作権の権利行使をすることはまずないとは思いますが、念のため申し添えておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 HPというのはごく最近一般的になったものなので、これから著作権についてもまた大きな変化が必要とされるようになるかもしれませんね。まあ少なくとも何十年後かかもしれませんが。
 私が最も知りたかった海外での適用についても言及してくださってありがたく思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 03:49

 大丈夫です。


 著作権は本人に適用されます。
 たとえば、中島らもの本には、本名はどこにも記載されてませんよね? 中には著者紹介のページに記載されてるかもしれませんけど。
 まあ、そういうことです。
 プロバイダには本名が登録されてるわけですから、公開された名前が本名かどうかは関係ないんです。

この回答への補足

 回答ありがとうございます。ペンネームも確かに本名ではないわけですが、その代わり日本国内にたくさんの方が中島らもを知っていますよね?
 たとえば海外の中には著作権に対しとてもフリーな国があるじゃないですか。音楽アルバムに使われている写真をそのまま載せてしまったり、他人の作品をそのまま自分のHPにも載せたり・・・。そういう「海外で著作権についてモメた時」、日本国内ではHNでもよいからといってもこの国ではそうではないと言われないのだろうか?と思ったのです。
 でもよく考えればそのスペースを利用する時に、個人情報を記入するわけで、そう考えたらなんとかなるかもしれませんね。そう考えれば、gooの無料スペースを借りる際に「嘘の記述をするのは法律違反ですよ。」と注意書きがされているのも意味のあることですね。
 もちろん本当のことをめいっぱい書きましたが、あれは単にHPを使う側が規律に反した時に提供者側から見て利用者を追及するためのものだと思っていましたが、利用者を守るためのものでもあるかもしれません・・・。ありがとうございました。

補足日時:2001/12/14 03:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上り坂で駐車するときハンドルを切る方向は?

上り坂で駐車するときハンドルを切る方向は、「右」と教科書には書いてあったのですが、この方向では、もし車が坂をバックに下がり始めたときに、中央線方向に出てしまうことはないのでしょうか。
下り坂の時に駐車するとき、ハンドルを「左」に切るというのは、バックに下がったとき、中央線とは反対側に行くので良いというのはわかるのですが…。
教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

なりません。
平地で良いので試してもらえば分かりますが「ハンドルを右に切った状態でバックすると車体は左に動く」ものなんです。
右に切って前進→右回りに動く
右に切ってバック→左回りに動く
ですから。

Q著作権についてみ◯きー等のみんなしっているキャラクターの絵を自分のが描いた場合その著作権は自分のも

著作権について
み◯きー等のみんなしっているキャラクターの絵を自分のが描いた場合その著作権は自分のものになるのでしょうかそれともそのキャラクターをつくった人のものになるのでしょうか教えてください

Aベストアンサー

自分で描いても「あなたのデザイン」ではないのです。私的利用ならさほど問題にはなりませんが、商用利用はできません。

Q衝突時に自転車はブレーキ・ハンドルを切る、どっちが先?

衝突時に自転車はブレーキ・ハンドルを切る、どっちが先?

自転車が交差点手前の歩道で信号待ちの歩行者の右手からノーブレーキで衝突しました。
運転者は2.5メートル手前で人を発見しハンドルを右に切ったが、間に合わないで衝突したと主張するのだが、2.5メートルの距離があれば例え時速20キロで走っていたとしても、停止距離は1.8メートルで止まるはず。
また、2.5メートル前でハンドルを右に切ったとしたら、2.5メートル先まで曲がらないで直進する自転車などあるでしょうか?
考えられるのは、運転者が2,5メートル前で人を発見したということが 大うそ ということしかないとおもわれます。
自転車を運転する人にお聞きしたいのですが、2,5メートル先に障害物を見たとき、自分がぶつかると痛いとわかっている場合 ブレーキをかけて停まる・右にハンドルを切る とっさにするのはどちらでしょう。
またこのようなことに関しての統計や参考になる資料などご存知の方、どうかお知恵を貸して下さい。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

こんばんは、nyanngoさん。

もっとも問題なのは、ご質問の意図が不明な事だと思います。

歩道で信号待ちをしている時に自転車に衝突された事故ならば、当然警察に届け出て事故検分を行ったのだと思いますが、警察は人身事故扱いにして処理してくれましたでしょうか。

それとも、大した怪我も無い軽い事故だった場合で、損害が衣服の汚れや破れ、持ち物の破損の様な場合で物損事故として処理したのでしょうか。

ただし、警察には民事不介入の原則が有るので、どちらの過失が何割だとか、被害者に慰謝料をいくら払いなさい、などの判断は何が有ろうと一切しないので特には関係はありませんが。

ご質問のケースでは、加害者の自転車側が何処で被害者を発見したとしても、いつブレーキを掛けたとしても、ハンドルを切ろうと切るまいと、そんな事は過失の割合には一切関係無く。

速度が5キロだろうが50キロだろうが、必死にブレーキを掛けたのか、よそ見をしていてノーブレーキで突っ込んだのか、などの状況も一切関係無くて、過失の割合はどの状況に於いても100対0で自転車側の過失が10割なので問題は無い筈なのですが、何の為の質問なのでしょうか。

なので、ご質問の意図が良く分らないのですが、あえて幾つかの回答をするとすれば下記のようになると思います。

2.5メートル手前で発見したのが嘘なのでは無く、20キロという速度が嘘で30キロとか40キロ以上だったという可能性も有りますよね。

路面が濡れていたり、砂利や泥が溜まっていたという事も考えられます。

自転車に乗っていた人の体重が80キロ100キロ120キロなど、停止距離は質量×速度に比例するので、必ず何メートルで止まれるという保証は無い。(極端な事を言えば、強い追い風や向かい風の影響でも変化します)

更に、ご指摘の20キロで1.8メートルという数値は、単純な制動距離の事なのではないかと思いますが。

時速20キロで走行している場合は、危険を察知してから脳が判断してブレーキか回避かを決め、体が反応してブレーキレバーを握り、実際に車輪に制動力が発生するまでの「空走距離」が4メートル以上発生するので、20キロで走っていて2.5メートル手前で発見したという話が事実だとした場合は、その自転車は発見した障害物(被害者)にノーブレーキでぶつかる計算になると思います。

ハンドルを切って避けると判断した場合にも、ほぼ同等の空走距離のような状態の間が発生すると思いますので、その場合もやはり自転車を運転していた人の気持ちとしては避けたつもりであっても、実際には殆んど回避できずに衝突したと考えられます。

でも、途中でも説明しましたが、避けようと避けまいと、ブレーキを掛けようが掛けまいが、そんな事は無関係で100パーセント相手側の過失なので、何も心配する必要はないという事です。

その場でしっかりと警察に連絡して、正しく事故の検分をしてもらって事故処理をするという、当たり前の事がキチンとされていれば何の問題も有りません。

相手がごねて慰謝料などで揉めたとしても、簡易裁判で相手に支払いを促す判決が出されるだけです。

ただし、交通人身事故にも拘らず、ちゃんと警察を呼んで事故処理をしていなかった場合は、裁判になれば相手は自分の有利なように、いくらでも嘘の証言をする事が可能になってしまうので厄介です。

相手は主張を変えて、速度は10キロ以下で徐行していたが、歩行者が急に自分の直前に飛び出したので避けられずに衝突して転倒した時に怪我をした被害事故だと主張するかも知れません。

目撃証人がいなければ、両者の主張は平行線をたどる事となり、最終的には元々加害者であったはずの相手にとっては有利な和解案か判決が出る事になります。

こんばんは、nyanngoさん。

もっとも問題なのは、ご質問の意図が不明な事だと思います。

歩道で信号待ちをしている時に自転車に衝突された事故ならば、当然警察に届け出て事故検分を行ったのだと思いますが、警察は人身事故扱いにして処理してくれましたでしょうか。

それとも、大した怪我も無い軽い事故だった場合で、損害が衣服の汚れや破れ、持ち物の破損の様な場合で物損事故として処理したのでしょうか。

ただし、警察には民事不介入の原則が有るので、どちらの過失が何割だとか、被害者に慰謝料をいくら...続きを読む

Q肖像権・著作権、伏字にするだけでOKなの?

人物・団体・商品名など 著作権や肖像権が発生する 実在のものが、
漫画やテレビなど 第三者の制作物に登場する場面をたびたび見かけます。

大抵は「ソレ」だとはわかる程度に、伏字になっていたり、1文字変えるなどされていると思うのですが、
実際の法律的には その程度の改変があるだけでもセーフになるものなのでしょうか?


・正式に本人や団体から 許可をとっている場合
・本人への悪意はもちろん、不利益が無い為黙認される場合
・むしろ広告効果があり喜ばれる場合

など 好意的に受け止めてもらえる場合も多くあると思いますが、
実際の 法律的な面で考えると「訴えられたら 終わり」なのか、
1文字変えているだけでも言い逃れできるものなのかが気になりました。

特にテレビは緩いような気がするので(色んな楽曲も使い放題みたいですし)、メディアの違いによる 差などもあれば是非知りたいです。

業界に詳しい方、また法律に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

 裁判での訴追が難しいだけの話で、出来ないわけではないと思います。証拠を大量に集めてあればの話ですが。

 一般に、事前に了解が得られていれば、酷い実害が出ない場合は黙認されている例が多いですから、放送局が著作権者を舐めてかかっているのでしょうが、了解を得ずに政治的な嫌がらせをする例もありますし、訴追されても隠す放送局などもありますから、全てが黙認されているわけではないでしょう。

 テレビで著作物を使用する場合は、著作権料を支払っているから問題にならないだけで、著作権料を支払わずに踏み倒した場合は裁判になる事もあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9

Q左折する前に逆ハンドルを切るのはヘタな運転ですか

縁石の切れ目が狭い所へ左折で入る時に
①ブレーキを踏む
②左ウインカーを付ける。
③車体をセンターラインギリギリの右へ寄せる。
④対向車が来ていない事を確認して、右に車の頭を振りだす
⑤左にハンドルをいっぱいに切る

これをやらないと左タイヤを縁石に乗り上げそうで怖いです。
人から言われて左に寄せてから左折をして、左折中に左タイヤの乗り上げを心配して停車したら追突されそうになりました。

ただ、逆ハンドルを切った事で対向車や追い越しをかけた対向車と接触しそうになった事や、後続のバイクにクラクションを鳴らされた事もあります。

Aベストアンサー

図を後から見ました。この曲方しかないですね 普通に左折したら左擦り縁石乗り上げですね。

Q中国向けの出版物の著作権表示(Copyright)は中国語に翻訳する必要があるか?

中国向けの出版物の著作権表示(Copyright © 2008 会社名)について、copyrightsや会社名などは中国語に翻訳する必要がありますでしょうか?
それても全世界共通で英語のままcopyrightでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

中華人民共和国は、ベルヌ条約加盟国ですから(WTOに加盟するにはベルヌ条約相当の著作権保護が要求されるので、WTO加盟国はベルヌ条約に加盟していることがほとんどです。していなくても、ベルヌ条約相当の保護規定があります)、無方式主義です。したがって、著作権表示は無意味であり、事実上の権利表示以上の意味を持ちません。

なお、万国著作権条約で求められる著作権表示は、「(c)(サークル・シー)・著作権者名・最初の発行年」であって(同条約3条)、冒頭の「Copyright.」および末尾の「All Rights Reserved.」は、ともに慣行上の表示にすぎません。したがって、中国語に翻訳しようが、しまいが、法的効果に違いは生じません(ゆえに、わが国で発行されている著作物にされている著作権表示も、日本語訳はされていません。もとより無意味な表示だからです)。

よって、「慣行通り」に、「Copyright. (c) 著作権者名 最初の発行年 All Rights Reserved.」としておけば足りるでしょう。

Qハンドルを切るとき変な音がします

よろしくお願いします。
普通乗用車ですが、ハンドルを切るときゴムをこするようなにぶい音がします。タイヤには異常が見あたりません。
とくに低速で動くときに音が大きいように思われます。
パワステのどこかに異常があるのでしょうか?
現在、金銭的な余裕がないため修理にまわすのをためらっています。
音の原因と緊急に修理する必要があるのかどうかを教えてください。

Aベストアンサー

ブーンとかビューというような音であればパワーステアリング関係から音が出ている可能性が高いと思われます。エンジンを止めた状態で音が出ないようであれば、確実にパワーステアリングと考えてよいでしょう。

パワーステアリング系統から音が出る原因として、駆動用のベルトの劣化や調整不良(この場合はキュルキュルとかキューというような高い音になる場合が多い)または、パワーステアリングフルードの不足(この場合は最初に書いたブーンとかビューというような比較的低い音になり、エンジンの回転を上げると音が高くなります)が主な原因として考えられます。

ベルトの劣化や調整不良(ベルトがパワーステアリング用として独立している場合)の場合はベルトの交換または調整ということになります。ベルトが劣化しているかどうかはベルトのプーリー(ベルトが掛かっている回転部分)にあたる面を見て判断しますが、テカテカに光って(通常はつや消しに見えます)いたり、細かなひびが入っていたりするものは寿命と考えて交換が必要です。パワーステアリングフルードの不足はパワーステアリングフルードのタンク部分で点検しますが、車種により点検方法が異なるためユーザーズマニュアルを参照するか、専門家の点検を受けてください。ベルトの調整も車種によって異なりますので同じです。

また、パワーステアリングフルードを補充する際は必ずメーカー指定のパワーステアリングフルード(よくパワステオイルなどと言いますが、正しくはパワーステアリングフルードと呼び、通常のエンジンオイルなどとはまったく異なる性質のものですので決して指定以外のオイルを入れたりしないでください。)を適量(入れすぎると温度が上がった時に溢れ出す場合がある)補充してください。通常はこのフルードが減ることはないはずですので、漏れがある部分を特定しその部分の修理をしないと再発する可能性が高いでしょう。

詳細な車種(車検証に記載されている年式・型式・原動機型式など)を記載していただければ、もう少し具体的に点検・調整の方法を記載できるかと思います。

ブーンとかビューというような音であればパワーステアリング関係から音が出ている可能性が高いと思われます。エンジンを止めた状態で音が出ないようであれば、確実にパワーステアリングと考えてよいでしょう。

パワーステアリング系統から音が出る原因として、駆動用のベルトの劣化や調整不良(この場合はキュルキュルとかキューというような高い音になる場合が多い)または、パワーステアリングフルードの不足(この場合は最初に書いたブーンとかビューというような比較的低い音になり、エンジンの回転を上げ...続きを読む

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。

Qバックでハンドルをいっぱいまで切るとき、ギー・・・

 RAV4なんですが、バックするとき、ハンドルをいっぱいまできると、ギーという金属どうしが擦れ合うようないやな音がでます。

 今のところ不快感以外には、困ることはないですが、何かの前兆だといやだなと思いまして、少し気になります。

 原因と直し方がわかる方、お教えください。

Aベストアンサー

トヨタ製のフルタイム4WD車に10年あまり乗ってます。

ご質問のような症状を2度経験しています。

1回目は、ステアリング機構内のゴム製の緩衝材(末端のクッションのようなもの)が擦り切れていたため、というのがディーラーの整備担当の説明でした。

2回目は11年目の車検時で、ステアリング機構そのものの老朽化が原因(これもディーラー側の説明。信じるのみ。)で、中古再生部品(新品はさすがにもったいない。)に丸とっかえ(エンジン脱着込み)でン十万をつぎ込みました。(愛着度には代えられませんでした。まさに愛車です。)

・・・というわけで、日頃の乗り方や経過年数等によって異なると思います。
いずれにしろ、解消するには「修理」しかないと思いますが、不快感を解消する代価と修理費を天秤にかける必要がありますね。

QHNと本名を一緒に表記した著作権表示は有効か

こんにちは。私は、著作権表記にあたって、Copyright(C)、または(C)以下を次のように書いています。

・本名で書いたほうが都合がいい場合
- 本名
- 本名 all rights reserved.

・ハンドルネーム(以下HN)も書き添えたほうがよさそうな場合
- HN(本名)
- HN(本名) all rights reserved.

※all rights reserved.は著作物が100%オリジナル(またはフリー素材等で、著作権を放棄あるいは主張しないと、著作者が言っているものを使用しているオリジナル作品)という場合に書くと認識しています。

著作権の定義によると、本名以外での著作権は公表後50年とされていますが、HNと本名を併記した場合の著作権は、一般的にHN(つまり本名以外)で主張されたとみなされるのでしょうか。

また、自分は著作権開始年(?)(一部だと作った年のみ、MicrosoftのWindowsなどでは公表年から現在のバージョンの公開年までハイフンをはさんで書いてあったりします)などを省略してしまっていますが、これを省略すると何か不利になることはあるのでしょうか。

こんにちは。私は、著作権表記にあたって、Copyright(C)、または(C)以下を次のように書いています。

・本名で書いたほうが都合がいい場合
- 本名
- 本名 all rights reserved.

・ハンドルネーム(以下HN)も書き添えたほうがよさそうな場合
- HN(本名)
- HN(本名) all rights reserved.

※all rights reserved.は著作物が100%オリジナル(またはフリー素材等で、著作権を放棄あるいは主張しないと、著作者が言っているものを使用しているオリジナル作品)という場合に書くと認識しています。

著作...続きを読む

Aベストアンサー

日本では無方式主義をとっていますので、著作権表記は特に必要ありません。つまり、作成または公開した段階で著作権が自動的に発生します。

http://jimphelps.at.infoseek.co.jp/circlec.html
http://www.yuzuriha.sakura.ne.jp/~akikan/kaigai/kaigai1.html

方式主義のみの国において、著作権表記に必要な条件は
・(c)マーク
・著作権者名
・最初の発行年度(修正すれば後に「修正年度」)
だそうです。年を省略するとこれに当てはまらなくなりますので、著作権を主張できなくなってしまいます。とはいえ、世界中のほとんどの国で無方式主義になっていますからね。

また、ベルヌ条約において
>無名または変名の著作物の保護期間は、公衆への提供時から50年で満了する。
>ただし、この期間内に、著作者が用いた変名が、その著作者を示すことが明らかになったとき、
>無名または変名の著作者がその著作物の著作者であることを明らかにしたときは、著作者の死後50年とする(7条(4))。

とありますので、本名とハンドルネームを併記した場合は本名を記入した死後50年保護されると考えて差し支えないでしょう。

日本では無方式主義をとっていますので、著作権表記は特に必要ありません。つまり、作成または公開した段階で著作権が自動的に発生します。

http://jimphelps.at.infoseek.co.jp/circlec.html
http://www.yuzuriha.sakura.ne.jp/~akikan/kaigai/kaigai1.html

方式主義のみの国において、著作権表記に必要な条件は
・(c)マーク
・著作権者名
・最初の発行年度(修正すれば後に「修正年度」)
だそうです。年を省略するとこれに当てはまらなくなりますので、著作権を主張できなくなってしまいます。と...続きを読む


人気Q&Aランキング