よくHP上で(c)copyright 1995-~とか、無断転載禁止著作権はすべて~などと著作権に関し記載のあるページがありますよね。
 日本国内では届出を出さなくても、著作権に関する記述がなくとも、著作物を作成したその時点から著作権が発生することは知っています。
 でも、HP上で本名は出したくないですよね。そういう場合、HNでも著作権は認められるのでしょうか?つまり、本人とそのHNにあまりつながりを見出せない場合などです。私のHNだと、ただの桜の種類に過ぎません。また、このHNはここでしか使っていません。つまり今のHN=私本人という見かたをする人間はとても少ないわけです。(有名なサイトさんならこのあだ名=そのサイトの管理人と考えてもよいのかもしれませんが)
 先日、伏字の意味は?という質問を拝見すると伏字にすることで直接そのものでないという言い逃れがしやすいからではと書かれていました。
 そうすると、もし私がHP上に(c)HNと書いても意味をなさないことにはなりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

著作権は、匿名又は仮名で公表されたとしても、書いた本人に帰属します。


これは、公表されない著作物であっても、著作権が書いた本人に発生することからも明らかです。
「誰が書いたかわからないから、勝手に使いました」ということはできません。

ただし、仮名(ハンドルネーム)が誰を指すのか周知ではない場合には、著作権の保護期間が「著作者の死後50年」ではなく、「その著作物の公表後50年」となります(著作権法52条)。
これは、その著作者がいつ死んだかがわからないためです。

ベルヌ条約に加盟している各国(2001.3現在148ヶ国)については、何らの手続なく著作権が発生することとされており、氏名を表示しなければ保護をうけられないということはないので、無記名又は仮名でも保護を受けられることに変わりはありません。
保護期間についても、上と同様の期間は、最低限保護することとされています。(ベルヌ条約第7条)

この回答への補足

 ありがとうございます。ベルヌ条約に加入している国が現在150ヶ国ということは、世界の約4分の1は加入していないわけですね。まあ加入していないからといって即HNでの著作権は認められませんといわれるとは思いませんが、このような国際条約があることを知って知識を新たにしました。以前はぼんやりとしか知らなかったのですが・・・。
 回答ありがとうございました。
 

補足日時:2001/12/14 03:29
    • good
    • 0

 仮名で公表された著作物の保護期間が「公表後50年」というのは、north073 さんが仰るとおりです。

従いまして、例えば、20歳の時に仮名で公表した著作物の著作権は、70歳で消滅します。70歳まで生きているなら、自分が存命のうちに著作権が切れてしまいます。

 もし、「仮名のままにしておきたいが、普通の著作物と同じように、自分の死後50年まで著作権を存続させたい」とお考えでしたら、実名を登録しておく必要があります(著作権法第75条第1項)。ただ、これが海外にも通じるかまでは、私にはちょっと分かりません。

 また、ベルヌ条約に加盟しておらず、万国著作権条約にのみ加盟している国々まで著作権を主張したいのであれば、「Copyright(または○の中にC)」、「著作権者名」「最初の発行年」の表示が必要となります。ゲームソフトやCDには、そんな国に出荷される可能性があることを見越して、この表示がつけられています。一個人では、そんな国で著作権の権利行使をすることはまずないとは思いますが、念のため申し添えておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 HPというのはごく最近一般的になったものなので、これから著作権についてもまた大きな変化が必要とされるようになるかもしれませんね。まあ少なくとも何十年後かかもしれませんが。
 私が最も知りたかった海外での適用についても言及してくださってありがたく思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 03:49

 大丈夫です。


 著作権は本人に適用されます。
 たとえば、中島らもの本には、本名はどこにも記載されてませんよね? 中には著者紹介のページに記載されてるかもしれませんけど。
 まあ、そういうことです。
 プロバイダには本名が登録されてるわけですから、公開された名前が本名かどうかは関係ないんです。

この回答への補足

 回答ありがとうございます。ペンネームも確かに本名ではないわけですが、その代わり日本国内にたくさんの方が中島らもを知っていますよね?
 たとえば海外の中には著作権に対しとてもフリーな国があるじゃないですか。音楽アルバムに使われている写真をそのまま載せてしまったり、他人の作品をそのまま自分のHPにも載せたり・・・。そういう「海外で著作権についてモメた時」、日本国内ではHNでもよいからといってもこの国ではそうではないと言われないのだろうか?と思ったのです。
 でもよく考えればそのスペースを利用する時に、個人情報を記入するわけで、そう考えたらなんとかなるかもしれませんね。そう考えれば、gooの無料スペースを借りる際に「嘘の記述をするのは法律違反ですよ。」と注意書きがされているのも意味のあることですね。
 もちろん本当のことをめいっぱい書きましたが、あれは単にHPを使う側が規律に反した時に提供者側から見て利用者を追及するためのものだと思っていましたが、利用者を守るためのものでもあるかもしれません・・・。ありがとうございました。

補足日時:2001/12/14 03:09
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q著作権についてみ◯きー等のみんなしっているキャラクターの絵を自分のが描いた場合その著作権は自分のも

著作権について
み◯きー等のみんなしっているキャラクターの絵を自分のが描いた場合その著作権は自分のものになるのでしょうかそれともそのキャラクターをつくった人のものになるのでしょうか教えてください

Aベストアンサー

自分で描いても「あなたのデザイン」ではないのです。私的利用ならさほど問題にはなりませんが、商用利用はできません。

Q肖像権・著作権、伏字にするだけでOKなの?

人物・団体・商品名など 著作権や肖像権が発生する 実在のものが、
漫画やテレビなど 第三者の制作物に登場する場面をたびたび見かけます。

大抵は「ソレ」だとはわかる程度に、伏字になっていたり、1文字変えるなどされていると思うのですが、
実際の法律的には その程度の改変があるだけでもセーフになるものなのでしょうか?


・正式に本人や団体から 許可をとっている場合
・本人への悪意はもちろん、不利益が無い為黙認される場合
・むしろ広告効果があり喜ばれる場合

など 好意的に受け止めてもらえる場合も多くあると思いますが、
実際の 法律的な面で考えると「訴えられたら 終わり」なのか、
1文字変えているだけでも言い逃れできるものなのかが気になりました。

特にテレビは緩いような気がするので(色んな楽曲も使い放題みたいですし)、メディアの違いによる 差などもあれば是非知りたいです。

業界に詳しい方、また法律に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

 裁判での訴追が難しいだけの話で、出来ないわけではないと思います。証拠を大量に集めてあればの話ですが。

 一般に、事前に了解が得られていれば、酷い実害が出ない場合は黙認されている例が多いですから、放送局が著作権者を舐めてかかっているのでしょうが、了解を得ずに政治的な嫌がらせをする例もありますし、訴追されても隠す放送局などもありますから、全てが黙認されているわけではないでしょう。

 テレビで著作物を使用する場合は、著作権料を支払っているから問題にならないだけで、著作権料を支払わずに踏み倒した場合は裁判になる事もあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9

Q中国向けの出版物の著作権表示(Copyright)は中国語に翻訳する必要があるか?

中国向けの出版物の著作権表示(Copyright © 2008 会社名)について、copyrightsや会社名などは中国語に翻訳する必要がありますでしょうか?
それても全世界共通で英語のままcopyrightでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

中華人民共和国は、ベルヌ条約加盟国ですから(WTOに加盟するにはベルヌ条約相当の著作権保護が要求されるので、WTO加盟国はベルヌ条約に加盟していることがほとんどです。していなくても、ベルヌ条約相当の保護規定があります)、無方式主義です。したがって、著作権表示は無意味であり、事実上の権利表示以上の意味を持ちません。

なお、万国著作権条約で求められる著作権表示は、「(c)(サークル・シー)・著作権者名・最初の発行年」であって(同条約3条)、冒頭の「Copyright.」および末尾の「All Rights Reserved.」は、ともに慣行上の表示にすぎません。したがって、中国語に翻訳しようが、しまいが、法的効果に違いは生じません(ゆえに、わが国で発行されている著作物にされている著作権表示も、日本語訳はされていません。もとより無意味な表示だからです)。

よって、「慣行通り」に、「Copyright. (c) 著作権者名 最初の発行年 All Rights Reserved.」としておけば足りるでしょう。

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。

QHNと本名を一緒に表記した著作権表示は有効か

こんにちは。私は、著作権表記にあたって、Copyright(C)、または(C)以下を次のように書いています。

・本名で書いたほうが都合がいい場合
- 本名
- 本名 all rights reserved.

・ハンドルネーム(以下HN)も書き添えたほうがよさそうな場合
- HN(本名)
- HN(本名) all rights reserved.

※all rights reserved.は著作物が100%オリジナル(またはフリー素材等で、著作権を放棄あるいは主張しないと、著作者が言っているものを使用しているオリジナル作品)という場合に書くと認識しています。

著作権の定義によると、本名以外での著作権は公表後50年とされていますが、HNと本名を併記した場合の著作権は、一般的にHN(つまり本名以外)で主張されたとみなされるのでしょうか。

また、自分は著作権開始年(?)(一部だと作った年のみ、MicrosoftのWindowsなどでは公表年から現在のバージョンの公開年までハイフンをはさんで書いてあったりします)などを省略してしまっていますが、これを省略すると何か不利になることはあるのでしょうか。

こんにちは。私は、著作権表記にあたって、Copyright(C)、または(C)以下を次のように書いています。

・本名で書いたほうが都合がいい場合
- 本名
- 本名 all rights reserved.

・ハンドルネーム(以下HN)も書き添えたほうがよさそうな場合
- HN(本名)
- HN(本名) all rights reserved.

※all rights reserved.は著作物が100%オリジナル(またはフリー素材等で、著作権を放棄あるいは主張しないと、著作者が言っているものを使用しているオリジナル作品)という場合に書くと認識しています。

著作...続きを読む

Aベストアンサー

日本では無方式主義をとっていますので、著作権表記は特に必要ありません。つまり、作成または公開した段階で著作権が自動的に発生します。

http://jimphelps.at.infoseek.co.jp/circlec.html
http://www.yuzuriha.sakura.ne.jp/~akikan/kaigai/kaigai1.html

方式主義のみの国において、著作権表記に必要な条件は
・(c)マーク
・著作権者名
・最初の発行年度(修正すれば後に「修正年度」)
だそうです。年を省略するとこれに当てはまらなくなりますので、著作権を主張できなくなってしまいます。とはいえ、世界中のほとんどの国で無方式主義になっていますからね。

また、ベルヌ条約において
>無名または変名の著作物の保護期間は、公衆への提供時から50年で満了する。
>ただし、この期間内に、著作者が用いた変名が、その著作者を示すことが明らかになったとき、
>無名または変名の著作者がその著作物の著作者であることを明らかにしたときは、著作者の死後50年とする(7条(4))。

とありますので、本名とハンドルネームを併記した場合は本名を記入した死後50年保護されると考えて差し支えないでしょう。

日本では無方式主義をとっていますので、著作権表記は特に必要ありません。つまり、作成または公開した段階で著作権が自動的に発生します。

http://jimphelps.at.infoseek.co.jp/circlec.html
http://www.yuzuriha.sakura.ne.jp/~akikan/kaigai/kaigai1.html

方式主義のみの国において、著作権表記に必要な条件は
・(c)マーク
・著作権者名
・最初の発行年度(修正すれば後に「修正年度」)
だそうです。年を省略するとこれに当てはまらなくなりますので、著作権を主張できなくなってしまいます。と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報