大腸菌の膜画分に在る酵素は、cold osmotic shock法で選択的に放出さす事が出来ると聞いたことがあります。
これの標準的な手法が、どっかで公開されてないでしょうか?お気付きのURLがあったらお教え下さい。勿論、protocolをここに書いて頂ければもっと助かるのですが...。

A 回答 (2件)

ちょい前に自分も大腸菌ではないのですが、このOsmotic-Shockにてペリプラズム画分を溶出させました。


アドレス http://www.novagen.com/
「Download the pET System Manual (TB055) Now! (アドレスhttp://www.novagen.com/SharedImages/TechnicalLit …)」ってとこになります。
これはPDFファイルで、そのなかの40ページ「Periplasmic Fraction Sanple-Osmotic Shock」という項です。

がんばってください。
    • good
    • 0

ご存知のような気もしますが、


Pub Medで引っかかりました。
アブストしか読めませんが、中には書いてありそうです。

Hodgson A, Evans DJ, Brown MR, Gilbert P.

Involvement of cellular division cycle in the susceptibility of Escherichia coli to cold- and osmotic-shock.
Microbios. 1992;72(292-293):175-82.
PMID: 1488019 [PubMed - indexed for MEDLINE]
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QビタミンB6酵素の細胞内局在

ビタミンB6酵素の細胞内局在について知りたいのですが、おすすめの文献などありませんか?特にミトコンドリアに局在しているかどうかを知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>特にミトコンドリアに局在しているかどうかを…
関係はありそうです。
古いし英語ですが「ラット肝臓ミトコンドリア内におけるビタミンb6の代謝」↓
http://www.jbc.org/cgi/reprint/256/12/6041.pdf
肝臓内のB6の20%はミトコンドリア内にあるとの事です。

Q小腸の上皮吸収細胞 基底膜 側底膜 基底側膜

小腸の上皮吸収細胞において、タンパク質の消化について勉強しているのですが、
基底膜、側底膜、基底側膜という言葉が出てくるのですが、違いがわかりません。
ご存知の方、教えてください!
宜しくお願いします!><

Aベストアンサー

基底膜は基底膜と呼ばれている膜です。細胞膜のことでありません。
その膜の上にくっついて(管の内腔に向かって)、上皮細胞が並んでいます。

細胞は細胞膜に囲われています。
側底膜は側底側細胞膜のことです。基底膜側(側底側)の細胞膜です。

・管腔側(粘膜側)⇔基底膜側

・頂端側⇔側底側

頂端側細胞膜が頂端膜。側底側細胞膜が側底膜。

基底膜側細胞膜、に対して同じような省略をすると、基底膜膜になります。これを基底膜に省略してしまうと何の膜だかわからなくなります。
ですから基底側膜。
管腔側膜⇔基底側膜。

Q核膜のマーカー酵素あるいはマーカータンパク質

いつもお世話になっています。
細胞分画法を用いて細胞小器官の分画を行っています。
オルガネラ画分に核膜が混入していないことを証明するためのマーカーを探すように上から言われたのですが、GoogleとかMedilineあたりではヒットしてきません。
(おそらく探し方も悪いのですが)
マーカー酵素(活性測定)でも、マーカータンパク質(イムノブロッティングで検出)でもどちらでも結構です。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご教授願います。
もし分かれば、参考文献も教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分では使ったことありませんが、ラミン(Lamin A)が核膜マーカーとしてよく使われるそうです。抗体が市販されています。

Q生体膜で能動輸送をおこなう酵素について、教えていただきたいのですが。。

生体膜で能動輸送をおこなう酵素について、教えていただきたいのですが。。。
能動輸送について調べても、ATPとかチャネルとかポンプとかばかりでてきて酵素につながる言葉が出てこないんです。あるいは、それがどのように酵素と関わっているのか分かりません;;
分かるかたいらっしゃいませんか;;?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>チャネルとかポンプとか

まさにこのチャネルやポンプが酵素です。
分類上は貫通型の膜酵素です。

酵素とは「生体でおこる化学反応に対して触媒として機能する分子」であり、
イオンチャネルやイオンポンプは機能的な分類で識別される酵素の一種です。

例えば、ナトリウムポンプは、ATP→ADPの反応によって生じるエネルギーを
膜の内外にイオンを移送する反応に転換するという共役の働きに注目されがちですが、
ATP→ADP反応の促進という、立派に触媒の働きもしているのです。

ナトリウムポンプを生化学的に言うと「Na+/K+-ATPase」
この「ATPase」という部分の意味は「ATP分解酵素」という意味でもあります。

Qアポ酵素 ホロ酵素について

最近学校でアポ酵素やホロ酵素について習ったのですが、アポ酵素やホロ酵素が体内で増えすぎると、何かの病気になるということはあるのですか??

Aベストアンサー

アポ酵素やホロ酵素に限らず酵素が異常に体内で増加すると何らかの変化は現れます。
例えば胃の粘膜が損傷時ペプシンが増加していると普段は胃炎で済む物が潰瘍にまで発展
することを考えれば理解頂けるでしょうか。
またス-パーオキシドジスムターゼ(SOD)という、活性酸素抑制酵素が過剰に増加すると
活性酸素が体内で発生せず、体内に侵入したウィルスや細菌および真菌を殺せなかったり、
老化が抑制されたりといろいろ考えられます。(活性酸素は人体には老化作用が有るが、
酸化作用が有るため体内に侵入した異物を焼き殺す)これはほんの一例です。詳しくは大学で学んで
下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報