今まである目的に向かって仕事を頑張ってきた者ですが、ここ数年の仕事上の
挫折により、おおげさにいえば生きる目標を失いました。
新たな価値観や目標の確立が必要だと感じています。
よい書籍がありましたら御紹介いただきたくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ヘルマン・ヘッセの『シッダールタ』をお勧めします。


わたし自身何度も読み返して、そのつど新たに励ましや慰めを受けてきた書です。抽象的な内容ですが、きっと何らかの啓示を与えてくれると思います。
サマセット・モームの『月と六ペンス』も良かったら一読下さい。こちらはゴーギャンの生涯にヒントを得て書かれたものです。主人公の男はいささか乱暴な生き方をしますが、わたしは彼に憧れを覚えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
読んでみようかと思います。

お礼日時:2001/12/13 14:21

再度投稿致します。



哲学書でしたら、仏教の書物となってしまいますが、日本曹洞宗の開祖・道元の「正法眼蔵」(しょうぼうげんぞう)です。
わたしは、残念ながら哲学書の類は苦手で、読んでいませんが、それを一般の人でもわかり易いように編纂した「修証義」(しゅしょうぎ)に関する本を数冊読みました。これは宗派を超えた仏教書であり、なおかつ宗教色の濃い仏教書ではありません。うまく表現できませんが、人としてのあるべき道のようなものを示しています。単なる宗教書ではないのです。
その元の「正法眼蔵」は、もはや哲学書と言えるでしょう。
わたしの尊敬する知人は道元を心の師としています。また別の知人は、正法眼蔵を読んだことで人生観が変わったと言っていました。
わたしもいつの日か、正法眼蔵を読破したいと思っています。
学者の部類の哲学者が頭の中でコネクリマワシタ「机上の哲学書」より、人生の荒波の中で自己と戦った人間の哲学書の方が魅力ある存在だったとしても、何ら不思議はありません。
曹洞宗の魅力は、自力本願である点です。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御教授ありがとうございました

お礼日時:2001/12/13 15:26

こんにちは!


どのような状況で挫折を味わっていらっしゃるのかわかりませんが、下記の本をご紹介致します。

(1)上杉鷹山/童門冬二
(2)男子の本懐/城山三郎
(3)生を踏んで恐れず/津本陽

(1)は、昨今は社会全体が「いじめ」を黙認してしまっている事を感じますが、いつの世にも同様の事はあり、志をもって事を成すという事が如何に大変な事かわかります。
(2)は、昭和初期に金輸出解禁を行なった宰相・浜口雄幸と大蔵大臣・井上準之助の小説です。お二人とも「暗殺」されましたが、彼らのような志をもった政治家が生きていたら、もしかしたら太平洋戦争は避けることができたのではないかとも思えます。
(3)は達磨宰相と呼ばれた高橋是清の話です。彼の波乱の人生に接し、「ああ、どうしたら肝っ玉が据わった人間になれるのだろう?」と真剣に考えています。

(1)と(2)は文庫になっています。
maruhaseさんのご事情によって、もしかしたら的外れかもしれません。
でも、少なくともこれらは名作だと思います。今回見送りでも、いつの日かぜひ読んでみて下さい。

ちなみに、わたしも現在、挫折真っ最中です。目標を暗中模索しています。
自殺などせずに、暗中模索している自分というものが、なかなか良いのではないかとも思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
小説やドキュメンタリー本以外にも啓発書、哲学書などございましたら
御教授いただけますとありがたく存じます。

お礼日時:2001/12/13 14:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人生で挫折したときに読む本

タイトルの通りです、生きることに希望が持てるおすすめの本教えてください。
今挫折を味わっています。
死んだほうがマシ、死にたい、という考えがすごく強い毎日です。
最近私が読んで少し前向きになれた本はプロジェリアという病の少女の書いた「アシュリー」という本です。本人のイラストもあり、心癒される本でした。

できればノンフィクションのような現実味のある本がいいです。

Aベストアンサー

「エデンの海」 若杉 慧 角川文庫         瀬戸内海にのぞむ女子高校に、東京から青年教師・南条(南條豊)が赴任してきた。南条の明るい人柄は生徒たちの人気が集めるが、清水巴(山口百恵)だけは反抗的な態度を捨てないでいた…。

「生存者」P.Pリード 新潮文庫 「必読」
   極限状態でどう生きるのか、生き延びるための決心にどう折り合いをつけるか。  
「聖職の碑」新田次郎 講談社文庫
http://www.lcv.ne.jp/~beechmy/nitta/isibumi.htm

「塩狩峠」三浦綾子 新潮文庫
結納のため札幌に向った鉄道職員永野信夫の乗った列車が、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた…。明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らの命を犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、人間存在の意味を問う長編小説

「狐愁の岸」杉本苑子 角川文庫
 宝暦三年、屠蘇気分抜けやらぬ鹿児島城下に江戸藩宅より急飛脚が到着、その内容とは… 

「青べか物語 山本周五郎 新潮文庫
 http://www005.upp.so-net.ne.jp/shigas/HOMPG646.HTM

一応私の読書した範囲内でのお薦め作品です。「生存者」P.Pリードは内容の特異さもさりながら「生きる」とは何かについて迫られます。此れだけでもお読み下さい。
 

「エデンの海」 若杉 慧 角川文庫         瀬戸内海にのぞむ女子高校に、東京から青年教師・南条(南條豊)が赴任してきた。南条の明るい人柄は生徒たちの人気が集めるが、清水巴(山口百恵)だけは反抗的な態度を捨てないでいた…。

「生存者」P.Pリード 新潮文庫 「必読」
   極限状態でどう生きるのか、生き延びるための決心にどう折り合いをつけるか。  
「聖職の碑」新田次郎 講談社文庫
http://www.lcv.ne.jp/~beechmy/nitta/isibumi....続きを読む

Q人が立ち直るストーリーの本を探しています

よろしくお願いします。

人が何かに挫折したり、不幸に会ったりして
酒びたりやなんか色々するけど
最後は希望を見出して立ち直っていく、
という感じの本を探しています。

小説、ノンフィクションなどジャンルは問いません。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●「愛、深き淵より」星野富弘
 著者の自伝です。
 体操選手だった著者が頸髄損傷により首から下の運動機能を全く失ってしまい、そこから自暴自棄等、苦悶の果てに展開が開けて行く実話です。

●「道ありき」三浦綾子
 著者の自伝です。
 敗戦に伴う教師としての最大限とも言える屈辱的挫折から絶対仰臥を含む青春期中の多年に渡る病発症、酒びたり、→キリスト教との出会いによる立ち直り、→更にショッキング極まる出来事、→…といったところです。

●「大岡越前」吉川英治
 悪風に染まっていた前半生→名奉行となられるも、前半生の宿業による苦悩があり、→…というお話だったように思います。(やや記憶が曖昧で定かでない面がありますが。)


人気Q&Aランキング