映画「陰陽師」の中で、早良親王が死の間際に遺したという恨みの漢詩が出てきますが、あの詩は実際にあったのでしょうか?

また、映画の中でその詩を道尊(真田広之)が呪文のように唱えていますが、最後の「我天子を怨むこと絶ゆる期無し」の部分しか分かりません。。。
その前に「よし我が骨を埋めよ○○に…」(ちょっと違うかも)といった文章を言っているのですが、何と言っているか分からなくて・・・。
この詩の全文と、解釈(最後の一文ぐらいは分かりますが、全体の解釈)が分かれば、教えてください。

#この映画が気に入って何度か観に行ったのですが、何度聞いても分からなくてすっきりしないのです・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 辞世の句は、早良親王の遺恨と道尊の野心を結びつけるものが欲しいとの監督の要請で、演出部の方によってつくられたものとのことです。



 好收共我骨江潭 我怨天子無絶期
 この文章、ガイドブックをみるともっと前にいろいろ書いてあるみたいなのですが、きちんと読み取れた分がこの部分でしたので、好~は、わが骨を江(大河)の淵(潭)に収めよという内容ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、創作だったのですね!
どうりで検索エンジンなどで探しても(映画の話題以外では)見つからないと思った・・・。
画面を見る限り、少なくとも4~5行ぐらいありそうなので、どこかに書いてないかな、と思って色々探したのですが分からなくて。
でも、とりあえず映画の創作ということが分かって一つ疑問が解決しました。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/12/15 00:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在でも陰陽師はいますか?陰陽道ならともかく

最近そのかたはTVで見かけないのですが、ネットだは、正当陰陽師と書いておられます。
たいしか陰陽師は律令制廃止とともに陰陽寮も廃止でその役職が無くなり正当陰陽師はいなくなったと聞きますが。

Aベストアンサー

陰陽師は正式には存在しておりませんよ
陰陽師とは律令制により陰陽寮に置かれた職位(官位)で、陰陽寮が解体された現在、陰陽師と言う官位は存在しません。
陰陽寮には陰陽師以外にも陰陽頭を筆頭にさまざまな官位が存在しておりましたが当然、それらも現在は存在しておりません。

もっとも、広義の陰陽師は存在していてもおかしくはありませんね
陰陽寮が解体されたといっても陰陽道の技術や精神が失われた訳ではありません
独自に陰陽道を学んだり、先人から受け継いだりしている人が「陰陽師」を名乗ることはあるでしょう
言ってみれば「家元」がなくなってしまった流派を学んだ人が、勝手に「師範」とか「名取」を名乗るようなものです
陰陽寮という制度自体がなくなってしまっているので、権威を借りたいヤツとか偽物が跳梁跋扈している現状のようです

なお、陰陽頭を務めていた「土御門家」は、かの「安倍晴明」の末裔です。
陰陽寮解体とともに律令制の官位は失いましたが、新政府の元で爵位を得ているはず

彼らの行ってきた「陰陽道」の流れは「天社土御門神道」として現在も受け継がれています

http://tsuchimikado.ehoh.net/

陰陽師は正式には存在しておりませんよ
陰陽師とは律令制により陰陽寮に置かれた職位(官位)で、陰陽寮が解体された現在、陰陽師と言う官位は存在しません。
陰陽寮には陰陽師以外にも陰陽頭を筆頭にさまざまな官位が存在しておりましたが当然、それらも現在は存在しておりません。

もっとも、広義の陰陽師は存在していてもおかしくはありませんね
陰陽寮が解体されたといっても陰陽道の技術や精神が失われた訳ではありません
独自に陰陽道を学んだり、先人から受け継いだりしている人が「陰陽師」を名乗ること...続きを読む

Q呪怨劇場版で・・・

よくわからないところがいくつかあるので
ネタバレでかまいませんので教えてください。
最後でオキナ恵がカヤコとかぶるようなシーンがありますが
あれはどういう意味があるのでしょうか?
カヤコはカヤコで実在して、同一人物ではないのですよね?

あと俊雄の担任が家庭訪問をしたタイミングですが、
カヤコが旦那に殺された直後あたりなのでしょうか?
それで俊雄だけまだ生きていたのでしょうか?
ソファに座っているシーンがありましたが・・・
それにしては、教師の友達がレストランで俊夫の霊を見ているのが謎なのですが・・・

あと元刑事が未来の自分の娘を見るシーンがありますが
あれは単に超常現象のなせる業っていうことなんでしょうか?

よくわかっていないので変なところのある質問かもしれませんがy炉しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
呪怨シリーズを一通りみて、原作も全部読んで、解説本みたいな物もよんでいます。

まず主人公の女性がカヤコとかぶるシーンですが、周りの人はバタバタ死んでいくのに、主人公だけ死んでいませんでしたよね。
私は、あの家を訪れたときから主人公にはずっとカヤコの霊がついていたと考えています。
だから俊雄がしょっちゅう近くに出没するんです。 原作のほうでは、主人公が白い服をよく着るようになったり、髪をのばしはじめたり、カヤコに同調していると考えられる部分が出てきます。
あの鏡のシーンでそのことに気づき、そしてカヤコと同じ結末を迎えるのでしょう。

二つ目の質問はビデオ版の呪怨ですね。
担任が家を訪れたのはカヤコが殺されてあまり時間がたっていません。
カヤコの夫はカヤコを殺した後、俊雄を殺そうとするけれど押入れの中に逃げられ、「とじこめておいてあとで殺そう」と考えてふすまにガムテープで目張りをして、次に浮気相手だと思った担任の先生の家へ向かいます。
担任がカヤコの死体を見つけてすぐにカヤコの夫から電話がかかってきますよね。 「おまえの女房をころした」というような。
だから時間はあまり経っていないと思います。

俊雄についてですが、原作では押入れに閉じ込められているときに、母親に導かれて、生きたままそちらの世界にいったという事になっています。
つまり生きてもいないし死んでもいない状態のようです。
あと、かわいがっていた猫(父親に殺された)とも合体してしまったようですね。 

刑事が未来を見たシーンについては・・・。
カヤコは時空もまげられるスーパー怨霊といったところでしょうか。
呪怨2で生身の体も手に入れ、この先どうなることやら・・・。

こんにちは。
呪怨シリーズを一通りみて、原作も全部読んで、解説本みたいな物もよんでいます。

まず主人公の女性がカヤコとかぶるシーンですが、周りの人はバタバタ死んでいくのに、主人公だけ死んでいませんでしたよね。
私は、あの家を訪れたときから主人公にはずっとカヤコの霊がついていたと考えています。
だから俊雄がしょっちゅう近くに出没するんです。 原作のほうでは、主人公が白い服をよく着るようになったり、髪をのばしはじめたり、カヤコに同調していると考えられる部分が出てきます。
あ...続きを読む

Q陰陽師がらみのマンガありますか?

タイトルに「陰陽師」となくても、陰陽師が活躍しているマンガはありますか?
あったら教えて下さい。

Aベストアンサー

あしべゆうほさんの「雷鳴の符」はどうでしょうか?
秋田書店のボニ-タコミックスデラックスから発売されてます。
発行数は少ないのですが、8月に発売されたばかりなので、大きな本屋さんならまだ手に入ると思います。

作者のあしべさんは、「悪魔の花嫁」「クリスタル★ドラゴン」などで有名な方です。
「雷鳴の符」は、久々の和物ですが、ファンタジーものの作品や、その画力の素晴らしさには定評があるあしべさんの世界を堪能することができます。

それから、安倍晴明公に関する小説やマンガを集めた書評ページのURLを載せておきますね。

参考URL:http://seimei.nihon.to/booksbbs/index.cgi

Q「呪怨2」で市川由衣の役柄が良く分からない。

今日の夜中に初めて「呪怨2」のDVDを見ました。
1も見てるので何とか意味は分かったんですけど、
市川由衣ちゃん扮する千春の設定がよく分からないんです。

結局いづみ経由なんですか?

Aベストアンサー

その通り!いづみの友達です。
いづみの写真が一枚も無かった時ありましたよね?
その時に『先生!いづみの写真が一枚もないんです!』と言っていた女の子2人の1人です。

多分、その家に関わった人から・・・という感じですかね。
いづみの場合、3人の女の子の呪怨(といってもただの逆恨み)と伽耶子の呪怨がシンクロしていづみが引き込まれる。
そして、いづみの友達の千春まで・・・という事ではないでしょうか?

結局2のラストでは、街には誰もいないって感じでしたよね?
だから、人から人に感染(?)して誰も居なくなってしまったって事なのかな?と私は思っています。

説明下手でスミマセン;

Q陰陽師とは宗教? 占い?

陰陽師の本物とは何なの?
霊が見えると思えませんが
陰陽師の占い中などで使うチンプンカンプンな言葉
呪文のような言葉は
意味不明な言葉は 中国語? インド語? 適当なのでしょうか?

陰陽師とは
神教? 仏教?  ビジネス? 

Aベストアンサー

陰陽師というのは#1の方が書いていらっしゃる通り
中国の陰陽五行説を基礎に、神道、修験道、密教、道教などを取り込み
日本で独自の進化を遂げた陰陽道を学んで実践している人のことですね。

平安時代前後は政治から民衆の習慣に至るまで迷信に支配されており
先々の出来事を知ろうとして多いに占いが流行しました。
そのニーズに応えるために天文学と暦学
つまり占星術や四柱推命のような占いに使うための勉強を修めた人が
朝廷でも民間でも重用されるようになりました。
これが陰陽師の走りです。
後に安倍家と賀茂家の二家が陰陽道を公に受け継ぐことになりますが
戦乱時代から江戸時代に移るにつれて二家とも衰退していき
民間で伝承されてきた陰陽道に由来するまじないや占いをする人なども
明治政府が迷信の流布を禁じたことで姿を消しました。
ですので現在「陰陽師」と名乗れる人はほとんどいないはずです。
四国に陰陽道の秘儀を保ってきた人々が現在もいるとは聞きますが
公の場で身分を明かすようなことはしないのではないでしょうか。

「呪文のような言葉」についてお尋ねですが、陰陽道においては
道教の呪文、日本神道の祝詞、真言密教の経文など
様々な呪言を使っていたようです。
チンプンカンプンと仰られるのなら、密教の真言かもしれませんね。
サンスクリット語というインドの古い言語です。
真言宗では現在でもお経として使われています。

特定の信仰があるわけではないので、宗教者ではないと思います。
あえて言うなら、拝み屋、占い師というのが近いように感じます。

陰陽師というのは#1の方が書いていらっしゃる通り
中国の陰陽五行説を基礎に、神道、修験道、密教、道教などを取り込み
日本で独自の進化を遂げた陰陽道を学んで実践している人のことですね。

平安時代前後は政治から民衆の習慣に至るまで迷信に支配されており
先々の出来事を知ろうとして多いに占いが流行しました。
そのニーズに応えるために天文学と暦学
つまり占星術や四柱推命のような占いに使うための勉強を修めた人が
朝廷でも民間でも重用されるようになりました。
これが陰陽師の走りです。
...続きを読む

Q陰陽師のビデオは・・・

陰陽師のビデオがいつ出るか御存知の方いらっしゃいますか??
映画は見れなかったのでぜひ見たいんです(>_<)宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

数日前にレンタルビデオ店でみたら、4月24日レンタル開始ってのを見ました。

参考サイトにも出てましたので多分大丈夫。

私も借りたいので楽しみです。

参考URL:http://isweb29.infoseek.co.jp/cinema/ccs2/video.htm

Q陰陽師とはなれるものなのですか?

どこで聞いて良いのか分からなかったので、ここで質問させていただきます。間違えていたらすみません。
本題です。ある友人が、「陰陽師になりたかったけど、歴史が出来ないからなるのをやめた。」と言っていました。もちろん職業として、選ぶということです。実際陰陽師というものは、言い方は変ですが、誰でもなれるものなのでしょうか。陰陽師の一族でないとなれないとかはあるのでしょうか?
また、陰陽師は占いやお祓い以外にどういうことをする人なのでしょうか。
もし、知っている方いらっしゃいましたら、教えてください。
長々と失礼しました。

Aベストアンサー

陰陽師というのは昔は国家公務員でしたから、採用されてちゃんとした教育を受けなければならず誰でもなれるものではありませんでした。
ただ、その時代にもこれらの国家公務員とは別に陰陽道を学んだ民間の陰陽師はいました。
いまは、別に陰陽師の資格などなく、誰かに認定してもらわねばならないということはありませんから陰陽道を知っていれば(マスターしていれば)誰でもなろうとすればなれます。
自分で名乗るだけなら自由ですし。
その他陰陽道については下記URLを参照してみてください。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/haruakira/onmyoudou/top.html

Q映画「最後の忠臣蔵」について

 桜庭ななみがヒロインを演じている時代劇映画「最後の忠臣蔵」は、Yahoo!知恵袋等で「こける」という書き込みがかなりありましたが、ネット上の映画レビューを見ると評価も高く、アメリカでも絶賛されていました。この映画が大ヒットするのどうかは未知数ですが、桜庭ななみはこの映画で知名度が上がる可能性はあると思いますか?

Aベストアンサー

レヴュアーは試写を見て書いている。Yahooは見ていない者がほとんどで、思い込みで書いている。というだけのことではないでしょうか、評論と評判の違いですね。実際にどうなのかは、自分で金を払って見た人間だけがそれに値するかで決めるべきことです。

ところで、桜庭ななみさんって、ブレイクするには何かが足りない感じなんですよね。何がと聞かれても答えられないんだけど

Q陰陽師の出てくる小説

「陰陽師」といえば夢枕獏さんしか浮かばないのですが、その他で面白い陰陽師の小説などないでしょうか?
安倍清明でも、舞台が現代のものでも、とにかく「陰陽師」がメインのものを探しています。

1.文庫本で手に入れやすいもの
2.主人公が少年ではなく、ストーリーのしっかりしているもの
3.舞台が昭和でないもの

以上の条件でオススメのものがありましたら、お願いします。
2,3ですが、これはなぜか好きになれないので…。

また漫画でも何かありましたらお願いします。
(岡野玲子さんと岩崎陽子さんは読みました)

Aベストアンサー

高橋克彦氏の「鬼シリーズ」
「鬼」(ハルキホラー文庫)「白妖鬼」(講談社)「長人鬼」(ハルキホラー文庫)「空中鬼」(祥伝社)
平安時代の陰陽師『弓削是雄』(ゆげのこれお)と仲間達が怪異のなぞに挑む話です。
「空中鬼」以外は読みましたが、結構面白かったです。
参考までに

Q【映画の】女の子が最後に記憶喪失【タイトル】

こんにちは。
何年も前にビデオレンタルした映画作品の名前を思い出したく、質問いたします。

ネタバレになりますが・・・
主人公は中高生くらいの男女。
最初は女子が眼鏡をからかわれていましたが、あるときからそれがなくなる。
二人は距離を縮めていく。
あるとき女の子が胸の傷を見られたことでパニックになり、川に飛び込む。
助かるが、記憶喪失になってしまってる。

こんな青春映画で、妙に長いタイトルだった気がするのですが思い出せません。
ご存知の方いらしたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1992年に公開された、菊池麻衣子さん主演の「薄れゆく記憶のなかで」、ではないでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=U9lilSX0Dp0


人気Q&Aランキング

おすすめ情報