個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

洋楽の歌詞(英語など)を無許可でブログ等に掲示するのは(著作権の侵害等で)許されないことでしょうか。

洋楽の歌詞(英語など)の場合,インターネットで検索をすれば割合簡単に入手することが出来ます。
(1)これらは許可を得たサイトだからでしょうか。
(2)それとも海外では,歌詞の著作権については日本と比べて厳しく規定していないのでしょうか。
(3)(2)の場合,洋楽の歌詞(英語など)を無許可でブログ等に掲示しても良いものでしょうか。

有識者のかたからの回答を希望いたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もちろん許されません。


では、何故掲示されている所があるのかと言うと…。
著作権を有する方に見つかってない、もしくは実害がないと判断されているだけです。
掲示された後に、著作権を有する所から、侵害されたと言われれば、罪になります。
結局、著作権は親告罪ですから。
ですので、掲示するのは勝手ですが、見つかればそれ相応の賠償を求められます。

あと可能性として、著作権の有効時期が切れている可能性もあります。
クラシックなどの多くはコレに当たります。
    • good
    • 0

有識者ではありませんが。


著作権は著作者の権利を守るもの。本来国によってどうこう言うものではありません。厳しいなどのレベルではありません。少なくとも日本より欧米の方が著作権に関しては厳格(な)はずです。
海外のものだから載せていいというものではないのです。基本的に日本と同じように考えて然るべきかと。
日本でも許可を得ず著作物であるアーティストの作った歌詞などを載せているウエブサイトがありますが著作権法からいえばそれは違法ということになります。ただし実際には著作者が訴えを起こさないとだめなのである意味勝手にやってOKとなっている部分があります。
勝手にやってもいいのだとあなたが判断してしまえばそれまでですが本来の著作者の権利からいえば侵害する行為ですのでやめるべきなのが常識を持った人のすることではないでしょうか。
有識者じゃない回答はだめだということですので無視されてしまうかもしれませんが。

参考URL:http://www.jasrac.or.jp/link/overseas/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカーペンターズの著作権は放棄されていますか。

カーペンターズの曲は自由に使用できますか。著作権は切れたか放棄されているのでしょうか。
お詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

著作権は切れてません。

Q著作権フリーの洋楽を探しています

洋楽を特定顧客向けに配信したいと考えております。
配信形態は歌詞とあわせて使用する形です。

いくつか名曲についても国内出版社に問い合わせしておりますが、
色々と苦戦しています。
利用形態によっては、1曲10万円以上かかる場合もあるとのこと・・。

そこで著作権フリーの洋楽を探しています。
ジャンルはポップやロックで考えています。

皆が知っているような曲であるに越したことはないのですが、
この曲がいい、というようなものがありましたら、教えて頂けないでしょうか。
(多少の費用は覚悟していますが、
ちょっと前の名曲のように、許諾料だけで10万円以上かかると厳しいです。)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

作者の死後50年を経た作品は、「パブリックドメイン」と言って、著作権フリーになります。
そのような作品を紹介したサイトは数多くあります。
ただし、市販CDを音源としてアップすることはできません。
自分や仲間の演奏を録音したものならOKです。
楽譜も、出版譜をコピーして貼りつける事は違法となります。
自分で譜面を書いたり、打ち込んで浄書した譜面はOKです。
http://www.publicdomain4u.com/

http://www.pdinfo.com/list.php

http://www.royaltyfreemusic.com/public-domain/

また、JASRACが管理している楽曲の音源配信なら、年に10500円を払えば、常時10曲のアップが可能、常時10曲の中で差し替えれば無限に配信できます。ホームページのTOPにJASRACの許諾証を掲載しているサイトはそのような契約をしています。
ただし、商用利用は別途契約になります。
契約は個人でも簡単にできます。1年契約で、1年ごとに使用した楽曲を申告すれば、その権利者に楽曲使用料が分配されます。
ただし、この場合も市販のCDを音源に使うことはできません。

作者の死後50年を経た作品は、「パブリックドメイン」と言って、著作権フリーになります。
そのような作品を紹介したサイトは数多くあります。
ただし、市販CDを音源としてアップすることはできません。
自分や仲間の演奏を録音したものならOKです。
楽譜も、出版譜をコピーして貼りつける事は違法となります。
自分で譜面を書いたり、打ち込んで浄書した譜面はOKです。
http://www.publicdomain4u.com/

http://www.pdinfo.com/list.php

http://www.royaltyfreemusic.com/public-domain/

また、JASRACが管理し...続きを読む


人気Q&Aランキング