AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

少女マンガのホラーなのですが、足(足首より下)のみの幽霊が出てくる短篇です。
物語の冒頭部分での時代背景は昭和か大正の頃だと思います。
主人公の男は見合いを勧められてれも乗り気になれず、台所に引っ込むと足だけが見えるの幽霊が出てきます。
その後時代が現代に飛び、足のみの幽霊だった女の子が全身で登場(この時は幽霊ではなかったと思います。)
傍らにはかつての主人公の男の幽霊が…
という姿は見えているが(男側からは足のみ)話はできず、でも同じ場所で時代を越えて二人は逢瀬しているような、話だったと思います。

確か「なかよし」か「りぼん」の姉妹誌の「Ami」に掲載されていた20頁前後の短い漫画なのですが、
ご存知の方がいらっしゃいましたら是非、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Amieに掲載されていた「爪先立ちて歩く幽霊」 原作・佐藤嗣麻子 画・岡崎武士だと思います。


単行本には収録されてなく、岡崎武士氏の画集voidに収録されているようです。
すごく印象深い短編でしたよね、あれは。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063645 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

『void』を確認しましたところ「爪先立ちて歩く幽霊」が私の記憶していたものであっていました。
長年探していたのですが見つからず、ほとんど諦めかけていたので嬉しいです…!
ご回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/12/20 21:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング