ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

GIF,PNG,JPG,BMP,PSD等拡張子がいっぱいあってどの形式の画像がホームページに適しているかわかりません。どの画像が重いとか。あと画像の背景を透明にしたいのですが、どの形式でもできるのでしょうか?PNGとPSDではできるみたいですが・・・。教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

とりあえずPNGとJPGだけだと思っておいて間違いはないでしょう。


・PNG
バナーなど小さい画像
線画
ほぼ文字のみのスクリーンショット
その他、ファイルサイズに糸目をつけず高精度で表示したい画像
・JPG
(文字を含まない)写真
その他、少々劣化してもいいからファイルサイズを小さくしたい画像

・GIF
アニメーションすることができる。他の面ではPNGにあらゆる点で劣る。
昔はPNGを表示できない環境も多かったが、今はほとんどないので気にしなくて良いだろう。
・BMP
非圧縮なのでファイルサイズが非常に大きい。また、環境によっては表示されないことも。
一応圧縮形式のBMPもあるが多分GIFやPNGの方が圧縮率がいいと思う。
・PSD
No3さんのいうとおり、問題外。

背景透過について。
背景透過はPNGとGIFで可能です。GIFの場合はそのまま保存すればいいのですが、PNGはフルカラーの場合透過してもインターネットエクスプローラで表示できないので256色のインデックスカラーに変更しておく必要があります。
ただ、面倒なので透過はGIFを使うのもありです。
    • good
    • 0

私が使っているのはJPGとGIFです。

PNGについては、大きな欠点として画像のサイズが大きくなることがあります。確かにGIFよりはきれいになりますが。ただすべての人が恵まれた環境でパソコンを使ってはいません。したがってPNGは好ましいとは言えないと思います。もちろんPNGでもサイズがそれほど大きくなければ使えますが。ですからJPGでも十分に圧縮して、サイズが大きくなりすぎないようにして下さい。
    • good
    • 0

 まず、PSDはPhotoshop専用のファイルなので、同ソフトがなければ、開くこともできません。

当然×です。
 BMPはWindows標準のファイル形式で、大抵ソフトで読み書きできますが、ファイルに圧縮がきかなくてサイズがでかくなるので、ネット上のファイルとしては×。
 GIFは、256色しか使えませんが、背景透過機能、アニメ機能があるので、イラスト、バナーなどに。
 JPGは高画質向き、一般的に写真などに。
 PNGは、GIF、JPGより新しいフォーマットで、GIFの背景透過機能、256以上の色が使えるので、GIFやJPGの代わりに使えれば、問題なしかと。
    • good
    • 0

普通のホームページ作るならpngがいいと思います。


安いソフトでbmpからjpgにすると劣化するので、私はpngを使ってます。
    • good
    • 0

背景透過は一般的にGifですが携帯の互換性で言えばJPEGが高いです。


PNGは元々携帯用に作られた拡張子なのにDocmoには新機種しか反映しないです。
自分でH.P作成する場合携帯ではDocmo,au,PC用とそれぞれ作成しなくてはいけませんがレンタルH.Pを借りれば自動で変換してくれる物も有ります。
話は戻って拡張子ですが
◎高明細写真はJPEG
◎動画や透過素材はGif
でいいと思いますよ~
Gifは250色で色が少ないので静止画は必然的に軽くなります。
尚BMP画は最高画質の場合に用いるものと思います
どうでしょ~??
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング