皆さんは、マスコミというものをどう思っていますか。正直、自分はマスコミというものをほとんど信用していません。

 以前の雪印の騒ぎのとき、必要以上に騒ぎ立て(人間なんだからミスぐらいあるはずである。マスコミだって誤報や誤植は山ほどあるだろう)正直、雪印の人が気の毒になりました。
 また、警官の不祥事に対してもまるで警察全体が悪の巣のように報じます。あれだけ人数がいたら一人二人ぐらいの馬鹿は紛れるでしょう。もちろん許される問題ではありませんが、あのような報道は警察の士気を貶め、犯罪を助長する原因とも思われます。
 さらにかつては、受験勉強のし過ぎはだめだとか言っておきながら、自社のCMで「わが社の新聞からは試験のうち70%が出題された」とかいうものを売り文句にした新聞もあります(朝日だったかと思うけど)。

 マスコミはよほど重大でない限り、誤字や誤報でもただすみませんと謝るだけで責任をとって辞めたなどということは聞いたことはありません。ほかの組織のミスは些細なことであっても鬼の首でも取ったように喜んで報じ、自分のミスはただ頭を下げるだけで終わらせる。ただの正義の皮をかぶった俗物でしかないような気がします。

 さらに海外のマスコミは、「国家にとって不都合なことは隠すことこそ愛国心」「国家に命をささげることこそ国を愛する証」などとたわけたことを思っている奴が牛耳ってるようだし……。
 愛国心というものは死ぬことでも真実を隠すことでもなく、生きて技術や知識を祖国に役立てることと思うのですが(たとえ一万二万の人間が命を捨てても救えるほど、国家というものは軽くないでしょうし)。

 皆さんは、いったいマスコミをどのように思ってますか。果たして信用できるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 こんにちは。

私は報道の仕事の経験者です。
 以前なら、「マスコミ擁護論」を展開したところですが、現場を離れてみると、ikazutiさんのおっしゃることも、よーく分かるようになりました。
 しかし、個々の取材者はすごく真面目に、それこそ身を削る思いで取材をしています(時々、その“真面目さ”の方向性が「ちょっと違うんじゃないの?と思うこともありましたが)。そこで、何が報道をおかしくしているのか、自分なりに考えてみました。
 まず言えるのが、「他社との競争」です。取材現場では協力することもあるのですが、やはり報道の上層部(会社によっては営業サイドもかな?)は、他社との違い、独自性を求めます。スクープ至上主義が誤報を生むもととなり、独自の視点・切り口の重視が、過激な特定個人・団体への攻撃につながっていきます。だからといって、競争がないよう、メディアを一本化してしまうと、北朝鮮や旧ソ連のような体制になってしまいます。
 あと、言えるのは、内部事情かもしれませんが、「取材者が世に出したいもの」と「プロデューサー(あるいは編集者)が世に出したいもの」が乖離していることでしょうか。テレビの場合、取材者が取材してきたものがそのまま世に出ることはありません。ストレートニュースの場合でも記者デスク、ニュース番組のディレクター、ニュース番組の編責(映像についても映像編集者→映像デスク→番組編責)というチェックを受けます。誤報の防止や人権上の問題をクリアするためには必要な手続きですが、こうした多重チェック体制が、ある一定の方向性を持ってしまった場合、表現が増幅されて「これでもか」という形で放送になってしまうのではないでしょうか。
 また、企画ニュースの場合でも、実際に取材をしていないデスクやプロデューサーが、「こう表現すればもっと面白くなる」「こういうふうに言い換えてもウソではないだろう(大げさでも、まるっきりのウソでなければ許される)」「こういう風に(ちょっと大げさな)表現したいけれど、一応確認とっておいて」「ここまで言わないと視聴者は納得しないだろう」と、“自分の見たいものを作ってしまう”傾向があります。
 余談ですが、私の、このサイトでの名前“depression(うつ病)”は、このような報道現場での矛盾に悩んだ末に、私が罹ってしまった病気であり、それが現場を去るきっかけにもなりました。
 でも、ikazutiさん、それでも私は言いたい。「マスコミを信用して下さい」と。マスコミがなければ、世界は産業革命以前の状態になってしまいますし、インターネットの情報は、今のマスコミよりも、もっと信用できない情報ばかりです。
「信用できない」と嘆いているばかりでは、進歩はないと思いますよ。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 他社との競争がなければ北朝鮮や旧ソ連のようになってしまう。

 その通りですね。ほかの方も仰っていますが、競争がなければつまらない報道になってしまうでしょう。

>「取材者が世に出したいもの」と「プロデューサー(あるいは編集者)が世に出したいもの」が乖離していることでしょうか

 そういえば、韓国の新聞がやたら反日的なのは、日本に友好的な四十以下の若い記者が親日的な記事を書いても、上司がそれを蹴るので結果的に韓国の新聞は総じて反日色が濃い、ということらしいです。世代のギャップというものもあるんでしょうね。

>ikazutiさん、それでも私は言いたい。「マスコミを信用して下さい」と。
>インターネットの情報は、今のマスコミよりも、もっと信用できない情報ばかりです。
>「信用できない」と嘆いているばかりでは、進歩はないと思いますよ。

 自分も事実まで疑っているわけではなく、報道の矛盾や大げささに嫌気がさしているだけで報道内容はちゃんと信じてます。
 というか、それを信じなければ生きていけないですし。
 インターネット上の記事はあまり信じてません。そういう考えの人もいると言った観点から見ているので安心してください。

 報道の経験者殻のご意見ですので、真摯に受け止めたいと思います。
 貴重なご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 12:14

私もあまり信用していない人間の一人です。

ただ、世間では「マスコミで流れることは本当のこと」みたいな意見が多く、それがなくなれば逆に信用できる場合が増えるようにも思います。マスコミ一流の情報操作は行われていますし、以前ほどは権力者に対して正論をぶつける部分が減ってきているのは確かでしょう。一番悪いのは、マスコミに携わる人間でも、自分たちの仕事を文化事業だと認識していない人間が現実に存在することでしょう。昨今の女子アナブームなどその典型だと思います。それから、その女子アナを週刊誌などで実名報道しているケースがありますが、それに対し抗議する放送局は皆無です。他の企業のOLを実名報道することはまず考えられません。こうしたおかしなもたれあいをなくすことが、ひょっとしたら健全なマスコミを育てることになるのかも知れません。所詮はどのような媒体も経済社会の中で、生存競争を勝ち抜くという必要があるわけで、そう考えると、我々受け手側が賢くなって、マスコミ報道に踊らされることなく真実を見抜くように心がけることが最も大切なのかも知れないと思う今日この頃です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>昨今の女子アナブームなどその典型だと思います。

そのとおりです。こういったことがあるから嫌になるんですよね。自分は余りにふざけていると思って関心は持たないようにしていますが。

ただ、競争社会に生きる以上、やむをえないところもあるのでしょうね。皆さんの意見を聞いていると、自分が一面しか物を見ずに質問していたことが浮き彫りになっています。

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/15 15:25

私の割と身近なことが新聞に取り上げられたことがありました。


割と批判的な内容だったのですが、批判の内容が結構表面的なものでした。
それを見て、そんなもんだろうなと思いました。
その記者が取材できた時間は数時間だけです。
その時間で記事にしようとする対象の裏も表も全て分かるとは思えません。
本当でしたら、1年ぐらい密着取材して初めて本当のことがわかるような内容でしたから。

でも、その記者にしてみたら、限られた時間の中で一所懸命取材して得られた事実から、
その取材によって主張したかった内容を強調できるように記事にしたのだと思います。

確かに嘘は言っていません。でも事実を全て客観的に判断して書いているわけでも有りません。
結局一つの記事に対して記者は一人ないし数名のはずなので、その記者の理解できた範囲でしか書けない筈です。
ですから報道の内容は、個人の主観から完全に離れることはできないと思います。

私は、マスコミはその記者の信じることが間違っていたらともかく、嘘は言わないと信じています。
でも事実を全て余すところなく報道しているとも思いません。

ですから私の報道の接し方は
おこった事実に対しては、そういうことがあったんだ。
良い、悪いという内容に対しては、そう言う考えもあるんだ。
と言うスタンスです。

特に、良い・悪いと言う判断は、情報の入手手段がテレビ新聞ラジオだけと言う昔とは違い
インターネットと言うすばらしい情報収集手段も有ることですし
色々駆使して正しい情報を自分で集めれば良いと思います。

「マスコミは、物事の一つの見方を示す媒体」
そう思うと、マスコミが何を言ってても腹は立ちません。

むしろ、今みたいに、みんな似たようなことを言ってるんじゃなくて
(正しいことは当然みんな同じことを言うとして、間違うときも各社同じ間違った見方をするから不思議です)
どれがホントなんだってくらい各社言うことがばらばらってのも、
そう言うものだって納得した上でなら面白いと思いますが
そうはならないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>でも、その記者にしてみたら、限られた時間の中で一所懸命取材して得られた事実から、 その取材によって主張したかった内容を強調できるように記事にしたのだと思います。

 時間ですか。それも考えたこともありませんでしたね。よく考えれば、視聴者は早い情報を求めているわけですから、時間的な制限がどうしても発生するでしょう。
 となると、十分な取材ができずに、多少の誇張が生じるのはどうしても仕方がないことなのかも知れません。

 情報化社会がこれからもどんどん加速度的に進むであろう昨今、情報は与えられるものではなく、自分から得る時代に変わらなけらばならないのかもしれません。

 ほかの方もそうですが、皆さん広い視野をお持ちですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 12:18

ikazukiさんのおっしゃってるのは、マスメディアの問題ですよね?


マスコミュニケーションというのとは若干言葉の意味の範囲とかニュアンスが変わってきますので、一応確認して....(^^ゞ

えっと一言でいうと、単なる報道機関、と思ってます。
で、単なる会社、とも思ってます。

彼らは「報道のプロ」ではあるのですが「報道される内容のプロ」では無いので、どうあがいたって正しい事だけを報道する、なんてのは無理だと思ってますから、ニュースなどを見てもそういうスタンスで見てます。
逆にいうと、その「プロ」の部分は信用してます。
だから「誰々が何時々々何とかという発言をした」とか「XXの発表では○○だった」とかは信用してます。
#そういう発表があったからどうだ、というのは専門家じゃないと正誤は判断できないから、ここから先は話半分ね。

あと、多少の特殊性はあるにしろ「会社」ですから、そりゃ、自分の会社に不利になるようなことは極力避けるでしょう。自然な事だと思いますよ。
時として「明らかに不利になる事を報道」する場合でも、それを報道する事で、不利な部分を最小限に抑えられる、と踏んだからでしょうし。
さらには、会社同士の「競争」がありますから、より視聴者を引きつけるような演出(「ヤラセ」というより「見せ方の工夫」とか)は当然だと思ってます。

別に彼らは「我々は正義の味方だ!」なんて事を掲げて居るわけでもないので、正義の皮をかぶってるわけでもないと思いますよ。
別にマスメディアだけでなく、なんでも「無条件に信用」というのはよくないと思うわけで、自分も含めて、報道を見る側がそれをちゃんと心得て居るとは必ずしも言えないのにも問題がある気もしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 なるほど、会社ですか。そういってみると彼らの報道の仕方もそれほど不当ではないような気もします。そういった見方はあまり考えなかったですね。
 報道される内容のプロではないと言う言葉には目から鱗が落ちました。

>自分も含めて、報道を見る側がそれをちゃんと心得て居るとは必ずしも言えないのにも問題がある気もしますね。

 確かにそうですね。考えてみると、彼らも競争がありますからやはり利益こそを最優先する姿勢は間違ってはいませんね。

 ただ、言った舌の根も乾かぬうちに矛盾した報道をすると言うのが気に入らないのですが、彼らも人間ですし、それ以上に違う人間が記事を書くのですから多少の矛盾はそんなものだと割り切ることも必要です。

 新しい見方をいただきました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/14 10:57

>知らず知らずのうちにマスコミの考えに流されることが多いのも事実です。



 確かにその通りですね。 例えば、太平洋戦争。 未だにアメリカ人は、「パールハーバーはだまし討ちだ」と言っていますが、その後の文書などから「ルーズベルトは攻撃があることを知っていた」事がわかった訳です。
 国際法上、ルール違反になったことは事実ですが、「知っていて攻撃を受けた」ことが果たして「だまし討ち」と言えるのか、はなはだ疑問です。

 今回のビン・ラディンとの戦闘行為だって、自国の利益を確保するために、タリバンと話し合っていたが、「それじゃ話しにならない」と言われて、アメリカお得意の恫喝をしたところ、相手が国家もどきだったために、「やられる前にやってしまえ」とあのような行為に及んだ可能性は有るわけです。

 やった行為自体は、話にならないほどアホな行為ですが、そうさせてしまったアメリカにも責任の一端がある、と思います。 ただ、どうしても、0or1で考えないと、収拾がつかないのも事実で、よりアホな行為をいた方が、結果的に悪者になる、ということではないでしょうか。

 流されないように生きていくのはとても大変ですよね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 パールハーバーの話題が出他の出思い出し他のですが、以前友人は、アメリカに行ったら一人のアメリカ人に、パールハーバーに対して土下座して謝れ、と言われたらしいです。(なぜか『土下座』の部分だけは日本語で言ったらしいです。そのアメリカ人は)
 それ以来、友人はあれだけ大好きだったアメリカが大嫌いになってしまいました。
 その気持ちはわかるのですが、たった一人のアメリカ人に言われたことでアメリカ全部が嫌いになるのも流されるということなんでしょうか。

 この間にも、新聞に『世界の潮流に乗れ』と言った記事が載りました。これも、用は世界の情勢に流されろといった意味なのでしょうね。

 自分が間違っていても考えを曲げない頑固な人はいただけませんが、流されまくるという生き方もどうも……

 そもそも集団で生きる人間は、他人に流されない生き方は無理なのかもしれませんね。それが悪い面だけではないでしょうが、本当に難しいですね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 10:50

 こんにちは。



 笑われるかも知れませんが、私は子供の頃
「マスコミ関係(新聞社、TV関係)の仕事をしているのは
超エリートで、選ばれた人なんだ」と思っていました。
何しろ、全国民を相手にした仕事な訳ですから。

 しかし、自分が大人になってみると、それが「幻想」であった事を知らされました。
最近では「自分より若いアナウンサー」を見て「コイツら、馬鹿だな」
なんて感じながらニュースを見てます。

 マスコミって、どうでもイイような事に一生懸命になってますよね。
「生中継」とか「独占インタビュー」とか。
視聴者は、そんな事を重視していないという事に気付いてないんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かに、生中継や独占インタビューを重視しているかのような報道が多いような気がします。

 他社との競争があるから、仕方がないのかも知れませんが。生中継に関しては報道がいち早く伝わると言うことで重視してもよいですが、独占と言うところを強調するように言うのはちょっと首を傾げるところがありますね。

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 10:40

本当に、松本サリン事件の時の衝撃以来、何事も報道されていることには猜疑心を持って接するようになってしまいました。

万が一違っていても、娯楽としてスマされるような情報ならともかく、深刻な社会問題などに関しては、何を手がかりにして良いのか分からなくなっています。

最近のテロ事件の報道に関しても、原文(といってもテロリストと断定されている人たちの言語を英語に直したものですが)では、決して彼等の所行と断定しない、可能性だけを孕んだ表現になっている言葉を、日本語では平気で「彼等がやった」としか取れない表現の報道になっていたりしました。英語も、言語に忠実かどうかが分からないため、何が真実なのか・・・・。これが世界的な情報操作だとしたら、恐ろしいことですよね。少なくとも、誘導的なことは行われていたような気がしてなりません。たとえ、今の報道内容が真実だとしても、私たちの判断材料の多くが彼等の情報であることを考えると・・・恐ろしいですね。

マスコミは、判断材料の一つであり、道具のようなものだと思います。道具が悪かろうと、優れていようと、使い手(私たち)によってはその優劣も入れ代わろうという物。全ての事件を実際に目の当たりにすることは不可能。せめてできることは、頭から過信することは避け、慎重に使いこなす術を身につけなければと心しております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No1のakizuki_dtiさんと同じく、お早い回答です。

 マスコミは材料のひとつですか。わかってはいるんですが、しかしマスコミの流す情報量は半端ではないため、知らず知らずのうちにマスコミの考えに流されることが多いのも事実です。

 個人で気をつけて判断するしかないんでしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/13 17:15

 私は、話半分で聞いています。

 理由は、自分で、その情報が正しいか、間違っているか等の判断をするための材料を集めきれないからです。

 ただ、雪印の様に、大量に他人を傷つけておいて、「俺は寝てない」などと失言してしまった社長は、気の毒にはおもいません。 雪印本体がバカをやったおかげで、末端組織が被った被害には同情しますが。

 一人一人は良い人でも、外務省を見ていればわかるように、「組織の一員」となれば、枠にはめられ、悪いことでも平気でやってしまう訳です。

 何が正しくて、何が悪いのか、0or1で世の中は渡っていけない・・・ということです。 国民が、「サッチーとミッチーの熟女バトル」などという低俗な争い毎を楽しんでしまうようでは、マスコミが真っ当な姿になることはないでしょう。
望まれもしないことをやっていたんでは、潰れてしまいますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 凄まじく早い回答で驚きました。

 確かに、自分でそれが正しいかの判断材料を集めることは大変ですね。
 雪印の件に関しては、書き込みが足りませんでした。自分も社長には同情していません。

>何が正しくて、何が悪いのか、0or1で世の中は渡っていけない

 そのとおりですね。ただ、どうしても人間は二者択一で物事を見がちですから。

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/13 17:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腐っているマスコミ精神

京都での無免許運転での小学生らの死傷事故で、救急隊の関係者がマスコミの非情で腐敗化したマスコミの取材対応を批判してます。遺族がかわいそうですね。

http://news.infoseek.co.jp/article/rocketnews_20120424206271

どこのマスコミとか具体的社名が出てないので残念ですが、マスコミって、所詮こんなんでしょうか?また、そんなマスコミ取材を防ぐには、どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

> マスコミって、所詮こんなんでしょうか?

こんなもんです。

ニュースバリューがあれば、病院の遺体安置室,自宅,斎場,火葬場,墓場まで追い回し、撮影とコメント取りをします。

キレイ事を言ってたら、マスメディアは成立しないと言うのも事実ではありますが・・。
一方では、それだけ土足で踏みにじったにも関わらず、実際にはキレイ事で放送,報道するんですよ。

東日本大震災でも、「放送出来ない映像」が、山ほどあると思いますヨ。
カメラマンの前で、必死の救助を求めつつ「見殺し」にされた、お蔵入り映像などが。

報道される部分は、「真実の一部」とか「作られた真実」と思っておけば良いです。
中には[編集された/加工された真実」とか、「虚偽」「やらせ」なども有りますから。


> そんなマスコミ取材を防ぐには、どうしたらいいでしょうか?

防ぐ方法は、ほぼ「無い」です。
彼らは「報道の自由」を楯に、確信犯的に非道・非常識を行っているので。

ただ、全てが何でも許されるワケでは有りません。
当然、法を犯せば処罰されたり、民事責任を負います。
法的手段で対抗は出来ると言うが、法的に対抗するしかないと言うか・・・。

それも「マスコミ被害に遭えば」の話しってコトです。
取材拒否しても、取材するヤツに、有効な手段は無いんですよ。
「押し売り」が来て、インターホンで断り玄関に施錠しても、窓をブチ壊して侵入してくる様なモノだから。
後から「侵入罪」「器物損壊罪」などで告発出来ますが、予防は非常に難しいんですよ。

実際にソコソコのマスコミ各社は、常に係争をいくつか抱えてます。
係争など織り込み済みと言って良いでしょう。

一つだけ、私が考えている有効かも?と思われる方法を書いておきます。

それは、「目には目を」で、コチラもカメラを回すことでしょう。

「撮られる立場」が弱いなら「撮る立場」になればいいです。
「聞かれる立場」をやめ、「聞く立場」になり、取材陣にマイクを向け、コメントを取ればいいです。

「取材拒否されたにも関わらず、遺族の感情を無視し、土足で踏みにじる様な行動を、どう言う気持ちでなさってるんですか?」
「『報道の義務』で、何をやっても許されるんでしょうか?」
「横暴と思いませんか?」
「逆にアナタが遺族の立場なら、どう感じますか?」
「どうして返事しないんですか?アナタは返事しないクセに、どうして人にはマイクを向けるんですか?」

聞きたいコトは、山ほどありますからね。
逃げ出すヤツもいるんじゃないですかね?
そしたら、「〇〇新聞さん!どうして逃げるんですか?」と追い回しましょう。
「少しは遺族の気持ちも判りましたか?」と追い打ちを掛けましょう。

最近はこれくらいのコトは、スマホでも簡単に出来ます。
おまけに「証拠」になります。

彼らは「狩る側」の立場が、絶対に守られてると思っているから、ズケズケと上がり込んでくるワケですが、「狩られる側」の経験値は低いから、上手く行くかも知れません。

それでも厚顔無恥なマスコミには、効かないかも知れませんが・・・。

チャンスがあれば、是非お試しください。

> マスコミって、所詮こんなんでしょうか?

こんなもんです。

ニュースバリューがあれば、病院の遺体安置室,自宅,斎場,火葬場,墓場まで追い回し、撮影とコメント取りをします。

キレイ事を言ってたら、マスメディアは成立しないと言うのも事実ではありますが・・。
一方では、それだけ土足で踏みにじったにも関わらず、実際にはキレイ事で放送,報道するんですよ。

東日本大震災でも、「放送出来ない映像」が、山ほどあると思いますヨ。
カメラマンの前で、必死の救助を求めつつ「見殺し」にされた、お蔵...続きを読む

Qテレビで誤報の訂正をするとき、

テレビで誤報の訂正をするとき、
素っ気ない態度でまるで他人事のように訂正し、
キチンと謝らないのはどういうわけでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

 誠意がないのは、視聴者との関係における自己のあるべき存在立場の認識が不足している。
 不徹底である、教育ができていない。社会が鷹揚である。 ということかな。

Q維新の支持率がマスコミとネットでかけ離れている理由

ネットのニュースを見ましたがマスコミ報道とネットの調査では支持率が4~10倍近く違います。
なぜマスコミ調査では民主が高く維新は低く、ネットのアンケート調査では民主が低く維新は高くなってるのでしょうか。ネット調査では自民より上にもかかわらずなぜマスコミは維新が国民からほとんど支持されていないかのような報道を繰り返すんでしょうか?マスコミとネットでは調査の手法はどう違うんでしょうか。マスコミはどうやって維新の支持率を低く見せているのかマスコミの手口を教えてください。

Aベストアンサー

質問者様は、どのサイトをご覧になられましたか?

ネットでの投票先調査↓を2つ載せます。
http://seiji.yahoo.co.jp/vote/result/201211180001/
http://www.election.co.jp/news/2012/news1113.html

質問の前提とされた事と逆の結果で、マスコミの方が維新の支持は圧倒的に高いです。
一方、ネットでは、「国民の生活が第一」は49%とダントツの1位ですが、マスコミでは、5%以下です。

マスコミは、民自公+維新の中で、第一極、第二極、第三極を作って、選択肢はこれだけで、この中から選ぶように、すなわち、「国民の生活が第一」が選ばれない様に偏向した報道を繰り返しています。

これを照らし合わせると、民自公+維新でのプロレスが盛り上げる為に、マスコミは、支持率を完全に捏造していると思います。
マスコミがそうする動機は、小沢議員がトップになると本当の改革が実行され、テレビ局が入札によらず格安で電波の割当を受けているなどの様々な既得権が無くなる事を恐れていることでしょう。

質問者様は、どのサイトをご覧になられましたか?

ネットでの投票先調査↓を2つ載せます。
http://seiji.yahoo.co.jp/vote/result/201211180001/
http://www.election.co.jp/news/2012/news1113.html

質問の前提とされた事と逆の結果で、マスコミの方が維新の支持は圧倒的に高いです。
一方、ネットでは、「国民の生活が第一」は49%とダントツの1位ですが、マスコミでは、5%以下です。

マスコミは、民自公+維新の中で、第一極、第二極、第三極を作って、選択肢はこれだけで、この中から選ぶように、すなわち...続きを読む

Qマスコミが反政府報道のみを推し進めるのはなぜでしょうか?マスコミのスポンサーは?

昨今のマスメディアを見ていると、麻生さんや公務員を貶す事はあっても、評価することはまずありません。
結果として野党に利する情報を提供しています。
特定の勢力に利する報道をするのではなく、事実のみを淡々と伝えるのが本来の役割だと思うのですが。
また、マスコミは権力監視の機能を持つと云いますが、テロップなどを見るに、明らかに監視の度を過ぎてるように思えます。正直、小学生のイジメのようで不快にすらなります。
些末な事項で挙げ足取りして、いたずらに不安を煽り立てている感を否めません。
最近は、彼らは第3の権力なのだと感じるようにすらなりました。
しかし、憲法を盾にして規制に反対する姿からは、真摯な姿勢は感じられません。
一部、スポンサーが在日外国人だという話もありますが、関係はあるのでしょうか。
実際のところどうなのでしょう?業界に詳しい方に教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

現在のマスコミにおける与党(麻生)批判の目的は広告税の導入にあると思います。
また、解散総選挙をしなかった事で視聴率が伸び悩み、新聞などが売れなかった事への逆恨みとも言われています。

実際、国民の情報源は今やネットへと移り変わってきています。
そこに広告税が導入されれば、経営悪化は免れないと思っているのでしょう。新規参入のない世界で胡座をかき続けた末路だと私は思っております。
しかし、広告税とは新しい税金を作る事ではないそうです。
詳しくはこちらに↓
http://anond.hatelabo.jp/20081211151450

Qマスコミ比較

日本のマスコミ、戦前のマスコミ、外国のマスコミの比較、
新聞とテレビと雑誌と地方誌の比較をするとどのようなことがいえますか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたにとって、比較というのは、
どちらが、より正しい、信じられると言った、比べ方のことだと、想像します。

マスコミメディアは、何時の世も、相対的に世相を反映しているに過ぎません。

但しそこに、発行元の意向、思惑、多少の影響が見られることは
多々あります。
近年は、バイアスがかかった、という表現をよく見かけるようになりました。

そのバイアスは、商業メディアに拠れば、資本の論理でしょうし
国策メディアでは、国のプロパガンダです。

地方紙の間違いだと思いますが、ローカルペーパーは、ニュースの比重が違うだけです。
中には新聞社としての信条などに、優れた会社もありますが、資本の安定性で
公共的な報道が保たれていると思ってください。

ざっと、書きましたが、自分の目と頭で考えてみる。
サンプリングは、図書館や、地方に旅した時に可能です。
人の意見を求めるだけでなく、自分でトライしてみてください。
失礼いたします。

Qマスコミの写真使用について質問です。マスコミなどの報道機関に顔写真を撮られまくってる有名人などが

マスコミの写真使用について質問です。

マスコミなどの報道機関に顔写真を撮られまくってる有名人などがいますが、撮影の許可や、写真の使用権などマスコミは持っているのですか?
またもし、撮られた側が写真を撮影するな、写真を使用するなと言った場合に写真を使ったらどうなるのですか?

変な質問で申し訳ないですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

報道目的の場合には、制約はありません

許可を貰う必要もない、使用権も自由
報道という目的の場合

Q今からマスコミへの就職を目指すことは?

就職活動中の大学4年生(♀)です。

就職活動は12月くらいから始め、色々な会社を回ってきました。
しかし、マスコミについては倍率が高く自分は無理だろうと思い、
マスコミは一切見てきませんでした。

しかし、今さらですが最近になってマスコミにすごく興味がわいてきました。
マスコミ(広告・放送系)は内定を出すのがはやく、
募集を終了した会社も少なくありません。

今からでも、マスコミに就職することは可能ですか?
また、マスコミを目指すには何かしなくてはならないことはありますか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

マスコミの中では広告・放送系希望ですか?
それと職種は何でしょう?

まず、大手広告代理店や放送局は人脈・学歴・他の学生には無い特技や強烈な個性が求められる場合が多いです。貴方に優良な血統(有名なご先祖がいる!等)があれば尚有利でしょう。

おわかりのようにマスコミは内定を出すのが早いです。
ですから今からだったら番組制作会社や大手の下請けをするような小規模の広告代理店なら可能かもしれません。

それと営業職などでしたら大手でも中途採用の機会があります。この場合もどこか大手・有名企業でのキャリヤが役立つこととなります。
また、専門知識をもてる仕事についていればマスコミに転職することも充分可能です。知人にもそういう方はいます。

外からみると楽しそうな仕事をしているように見えますが、大手でやるにはそれなりの実力や運が必要です。動くお金も大きいですから。
下請け会社は大手より簡単に入れるかもしれませんが、立場的には辛いことも出てきます。

マスコミで何をしたいか?にもよりますが・・・

Q誤報?

本日、JNNニュースバードの16:00のトップニュースで、ロシアのサンクトペテルスブルグの原発の解体現場で爆発(事故?)があったとの一報がありました。
詳しいことが入り次第続報をお届けします、とのことでしたが、それ以降放送がなかったと思います(たぶん、訂正放送もなかったと思います)。また、地上波のニュース番組でも見かけませんでした。

これは単なる誤報なのでしょうか?
それとも報道に値するほどの大きな事故ではなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

ネットニュースには20時台に載っていますので、誤報ではないと思います。
まだ詳しくは報じられていないようですが…。

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051216-00000252-kyodo-int

Q民主党が政権をとりましたがマスコミは民主党を叩くのでしょうか?

今まで自民党を異常なほど叩いて自民党の良いところは殆ど報道しなかったマスコミ
マスコミが民主党を叩いているのはあまり見たことがありません
国籍法や外国人参政権など日本にとってマイナスになるような法案も全く報道しないしこのままマスコミが民主党を叩かなかったら本当に日本終了な気がします
マスコミは今までどおり首相を叩きますか?

Aベストアンサー

インテリの多いマスコミ業界としては、二流私大(学習院大)出身の麻生総理は叩きやすかったでしょうね。
それも政策でなく、読み誤りとか低次元の指摘が多く、学歴をバカにしていた証拠です。
早稲田大の福田元総理はともかく、成蹊大の安倍元総理にも同じ感じでした。

ところが鳩山次期首相は腐っても東大卒ですし、マスコミの低次元の指摘をされるようなボロは出さないでしょうね。
幹部も岡田は東大、菅は東工大、小沢は慶応大と自民に比べると高学歴ですし、叩くにしても本腰を入れないと、今までのような凡ミスを茶化すような姿勢では無理でしょう。

QTBS拉致被害者判明の誤報は故意?

TBSは、北朝鮮に厳しい態度をとる石原都知事の発言を
歪曲捏造したり、これもでも不自然な報道があったのですが、
今回の件も報道後数日で写真の本人という脱北者が名乗りを
あげるなど、不可解な点があるようです。

金目当てで脱北者が偽の写真を提供したというのですが
特定失踪者に登録されている人物にあれほど酷似した人の写真を
脱北者が偶然手に入れるなんて可能でしょうか?しかもカップルで。

この誤報で、特定失踪者問題調査会や、これまで拉致被害者特定に協力してきた法人類学者の信用が貶められました。

TBSが故意にこの結果を意図したか、もしくは北の策謀に
あえて引っかかったという可能性はないでしょうか?

安倍氏らを標的とするNHK番組改変問題を報じた朝日と供に
TBSも、サッカー北朝鮮代表の密着TV取材を許可されてますね。
選手や監督への独占インタビューなど、北朝鮮とは思えない
マスコミへのサービス振りです。
ここしばらくの不信な報道の動きと無関係でしょうか?

Aベストアンサー

北朝鮮や中国などの独裁国家では、その国でテレビ取材をするためには、国家(あるいは共産党)の許可が必要です。
 そこで、その国の政府におもねる事はよくあります。TBSが北朝鮮選手に独占インタビューができたのも、何か裏取引があったと考えるのが常識です。
 朝日新聞社が、北京に特派員を常駐させることを目的とし、時の社長広岡氏が「中国を批判する記事を書くな」と指示し、朝日新聞や週刊朝日の全記事が、中国よりになり、虚偽報道まで頻出したことは、日本新聞史に残る大スキャンダルです。この問題については
「朝日新聞の大研究」古森・稲垣・井沢著に詳しく書かれています。
 TBSと北朝鮮の裏取引については、まだ単行本は
出ていないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報