AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

円安だと、輸出産業の業績が向上するので、(もちろん輸入産業は逆ですが)
日本は貿易上有利だ

……という話は良く聞きます。

経済学をつっこんで勉強したことがないので、
詳しいことはわからないのですが、

「円安ということは日本の資産全体の価値が減るのだから、
 国にとっては損失でしかないのでは?」

という疑問が拭いきれません。


もちろん、
「円安に対する諸外国からの批判は現実にあるので、やはり円安は日本に有利なんだろう」
とも思うのですが納得できないのです。


できるだけ簡単な説明でご回答頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

あらゆる事に得する人と損する人がいますが、この件についても同様です。


個人の消費に関して言えば、輸入原料の値上がりが製品値上がりに繋がり、支出増加となるので損になります。
原料の値上がりが製品分に反映されれば売る側にとっては同じ気がしますが、値上げをするのに困難が伴うので損を被る可能性が高い様です(便乗値上げなら儲かる)。
それではどこが明確に得するかと言えば、輸出する場合には製品に含まれるコストの国内調達分が下がるので有利になります。
下がるコストの大半は給料で、例えば20万円の給料がドル100円で2000ドルのところが、120円になれば1666ドルとなり、そのコストがかかった製品を海外で今までと同じ値で売れば儲かる訳です。
    • good
    • 0

日本政府としてはインフレの方向が好ましく、その方向で動いています。

円安では輸入品が値上がりすると言う事でインフレ要因になります。
    • good
    • 0

ご指摘の通りだと思います。


日本にとっては資産価値の減少。
通貨の「価値」は国家の威信でもあって、保障なので、これの弱体化している大国は弱いです。

海外にとってはその国にある業界の批判が大きいわけです。
元々質がよくて人気のある日本の商品が安くなるわけですから、自国の製造業界が衰退します。
小売業界は構わないでしょうが。
それゆえ当然批判は強くなるでしょう。

輸出というのは失業も一緒に輸出しているといいます。
つまり各国の需要は限界があるので、アメリカで100台の車が売れれば、アメリカで100台の車を作る「仕事」が生まれるわけです。
しかし日本から50台の車が入ってくれば、元々100台分仕事があったのに50台に減ります。
日本から50台の輸入があったからといって、アメリカで150台売れるようにはなりませんから。
これはアメリカ人の失業に繋がるわけです。
なので他国からの批判も起こるのは当然でしょう。

日本は今少子化問題と老後を心配する人々が多いので低消費に走っています。
つまり日本での需要が限界に達し、減少しているわけです。
なので残る方法は輸出だけと考えたわけです。

しかしほんとにこれが正しいのかは別問題です。
日本の円が下がると、海外の投資家が今まで日本に投資していたお金を撤退する可能性があるわけです。
さらに日本は今低金利がずっと続いています。
日本で資産運用をしても大して増えないので、得た資産は海外にもっていき資産運用することも多いです。
その場合円安のまま海外に円が流れることになります。これは日本にとって不利です。
    • good
    • 0

円安になれば、輸出が有利になり


円高になれば、輸入が有利になる。

日本は輸出国家なので、円安の方が有利になる。
但し、貿易黒字が膨大なため、
(輸出が多くなった反動で)$1=¥360→¥100に円高になってきている。
    • good
    • 0

経済の専門家ではありませんので、正しいかわかりませんが。



>「円安ということは日本の資産全体の価値が減るのだから、国にとっては損失でしかないのでは?」

これを考える場合、日本人で、日本国内に資産を持っている場合は、全く関係無い事は、お分かりでしょうか。
円高時100円の資産は、円安時でも100円です。

日本人が、海外資産を持っていた場合、1ドル100円の時購入した100円の資産は、円安になり、1ドルが130円になった場合、日本での海外資産は、130円に増える事になります。
逆に、海外の人が、日本に1ドル100円の時の1ドルの資産が、1ドル130円になると、日本円100円の資産が、0.77ドルに減少してしまいます。

円安になると、海外の人が、日本で持っている資産価値が、減少してしまうことになります。

同じ事が、輸出入にもいえます。
今まで100円で輸入できていた物が、130円になると、価格が高くなった分、外国製品が売れなくなります。
一方輸出は、今まで1ドルだったものが、0.77ドルで購入できますから、売れ行きが良くなります。

そのため、外国企業は、日本市場の縮小とともに、自国市場も、日本企業に侵食されるという事になります。
そのために、円安は、困るのです。

ただ実際は、輸入原料が高騰しますから、完全には、そのようになりませんが。
円高の場合は、逆です。
    • good
    • 0

個人的な思想での意見ですみません。



円安で日本が得をする(有利になる)のは外国への輸出ですね。
詳しくはURLを見てください。

参考URL:http://muuhouse.com/hajikei/hajimaku1-7.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング