クロマトグラフィーについて調べています。
「薄層ゲルクロマトグラフィー」と「イオン交換クロマトグラフィー」について詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

薄層ゲルクロマトグラフィーはガラスの板にシリカゲルを薄く延ばして貼り付けたもの(ゲルを有機溶媒に膨潤させ薄く延ばす。

市販のものもある)にサンプルを下の方(溶媒につからない位置に)にアプライし、展開層に入れ物質の極性の差によって分離します。
薬物合成などで出発物質と合成物質を確認する時などに使用します。UVランプなどで紫外線吸収部位のある物質を見ることができます。また、ホットプレートで焼くとこげて物質のあとが黒く(茶いろ)なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
どうしても調べたかった事なので助かりました。
また何か質問する事があるかもしれないので、もし見かけましたらその時はよろしくお願いします。

お礼日時:2001/12/13 22:47

イオン交換クロマトグラフィーについてのみの説明ですが、イオンクロマトグラフィーは、まず試料をカラムに注入し、試料中のイオンをカラムに吸着させます。

そしてそのカラムから、時間がたつにつれ今度は、イオンが脱離します。その脱離の速度がそれぞれのイオンで異なりその速度差により、それぞれのイオンの定性、および定量ができるというわけです。しかし、分析装置にしては、1試料の測定にだいたい6~15分くらいかかってしまうのが欠点であります。少々簡単に言い過ぎましたが、大体こんな感じです。さらに専門的な情報が知りたいのなら、イオンクロマトグラフィーを作っている(株)ダイオネクスのホームページでも覗いてみたらいかがでしょうか・・・!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に回答していただきありがとうございます。
tarohiさんは少々簡単に言い過ぎましたとおっしゃっていますが、知識の少ない私にとっては良い回答だと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/13 19:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ