現在自分は(27)会社員、年収約350万、妻(27)専業主婦、と子供(0)の3人家族です。
子供が産まれたのを機に保険の見直しをしようと思っています。現在加入している保険は次の通りです。

自分 明治生命 生存給付付定期保険(36歳満期)
 生存給付部分550万、定期部分650万、特約として傷害特約500万、災害割増が300万、入院は疾病、災害共に日額5000円で満期に132万円が給付されます。

妻  国内生保 生存給付付終身保険(定期部分は34歳更新)
 終身部分100万、生存給付部分100万、定期部分1800万、特約は傷害特約500万、入院は疾病、災害共に日額5000円、成人病特約、女性疾病特約も日額5000円でこちらの保険は3年ごとに生存給付金10万円が給付されます。

2人とも結婚する前に各々の両親が契約した保険を継続していますが、自分の保険に終身保障がないのと妻の保障が多きずるのではないかと思っています。本を読んで見直し案を考えてみたのが次の通りです。

自分  終身保険 300~500万
    定期保険(全期型) 2000~2500万(60歳まで)
    医療保険(全期型) 疾病、災害入院共に日額5000円、他に成人病特約日額5000円にするか、今の保険を転換し明治生命のLAに加入する方が良いのか分かりません。

妻   医療保険(全期型) 疾病、災害入院共に日額 5000円、他に女性疾病特約日額5000円
子供は保険には加入せず貯蓄で学資資金を貯めていく。

このように考えてみたのですが大丈夫でしょうか?部分的な意見でも結構ですので指摘してください。(特に自分の保険見直しは転換がいいのか、解約して新規加入した方が良いのか迷っています。)
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんばんわ。



 遺族保障の観点で。
 確かに計算上2000万位でも十分という方はいらっしゃいます。
 定期保険の全期型ですか。遺族保障の観点からは、満期時まで保障額変わらないというものです。生命保険の基本は残された遺族の生活費がどれだけ不足するかで付けるものです。人は日々生活していますから、昨日の生活費を考える必要はありません。と言うことで、必要な保障額というものは日々減っていくものです。合理的かつ割安な保険を組みたい場合は公的な遺族年金を加味しつつ、必要保障額の逓減カーブに合わせて設計できる収入保障保険等を検討されてみては如何でしょうか。
 終身保険は今のご時世必ずしも必要とは言えません。予定利率も低いですし、自身の運用次第で保障額以上のものも生み出せます。(ぶっちゃけた話し、保険料相当を投信等で運用して言って300万~500万作り出せれば終身保険は必要ないのです。若いのですから投資の勉強もお勧めします。)

 奥さんの保障は医療中心で良いと思います。専業主婦であれば残された遺族の生活費の観点から見れば多額の保障を必要とするものではありません。その分貯蓄に回しましょう。

 医療保障は若いメリットの活きる終身医療保険もいいです。(できれば返戻率の高い物を。)
 終身医療保険を短期払い(収入のあるうちに一生涯分を払い込む。)が若いメリットが活きていいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも有り難うございました。
本を読んでいて、住宅の購入や子供の成長に伴い保障額は減額しても良いと思っていました。収入保障保険や某通販保険の1年ごとに保障額を組替えられる定期保険なども検討してみたいと思っています。
自分は保険で払った金額すべてが掛け捨てになってしまう事が嫌だったので終身保険を組み入れましたが投資によりその分を確保するという手もあるんですね。全然思いつきませんでした。上手く運用すれば終身保険をはるかに上回る事も出来るのですね。ただ、しっかり勉強しておかないと痛い目に合いそうなので失敗することのない様しっかり勉強してから投資にもチャレンジしていこうと思います。

お礼日時:2001/12/26 01:59

私の古い回答も読んでいただいたということで、ありがとうございました!


お宝保険の件ですが、保険証券を見ないと、私にはわかりません。思うのですが、そういう具体的な疑問こそ、保険会社(明治生命)にどんどん聞くべきなのではないでしょうか。
「どんな保険がいいでしょう?」とか、「転換した方がいいでしょうか?」などと、あいまいな質問をすれば、つけこまれてしまいますが、具体的な質問に対してなら、有益な答えをくれるはずです。
「保険会社のいいなりにならない」というのは、決して、保険会社と一切接触せず全部自分で調べるという意味ではないと思います。わからないことはどんどん聞いて、利用できる部分は利用してしまいましょう。だって、すでに、いっぱい保険料を払ってもうけさせてあげている「おとくいさま」なんですから、遠慮はいりませんよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも有り難うございました。
御礼が遅れましてすいませんでした。
来年早々、生保のおばさんが来る事になっています。ちょうどいい機会なので話だけは聞いてみようと思っています
(自分の中では解約するつもりでいるのですが・・)
確かにあいまいな事を言っていると向こうのペースになってしまうのでそれまでにあちらが参ってしまうほどの知識をつけておいてギャフンと言わせてみたいです。

お礼日時:2001/12/26 02:10

すごくお考えになられたようで、いい保険になりそうですね!



まず、転換というのは解約して新規加入するのと基本的に同じことです。解約したら解約返戻金といってそれまでにたまっていた部分が返ってきますよね。その解約金をそれまで加入していた保険会社にもう一度預けて、それを新しい保険の料金の一部に充てるって事をしているだけです。会社によっては“下取り”なんて言葉をつかっているところもあります。
解約金は必ずもらえる権利ですし、それをそれまでと同じ保険会社にもう一度払うか?違う保険会社に払うか?という違いだけですから、同じ保険会社にしたからといって、特別に安くなる、ということは全くありません。
言葉のマジックですね。
ですから転換のことは忘れてご自分の気に入った保険会社、保険商品を選んで下さい!

あとは定期保険の2000~2500というのが気になります。
これはどういったご理由で決められたのですか?
この金額に関してはFPと呼ばれている人たちに一度診断してもらったらどうでしょうか?この金額、万が一の時にいくら必要か?ということはその家庭によってさまざまですし、一度じっくり考えてみることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも有り難うございました。保険を見直すにあたって2冊の本を読んだのですが、転換に関してはどちらの本もあまり良い事は書かれていませんでした。セールストークによって転換しせっかく貯めてきたお金を使ってしまうのがとてももったいない事。というのが分かりました。
定期保険の算出の根拠は読んだ本の中で必要保障額を質問に答える形式で出せるようになっていて
・結婚しているか?
・妻は働いているか?
・子供は何人いるか?
・マイホームは持っているか?
・貯蓄はいくらあるか?
の質問に答えた結果、3500~4000万となっていましたので
終身保険500万+定期保険2000~2500+現在の貯蓄として考えてみたのですが甘かったでしょうか?

お礼日時:2001/12/15 01:36

ご質問には月々いくら支払っているかが抜けているので、回答もしづらく、まだ回答が無いのではと思います。



ただ私が言えることは、「お宝保険」って御存知ですか。もしご存知無かったら、この言葉でネット検索して確認し、ご自分の保険がこれにあたるなら転換・解約してはもったいないと思います。

とにかく、保険会社の奨める商品を、鵜呑みにしてはだめですよ。夫はまんまとこの手に乗ってしまい大損してしました。保険会社(とひとくくりにしてはいけないなら、夫の場合第一生命)は決してお客の味方ではありません。

でも、mo-rieさんは本を読んで研究されているようなので、大丈夫かな?

詳しくは、質問No.138217への回答として長々と打ってしまったので、よろしかったらそちらも御覧ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=138217
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうも有り難うございました。肝心な保険料、打つつもりだったのですが長々と文を打っているうちに忘れてしまっていました。私は月¥14,443-妻は¥10,551の保険料を毎月払っています。回答で頂いた参考URLも大変勉強になりました。とにかくセールスレディの主導で保険を変えるのは嫌なので自分で納得してから見直しをするつもりでいます。
お宝保険の件ですが自分の保険の加入が1990年なので予定利率はいいのですが自分の保険で適用になるのは「生存給付 550万」の部分だけですか?

お礼日時:2001/12/15 01:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qin a lust-garden

ドイツからロンドンに来た男のことを言っています。
He scarcely hoped ever again to sit in a lust-garden drinking gallons of beer.

a lust-gardenが調べても出て来ません。ドイツ語でLustgartenは公園としてあるのですが遊興地あるいはビアガーデンなのでしょうか?アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://muncomm2011.blogspot.jp/2014/06/whats-so-funny-about-berlin-or-what-do.html
I know you don't translate it as "Lust Garden", but then it wouldn't be funny.

上記が示すように、英語では”Lust Gurden”と”Lustgurden”は違う。同様にa lust-gardenでもない。ということであろうと思う。

書籍での使われ方をみると

https://www.google.co.jp/webhp?gfe_rd=cr&ei=roJBVYLdAcz98weIlIDwAw&gws_rd=ssl#tbm=bks&q=%22a+Lust+garden%22

Lustには1)権力や富に執着する欲望 2)強い性欲

would go down S. James' Street right past the sentries and along Pall Mall, the very daring of this being likely to screen his purpose; and he would go by night; yet he scarcely hoped ever again to sit in a lust-garden drinking gallons of beer.

文脈しだいで売春宿のような性欲をみたす館ともとれるが・・・Pall Mallは19世紀から20世紀にかけてgentemen's club (金持ちや貴族階級等の人達が集まるメンバー制のクラブ)が立ち並ぶ場所。そこに何らかの意図をもって足繁く通っていた・・・にもかかわらず・・・たぶん1)の意味で使っている”権力の館”でビールを浴びるという意味で使っているのだろうと思う。

http://muncomm2011.blogspot.jp/2014/06/whats-so-funny-about-berlin-or-what-do.html
I know you don't translate it as "Lust Garden", but then it wouldn't be funny.

上記が示すように、英語では”Lust Gurden”と”Lustgurden”は違う。同様にa lust-gardenでもない。ということであろうと思う。

書籍での使われ方をみると

https://www.google.co.jp/webhp?gfe_rd=cr&ei=roJBVYLdAcz98weIlIDwAw&gws_rd=ssl#tbm=bks&q=%22a+Lust+garden%22

Lustには1)権力や富に執着する欲望 2)強い性欲

...続きを読む

Q第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険の契約更新について

1.現在、加入している保険内容
1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険
(1)主契約 2,000,000円
(2)特約(定期保険特約) 16,000,000円
(3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円
(4)特約(傷害特約)  5,000,000円
(5)災害入院特約   5000円
(6)疾病特約 5,000円
(7)女性特定疾病入院特約 5,000円
2)契約期間等
(1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年)
(2)保険種目   30年払済み
(3)主契約  終身
(4)契約年齢  23歳
3)保険金額
(1)団体払い保険料 月額13,602円
(2)年払い保険料  年額159,032円(現在はこちらを選択している。)
(3)解約返還金額 166,800円(15年)365,600円(25年)

また、現在の保険料159,032円×3年-200,000円(生存給付金)-33,360円(3年分の解約返還金)=243,736円(3年分)=81,245(1年分)=6,770円
と考えておりますが、仮に更新したとするとかなり保険料が上がるのではないかと推測しおります。25000円前後でしょうか?もしかすると予定利率も違うのでもっとでしょうか?
今後、月々の支払いを1万円前後の負担に抑えたいと考えています。特約等の変更をして保険金額を下げるべきなのか、それとも主契約の終身保険のみをのこして、職場の会社割安?の保険に入るのがいいのか考えているところであります。
現在のまま、契約内容を変更せずに更新した方が得なのか判断付きかねるところであり、先日、現在の第一生命の担当者は、現在の保険を下取りにして新しい契約を勧めてきました。内容についてはよく覚えていませんが、こちらの希望する趣旨に反しており、とにかく契約をお願いしますというような、イメージしか残りませんでした。保険外交員は自分の利益にならないことは勧めないのはわかります。それではこちらにとってメリットもありません。ご教授下さい。

1.現在、加入している保険内容
1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険
(1)主契約 2,000,000円
(2)特約(定期保険特約) 16,000,000円
(3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円
(4)特約(傷害特約)  5,000,000円
(5)災害入院特約   5000円
(6)疾病特約 5,000円
(7)女性特定疾病入院特約 5,000円
2)契約期間等
(1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年)
(2)保険種目   30年払済み
(3)主契約  終身
(4)契約年齢  23歳
3)保険金額
(1)団体...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!

私もこれと同じ保険に入っていました。(金額は異なりますが)
と言っても恥ずかしながら「お金は払うから適当に決めて・・・」と母の知人に頼んで決めたプランで内容には頓着なく10数年支払っていました。

2~3年前に急に他の営業が来るようになりやはり「転換」を奨められましたが、内容的に転換する意味もなくその頃は私も保険の営業をやっていたので知恵が付き「これ幸い!」と主契約の終身と疾病特約(災害特約はペア)だけ残してすべて解約させていただきました。
(これで保険料は月1万円ほど浮きました。)
浮いた分で「終身医療保険」+ 「個人年金」に加入しました。(私の場合「死ぬリスク」より「長生きのリスク」の方が大きいので)

で、本題ですが。
1万円前後の保険料で・・・ということであれば、主契約の終身は残し医療関係の特約ははずして別途「終身医療保険」への加入、生存給付金特約は解約、定期保険特約は解約または減額。
がよろしいかと・・・(死亡保障額に関してはその方の家庭の状況によって変わってきますのでなんとも言えませんが)

保険は損得ではないのでどちらが得?と言われると困りますが、予算内でどれだけ自分の希望する保障が付けられるか・・というパズルのようなものです。

まだ26歳(?ですか)とお若いのでパズルも色々自由がききますね。
女性でも誰かを扶養しているのであれば別ですが、1600万円の定期特約は多いと思います。

今、3人に1人はガンで亡くなり2人に1人はガンにかかり3人に2人は3大疾病で亡くなっています。
「終身医療保険」はぜひお若い健康なうちに確保してください。(できれば入院日額1万円。若ければ保険料も安いのでガン保険も考慮しましょう)

最後に「自分の利益しか考えない営業」も確かに多いようですが、本当にお客様にあった保険を・・・と考えている営業もいます。
そういう営業に出会えると良いですね。

こんにちは!

私もこれと同じ保険に入っていました。(金額は異なりますが)
と言っても恥ずかしながら「お金は払うから適当に決めて・・・」と母の知人に頼んで決めたプランで内容には頓着なく10数年支払っていました。

2~3年前に急に他の営業が来るようになりやはり「転換」を奨められましたが、内容的に転換する意味もなくその頃は私も保険の営業をやっていたので知恵が付き「これ幸い!」と主契約の終身と疾病特約(災害特約はペア)だけ残してすべて解約させていただきました。
(これで保険料...続きを読む

Qroot beer はなぜ beer?

root beer はなぜ beer といわれているのでしょうか?酒業界はその名前で自分たちの利益が侵害されているとクレームしなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

Root、つまり木の根を原料とする飲料ですね。注いだとき、ふつうの(アルコールのある)ビールと同じ厚い泡の層ができるからだそうです。(下記URLの英文参照。どういうわけか、ほぼ同様の内容の日本語版ウィキペディア:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%A2 には、注いだときの写真はあるが、この説明が欠けている)。

今は、「非アルコール飲料」との認識が普通のようですが、もともと米国では3%程度のアルコールを含むものもあり、家庭ごとに「地ビール」的にいろいろな原料から作られていたようです。

それで、日本でも「ルートビール」でなく、「ルートビア」というのがふつうの言い方のようですね。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Root_beer

Q日額5000円を2口か日額10000円を1口かで迷っています。

医療保険加入を検討している独身女性です。
入院日額は10000円を希望しています。
ただ今は経済的に余裕もありますが、将来もしも経済的に苦しくなった場合、日額5000円への変更の可能性もあります。
それで今「日額5000円の医療保険(同じ商品)を2口加入」と「日額10000円の医療保険を1口加入」のどちらにするか迷っています。
「日額5000円を2口」だと変更したくなった場合1口を解約すればよく、とてもシンプルな方法だと思うのですが、代理店の方は「日額10000円を1口」で変更したくなった場合は減額という方法をとればよいというお考えです。
そこでご相談したいのですが、この「日額5000円を2口」と「日額10000円を1口」では何か大きな違いはありますか?
両方の利点と欠点を教えていただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして

利点と欠点・・・ほとんどないと思います(^^)
代理店の方の言う通り、1万円で減額した方がいいですね。例えば、将来的に余裕がなくなったけど、保障額が5千円でなく、7千円位までならまだ頑張れる!という時に、1万円なら7千円に減額ができるはずです。しかし、5千円2口に加入していた時、1口だけ2千円にはできない時があります。最低限度額が決まってますので。(保険の内容によって変わります)
5千円2口は引き去りの口座を別々に分けたい時はいいかもしれませんが、保険証券は2枚来るし、面倒くさい・・・気がするのは私だけでしょうか!?
分けた方が良い保険も中にはありますが、この場合なら1口で掛けていたほうがいいと思いますよ。

Qアメリカで中生を注文した時に、draft beer please と言

アメリカで中生を注文した時に、draft beer please と言ったらウェートレスが“beer…tap?”と聞き返しましたが、…の部分が聞き取れませんでした。from the, on the, by the か今だになぞです。あとで mug of beer という言い方もあるの知りましたが、ぜひ…tapの言い方を覚えたいのでビール好きの方に教えていただきたいです。

Aベストアンサー

質問者さんの使われたdraft beer pleaseでよいわけですが、アメリカでは通常draft beerのことをtap beerと呼びます。

アメリカのレストランとかバーの生ビールは殆どアルミ製のKeg(約30リター入り?)にはいっていて、そのKegにはTap『蛇口』がついています。

だから、そのウェートレスが確認のためにtap beer?と問い返す代わりに、外国人のあなたに対してbeer from the tap?と周りくどく表現したのではないでしょうか。

なおmug of beer  に関しては、中身が殆ど生ビールの場合が多いと思いますが、普通のビールの場合でもmug を使います。

昔高温多湿のヒュストンで真夏にゴルフをしたときに、ゴルフをおえてクラブハウスについてビールを注文したことがあります。その時サーヴされるビールは普通のビンずめですが、ガラスのmugは冷凍庫にて冷やされていて、氷と同じく白色になっているので、氷のmugでビールを飲んでいる感じでした。楽しい思い出です。

Q低解約返戻金特則付 特定疾病保障終身保険(無配当) 三大疾病に備える。

という保険をジブラルタ生命から勧められています。入ろうかなと思った矢先、同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。確かにタイトルの保険は、三大疾病のための保険なんです。皆さん、どう思われますか。     
http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/tokutei_shippei_hoken/tokutei_shippei_hoken.pdf
がこの保険の説明書です。

Aベストアンサー

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまった場合は確かに有効かも知れません。 また、死亡でも同額保障されて 「解約返戻金」も貯まりますので、掛け捨てが嫌な方は選ばれたり致します。

(個人的には入院日額給付タイプの 医療保険よりは有効かと思います)

 良い商品か悪い商品か と言うことではなくて、ご自身の 希望に合っているかどうかだと思います。


ただ、パンフを見ると 低解約返戻金型にしては それ程保険料が安いわけではないようですね。
 
保障額 100万円から契約出来る会社もありますし、普通の終身タイプでも、もう少し割安な商品もあると思いますので、比較検討されてみてはいかがでしょうか。
   

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまっ...続きを読む

QKeo Beerの歴史について

Keo Beerについての質問です。

Keo Beerの起源はトルコかギリシアだそうですが、それがどちらか知りたいです。

また、どうしてそれがわかったのか、参考になるようなサイトも
教えていただけるととてもうれしいです。

また、Keo Beerの昔のラベルには、国を形どったイラストが
描かれていましたが、それはどういう意味なのでしょうか?

それが、起源の国との関連性はあるのでしょうか?

どんな情報でもかまいません!
是非宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

キプロス島が元々、ギリシャ系(77%)とトルコ系(23%)の混在地域で、どちらともつかなかったからじゃないでしょうか。
元々は、ギリシャ系住民の多い島でしたが、15世紀以降のオスマントルコによる支配でトルコ系住民が増えました。その後、19世紀からイギリスの植民地になります。
現在のキプロス島はトルコの占領政権(トルコとしては、トルコ系住民の権利保護のために出兵)である北キプロス・トルコ共和国とギリシャ系住民が大勢を占めるキプロス共和国に分かれています。さらに問題をややこしくさせているものとして、両国の間の緩衝地帯になっている国連監視地域、イギリス海外領土(いずれも英軍基地であるアクロティリとデケリア、デケリアの飛び地的なアイオニコラオス)が存在しています。また、英領であるデケリアの中にキプロス共和国の飛び地(デケリア発電所と二つの村)がある、両キプロスの中にそれぞれの小さな飛び地(北キプロス領コッキナ、共和国領ストロヴィリ)が存在するなど、現在も領土と民族問題が継続している紛争地域です。

現在、KEO Beerの工場はキプロス共和国のLimassolにあるので、ギリシャ系の製品になっていると思います。

キプロス島が元々、ギリシャ系(77%)とトルコ系(23%)の混在地域で、どちらともつかなかったからじゃないでしょうか。
元々は、ギリシャ系住民の多い島でしたが、15世紀以降のオスマントルコによる支配でトルコ系住民が増えました。その後、19世紀からイギリスの植民地になります。
現在のキプロス島はトルコの占領政権(トルコとしては、トルコ系住民の権利保護のために出兵)である北キプロス・トルコ共和国とギリシャ系住民が大勢を占めるキプロス共和国に分かれています。さらに問題をややこしくさせているもの...続きを読む

Q終身保険+生存給付金付定期の更新、解約について

こんにちは。母の保険の更新について質問させてください。

母は45歳のときに加入、60歳で更新、70歳までが払込期間です。終身保険(500万)に定期保険特約(2000万)、生存給付金(5年ごとに20万ずつ)、医療特約等が付いたものです。来年60歳で更新となるのですが、保険料が一気に2万円から3万円へ上がります。定期保険料のUPがほとんどです。迷っているのは解約するか保障を減らすかです。

まず、生存給付金つき定期保険特約のことですが、『5年ごとに20万円ずつ受け取れ、据え置くと(今の所据え置いています)、払込満了時には200万が受け取れる』と書いてあります。これも配当金のように情勢により左右するものなのか、それとも確実に受け取れるものなのでしょうか?

私としては、全て更新時に解約して、医療保障の充実した新しい保険に入ろうかと考えました。配当金も、加入時の案内書を見ると予想額は、『70歳の時点で約300万』となっていますが、平成16年時点ではたったの9万円、この年の配当金は0円でした。

でも、よく『バブル時に入った貯蓄型の保険の解約は損になることが多い』と言われるので迷っています。でも、この時点で予定利率の高いことのメリットが良く分かりません。返戻金が高いということでしょうか?それとも保険料が安いということでしょうか。

入り続けるのであれば、終身保険だけ残して70歳の時点で据え置いた200万と配当金を受け取ろうかなと思っています。払込満了時返戻金については配当金などの報告書に書いていなかったのですが、これは問い合わせないと分からないでしょうか?

どちらにしても単体の医療保険には入り、終身保険にくっついている医療特約は取ってしまうつもりです。子供2人とも独立していますので、定期特約も外そうと思います。

長くなってしまいましたが、解約はしない方がよいでしょうか?他に良い案がありましたらアドバイスをお願いします。

こんにちは。母の保険の更新について質問させてください。

母は45歳のときに加入、60歳で更新、70歳までが払込期間です。終身保険(500万)に定期保険特約(2000万)、生存給付金(5年ごとに20万ずつ)、医療特約等が付いたものです。来年60歳で更新となるのですが、保険料が一気に2万円から3万円へ上がります。定期保険料のUPがほとんどです。迷っているのは解約するか保障を減らすかです。

まず、生存給付金つき定期保険特約のことですが、『5年ごとに20万円ずつ受け取れ、据え置くと(今の所据え置いてい...続きを読む

Aベストアンサー

>『バブル時に入った貯蓄型の保険の解約は損になることが多い』と言われるので迷っています。でも、この時点で予定利率の高いことのメリットが良く分かりません。返戻金が高いということでしょうか?それとも保険料が安いということでしょうか。


25年満期の定期特約付終身保険だと推察いたします。予定利率は5~6%ぐらいだと思います。(予定利率3.75%以上はお宝)万が一の時には2500万円と非常にすばらしい内容だと思います。
(今入れば1.5倍ぐらいするかも・・・?)

まず、終身保険部分についてですが、補償金額100万円に予定利率6%だと約30万円の支払い(2%なら約80万円)なので絶対に終身部分はやめるべきではないと思います。また払っている金額が少ないので終身保険の金額に対しては低いですが、払った金額に対しての比は相当高いです。
俗に言う逆ザヤ(保険会社が持ち出し)契約ですので掛け続ければ続けるほど加入者の得になります。


配当益はバブルの頃の約6%?の運用で資産されているので現在、希望薄ですが
生存給付金つき定期保険特約の部分は自分積み立てているようなものですので必ず受取れます。

>入り続けるのであれば、終身保険だけ残して70歳の時点で据え置いた200万と配当金を受け取ろうかなと思っています。払込満了時返戻金については配当金などの報告書に書いていなかったのですが、これは問い合わせないと分からないでしょうか?

必ずありますので、問い合わせてみてください。

>どちらにしても単体の医療保険には入り、終身保険にくっついている医療特約は取ってしまうつもりです。子供2人とも独立していますので、定期特約も外そうと思います。

終身保険は『払い済み』にするより継続する方が懸命です。60歳では医療終身なども現在、条件が悪く相当高額になるので、定期特約の部分は外してもいいと思うのですが医療特約を残すことを検討してみてはいかがでしょうか?


最後に終身部分は
『継続するのが懸命です』
最低でも完全な解約をぜず『払い済み』という手段で今までの資産(終身部分)を残してください。

>『バブル時に入った貯蓄型の保険の解約は損になることが多い』と言われるので迷っています。でも、この時点で予定利率の高いことのメリットが良く分かりません。返戻金が高いということでしょうか?それとも保険料が安いということでしょうか。


25年満期の定期特約付終身保険だと推察いたします。予定利率は5~6%ぐらいだと思います。(予定利率3.75%以上はお宝)万が一の時には2500万円と非常にすばらしい内容だと思います。
(今入れば1.5倍ぐらいするかも・・・?)

まず、終身保...続きを読む

Qbeers の意味が知りたい!!

CNNでゲイツ教授問題の討論をしていました。

そこで見つけた字幕で、どう訳したらいいか分からない言葉がありました。

"gates,sgt meet at white house tommorow over beers"

という一文です。この場合の"beers"とはどう訳したらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

たしかover (a bottle of) beerで「ビールを飲みながら」っていう表現があったかと思います。
ですので、この場合は「まあ明日ホワイトハウスでビールでも飲みながら話そうじゃないか」みたいな表現ではないでしょうか><
前後の話と合っていなかったらすみません。

Q疾病医療特約・成人病医療特約

疾病医療特約  疾病入院給付日額  1万円
成人病医療特約 成人病入院給付日額 1万円

の付いた保険に入っています。

鼻血が何度も多量に長時間出て止まらなかったので
入院して完全に止まるまで見る様な場合
どちらかの特約に該当しますか?
1週間はかかる様子です。
診察の際、血圧の上が178あり 
担当医は「血圧が高いこと、激務が続いた事なども要因でしょう」と話していました。
鼻血が止まるのを待っている・・・様な状態では
高血圧とか成人病で入院したことにはならないのでしょうか。

それから、あと数年後に更新が迫っていて、更新後の保険料は高いので、その時点で保険を見直そうと考えていました。もし給付を受けられたとして、給付を受けてしまうと更新時に内容を見直す、または別の保険に入り直す際、不利になりますか?入院したという事実だけで給付は受けても受けなくても同じ条件なのでしょうか?また、入院した事があったり、血圧が高いと、別の保険(別の保険会社、または同じ保険会社の別の保険)に入る事は無理でしょうか?血圧は完治すると言うことが難しいような気がするので。

もっと早く見直しておくべきだったと、後悔しています・・・。

疾病医療特約  疾病入院給付日額  1万円
成人病医療特約 成人病入院給付日額 1万円

の付いた保険に入っています。

鼻血が何度も多量に長時間出て止まらなかったので
入院して完全に止まるまで見る様な場合
どちらかの特約に該当しますか?
1週間はかかる様子です。
診察の際、血圧の上が178あり 
担当医は「血圧が高いこと、激務が続いた事なども要因でしょう」と話していました。
鼻血が止まるのを待っている・・・様な状態では
高血圧とか成人病で入院したことにはならないのでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

もちろん疾病医療の該当にはなりますが、問題は成人病医療特約に該当するかどうかですね。
私の見解では、「高血圧症」との診断がでて、成人病入院に該当すると思います。その判断は、医師が提出してくれる診断書で行ないますので、医師がつける病名によって行なわれます。現在血圧降下剤の投薬を受けていれば成人病ですね。一度約款と入院の病名を確認されると良いでしょう。

高血圧症であった場合、質問者様がおっしゃるように、しばらくは保障の見直し、新契約に影響がでるでしょう。目安として、高血圧症の場合は、治療後5年間は影響がでます。具体的には、保険料割増という条件と、成人病(生活習慣病)保険の取扱い不可という条件です。
しかし、質問者様もおっしゃっていますが、なかなか高血圧症は治りません。そこで、健康診断書のデータを提出して良好であれば無条件で契約できる会社もあります。

成人病に該当しなければ(ただの過労であれば)、もらえる給付金は1万円だけど、見直しができる。成人病であれば、もらえる日額は2万円だけど、新契約ができない・・・成人病に該当しなければいいですね。

もちろん疾病医療の該当にはなりますが、問題は成人病医療特約に該当するかどうかですね。
私の見解では、「高血圧症」との診断がでて、成人病入院に該当すると思います。その判断は、医師が提出してくれる診断書で行ないますので、医師がつける病名によって行なわれます。現在血圧降下剤の投薬を受けていれば成人病ですね。一度約款と入院の病名を確認されると良いでしょう。

高血圧症であった場合、質問者様がおっしゃるように、しばらくは保障の見直し、新契約に影響がでるでしょう。目安として、高血圧症...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報