ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

ジュエリーにもシルバーやホワイトゴールドやプラチナなど色々ありますが、
やっぱり毎日つけたいならプラチナが1番良いのでしょうか?

もうすぐクリスマスだからと、カレが今日の夜一緒に4℃に行ってプレゼントを見てくれるそうなのですが、
ネックレスが欲しくて、今サイトで探していました。
ハート型でダイヤモンドがついているホワイトゴールドのネックレスを見つけて、欲しいなぁと思ったのですが、
同じような形だけどプラチナのものもあって、
だけど値段が同じくらいのせいかプラチナの方が小さいです。
あまり高いのをねだるのはカレに悪いので、もっと大きいプラチナのネックレスを…とは思わないのですが、
せっかくプレゼントしてもらうものだし、ずっとつけたいから、
それなら小さくてもプラチナの方がよいのでしょうか?
それとも指輪じゃないしネックレスならホワイトゴールドでも長持ちするのでしょうか?
ジュエリーに詳しい方や何か意見がありましたら教えて頂きたいです。^^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考URLに情報がありました。


ネックレスではあまり問題なさそうですね。

参考URL:http://www.emkikaku.co.jp/SERVICE/wg_ring.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした!
URL参考にさせて頂きました。^^
ネックレスならあまり問題なさそうと踏んで、
ホワイトゴールドのものを買ってもらいました!
ありがとうございました☆

お礼日時:2006/01/06 15:32

ホワイトゴールドは金にパラジウムや銀を混ぜた合金です。


プラチナは極めて純度の高い金属です。
混ざり気の無いピュアな愛にはプラチナが似合うと思います。

個人的意見ですが、大きなアクセサリーよりは小さい方が飽きずに永く使えると思います。

参考URL:http://www.aoyama21.co.jp/seminar_2_platinum_det …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしく教えて頂きありがとうございました。
プラチナとはそういうものだったんですね!
今回は値段の関係で、ホワイトゴールドを選びましたが、
今度は絶対プラチナを…(笑)
お礼が遅くなりました、ありがとうございました☆

お礼日時:2006/01/06 15:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラチナとホワイトゴールドの違い

プラチナのネックレスが欲しいと思いサイトを見ていると
ホワイトゴールドを安い価格で見かけるのですが
プラチナとの違いはなんでしょうか??
色が剥げてゴールドになる・・・なんて欠点などご存知の方教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

もと、宝石店勤務です。
紛らわしい答えが出ているようで、気になったので回答させていただきますね。

プラチナ=白金ですが、白金を英語に直訳した『ホワイトゴールド≠白金』です。御手入れの仕方も随分変わってきます。

ホワイトゴールドの特性(欠点?)としては『ホワイトゴールドは、研磨仕上げをすることでは、光沢がさほど出ない為、殆どのホワイトゴールドのアクセサリーは表面に、ロジュームやパラジュームの金属をメッキして光沢を出しています。ロジュームやパラジュームは、金やプラチナよりも高価な貴金属(希土類)ですから、メッキを厚くすると価格面で大変コストが掛かりますので、薄くメッキを施しているわけです。(メッキを掛ける場合には、電解メッキを掛けますので、厚みを均等にメッキが掛かりませんので、どうしても角の部分のメッキが薄くなってしまいます。)』・・・引用含みます。
そう言うわけで、シルバー磨きのような研磨材の入ったクリーナーでのお手入れは厳禁ですね。折角の光沢をはがしているのも同様(;^_^A (中略。)傷をつけた場合は、傷を磨き取った後、上記のロジューム加工をほどこさないと元の光沢には戻らないですから、K18、PTの傷の補修より割高になる事を覚悟しておいてください。


ほかでよく似たご質問に上記内容にて、御返事してますので、ご参考にしていただければ幸いです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=695895,http://www.engift.com/exp.htm

もと、宝石店勤務です。
紛らわしい答えが出ているようで、気になったので回答させていただきますね。

プラチナ=白金ですが、白金を英語に直訳した『ホワイトゴールド≠白金』です。御手入れの仕方も随分変わってきます。

ホワイトゴールドの特性(欠点?)としては『ホワイトゴールドは、研磨仕上げをすることでは、光沢がさほど出ない為、殆どのホワイトゴールドのアクセサリーは表面に、ロジュームやパラジュームの金属をメッキして光沢を出しています。ロジュームやパラジュームは、金やプラチナよりも...続きを読む

Q金属・酸化しやすい順番教えてプラチナゴールド・・・

アクセサリーを買いたいですが、酸化・変色しにくい順番を教えてくださいませんか?


プラチナ・K18・K10・WG(ホワイトゴールド)・シルバー・イエローゴールド・ピンクゴールド

プラチナ→  →  →   

このような感じで教えてくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんばんは。残念ながら間違った解答をされた方がいらっしゃいましたら、正しいことを書いておきましょう。
金属の錆びやすさはイオン化傾向、つまり電離度の大小で決まります。

K>ca>Na>Mg>Al>Mn>Zn>Cr>Fe>Co>Ni>Sn>Pb>(H)>Cu>Hg>Ag>Pt>Au

上式で左へいくほど錆びやすい金属です。Alはアルミ、Feは鉄、Cuは銅、Agは銀、Ptはプラチナ、そしてAuが金です。プラチナは残念ながら金より錆びやすくて貴金属性が劣るんですよね。
ですから一番良いのは18金以上の金、できれば22金が最も安定した物といえます。プラチナのアクセサリは純プラチナじゃありません。大抵は75%か80%がプラチナであとは他の金属を混ぜています。ですから、錆びやすいのです。18金も75%が金ですが、プラチナより錆にくいのです。

よって
K22→K18→プラチナ(800)→プラチナ(750)→K14→スターリングシルバー(925)→K10
となります。この式では右の方が錆びやすいのです。
K10は10金で金は半分も入っていませんから、銀より錆びます。
ホワイトゴールドやピンクゴールド、イエローゴールドには、それぞれK22、K18、K14があります。

こんばんは。残念ながら間違った解答をされた方がいらっしゃいましたら、正しいことを書いておきましょう。
金属の錆びやすさはイオン化傾向、つまり電離度の大小で決まります。

K>ca>Na>Mg>Al>Mn>Zn>Cr>Fe>Co>Ni>Sn>Pb>(H)>Cu>Hg>Ag>Pt>Au

上式で左へいくほど錆びやすい金属です。Alはアルミ、Feは鉄、Cuは銅、Agは銀、Ptはプラチナ、そしてAuが金です。プラチナは残念ながら金より錆びやすくて貴金属性が劣るんですよね。
ですから一番良いのは18金以上の金、できれば22金が最も安定した物といえます。プラチ...続きを読む

Qホワイトゴールドの黄ばみについて

ホワイトゴールドのリングを持っています。
内側にはK18WGという刻印があります。

ホワイトゴールドが最近黄ばんで困っています。
そもそもホワイトゴールドは錆びたり、変色したりするものなのでしょうか?
お手入れ方法や使用の注意があれば、教えて欲しいです。

黄ばみはリングの外側のみです。
内側は購入時のようにキレイです。

それと、K14WGとK18WGの違い、どちらが高品質なのかも知りたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ホワイトゴールドというのは銀色をしていて、シルバーと見分けがつきませんが、金製品です。
純金というのは24Kで、例えば18Kというのは、18/24、すなわち、75%が金で25%が割金といって他の金属が入っています。
金というのはとても柔らかいので宝飾品にするには強くする為に銀や銅を入れます。普通の18Kは割金に銀と銅が5:5、銅が多いとピンクゴールドなどになります。

さて、ホワイトゴールドは割金にパラジウムと言う銀色の金属が入っています。
18KWGの場合、75%が金、25%がパラジウム。
14KWGの場合、58%が金、32%がパラジウム。
すなわち、18KWGの方が高品質です。

しかし、そもそも金製品で75%も金が入っているので、本当はほのかに黄味を帯びた白い色をしています。海外ではその色が好まれそのままの場合が多いそうですが、日本では、白い色と傷がつきにくくする為、ほとんどの製品がロジウムメッキをしてあります。ロジウムというのはプラチナと同等の高価な金属ですが、やはり、だんだんはげてきてくるのはまぬがれません。

ただのくすみなら、重曹を水でしめらせてこすればとれますが、とれないようなら、元々のホワイトゴールドの色が出てきたのかもしれません。本当のホワイトゴールドの色と割り切ってそのままお付けになるか、メッキのし直しも出来ます。

ホワイトゴールドというのは銀色をしていて、シルバーと見分けがつきませんが、金製品です。
純金というのは24Kで、例えば18Kというのは、18/24、すなわち、75%が金で25%が割金といって他の金属が入っています。
金というのはとても柔らかいので宝飾品にするには強くする為に銀や銅を入れます。普通の18Kは割金に銀と銅が5:5、銅が多いとピンクゴールドなどになります。

さて、ホワイトゴールドは割金にパラジウムと言う銀色の金属が入っています。
18KWGの場合、75%が金、25%が...続きを読む

Q華奢なネックレスの重ね付けの注意

有名ジュエリーショップの店員さんとお話ししていて、
「華奢なスキンネックレス18金YGと
プラチナのネックレスを重ね付けすることは、
問題ないよ。私もすることがある」という趣旨の
アドバイスいただきましたが、
上級者でなくても、
華奢(チェーンの太さもアズキで1mm以下)なら、
色を気にしなくて合わせても良いものでしょうか?

また、重ね付けすると、
18金とプラチナのチェーンが接触すると思うのですが、
強度とかは大丈夫なものですかね?

Aベストアンサー

こんばんは

強度的には問題はないです
ただ引っ張られると両方切れちゃいますけど
アズキとかだと基本的に輪なので口は開きやすいですよ

ベネチアンとかは開きにくいですし
スネークとかは開かないですよ
チェーンの作りで仕方ないですけどね
上記チェーンでも本体は切れなくても切れそうなほど負荷がかかればつなげている輪の部分や引き輪が壊れることは普通にあります

コンビのネックレスもあるくらいなので
気にしなくてもいいと思いますよ


人気Q&Aランキング