AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

特にこの12月に入ってからは定期券や課題のデータの入ったフラッシュメモリーを紛失したり・・・。
アニバーサリーシンドロームも考えたりしているのですが。

役立つ情報(信頼性の置ける判断法から対処法)をご存知の方、教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

[AD/HD]=「注意欠陥/多動性障碍」は「7歳以前から発症」「6ヶ月以上継続」が定義に含まれます。


http://cert.shinshu-u.ac.jp/ht/csst/PDF/ADHD.PDF

「アニバーサリーシンドローム」というのは良く知りませんが、「自意識過剰」とでもいった意味なのでしょうか。

師走(先生または坊さんも走る)というぐらいですからnaruseshowさんもお忙しいでしょうし、そうでないとしても環境から受ける刺激が増大する時期ですから、無意識の内に圧迫感を覚える人が【非常に】増えるのは確かなようです。

刺激が増えるので注意が散漫になり、結果として物忘れが多くなるというだけの話ではないかとは思うのですが、専門家ではありませんのでAD/HDに関する参考URLを2件貼っておきます。
お時間のある時に覗いてみてください。

この時期は誰しも何かに追い立てられているようで、一時的に情緒が不安定になるのはよくあることですけどね・・・。

参考URL:http://www.e-club.jp/
    • good
    • 0

「ADD,ADHDは病気ではない」と書いている本がありました。


ADHDの人はハンター(狩人)に向いていたとありました。しかし、今の時代はファーマー(農民)にあった環境になっているそうです。

しかし、ハンターの人もファーマーの人と協力すればよい結果が得られるそうです。
    • good
    • 0

ADHDとは限りません。


精神発達障害と言う疾患もあります。
下記のHPを見て、当てはまると思ったら、少ないですが、専門医を探し、診断をして頂いてください。

参考URL:http://www.hattatsu.or.jp/home.htm
    • good
    • 0

こんにちは。



「最近物忘れが多いなあ」と困っている気持ちはわかりますが、何でもかんでも病気にしてしまうのは飛躍しすぎでしょう。
そもそも、大人のAD/HDらしき症状に対してどういう病気とするかは、臨床現場でもまだはっきりとは固まっていなかったかと思われます(中学生だとか、まだ相当お若いならごめんなさい)。


「最近どうも物忘れが多いなあ」ぐらいの状況ですと、
いくらでも対処の仕方はあるはずです。

・スケジュールに余裕をもった生活を心がける
・メモ帳に予定を書いておき、欠かさずチェックする習慣をつける
・出かける前に必ず持ち物確認をする習慣をつける
・大事なものをしまっておいたり置いておく場合には、
 しまう時の状況や場所などの、他の手がかりと一緒に覚えておく

AD/HDだと診断された方々は、このような方法や道具をいろいろ使って、生活をしているようです。

そういう対策をとっていても、やはり注意力が散漫になる、物忘れが尋常ではないという状態なのでしたら、最終的には、病院に行き、専門の医師の診察および診断を受けるのが正しいでしょう。


とりあえずアドバイスしておくと、自己診断を単なる指標にするぐらいなら問題は少ないですが、自己診断のみで自分を病気だと決めつけるのは危険です。まだ、こういう場で症状を書き連ねて、「私は病気かどうか判断してください」と質問するのもやめておいたがよいかと。
なぜかというと、naruseshowさんが御自分の症状をAD/HDだと思い込んでいるだけで実は別の病気だったりした場合、自分で勝手に適切ではない治療方法を選択され実施し続けて、結局症状が改善しない、ということが起こり得るからです。

また、蛇足ですが、心理学では病気の診断はできないことになっています。カウンセリングなどの業務に当たる臨床心理士でも、臨床心理士ができることの中には「病気の診断」は含まれていません。やはり専門の医師を受診するのが重要です。


「アニバーサリーシンドローム」というのは、一部の本の中以外ではまだまだ一般に浸透していない用語ではないでしょうか。質問の文章を読んだとしてもわからない方が多数だと思うのですが…。
恋人や家族の結婚記念日や誕生日を忘れてしまって落ち込むとかですか? 上の話と本当に関連があるのかどうかも、まだはっきりとは言えないでしょうね。

この回答への補足

アニバーサリーシンドローム、とはある特定の時期(月や季節)になると悪いことが決まって起こることです。私の場合は12月前半がその時期にあたります。

また、誤解を与えてしまったようなので補足しますが、

>私は病気かどうか判断してください

ということではなく、ADHDの疑いがあるのかどうかを知りたいので、ADHDに関する情報をいただけないでしょうか?ということです。
全てを病気のせいにするわけではありませんが(実際だらしない部分があります)、ある簡単なチェックをしたら30項目中27項目に該当したり、注意することすら忘れていること、さらには5秒前のことまで忘れていることがあったりと、複数の自覚症状があります。その可能性が杞憂なのか否かをより詳しく定めることが目的です。
また、教育心理学の時間にLDやADHDの症状を持った児童はクラスに1~2人の割合でいる、と言う客観的事実も学んでいます。

補足日時:2005/12/19 17:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング