今日、私の勤めている職場で、試験時間中に、その試験問題の一部の解答を漏らしてしまった人がいます。
 (1)試験を行う前に試験問題を漏らすこと
 (2)試験中に問題の解答を漏らすこと
この2つにおいて、このようなことを冒してしまったとき、どのような罪に問われて、違法となるのか、その法規名と条数と簡単な解説をお願い致しいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

教員ということであれば、大げさな話ですと憲法違反ですね。



憲法第15条2項
すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。

あと、地方公務員ですと地方公務員法33条。国家公務員ですと国家公務員法99条に
「信用失墜行為の禁止」
職員は、その職の信用を傷つけ、または職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

地公法34条、国公法100条
「秘密を守る義務」
職員は職務上知りえた秘密を漏らしてはならない。

問題のやり取りに金銭がかかわっている場合は、
刑法第197条 
「収賄、受託収賄及び事前収賄」
公務員又は仲裁人が、その職務に関し、賄賂を収受し、又はその要求若しくは約束をしたときは、五年以下の懲役に処する。この場合において、請託を受けたときは、七年以下の懲役に処する。

が、該当になるのではないでしょうか。

ほかにもありそうな気はしますが、私の思いつくのはこれくらいですね。

この回答への補足

 再び回答ありがとうございます。でも、私の勤めている学校は、私立学校なので、教員は公務員ではありません。そうなると、憲法や地公法の適用は無理ですよね。それから、この件に関しては、金銭のやりとりはありません。そうなると、道義的ないしは就業規則で、この問題は考えるしかないのでしょうか?何かこの補足を読んで思いつくことがありましたら、メールを送って下さい。よろしくお願いします。

補足日時:2001/12/14 17:54
    • good
    • 0

 例えば、その試験の主催者が公的機関であった場合、試験問題の漏洩行為等に対して刑事罰が課されることもあります(医師法等)。

あくまで民間企業主催の試験であれば、Islayさんのおっしゃる通り、これを処罰する刑罰法規はありません。専ら民事に関する問題となるでしょう。当該行為によって会社に損害を与えた場合は不法行為となり得ます。また、そのような行為は就業規則で禁止していたり、解雇事由になったりするはずです(通常の会社であれば、解雇されることはほぼ間違いありません)。

この回答への補足

回答ありがとうございます。私が質問させていただいた事例は、私立高校での定期考査の出来事です。一部の生徒が、教師のやることなのかと不快な思いをしたということだけなので、そのような場合でも、民事で問題とすることはできるのでしょうか。あるいは、この事例は法律というよりも、就業規則などから、追及するしかないのでしょうか。お考えを聞かせてください。よろしくお願いします。

補足日時:2001/12/15 04:28
    • good
    • 0

enngelさんの職場ってどのようなところでしょうか?



民間企業であれば企業内の倫理や就業規則の問題になるでしょうから・・・。

法律の適用にはならないと思います。

この回答への補足

学校の定期考査の問題です

補足日時:2001/12/14 06:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強行法規と任意法規 土地を貸した場合の回答で疑問に思ったことがあります

強行法規と任意法規 土地を貸した場合の回答で疑問に思ったことがあります。

下が質問文です。

土地を貸す行為は強行法規で
強行法規は任意法規と違い、当事者の意思は関係ないと本に書いていました。
土地を貸す(借地権)と30年は存続させなければならない、と。
これはお互いの意思で10年としても、それは無効だと書いてありました。
ということは、土地を貸すと、30年間はずっと相手方のものになるのでしょうか?
任意法規というものに変えられないのでしょうか?
ここはどう考えればいいのか、なんかがんじがらめにされているようで、強行法規より任意法規のほうがいいのでは? と思ってしまいます。
どうして、強行法規なのでしょうか?

ここから下は解答してくださった方

たとえば、土地を貸す側と借りる側、カネを貸す側と借りる側、雇用者と被用者といった当事者間では、
一般的にいって二者の間に現実問題として力関係のアンバランスがあることが多い。
そういう場合には弱い方が不利な条件を押し付けられることがないように強行法規のほうがいいこともある。
「互いの意思で」と言っても、本当に自由意志かどうか怪しい場合もあるからね。
「10年にしないんだったら貸さない」とほのめかされたら、借りるほうは「それでいいです」となるだろう。

それで、この疑問が出てきたのですが、どう考えればいいのでしょうか?

ありがとうございました。
貸す側と借りる側の立場を平等にするため、ということですか
ということは、貸す側は最長で30年貸すことができ、借りる側は30年借りることが出来る、というのが強制的に決まっている・・30年過ぎたらどうなるんでしょう?
また、この強行法規はどちらの立場も同じにするためで、両者が本当に合意したなら、1年契約でも10年契約でもいいんでしょうか?
ちょっとまだよく分かっていないです、すみません。
よければ、教えてください。
おねがいします。

強行法規と任意法規 土地を貸した場合の回答で疑問に思ったことがあります。

下が質問文です。

土地を貸す行為は強行法規で
強行法規は任意法規と違い、当事者の意思は関係ないと本に書いていました。
土地を貸す(借地権)と30年は存続させなければならない、と。
これはお互いの意思で10年としても、それは無効だと書いてありました。
ということは、土地を貸すと、30年間はずっと相手方のものになるのでしょうか?
任意法規というものに変えられないのでしょうか?
ここはどう考えればいいのか、なんかがん...続きを読む

Aベストアンサー

冒頭から違います。
「土地を貸す行為は強行法規」ではないです。
貸す側と借りる側は力関係で成立するものではないです。
強迫や暴力によって貸した場合は取り消すことができます。
逆も同じです。詐欺や強迫で借りた場合は取り消すことができます。
このように、貸す側と借りる側は対等な立場で、その意思表示は自由です。
その自由な意思表示によって、一旦、貸すことになれば、30年でないとならないのです。
この「30年としなさい」と云う部分が強制規定です。
なお「怪しい場合もあるからね。」と云いますが、怪しいことがわかっていて契約すれば有効です。
怪しいことが、わからなくて契約すれば無効な契約です。

Q登記に関する問題とその解答の仕方

こんにちは。現在、会社法の勉強をしています。
今回学校で例題が出て、次の授業までにやってきなさいと言われたのですが、法律に触れるのが初めてなこともあり、どう書いていいのかわかりません。

問題は「Y会社の代表取締役Aは退任し、その旨の登記後、Y会社代表取締役の名義でBにあてて約束手形を振り出した。その一通である本件手形はBからC、CからXへと裏書譲渡された。Xは、Y会社に支払を請求することができるか否か。」という問題です。
どう筋道だてて書けばいいのかアドバイス等戴けないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

 物事のならいとして,ここで回答を書くわけにはいきませんので,参考程度に・・・

 この問題については,最高裁の判例があります。また,その最高裁判例が出るまでに,いくつかの下級審の裁判例があります。

 まずは,これらを集めてみて,そこでどのような論理が展開されているかを見てください。まずは,これが基本です。

 また,判例には,必ず,判例解説とか,判例評釈という文献があります。これも参照してください。そこで,何が論じられ,どのように結論づけられているか,これも,回答を書く上での参考になります。

 あとは,あなたが自分で工夫する。そこで何を論じ,どのように組み立てていくか,それを自分で考える。それが,答えを覚えることよりもずっと大切な法律の勉強です。

Q模擬試験問題とともに解答が…。

ある大手資格学校の「全国統一模擬試験」というものに申込みました。検定試験に向けたものです。当日会場に行けない人のために、在宅受験ができるということで、私はそれを利用することにしました。
参考までに、受験料は本番の検定試験と同額(1万円以上)、在宅の受験者はさらに上乗せ料金がありました。
試験問題一式は、模擬試験日の数日前に届きました。驚いたのは、送付物一式の中に「解答・解説」が同封されていたことです。一瞬目を疑いましたが、まさに試験の解答・解説でした。真剣に受験して、実力を試そうとしていた気持ちが一気にくずれました。
相手の理論から言えば、解答を見なければいいだけだということなのでしょう。でも、解答が手元にあるものに関して、わざわざ解答用紙を発送して採点してもらうことの意味が見出せません。単に解答送付の後先の問題だけかもしれませんが、違いはとても大きいと思います。会場受験者には、受験後に解答を持ち帰らせたそうですが、もしこれが逆で、最初に解答を配布しておいて「見ないで受験してください」などということは、常識として考えられませんよね?
単に問題集を購入させられたようなもので、「全国統一模擬試験」の名と、その受験料の価値がないと思い、学校に返品・返金を申し入れましたがだめでした。過去の模擬試験では、在宅受験者に対し、解答は試験とともに送付したり、試験後に送付したり、気まぐれに行っていたようです。今までにも今回も同様のクレームはないと言われ、結局、高い問題集を購入したものとあきらめるしかなく、解答の送付もしませんでしたが、学校側に何らかの対応をしてもらいたかったと思えてなりません。
私の感覚では非常に不条理なことですが、私のほうがおかしいのでしょうか?他の方々の意見をうかがってみたいと思い投稿しました。皆さんが今回の在宅受験者の立場だったら、平気ですか?

ある大手資格学校の「全国統一模擬試験」というものに申込みました。検定試験に向けたものです。当日会場に行けない人のために、在宅受験ができるということで、私はそれを利用することにしました。
参考までに、受験料は本番の検定試験と同額(1万円以上)、在宅の受験者はさらに上乗せ料金がありました。
試験問題一式は、模擬試験日の数日前に届きました。驚いたのは、送付物一式の中に「解答・解説」が同封されていたことです。一瞬目を疑いましたが、まさに試験の解答・解説でした。真剣に受験して、実力を...続きを読む

Aベストアンサー

「他の方々の意見をうかがってみたい」との事ですので、ひとつの意見として聞いて
くださいね。

>皆さんが今回の在宅受験者の立場だったら、平気ですか?

平気です。
解答が問題集と共に送付されようが、後から送付されようが自分のやるべき事は
変わらないと思います。
全国統一模擬試験を受けて、その名のとおり実際の試験前の模擬として受けるの
ですから、自分の知識レベルを試す事、出題予想問題を学ぶ事、全国のライバル
相手に自分の順位を確認する事、試験時間配分の訓練をする事等の目的は十分
達成できるはずです。

付け加えるならば、模擬試験後、すぐに解答・解説を見ながら答え合わせをして
自分の弱点を補強したいし特に今回のケースでは「模擬試験の数日前に届いた」
そうですから、悠長に解答・解説が届くのを待ってる時間もないと思います。

過去の解答は同封したり後に送ったり「気まぐれ」だったそうですが、本当にそう
ですか?大手資格学校がそのように言ったのですか?
例えば先ほども書いたように、試験目前は同封する、などのようにしているのでは
ないのでしょうか?また、同封して欲しいというニーズが高くなってきたためそれに
対応して送付の時期を変えたのではないのですか?
「気まぐれ」と書くと、我々回答する側としては、さも資格学校が悪いかのような
印象を受けますが、質問者さんがこの表現にどれ程の確信を持って書かれたのか
は気になるところです(本当だとしたら問題ではありますが・・)。

以下、他の質問と思われるところに回答してみます。

>解答が手元にあるものに関して、わざわざ解答用紙を発送して
>採点してもらうことの意味が見出せません。

今回のケースで採点後どういう結果が返ってくるのかは詳しくは分かりませんが、
一般的には全国統一模擬試験だから全国での自分の順位や合格判定が分かり
ます。あとは問題毎の全国の正解率が提示されたりすることもあります。
自分で答え合わせをして解答用紙を自宅に持っているだけでは、これらの情報は
分かりませんよね?

>会場受験者に最初に解答を配布しておいて「見ないで受験してください」など
>ということは、常識として考えられませんよね?

はい、その通りです。
会場受験者にはそんな事はしません。
でもあなたは在宅受験者ですよね。会場受験者と在宅受験者は模擬の環境が
違いますから(かたや在宅、かたや会場にいる)配布物の対応も異なるのは
当然だと思います。

最後に、法律のカテゴリで質問されていますからそういう視点で見てみますと
「学校側に何らかの対応をしてもらいたかった」ようですが、問題と一緒に
解答・解説が同封されていたからやる気が失せたので、契約を解除したい、
というのは無理だと思います。
(契約条項の中に、在宅者には問題と解答・解説は別途に送付する、などの
規約があれば別ですが、多分そんな規約はないでしょう)
がんばって錯誤による無効(民法95条)を主張できるかどうかというところですが
実際は厳しいでしょう。

というのが私の意見です。
実際、在宅で模擬試験を受ける人たちの間では試験後、解答・解説をすぐみたい
というニーズはすごく高いと思いますよ。
結局、解答を見るかどうかは、人それぞれなわけで在宅で勉強されている以上
自分で自分を管理する力も重要なのだと思います。
では、試験がんばってくださいね(もう終わっていたらお疲れさまでした)。

「他の方々の意見をうかがってみたい」との事ですので、ひとつの意見として聞いて
くださいね。

>皆さんが今回の在宅受験者の立場だったら、平気ですか?

平気です。
解答が問題集と共に送付されようが、後から送付されようが自分のやるべき事は
変わらないと思います。
全国統一模擬試験を受けて、その名のとおり実際の試験前の模擬として受けるの
ですから、自分の知識レベルを試す事、出題予想問題を学ぶ事、全国のライバル
相手に自分の順位を確認する事、試験時間配分の訓練をする事等の目的は十...続きを読む

Q自分の勤めている某飲食店でのことなんですが、毎年そのお店がある地域の町

自分の勤めている某飲食店でのことなんですが、毎年そのお店がある地域の町内会長さんが「町内会費」を取りにこられます 今まで何となく払ってたのですがこれって払う必要あるのでしょうか?

ちなみに店内で出るゴミは全て業者に毎日取りに来てもらってますし、市報等の配布物ももらったことはありません

町内の会合や取り決めなども過去1度も呼ばれたり報告を受けたこともありません

町内会長さんに会うのも、この町内会費を取りにこられる年に1度のみです

店はもちろん店舗のみで人がそこで生活しているということはありません

こんな状態でも町内会費は払わないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

私も過去10年近く町内会(自治会)の役員や班長を務めたことがあります。結論を先に申し上げると、町内会への入会と会費の支払いは義務ではありません。完全な任意です。ですから納得出来ないなら支払う必要はありません。

ただし「自分は町内に住んでいる訳ではなく、店舗があるだけだから」と言う理由は筋違いです。町内会(自治会)規約にもそこに定住する個人、営業する商店や企業も会員資格がある、と記載されているはずです。個人も商店も地域の住民としては同じだ、という考え方です。個人にも商店や企業にも等しく行政サービスをしたい、そのための広報機関としての役割がありますからね。

市報などの公的機関の配布物もおそらく町内会経由だと思います。ただし会費を払っていないからと言って、配布されないことはありません。それは市政協力費などの名目で町内会には戸数に比例するお金が年に1-2回程度支払われているからです。もっとも町内会役員でなく、市町村が独自に採用した配布員が業務を行っていることもあります。

町内会は任意団体ですが、決算報告や役員選任などを討議する総会はかならず開かねばなりません。あなたがお気づきにならないでしょうが、その連絡や議事録は必ず届いているはずです。

残念なことに町内会活動にまったく関心のない人にとっては、無駄な出費としか考えられないでしょう。事実、世帯数60件ほどの私の町内会でも20%ほどの非会員がいます。年々その割合が高まってきています。

町内会役員もボランティア活動のようなもので、ほとんどがリタイアした高齢者です。新しい活動をする意欲もなく、役員後継者も名乗り出ず、設立以来役員の顔ぶれが変わらない町内会は珍しくありません。規約で定められた総会や役員会すら開催しないところもあります。こうなると会員であっても町内会活動が見えてこないのも無理はありませんね。

私も過去10年近く町内会(自治会)の役員や班長を務めたことがあります。結論を先に申し上げると、町内会への入会と会費の支払いは義務ではありません。完全な任意です。ですから納得出来ないなら支払う必要はありません。

ただし「自分は町内に住んでいる訳ではなく、店舗があるだけだから」と言う理由は筋違いです。町内会(自治会)規約にもそこに定住する個人、営業する商店や企業も会員資格がある、と記載されているはずです。個人も商店も地域の住民としては同じだ、という考え方です。個人にも商店や企業に...続きを読む

Q強行法規と任意法規 土地を貸した場合

強行法規と任意法規 土地を貸した場合

土地を貸す行為は強行法規で
強行法規は任意法規と違い、当事者の意思は関係ないと本に書いていました。
土地を貸す(借地権)と30年は存続させなければならない、と。
これはお互いの意思で10年としても、それは無効だと書いてありました。
ということは、土地を貸すと、30年間はずっと相手方のものになるのでしょうか?
任意法規というものに変えられないのでしょうか?
ここはどう考えればいいのか、なんかがんじがらめにされているようで、強行法規より任意法規のほうがいいのでは? と思ってしまいます。
どうして、強行法規なのでしょうか?
おねがいします。

Aベストアンサー

土地を貸す行為は強行法規ではないです。
貸す者と借りる者のことですから、貸す貸さないは法律では関与していないです。
しかし、一旦、貸すとなれば、借地借家法9条の強行規定で、同法3条によって期間は30年と定められており、これは強制規定なので変更することはできないです。
「10年間だけ貸す」と云う貸主の希望ならば、法律ではできないことになっています。
その場合は、貸せないことになります。
貸さなければいいだけのことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報