今年3月で会社を退職し、現在学生です。
収入は、在職中と、退職後のアルバイトがあります。
確定申告についてわからないことがあるので教えていただければと思います。

1、在職中の所得額計算について
  源泉徴収票をもらえばわかることですが、とりあえず給与明細から計算するには・・
  1)1月分の給与明細書から計算を始めればよいのでしょうか?
  2)合計所得額については、控除前の支給額の合計でよいのでしょうか。
  3)有給残買い上げ分については、退職金との合計額で源泉徴収票をすでにもらっているので、これは含めなくて良いということでしょうか。

2、退職後のアルバイトについて
  1)学校関係のアルバイトでは、あらかじめ勤労学生控除の用紙を提出しています。もし、合計所得が130万円を越えた場合には、勤労学生控除が適用されず、追加で所得税をおさめることになるのでしょうか。
  2)1日だけのアルバイトをいくつかやりました。アルバイトといえるのかわからないお手伝い的なものもあります。確定申告の際はどこまで申告するものなのでしょうか。

ちょっと計算してみたところ、今年度の所得が130万前後なので、年末のアルバイト計画を立てるにあたって、正確な計算をしたいと考え、質問させていただきました。
1つでも結構ですので、わかる方がいたらおしえてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

なんども申し訳ありません。

m(__)m
No.11に回答していますが、No.12で、nozomi500さんが、勤労学生控除は、扶養控除と関係がないとされています。
本で確認しましたら、nozomi500さんの指摘が正しいです。
かえって、混乱させてしまったようですみませんでした。今度からは、確認してから書くようにしたいと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ調べることまでしていただいて恐縮です。
おおよそのことがわかりましたので、自分でも勉強したいと思います。
またわからないことができましたら、質問させていただくかもしれません。その際にはまたお力をかしていただけたらうれしく思います。

お礼日時:2001/12/16 22:18

「1割が税金にとられる」といっても、給与所得控除など除いた分の1割ですので、消費税5%にくらべたら、まだ小額ですから、それで仕事を減らそう、なんておもわず、しっかりはたらいてください。

働きたくても仕事がない方もいるのですから。

あと、3の回答で、

>No.2の回答に
>>20万円以下のアルバイトについては申告しなくても
>>いい、というのがあったはずですから、2-2)は不要だ
>>と思います。
>というのがありますが、そういう条文は、どこを探してもないはずです。
>そのようなことが可能なら、18万円もらうごとに、会社を変わっていけば、
>10ヶ月で、180万円になっても、申告しなくてもよいことになります
というのをいただきましたが、意味としては、4の回答の最後にあるようなことです。書き方が不足していました。(「1日だけのアルバイトをいくつか・・」の合計が20万以下、というつもりです)

5の回答で
>130万円を超えると、勤労学生控除が適用されなくなるのではありません。
>勤労学生控除を適用しても所得税がかかるのです。
は間違い。

「合計所得が65万円以下」で、かつ「給与以外の所得が10万円以下」と明記されていますから、給与が130万を1円でも超えれば適用されなくなります。(以前通信制大学に在籍したことがありますが、働いていたら適用できませんでした。

11の回答で
>勤労学生控除を受けられた方が、ご家族の扶養家族にもなれますし
とありますが、まちがい。
勤労学生控除と、扶養家族は別で、扶養家族の対象はあくまで「所得金額38万円」(「給与所得」の場合103万)です。控除をうけても、「所得金額」が減るわけではないから。(生命保険なども同様。ただ、納税額は減りますが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に説明してくださいましてありがとうございます。
複雑でわかりにくいことが多くてこちらで質問させていただきましたが、だいぶわかってきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/16 22:21

お礼に書かれているとおりのやり方ですすめられておおむね間違いはないと思われます。


お書きになられているとおり、勤労学生控除を受けられた方が、ご家族の扶養家族にもなれますし、得になることがあります。できれば、所得金額に比例するような形で控除額が決まるようになれば、そういう不具合はなくなるのですが、あまりにも煩雑になるため配偶者特別控除という制度があるのみです。
それと、大きな会社だと、給与計算も、その報告も電子計算機を使いますから、会社のデータがすべて市町村役場などに移るので、アルバイトであっても分かりやすいのですが、そうでないところでの一日のバイトだと、人数も多いためノートにメモ書きしている程度の所もあります。実際には、それらをすべて集めることは難しいのも事実です。
個別のケースについては、具体的に聞かないと分からないので、時間があれば、税理士が行う無料相談会で尋ねられるともっとも安心できます。多少の間違いがあったとしても、このような理由があるものについては、将来税務署などから指摘を受けることになっても、そのこと自体は、事務上よくあることなので問題はありません。

社会保険と書かれおられるのですが、国民年金、生命保険、損害保険などの支払があれば、それらも差し引けます。生命保険、損害保険は、一定の計算を行いますが。

また、分からないことがあれば、質問されるといいと思います。

P.S Kyaezawaさんへ。
了解いたしました。わたしも、間違うことがあるかと思います。その節にはよろしくお願い申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんどもご丁寧にアドバイスしてくださいましてありがとうございます。
本日請求した源泉徴収票がとどきました。
計算したところ、3カ月分の給料+退職所得で140万近くいっておりましたので、勤労学生控除はできないことがわかりました。
次に所得税の計算ですが、3カ月分の給料+アルバイト分-天引きされていた社会保険料-国民年金-国民健康保険-基礎控除=約30万円
その10パーセントで約3万円
収入が少ないため大した額ではありませんが、いくらか追加で支払う必要がありそうです。
年末までアルバイトしても、1割が税金にとられると思うと、気が重いですね。
また、無料相談会など、ぜひいってみようと思います。
いろいろとありがとうございました。

お礼日時:2001/12/15 22:33

jun95さん、失礼しました。



質問の、1、在職中の所得額計算について で、解釈が違っていたようです。
130万円の判定の所得額と解釈したもので、失礼しました。
  
    • good
    • 0

補足です。


1.の2)は、「合計所得金額」のことを指しておられるのでしょうか。「合計所得金額」ということになると、Kyaezwaさんの書いておられる「合計所得」とは、異なります。私の考えでは、tomochanさんが、自分が勤労学生に該当するかどうかの計算を行おうとしておられるのだと感じました。
そのため、給与の総収入金額を確定するためには、給与支払明細表の支給額の合計額に、非課税の交通費などが含まれておれば、それを除外したのが総収入金額になるという意味のことをお伝えしたかったのです。

○ 勤労学生に当たるかどうかの判定に使われる合計所得金額というのは、この場合だと、給与所得の金額が、総所得金額になり、そのほかに、退職所得があるので、退職所得の金額があれば、それを加えたところで判定するというのが法の趣旨です。

○ 退職所得については、「退職所得の受給に関する申告書」を提出しておれば、参考URLにあるように、会社で計算されていますから、確定申告は不要です。しかし、確定申告が不要であるということと、退職所得の金額があったと言うこととは、別の問題です。この申告書を提出していなくて、20%で源泉徴収されているときは、確定申告をすれば還付される場合があります。

2.の2)ですが、他の方も誤解されていたりして、20万円という金額が、このケースで重要なファクターになるのかというと、まったく関係ありません。

ここでも、「お手伝いの謝礼程度でしたら、年間20万円までは申告する必要が有りません。」とお書きになっていますが、これは、雑所得になるもののことを書いておられるのです。

現在、私は、監督する立場にはあるものの税務の実務から離れていますので、「自信なし」とはしていますが、私個人の事業の申告はしなければならない立場にあり、今年も、「確定申告の手引き」のような書物なども持ってはいるので、一応調べました。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/phone/1426.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
いろいろな方におしえていただいたことを、確認のため、あらためて書いてみます。

1.まず源泉徴収票をそろえる。
2.3月までの会社の分+退職所得+アルバイト分の合計が一定金額以下なら勤労学生控除が適用される。
3.所得税の計算は、
 3月までの分+アルバイト分-基礎控除-社会保険料
 で算出した額で計算する。

ということでよろしいのでしょうか。

仮に収入が150万だった場合より、125万円だったときの方が、いろいろな意味でお得に思えてきたのですが、実際どうなのでしょうか。

お礼日時:2001/12/14 20:21

○何度も繰り返しになりますが、所得税法の規定によれば、勤労学生とは、「学生等で、自己の勤労に基づいて得た事業所得、給与所得、退職所得又は雑所得を有するもののうち、合計所得金額等が65万円以下であり、かつ、合計所得金額等のうち給与所得等以外の所得に係る部分の金額が10万円以下であるもの」をいうと定義されています。


Kyaezawaさんの回答は、その点で誤っています。高額な所得を得ておれば、勤労学生には当たりません。
誤解しておいて、人の回答を間違っていると批判してはいけません。
    • good
    • 0

>年間20万円というのは、すべての仕事あわせて20万円にいかなければ、という意味でしょうか。

それとも合計20万円までの分は申告しなくてもよいという意味でしょうか。

謝礼のようなもの全ての収入の合計が20万円以下です。
相手が、給与として処理している分は、全て申告の必要が有ります。

>源泉徴収の件ですが、勤労学生控除申告書を提出しているので、源泉徴収はされていないようです。これも源泉徴収票をもらって確定申告に含める必要があるのでしょうか。

勤労学生なので、源泉徴収の対象金額までいかなくて、源泉徴収がされていなくても、先方が「給与」として処理している場合は、源泉徴収票をもらい、確定申告に含める必要が有ります。

これは、支払い側では、正社員・アルバイトを問わず、1月から12月までの、個人別の支払金額を翌年1月に、各自の居住地の市区町村に゛「給与支払い報告書」と云う書類で報告して、市区町村では、それを基にして住民税の計算をしますから、収入は全て把握されるのです。
    • good
    • 0

 No4の追加です。

その日限りの雇用・・・ということですが、それであっても源泉徴収票を発行すべきとは思いますが、わかっている範囲内で勤務日と仕事の内容を伝え、源泉徴収票を発行してもらってください。

 その間、源泉徴収をされていないのであれば、その会社の分と退職後のバイトを合計して130万円未満であれば課税はされませんが、130万円を超える場合は確定申告により課税されることになります。
    • good
    • 0

いろいろと回答がでていますが、間違いや誤解が有りますので、ここで整理して回答します。



1.在職中の所得額計算について   
この場合、所得とは云わず、年収と云います。
合計所得とは、収入の合計から、給与所得控除を引いた金額から、更に、基礎控除・勤労学生控除・保険料控除などの各種控除を引いた後の金額を云います。
所得税がかかるかどうかの目安を立てるためには、年収の把握をして、勤労学生の場合は、130万円以下なら課税されないのです。

>)1月分の給与明細書から計算を始めればよいのでしょうか?

年収の計算は、1月から12月までに実際に支払われた金額で計算します。
特殊な例として、20日締めで翌月5日支払いなどのように翌月にまたがる場合は、会社によっては、締めた月の支払いとして年末調整をする場合がありますから、この場合は会社に確認する必要が有ります。

>2)合計所得額については、控除前の支給額の合計でよいのでしょうか。

控除前とは、源泉税のことでしょうか?

年収の計算は、税金や社会保険料を控除する前の、支給総額で計算します。

>3)有給残買い上げ分については、退職金との合計額で源泉徴収票をすでにもらっているので、これは含めなくて良いということでしょうか。

退職金は、給与所得など一般の所得と切り離して、分離課税になっていますから、会社から源泉徴収票を貰っていれば、課税が済んでいますから、含める必要は有りません。

2、退職後のアルバイトについて

>1)学校関係のアルバイトでは、あらかじめ勤労学生控除の用紙を提出しています。もし、合計所得が130万円を越えた場合には、勤労学生控除が適用されず、追加で所得税をおさめることになるのでしょうか。

130万円を超えると、勤労学生控除が適用されなくなるのではありません。
勤労学生控除を適用しても所得税がかかるのです。
例として、収入合計が140万円の場合、給与所得控除65万円・勤労学生控除27万円・基礎控除38万円を引いた残りの課税所得10万円に対して10%の所得税がかかります。  

>2)1日だけのアルバイトをいくつかやりました。アルバイトといえるのかわからないお手伝い的なものもあります。確定申告の際はどこまで申告するものなのでしょうか。

お手伝いの謝礼程度でしたら、年間20万円までは申告する必要が有りません。
支払先が、給料として処理をして、源泉徴収をしている場合は、金額に関係なく給与所得として、確定申告に含める必要が有ります。
この場合は、先方から源泉徴収票を貰う必要が有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
だんだんわかってきました。

一番最後のくだりの、「年間20万円までは申告不要」、および、「支払先が給料として処理をして、源泉徴収をしている場合は、」の部分を詳しくおしえていただければと思います。

年間20万円というのは、すべての仕事あわせて20万円にいかなければ、という意味でしょうか。それとも合計20万円までの分は申告しなくてもよいという意味でしょうか。
源泉徴収の件ですが、勤労学生控除申告書を提出しているので、源泉徴収はされていないようです。これも源泉徴収票をもらって確定申告に含める必要があるのでしょうか。

お礼日時:2001/12/14 10:40

 1について、確定申告は1月から12月までの収入を確定し申告するものですので、1月分の給料からが対象になります。

合計所得額は、給与収入額の合計から給与所得控除を差し引いた額が「所得」となりますので、源泉徴収票の給与所得控除後の金額が「所得」となります。退職金は、給与とは別に所得税が引かれる仕組みになっていますが、一般の退職金ではなくて退職手当のような扱いで給料に含まれているのであれば、源泉徴収票に基づいて申告をすればよいでしょう。有給買い上げ分についても、同様です。

 2について、勤労学生控除は「所得」が65万円以下でなければ該当になりません。従って給与収入では130万円を超える場合は、基礎控除の65万円を差し引くと所得が65万円を超えますので、勤労学生控除が適用されません。所得税は、給与収入額の合計から、給与所得控除の65万円を差し引き、さらに所得税の基礎控除38万円を差し引いた額に対して、所得税が10%課税されます。また、住民税の基礎控除は33万円ですので、住民税も課税されることになります。


 1日だけのバイトの件ですが、2ヶ所以上から給与を受けている人で、年末調整をされなかった給与収入の給与所得額が合計して20万円以上のばあいは、確定申告をすることになっていますので、わかる範囲内で申告をすると良いでしょう。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
3月まで勤めていた会社および、主たる日雇いアルバイト先に電話してみました。

アルバイト先の方では、1月になったら、今年分の源泉徴収票を発行してくれるということでした。
しかし、きにかかったのは、そのアルバイト先では、一人一人が年間どれだけ仕事をしたか、という管理方法はではなく、あくまでその日限りの雇用という形をとっている、ということです。
だから、何月何日に何の仕事をしたのかメモ書きでいただければ、計算して源泉徴収票を発行します、といわれました。
ただ、給料受け取りの際に、勤労学生控除申告書というものを毎回提出しており、経理担当の方もうちでは源泉徴収はしていません、とおっしゃっていたので、確定申告すれば、追加徴収がありそうな雰囲気です。
収入は今の所15万円位(明細がないので正確にわからないのです)年末に働くと20万円越えそうです。

お礼日時:2001/12/14 10:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの画像を見てどう感じましたか? また学生さんの方は、制服のシャツ又はブラウス又はセーラー服が汚いよ

この画像を見てどう感じましたか?
また学生さんの方は、制服のシャツ又はブラウス又はセーラー服が汚いよごれがあり洗うだけ無駄という理由で画像のようにされたらどんな気持ちになりますか?

Aベストアンサー

画像だけ見ての感想なら、

なんか燃えてる。
焼却炉なの?
ゴミ燃やしてるのね。

くらいにしか思いません。

で、質問を読んでいくと
画像の感想を求めているのではなく、
そこに至るシチュエーションについての感想を求めてるんですよね?

持ち主本人の同意がなく、第三者がその人の服を汚れているという理由で焼却炉に放り込む行為をされたら、
自分がその持ち主なら腹立たしさがこみ上げてくるでしょう。
他の人持ち物だったら、焼却炉に放り込んだ奴を最低の人間だって思うでしょうね。

Q控除額合計が支給額合計を超えている?

休職中の会社員です。
本日、本社より請求書が届きました。
中には、「9月度給与の控除額合計が支給額合計を超えているので
給与控除させていただくことができません。
差し引き不足分を指定口座に2週間以内に振り込んで下さい」
とありました。今までこんなことみたこともきいたこともなかったので、
とりあえず母にきいてみても、友人に聞いてみても「いみがわからない」と言われてしまいました。
「控除額合計が支給額合計を超えている」
とはどういう意味なのでしょうか…。
給料過払いしてしまったのでいくらか返してくださいねという意味なのでしょうか。
そこまで思いいたって払った分の給料をかえせと言われたことが無いので混乱しています。
数百円なので大人しく払う気ではいるのですが、
こんなアホらしいことのために私は手数料を払わされるのかと驚いています。
それとも社会経験が浅くて私がわかっていないだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には
月給が30万円の場合だと支給額(保険や税金を引かれた後の金額)は25万円程度になります。
控除の内訳概要は、保険で雇用保険が2,000円弱、社会保険と年金で35,000円から38,000円前後になります。
残りは所得税などです。
ここまでは良いですね?

では休職中はどうなるかというと、
月給は減ります。
半月休めば15万円とかになるわけです。
全部休むと支給額はゼロになります。
雇用保険や所得税もゼロです。
しかし、社会保険と厚生年金はゼロになりません(30万円の時のままです)。

従って、
社会保険と厚生年金だけが引かれるので、マイナスとなり、不足分は会社に払うことになります。

上記は例ですので、
あなたの場合はもう少し負担は少ない可能性もあります。

以上が「控除額合計が支給額合計を超えている」場合の例です。


休職中の人には良くある話です。

Q女子学生さん着用の画像のブラウスだけ着ていても、女装子というのですか?

女子学生さん着用の画像のブラウスだけ着ていても、女装子というのですか?

Aベストアンサー

男性がそれを着ても男にしか見えないですし、女装しているようにも見えないでしょうから、「女装子」とは言えないと思います。

ただ、襟付きシャツは全く同じデザインだったとしても、男性ものと女性ものでシルエットがだいぶ違いますよ。ハンガーにかけられている状態だと一見わかりませんが、女性ものは胸辺りが膨らんでいるシルエットになっているので、男性が着れたとしても、首元がダランとした変なシルエットになることがありますね。

Q所得控除合計(課税対象額)について

「平成○○年度 市民税・県民税特別徴収税額の通知書(納税義務者用)」に記載の所得控除合計と
その「前年度分 給与所得の源泉徴収票」に記載の所得控除額の合計額が違うのはなぜでしょうか?

住民税が今年度から約2倍になり減免限度額が大幅に変わり住民税(市民税)を計算しようと思い最初「前年度分 給与所得の源泉徴収票」に記載の所得控除の後の合計額から所得控除額の合計額を引いた課税対象額から住民税を求めようとしたところ全然合いませんでした。
その後「平成○○年度 市民税・県民税特別徴収税額の通知書(納税義務者用)」を見たところ所得控除額の合計額が違っていました。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

住民税と所得税では所得控除の金額が異なるためです。
http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/zei/0102.html

Q自分が醜すぎて嫌になります。 目は2重ですが画像の様に唇が厚くて 学生時代はイジメ受けました。おまけ

自分が醜すぎて嫌になります。
目は2重ですが画像の様に唇が厚くて 学生時代はイジメ受けました。おまけに顔と頭がでかい

電車に乗ったら違う高校生にくすくす笑われたり辛かった。死にたかったが勇気が出ませんでした。
その頃はブス+身長160cmで60キロありました。
今思えば相当 芋臭かったです。
高校時代に20キロ落とし摂食障害になりかけましたが、髪を茶髪にしたりオシャレ身だしなみに気をつけて やっと人並みになりました。
現在 6キロくらい戻り……
社会人になってからは言われなくなりましたが 影で笑われてるのかな手思うと怖いです。人と未だに目が合わせられません。

唇厚いんじゃなく歯茎出てんじゃないの?とも言われました。歯茎出てるとは1度も言われたことありません
整形するにも毎日カツカツで金もたまらん

どういきりゃいいんだ

Aベストアンサー

あらゆることの内面をみる人間になるように努力すれば、いいのでは。

強い自分を自覚する英文記事がある。
意訳すると、「自己の特性にめざめよ。そして、自己開発せよ。
ほんとうに興味ひかれることに努力せよ-例えば、音楽などと」であった。

Q所得税・住民税の合計早見表にある控除額

よろしくお願いします。
たとえばhttp://www.housemate.co.jp/own/kakutei3.html
に載っている控除額というのは、確定申告書Bの所得から差し引かれる金額以外に引いてもらえる金額なんでしょうか?
よろしくご指導ください。

Aベストアンサー

税額から引く控除額の事ですよね。

これは、所得税等については超過累進税率によりますので、所得金額に応じて税率が変わってくる事によります。

所得税で見れば、所得金額330万円未満については10%、330万円以上900万円未満の部分については20%という感じですので、例えば、500万円の課税所得であれば、細かく分ければ次の計算になります。

1.330万円×10%=33万円
2.(500万円-330万円)×20%=34万円
3.33万円+44万円=67万円

しかし、これでは計算が面倒ですので、紹介サイトのような簡便な方法により計算します。

500万円×20%-33万円=67万円

つまり、この場合の33万円というのは、500万円全体にいったん20%をかけるため、330万円までの部分については10%の税率のため、その分を控除しないと全体に20%になってしまうため、330万円×10%=33万円を控除する訳です。

Q学生っぽくないショルダー&メッセンジャーバッグ

ファッションのカテゴリではなく、あえてここで質問させていただきます。

30代のジーンズが似合うカジュアルな男性のバッグについてです。

ショルダーバッグ&メッセンジャーバッグですが学生っぽくない物ってどんなのでしょうか?
それと同時にオジサンぽくない者ってどんな物でしょうか?

Aベストアンサー

メッセンジャーバッグの定番と言えば、純国産のPORTER。

学生っぽくなく、おじさんっぽくないのは、例えばこのあたり。

PORTER LIFT MESSENGER BAG
http://www.yoshidakaban.com/product/102236.html

Q確定申告書Bの第二表にある株式等譲渡所得割額控除額欄の記入の仕方について教えてください

お世話になります。
今年、収め過ぎの税金還付のために確定申告に行きますが、
確定申告書Bの第二表にある株式等譲渡所得割額控除額欄の記入の仕方について教えてください。
特定口座を2つ持っており、下記の場合です。
どちらも源泉徴収ありです。
口座A 利益500万(所得税35万、住民税15万)
口座B 損失100万
この場合、株式等譲渡所得割額控除額欄には、
15万と書くべきでしょうか。または、
3万 (住民税として払い過ぎ分)
いや、
12万(住民税として収める分)
と書くべきなのでしょうか。
この点、いろいろと調べてますが、わかりませんので
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既徴収税額の15万円ですね。

(4)住民税 の ニ 株式等譲渡所得割額控除額 参照
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2005/b/11/11000300.html

QDoCoMoの画像が見られない

友達から携帯で撮った画像を送って貰ったのですが表示されません
携帯(DoCoMo)からパソコンにアドレスぽいもので送ってもらいました
そのアドレスぽいものをクリックしたら表示出来ませんとのエラーメッセージです
なにが原因でしょうか?
超初心者の質問で申し訳ないです

Aベストアンサー

見られない原因は、#3の回答で既に解明されていますので、
解決法だけ書きます。

解決法1.
#1の方の回答の通り、写真を撮った方からあなたのアドレス宛に直接送信してもらう。
→パソコンにi-shot送信すれば、普通に添付ファイルで届きます。

解決法2.
写真を撮った方→あなたの友達へ、別の無料サービスを利用して送信しなおしてもらう。
→他のキャリアの携帯・PCどれからでもアクセスできる
URLで届くため、これを転送してもらえば見られます。

やり方は直接そのサービスのHPでご覧ください。
●写メ蔵
http://shamezo.com/
●なな☆メ~ル
http://i.ne7.jp/


解決法3.
他人に見られてもよい写真であり、かつdocomoのFOMAを
利用している知り合いが身近にいればという条件つきですが。
http://www.docomo-camera.ne.jp/****…のURLを
その人に転送し、その人のFOMAでURLの画像を取得し、
それを添付ファイルで送ってもらう。

実は私がFOMAユーザーで、たまにこの方法で人助けしています(^^;)
画像を添付ファイルで送受信できて、かつi-shotのURLから
画像を取得できる唯一の携帯(?)がFOMAですから…。


こういった解決法がありますが、
いずれにしろ自分一人では解決できないので、
実際には難しいですね。

見られない原因は、#3の回答で既に解明されていますので、
解決法だけ書きます。

解決法1.
#1の方の回答の通り、写真を撮った方からあなたのアドレス宛に直接送信してもらう。
→パソコンにi-shot送信すれば、普通に添付ファイルで届きます。

解決法2.
写真を撮った方→あなたの友達へ、別の無料サービスを利用して送信しなおしてもらう。
→他のキャリアの携帯・PCどれからでもアクセスできる
URLで届くため、これを転送してもらえば見られます。

やり方は直接そのサービスのHPでご覧ください。
●写...続きを読む

Q給与明細から所得税を計算する方法

給与明細(1年間分)から所得税を計算したいのですが、(源泉徴収票はありません)
いくつかお聞きしたいです。

(1)いわゆる会社の「互助会費」が、
a.毎月数百円、給与と一緒に支払われ、
b.毎月数千円、給与から天引き
されています。
これらは源泉徴収票で言う、a→「支払金額」、b→「所得控除の額の合計額」には含まれない

(2)会社の自動車保険に加入し、保険料が毎月給与から天引きされている場合、源泉徴収票でいう「所得控除の額の合計額」には含まれない



以上が私の認識なのですが、正しいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これらは源泉徴収票で言う、a→「支払金額」、b→「所得控除の額の合計額」には含まれない
そのとおりです。

>会社の自動車保険に加入し、保険料が毎月給与から天引きされている場合、源泉徴収票でいう「所得控除の額の合計額」には含まれない
そのとおりです。

「所得控除の額の合計」は、社会保険料(健康保険、厚生年金、雇用保険など)控除、扶養控除、配偶者特別控除、生命保険料控除、地震保険料控除、ローン控除、寡婦控除、障害者控除、基礎控除の合計です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報