歌めっちゃうまくなりたいです!真剣です!もし良かったら業界で名の知れたひとが書いたトレーニングの本とかサイトとか教えてください!返事待ってます!

A 回答 (1件)

名の知れた人ではありませんがどうでしょう?



参考URL:http://www.y-murase.com/method.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバンドで打ち込み、とかシンセサイザーとか

こんにちは。
音楽を聴くのは好きですが、実際に自分が音楽を作る、演奏する側には全く回ったことのない質問者です。

バンドが演奏する音楽で、どうやって音を出しているのか分からない音が多々あります。
明らかにバンドの楽器の音ではない音です。たとえば流行りのラッドウィンプスだとかです。
ストレイテナー、レミオロメンなどもそういう曲があると思います。
私から見てしまうとボーカルしかいらないじゃん。という曲ばかりです。
友達に聞いてみると「打ち込み系だろ」とか「シンセ使っているんだよ」と教えてくれたのですが、正直よく分かりませんでした。

バンドなのにバンド楽器では出せない音で演奏するバンド(打ち込み系?)はどうやってその音を作るのでしょうか?
またどうやって演奏しているのでしょうか?
一度作っちゃえばあとは流すだけなので本番は弾くマネでもいいのでは??

実際にバンドをされている方には失礼があるかもしれませんが、
お答えください。お願い致します。

Aベストアンサー

まぁバンドによっても、同じバンドでもアルバムによって、曲によって…いろいろなので、一概には言えませんし、ごく一面だけしか言えませんが…

>どうやって音を出しているのか分からない音が多々あります。
例えば、ボーカル、ギター、ベース、ドラム各1人なのに、どう考えても人数分以上の音が重なってる曲は、CD等のアルバムベース(つまり録音作品)では、確かに多々あります。
これについては、
・ギターが複数台分でも、一人のギタリストが何度も重ねて録音している。
・メンバーの誰かがキーボード等の別の楽器を演奏した物を重ねている。
等、「数が合わなくて」も、間違いなく自分たちで演奏しているケースと、おっしゃるとおり打ち込みの専門家が介在して、打ち込みベースで曲を作ったものに、メンバーがチョコチョコと自分の音を足しただけで作っているケース…の両方があります。
(なんか2択的に書きましたが、バシッと2つに別れているというわけではなく、前者寄り、後者寄りとさまざまですが…)

ただ、打ち込みの専門家…が、他ならぬメンバー自身という事だって有りますから、打ち込みだったらバンドメンバーのオリジナル性が損なわれていると解釈出来るのか? という点では、私的には切り分けは難しいと思ってます。

と、上はあくまでも「録音作品」の場合で、ライブをするとなるとまた話は違います。

「録音作品」で、メンバーがその場で出せる以外の音が多用されているものをライブ演奏する場合は、これもざっくりですが
・出せない音はバックにエキストラメンバーに来て貰って弾いて貰う。
・ライブで再現可能な範囲に音数を減らしたアレンジで演奏する。
と、あくまでも可能な限りのリアル演奏に拘るケースと
・一部の音は打ち込みサウンドを流して、それに合わせて演奏する。
という、やむをえず一種妥協するケースと
・オール打ち込みで弾いたフリだけ
のケースがあります。

ただ、一応はライブツアーを大々的にやっている(それも、全国大小様々な会場をびっちり回っている)バンドであれば、やむなく一部打ち込み活用はあるかもですが、ライブ全体としては、エキストラメンバー参加も含めて「その時のリアル演奏」を目指すバンドが普通だと思います。

ライブといっても大仕掛けの大型会場オンリーで、歌主体ユニットで売っていて、なおかつ録音作品がやたら音数が多いバンド(ユニット)などは、ライブはあくまでファンへの顔見せで、演奏自体は重視せず、一種の「カラオケ状態」でライブしているものも結構あるようですが…

曲がりなりにも、本来的には「アルバムはともかくもライブではリアル演奏で聞かせる」主義のバンドでも、テレビ番組などでは局側の時間と準備の都合で、歌番組で演奏シーンを撮影してても、実は電波に乗っているのはカラオケ…というケースは多々あります。
これは、バンドが好むと好まざると関わらず、所属事務所との契約上、テレビ出演ざるを得なかったらやむを得ないことはあります。

ただ、
>一度作っちゃえばあとは流すだけなので本番は弾くマネでもいいのでは??
については、前述の様にテレビ出演時にはやりたくなくてもそうせざるを得ないこともあるわけですが、これは楽器演奏経験のない方にはわかんなくて当然ですが、「楽器をカラオケに合わせて弾くフリする」(「当て振り」と言います)のは、結構高等テクニックがいります。
少なくとも、元曲がスラスラ弾けるだけの腕がないと到底できません。ハッキリ言って、カラオケで歌うボーカルより数十倍は難しいです(^^ゞ
なので、まともなバンドマンなら、
「当て振りするくらいなら、きちんと自分で弾く方がよっぽどマシ!」
と、少なくとも本音では本気で思ってるものですよ。

まぁ十分な回答ではないですが、他にもいろいろフォロー意見もあると思うので(^^ゞ

まぁバンドによっても、同じバンドでもアルバムによって、曲によって…いろいろなので、一概には言えませんし、ごく一面だけしか言えませんが…

>どうやって音を出しているのか分からない音が多々あります。
例えば、ボーカル、ギター、ベース、ドラム各1人なのに、どう考えても人数分以上の音が重なってる曲は、CD等のアルバムベース(つまり録音作品)では、確かに多々あります。
これについては、
・ギターが複数台分でも、一人のギタリストが何度も重ねて録音している。
・メンバーの誰かがキーボード...続きを読む

Qギターを始めたんですが、コードとかハンマリングとか

最近ギターを始めて文化祭のバンドを成功させたい為秋までになんとか弾けるようにならなきゃマズイです。

ギター教室とかに頼らず自力で弾けるようになりたいので今エレキギター入門という本を読んで独学しているのですが、テクニックという欄にチョーキング?とかハンマリング?そしてコードも覚えないといけないらしいんですが、これは全部完璧にこなせないといけないんですか? 

Aベストアンサー

やりたい曲によります。

チョーキングもハンマリングも出てくる曲の方が少ないくらいのテクニックなので。

コードはコピーバンドだったら、コピーする曲に出てくるコードだけ覚えればOKです。

逆にテクニック系がなく、簡単なコードばっかりの曲を選曲するのもアリだと思います。


コードを3~5つくらい覚えただけで弾けるようになるロックな曲も結構ありますよ。

Qメタルをやりたいんですが・・・デス声とかギターとか

こんにちは。
高1でCannibal CorpseやAnal Cunt ,Deathcountなどのデスメタ、グラインドコアが好きでギターをやってるんですが。
メタルやハードコアをやるにはまず
どこから入っていったらいいでしょうか?
いきなりスコアに入ったほうがいいですか?
それとも地獄のテクニカルトレーニングなどの本などで
鍛えて入ったほうがいいですか?
オススメの書籍などがあったら是非教えてください。
この曲ならコピーしやすいっていうのも教えてください。
あとデス声でもある程度高い声ってどのように出すのでしょうか?
是非教えてください。

Aベストアンサー

何からはじめるかについては、できることからやるのが良いでしょう。何から手をつけていいのかわからない時は、やってみたいことからはじめることをお勧めします。

曲を弾きたいのであれば、曲を弾くことにチャレンジすることからはじめると良いでしょう。チャレンジしてみることで、具体的に何をすればいいのかの課題が見えてくるはずです。試してみて、いけるという手応えがつかめるようであれば、続けてその曲の練習を積むのが良いでしょうし、そうした手応えが感じられず、ハードルが高いと感じるようであれば、何ができなくてそう感じるのかを考え、その欠けているところを補う練習を検討して、弱点を補強していくのが良いでしょう。あまりにも難しすぎると感じるような時は、その曲に固執しすぎず、別の興味のある曲を試してみるというのも手です。いずれにしても、チャレンジしてみることで今後の練習課題は鮮明になるはずです。まずは、やってみたいことに挑戦することが第一だと思いますよ。

なお、演奏技術強化を考える上では、課題を具体的に意識することは重要なポイントになるでしょう。漠然とうまくなりたいと願うだけでは、何をどうすればいいのかもつかみにくいでしょう。目標や課題が具体的に設定されれば、そのために必要なことも付随してはっきりするはずです。その必要なことを整理するためにも、課題を具体的に意識することは欠かせないでしょう。
また、練習のための方法については、その練習方法が何を目的としているものなのか、どこをどう強化するための練習なのか、練習の主眼を意識するのが良いでしょう。注意点を無視しては、成果の上がらない練習というものも少なくありません。練習方法について、よく把握してから取り組むことは、練習を効果的にするためには必要な姿勢といえます。

練習にあたっては、いろいろな本を参考にするのも良いでしょう。個人的には、ギターマガジンムックや、リットーミュージックから出ているギタリスト向け教本などは、とても参考になる本が多いと思います。どういったポイントを強化したいのか、具体的に目標を設定した上で、その方針に見合う教本を選ぶようにすると、本も探しやすいと思います。

とりあえず、ギターについての件だけですが、参考になれば。

何からはじめるかについては、できることからやるのが良いでしょう。何から手をつけていいのかわからない時は、やってみたいことからはじめることをお勧めします。

曲を弾きたいのであれば、曲を弾くことにチャレンジすることからはじめると良いでしょう。チャレンジしてみることで、具体的に何をすればいいのかの課題が見えてくるはずです。試してみて、いけるという手応えがつかめるようであれば、続けてその曲の練習を積むのが良いでしょうし、そうした手応えが感じられず、ハードルが高いと感じるようであ...続きを読む

Qギターなどの楽譜の最初についているOriginal Key:AとかCapo 2 Play:Gとかについて 

ギターはじめてまだ間もないんですが、よく楽譜の初めについているタイトルで書いたやつの意味がよく分かりません。誰か教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

用語についてですが、Original Keyはその原曲の音源でのキーを、Playはその譜面上に記譜してある楽譜のキーをそれぞれ表現しており、Capoについてはその譜面を使って演奏をする時に、そこで指定しているフレットにカポを付けてそこを0フレットに見立てて譜面通りに演奏すると、そのギターでの演奏のキーがオリジナルキーと同じになるということを表現しています。

カポタストについては、前の方々の回答でも触れられている通りですが、これを装着することで開放弦の音程を平行移動することができます。 そのため、カポタストの装着位置を0フレットとみなして演奏すれば、その分だけ全体の音程が移動することになり、簡単に移調を行うことができるようになります。

たとえば、譜面上でキーGとして記譜されている曲に関して、カポタストを使わずにその譜面に忠実に演奏を行えば、その演奏でのキーはGになります。
このとき、その譜面の曲の元の音源がキーAとして演奏されているとします。 そうすると、元の音源の音程と、譜面上に表現されている音程との間には、ズレが生じていることになります。 譜面の方が、実際の音源よりも1音低く書かれているという事になりますね。
このケースで、その譜面を参考にしながら原曲と同じ高さの音程で演奏したい時には、1音分すべての音程を高くできればよいということでもあり、そのため2フレットにカポタストをはめて0フレットの位置を1音分上げてやることで、簡単に移調することができ、譜面の通りに演奏しても原曲と同じ高さの音程がでるということになります。

参考になれば。

用語についてですが、Original Keyはその原曲の音源でのキーを、Playはその譜面上に記譜してある楽譜のキーをそれぞれ表現しており、Capoについてはその譜面を使って演奏をする時に、そこで指定しているフレットにカポを付けてそこを0フレットに見立てて譜面通りに演奏すると、そのギターでの演奏のキーがオリジナルキーと同じになるということを表現しています。

カポタストについては、前の方々の回答でも触れられている通りですが、これを装着することで開放弦の音程を平行移動することができます。 そのた...続きを読む

Qショパンのワルツ7番の最初の楽譜の読み方(ドとかレとか)を教えてくださ

ショパンのワルツ7番の最初の楽譜の読み方(ドとかレとか)を教えてください。(右手)

弾いていて音が違うような気がして・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>もう一つお聞きしたいのですが、この小さい♪はシで間違いないんでしょうか?ここで音が違うような気がするのです。
*3小節目の♪装飾音符のですね「シ」で間違い有りません。
尚♪に斜め線が入ってる時は十六分音符で弾くと言う意味です。
CD等参照してください。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報