シンプルに言うとズバリ、
何が問題なのですか?
簡単に言ってくださると嬉しいです。

遺伝子治療についての論文を読みました。
それについて反対か賛成の立場でエッセイみたいなものを書かなくてはいけないんです…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一例を挙げます。

ガンの遺伝子治療にガン抑制遺伝子P53の導入があります。
P53を患者のがん細胞のDNAに組み込むのですが、細胞はたくさんあるのでいちいちその1つ1つ入れてられません。そこでアデノウイルスにP53遺伝子を持たせて、がん細胞に感染させます。ウイルスのDNAは細胞のDNAに入る性質があるのでP53も患者のDNAに入ります。しかし、患者はそのウイルス感染によって死亡したのです。
遺伝子治療の問題の一例でした。
    • good
    • 0

■倫理面からの問題。


優生学というのをご存知ですか?
これを捻じ曲げた『優生思想』というものが、かつてナチズムなどで台頭しました。この『優生思想』が遺伝子治療に関連して再度表面化する可能性があります。つまり、遺伝子検索に関する部分ですね。
さらに遺伝子マップの金銭的な価値です。これは既に回答がなされていますね。
■技術面からの問題。
近年、遺伝子変換された作物の問題(大豆など)が話題にされていますが、同様の問題があります。つまり、安全性についての問題です。特にウイルスや異種生物のタンパクを導入する可能性についてです。極端な話『ザ・フライ(古いか…)』ですね。これが十分検証されずにどんどん進められるのは多分に倫理面での問題事項が絡んでるんです。

遺伝子治療自体は、根治性のなかった疾患に光をあてて、治療を行えるようにする、それこそ科学の真骨頂なんですが、誰もがわきまえて使うことができるほど人間ってそれほど優秀じゃないんですよ。きっと。

参考URL
○優生学について
http://homepage2.nifty.com/etoile/hansen/03eugen …
○ヒトゲノム計画に対する倫理的問題
http://www.ethics.bun.kyoto-u.ac.jp/genome/
    • good
    • 0

以下のURLサイトは参考になりますでしょうか?


http://bizns.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/search/frame …
(BizTech News:2001.11.30;阪大が高効率非ウイルス・ベクター開発、アンジェスが商業化)
最近の記事で、詳細は分かりませんが、このような「非ウィルス・ベクター」の技術が確立すれば、一部の心配は解決されるのでしょうね・・・??

ご参考まで。
    • good
    • 0

ひとつには、先の回答のことがあると思います。


とくに医療が「儲け」手段になっている現状で、遺伝情報自体が金のなる木になりかねない。

あと、現実には、研究段階なのに「実用」が優先されること。あとになって「間違いだった」という可能性もある。(薬害、でも、最初は「有効だ」と思っていたものがけっこうあります)

「神様」の領域に「人間」がわりこんで・・・、ということもあるでしょうね。
    • good
    • 0

私の回答は模範解答にはなり得ないことを留意して下さい。



あくまで、私の感性なのですが、
遺伝子治療そのものは何も問題が無いと思います。
問題にされているのは、
遺伝子情報に含まれるプライバシーや、
患者に無許可で、それを研究対象に使われることではないでしょうか。

プライバシーとは、将来発症する可能性のある病などのことを言うことも多いですが、
私としては、遺伝子情報というある意味完全な丸裸の自分を
他人に見られることに、少し不安があります。
これは無許可で研究対象にされることにも通じる不安です。

以上、簡単に述べてみました。
ごめんなさい。あまり参考にならなそうですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺伝子組み換えに関与する人々。いろんな立場からの見解。

遺伝子組み換え食品やそれに関するいろいろな立場からの賛否両論などを調べたいのですが、こちらのサイトでも遺伝子組み換えを扱ったページがものすごい数あって、またそれぞれにサイトも紹介されていますが、難しい文献は読んでいても何のことだかよく理解できず、全部を読むには数が多すぎて困っています。

遺伝子組み換え食品をすることで、便利になる点、弊害になる点があると思います。ざっとでよいので教えてください。

そして、生産者の立場、消費者の立場、組み換え食品を含む製品を製造する立場、その製品を販売する立場、あとどんな立場の人がこの遺伝子組み換えには関連してくるでしょうか?

遺伝子組み換えに関して、わかりやすく教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

昔から品種改良というのがありますよね。交配可能な植物同士でも、寒さに強い遺伝子をもっているやつとか、そういうのを掛け合わしながらいい品種を作っていくというのが普通の方法です。これは有用な遺伝子を農作物などに取り込ませようという試みを交配でやっているわけです。この有用な遺伝子を現在取り出すテクノロジーを我々は持ってます。そしてそれを農作物などの遺伝子につなげてしまうという作業が組み換えです。さて、そうなると元来交配可能でない生物から取ってきた遺伝子を農作物などに組み込むことができます。カビから取れた有用な遺伝子をイネに入れるとかです。
まずまっ先に懸念されることは、生態系への影響です。例えば遺伝子導入した農作物ようの植物の花粉が、近くにある野生の植物のところまで飛んでいって、野生の植物にその遺伝子が拡散することが考えられます。そうすると多分生態系は乱れるか徐々に変化していくでしょう。動物はこの生態系を基盤とする食物連鎖を形成してバランスが保たれていますし、植物も植物どうしの力関係のうえでバランスを取っています。ですから生態系からくる環境が変わる可能性があるわけです。
組み換え食品で研究者はこれを推進する原動力となっていると思います。優れた組み換え体の作成で、場合には特許化ということも考えられます。なかには組み換え体の環境への影響をシミュレーションしたりして、組み換え体をいかに安全に使うかということを考える研究者もいると思います。拡散しそうな組み換え体の遺伝子をいかにして止める仕組みを組み換え体の中に作るような研究もあるかもしれません。
遺伝子組み換えには関連する人はあと政治的な側面ですね。どのように許可するのかとか、どのように使用制限を設けないといけないかとか、いろんなことを決めざるおえません。そして、それを実際に議論して行くのは、学識を持った人とか、生産者の偉い人とか法律家とか多方面の人が集まると思います。

また時間があればコメント致します。とりあえずなぐり書きですが、、、、

昔から品種改良というのがありますよね。交配可能な植物同士でも、寒さに強い遺伝子をもっているやつとか、そういうのを掛け合わしながらいい品種を作っていくというのが普通の方法です。これは有用な遺伝子を農作物などに取り込ませようという試みを交配でやっているわけです。この有用な遺伝子を現在取り出すテクノロジーを我々は持ってます。そしてそれを農作物などの遺伝子につなげてしまうという作業が組み換えです。さて、そうなると元来交配可能でない生物から取ってきた遺伝子を農作物などに組み込むこと...続きを読む

Qがん遺伝子&がん原遺伝子

がん遺伝子とがん原遺伝子についてよくわからず、ネットでいろいろ調べているのですが、あまり理解できないので質問させていただきます。
がん遺伝子:ある正常な遺伝子が修飾を受けて発現・構造・機能に異常をきたし、その結果、正常細胞のがん化を引き起こすようなもののことをいう。
がん原遺伝子:修飾を受ける前の遺伝子をがん原遺伝子と呼ぶ
と書いてありましたが、
つまり、どの遺伝子もがん原遺伝子の可能性があると考えていいのでしょうか?
また、ウイルスのがん遺伝子と私たちの正常細胞の遺伝子との関連も教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、ガン細胞の主な特徴というか、正常細胞とガン細胞を分ける大きな違いは、分裂能力の違いです。

ガン細胞は、猛烈に分裂するという特徴があります。

よって、ガン遺伝子のほとんどは、もともと正常な細胞が持つ
細胞分裂を促進する、または抑制する遺伝子です。

詳しく書くと長くなるので、他人の文章ですが参考ください。
http://tyama7.blog.ocn.ne.jp/obgyn/2006/10/post_ba3e.html

分からないことがあったら、追加質問していただければ答えることができるかもしれません。

ウイルスが持つガン遺伝子というのは、

例えば、ウイルスが生物の細胞内で作られるときに、その生物から
細胞分裂を促進する遺伝子の一部を(活性を抑制できない形で)
取りこんで作られたウイルスであったりします。

そのウイルスが細胞に感染すると、感染した細胞は猛烈に分裂するようになってしまい、ガン化します。

Q父母が全く同じ遺伝子だったら子も同じ遺伝子になる?

遺伝子操作でも一卵性双生児でも何でも良いですが
何らかの方法で全く遺伝子が同じ父母が子供を作った場合、
子供の遺伝子は父母と全く同じになるのでしょうか?

Aベストアンサー

なりません。
全く同じ親でも配偶子にどの遺伝子が入るかは1/2の確率です。

簡単に言うと、血液型がAAの父とAAの母ならば子供は100%
AA型です。
しかし、ABの父とABの母の場合、子供はAA、AB、BBの
3通りが出現します。
これと同じで遺伝子の大半はヘテロ型(ABのように異なるペア)
なので、子供の遺伝子は親と異なります。

Q遺伝子導入で導入先の遺伝子はどうなるのでしょうか?

こんにちは,遺伝子組み換え学を勉強しています.宜しくお願いします.

ふと疑問がおきました.どの本にも,遺伝子組み換えは,ファージなどを用いて云々と書いてあります.

例えば,遺伝子A,を大腸菌Bに導入する場合,Bの遺伝子はどうなってしまうのでしょうか? そのまま導入した場合,Bの遺伝子は長くなってしまいますよね.それとも,独立で存在するのでしょうか?いずれにしても,導入後の大腸菌Bの活動は,AもBも反映されたものになってしまいそうです.このような状況で,遺伝子Aに期待した効果を上げることは可能でしょうか?

もしくは,Bの遺伝子を導入前(導入後は難しそうですが)に除去してしまい,AとBの完全取替えのようかのことができるのでしょうか?そうすると,例えば,大腸菌を完全に他の生物の細胞に変えることになってしまいそうですが・・・.または,地球上のどの生物ももたない全くオリジナルのDNAを導入すれば,未知の生物ができてしまいそうですが.どうでしょうか.

もし「Bの遺伝子除去 ⇒ Aを導入」という方式が可能だとすると,どうやって除去するのでしょうか? もし今不可能だとすると,DNAをある細胞から完全に除去するというような方法は研究されているものでしょうか,またそれがあると遺伝子工学において有用な手法となりえますでしょうか?

ふとした疑問と言いながら,随分質問を書いてしまいました.的外れなことを申し上げているかもしれないと危惧していますが,もしそうでありましたら,ご指摘くださればと思います.

とても面白く勉強しているのですが,このあたりが疑問で詰まってしまい気になっております.宜しくお願いします.

こんにちは,遺伝子組み換え学を勉強しています.宜しくお願いします.

ふと疑問がおきました.どの本にも,遺伝子組み換えは,ファージなどを用いて云々と書いてあります.

例えば,遺伝子A,を大腸菌Bに導入する場合,Bの遺伝子はどうなってしまうのでしょうか? そのまま導入した場合,Bの遺伝子は長くなってしまいますよね.それとも,独立で存在するのでしょうか?いずれにしても,導入後の大腸菌Bの活動は,AもBも反映されたものになってしまいそうです.このような状況で,遺伝子Aに期待した効果を上...続きを読む

Aベストアンサー

>このような状況で,遺伝子Aに期待した効果を上げることは可能でしょうか?

可能です。薬剤耐性遺伝子をおもにプラスミド(複数/細胞)として環状に導入することが行われています。菌の薬剤耐性はすなわち遺伝子Aに期待した効果です。

>AとBの完全取替えのようかのことができるのでしょうか?

できます。ただし、普通は1-2個の遺伝子を相同組み換えなどによって取り替えます(プラスミドではない)。たくさんは無理です。ひとの長大な遺伝子の置き場として菌を使うことがありますがBAC Bacterial Artificial Chromosome、ヒトの遺伝子は菌ではこの状態では発現しません。

プラスミドの除去は該当する薬剤を培地から除けば、簡単にできるとされています。

Qプロコラーゲン遺伝子とは,どんなことに関係する遺伝子なのですか?また,

プロコラーゲン遺伝子とは,どんなことに関係する遺伝子なのですか?また,肺の成長に関する遺伝子には,どのようなものがありますか?(ラットやマウスの肺の成長について知りたいのですが…)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「プロXXX」といったら「XXX の前駆物質」, つまり「なんか処理すると XXX になる物質」という意味になりそうな気がする. だから, 「プロコラーゲン」は「なんかするとコラーゲンになるもの」だし, 「プロコラーゲン遺伝子」は「プロコラーゲンを作る」, あるいは (ちょっと語弊はあるけど) 「コラーゲンを作る」遺伝子といえるかも.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報