BSデジタルを表示する記述言語が「BML方式」なのだそうですが、。インターネットの「HTML方式」と互換性が低く、世界でもほとんど採用されていないそうです。通
信業界側は「インターネット業界の進出を許さない、テレビ業界の縄張り意識の表れ」とみているようですが、
なぜこのような縄張り意識が発生したのでしょうか?。

A 回答 (1件)

これをなわばり意識と見られてしまうと困るのです。


口だけ達者なネット屋(とパソコン屋)の話を真に受けないで下さい。
彼らにはユーザーの利益という発想はありません。

今のパソコンのブラウザ、どのホームページでも同じに表現されますか?
バージョンが違ったぐらいで動作が違ったりしませんか?
違うソフトとの互換性は取れていますか?

というわけで、

放送というのは、機械の中身がわからない人に対しても
ちゃんと放送できないといけないですし、
機械(ハード)が違うだけで、映る物がちがうのはもってのほかです。
パソコンやゲーム機は寿命は3,4年ですが、放送システムは
最低でも20年は通用する規格にする必要があります。
3年でTVを捨てる人は居ないでしょ!

とすると

マイクロソフトなど、特定の企業が勝手にバージョンアップと称して
動作を変えてしまうような規格は絶対に使えないのです。
TVがパソコンと同じように不安定な代物になったらどうします???

こういう事情で、HTMLの中から、必要であり、かつ汎用性があり
特定の企業に権利が属していないコマンド(タグ)だけを選んだのがBMLです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
結構複雑な事情があるんですね。
勉強になりました。

お礼日時:2001/12/16 23:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング