マンガでよめる痔のこと・薬のこと

合唱を大学4年間やっていて、2年たった今もちまちま歌っているものです。
パートはアルト(上)で、パートリーダーもやっていました。
先日、現役の後輩から
「アルトっぽい声ってどうやったらでるんですか?」
と聞かれました。
…私が聞きたいです…

どうやら、喉っぽい声派と、ソプラノっぽい浮いた声派に分かれているらしく、その中間くらいで歌いたい、とのことでした。
あるヴォイトレの先生(有名女声合唱団アルト)は、胸で響かせる、とおっしゃっていたのですが、その後ヴォイトレの先生がソプラノの方に変わり、発声法も無理して響かせるのではないナチュラルなものに変わりました。

個人的にはナチュラル発声派(おなかから出して頭から抜ける)なのですが、その発声法に変わってから、ソプラノっぽいアルトが増えてきたように思います(単にソプ声の団員が多かったのかもしれないですが)。
個人的には、アルトっぽい声が求められる時はちょっと喉で歌ってしまいます。

そもそもアルトの声を持つ女性は日本人では珍しい、と聞いたことがあります。
もともとアルトっぽくない声の人がアルトっぽく歌うには、胸に落としたり、喉で押したりはしょうがないのでしょうか?

長文な上に、分かりにくい文章ですみません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自分は詩吟をやっている者で、声楽の専門家では有りません。

間違っていたらゴメンナサイ。
アルトの主音はD~E、邦楽の壱骨~平調(6~8本)位だと思いますが、6本も8本も沢山います。子供のような10本の人も居ます。男のように4本くらいの人も居ます。

仲間に合唱団に入っている人がいますが、一度歌ってもらいました。歌う時抜ける声を出しているので、声が軽く、細くなってしまいます。詩吟のように重さは必要無いかも知れませんが、合唱も幅・厚み・圧力は必要ではないでしょうか。
頭に抜くんじゃなくて当てる。又は押し付ける(声が重くなります)
胸に落とすんじゃなくて、胸を声で押し広げる。(声に厚みが出ます)
喉は一切意識に入れません。
これだけの事で歌ががらりと変わりました。
ソロでも充分いける声になりました。が、その人曰く「気に入った声にはなったけど、自分だけ目立っちゃうからだめだ」と

専門の先生に習っていらっしゃった人に、わたしが言う事ではないと思いますが、
詩吟も歌もただ、響かせ方が違うだけで、発声方法は同じだと思っています。

仲間には
1・・姿勢は正しく(身体は楽器)
2・・発声を正しく(言葉の意味を語る)
3・・心を正しく(邪念を捨て詩の中の人となれ)
4・・大きな声を出そうと思うな(遠くの人と会話する)
5・・上手く歌おうと思うな(心を語れば充分)
6・・音階を上げようと思うな、下げようと思うな(その高さの読みをする)
7・・息を吸おうと思うな(息は勝手に入ってくる)
8・・文字を読もうと思うな(言葉を語れ)
この8ヶ条を何時も言っています。
声の声質・声量・声色は作るものではなく、作られるもの。声は弦に例えて、「太さ・長さ・張力」の使い方で作られると話しています。
ピアノの鍵を見てその高さの声を出すのではなく、中にある弦の音を出す事。例えば太い弦に変えても、張力を上げてやれば同じ音階の音が出ます。が音質は重くなります。短くしても同じ音階は出せますが、音質は変わります。
また、同じ弦であっても響かせる場所でも変える事が出来ます。

重い声質は、お臍の上(2・3cm)のところで声を前方へ押しながら下へ押さえつける様にすれば出ます。しかし、これだけでは詩吟の声に近くなります。あなたの声を直接聞く事が出来ませんので、後は弦の長さや太さ・張力の組み合わせで、あなたの好きな声を探して下さい。
基本的に、母音は子音より下がりますが、意識して母音を更に抑えるように発声すれば、声質は重くなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすく、詳しい回答有難うございます。
詩吟の方とはステージでご一緒したこともあり、詩吟も、とてもステキだなあと思っていました。合唱と両方やっている方も多いですよね。


不勉強で本数での数え方が分からないのですが、多いほど音域が高いということでしょうか。
D~E、そうですね、そのあたりが発声法が定まらない音域だと思います。高すぎたりすると、抜かないと歌えないし、低すぎると、落とさずには歌えません。


>頭に抜くんじゃなくて当てる。又は押し付ける(声が重くなります)


言いえて妙だと思います。「押し付ける」だと、合唱向きではないかもしれませんが、当てるという表現は的確だと思います。


>胸に落とすんじゃなくて、胸を声で押し広げる。(声に厚みが出ます)

やはり胸の響きは必要なんでしょうか。
胸郭を広げて、そこから声を出すという感覚だと理解しました。
体で覚えるしかないことを言葉で表現するのは難しいですね。

>「気に入った声にはなったけど、自分だけ目立っちゃうからだめだ」

同じような経験がありますが、多分合唱団の声の方がついていってないからだと…思います。あからさまな詩吟声というのならともかく、目立たない声で歌うことが合唱、ではないと思うので。そこは問題ないです。一人一人歌えるようになるのが第一だと思います。

8ヶ条も、私たちもよく言っていることとまったく同じです。
でもやはり、こうやって箇条書きにすると目指すものが明確になってとてもよいと思います。


なんとなく感覚でつかんできたことを、うまく言葉に表していただけて、とてもありがたいです。
後輩にめちゃめちゃ基本的な質問をされてとまどってしまった私自身も、更に身を引き締めないとな、と実感しました。


もう少し、他の方々からの意見をお待ちしています。

お礼日時:2005/12/21 23:25

難儀な問題ですね。



まず、ソプラノ→「浮いた」
   アルト →「胸に落とした」
という概念は危険だと思います。
ソプラノも安定感ある声の土台をもってうたうべきですし、
アルトも上の響きをとらえてうたうべきです。
まずは、どんなパートであろうと土台をしっかりと築くべきでしょう。
ヴォイトレ先生も「無理して響かせろ」と言いたかったわけじゃない筈です。

横隔膜および腹斜筋の活発な運動、それと喉の開放によって、
まずは「豊かでスケールの大きな発声」を獲得し、
発声の土台づくりとすべきです。
練習の詳細については下記URLに本を添付しますが、
確かなトレーナーさんなくしては有効に使えないかも知れません。
ごらんになる際は注意なさってください。

まず、意識のうえで留意すべきは以下だと思います。
・「アルトっぽい声=胸に落とした声」ではない。
・「太い声、重い声」を小手先でつくる意識を捨て、スケール大きく体を使うよう心がける。
・「らしい声」でなく「のびのびした、ぎこちなさの無い声」を目指す。
・声質やパートの個性は後からついてくるもの。
・無理にどこかへ押し付ける発声は、ハーモニー作りの障害になる危険も大きい。
・声質は肉体的要素以外にも、表現能力による部分が大きい。
 (どのように歌うか、どのように語るかを追求することも
  「その場面で最適な声」を求める上で有効)

実際に声をどうこうできない文章の場でありますので、
確かなトレーナーさんのもと勉強されるのが最適かと思います。

「日本人はアルトの声を持つ人が少ない」
しばしば聞く説です。ひょっとしたらそうなのかもしれません。
しかしながら、
胸に落としたり喉で押したりというのは、
決して、よい結果に近づく手法というわけではないと思います。
いわば「邪道」というものでしょう。

 

参考URL:https://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/w …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このように古い質問にお答えいただき有難うございます。

私の言い方がまずくて申し訳ありません。
ソプラノの声が浮いているとはおもっていませんし、よしとするアルトの声が胸に落ちているわけではありません。そういう声になってしまって困っているということです。

発声の土台作りはやはり重要だと思います。
「基本をしっかりすること」とはよく言うし意識するのですが、やはり基本的な発声がまだ身についていないのでしょう。

小手先でそれっぽい声を出すことは、曲の中でどうしても必要であればそれも可だと思うのですが、
やはり歌を歌っていく上ではそれだけでは意味がないですね。
それを「発声」でなく「表現能力」という点で考えると確かに必要だと合点がいきました。その時その時に応用がきくものですね。それが高いかどうかというのは大きいと思います。
高めるのは難しそうですが…

本の方は、手にする機会があれば参考にしてみたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/06 16:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性コーラス・アルトの発声方法教えてください。

子どもの小学校のPTAコーラスで活動しています。年に一度の小学校交流イベントのために募集があり、2ヶ月間だけの練習で、専門の指導者はいません。歌うのが好きなお母さんたちが集まり、初心者の方もいます。アルトは、音域が低く、地声でも歌えてしまうのですが、響きが浅く、美しくないですよね。また、言葉を付けると、音にならなかったり・・・。こちらのコーナーでソプラノの高い声を出す方法などはいくつか質問ありましたが、逆に、アルトの低い声を美しく出す方法を教えていただきたいのです。発声練習の方法なども教えてください。

Aベストアンサー

ママさんコーラス経験者です。ハモリが出来るので、主にアルトでした。
なかなか地声の域で裏声出すのは難しいですね。
経験から申しますと、発声練習で「ドレミファソファミレド」なんていうパターンを半音上げていく練習がありますが、高いところから下がっていくパターンをよく練習すると、低いところでも裏声のままで出せるようになりますよ。
他にも色々方法はありますが、まずはこれで練習してみて下さい。
なにより、「裏声で合わせる」意識をアルトの人たちが持つことです。のどを使わず、腹から声を出す。難しいです。

Q裏声の出し方の、指導について

私のクラスは、2週間後の文化祭の合唱コンクールで「信じる」を歌います。
綺麗な裏声で歌えればいいのですが、残念ながら私のクラスメイトは上手く裏声で歌えなくて、みんな困っています。
私は伴奏者で指導する立場にあるので、みんな困ってるからちゃんと教えてあげたいんです。
私自身も上手く裏声で歌えなくて・・・どうやったら上手く出せるように指導できるのか、ポイントや、コツ等あれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

遠くの人に分かる言葉で、
遠くの人に聞こえるように、
遠くの人に語りかける様に歌って下さい。
高い声も出ます。裏声も自然に出せます。
綺麗な低い声も出ます。

腹式呼吸の呼気の時に、声帯を振動させるのが、腹式発声ですが、
息継ぎが自然に出来ます。
声に安定感が出ます。
声をコントロールしやすくなります。
歌いやすくなります。
声に迫力が付けやすくなります。
感情移入がしやすくなります。
良い声が出しやすくなります。


お腹を抱えて笑ってみてください。
下に描いてみました。
(1)自分のキー音から、子音の発声が始まりますが、口が開き息が出始め、声はまだ出ません。
(2)その声を、谷底から引き抜くように、胸を張ってきます。息は出ていますが、声にはなっていません。
(3)ボールを投げるように(背負い投げのように)(走り幅跳びで飛ぶように)上半身を一瞬に折ります。母音の発声が真後ろあたりから出始めます。

(4)母音が離れていきます。母音”ァ”が改めて出て行く感覚。この時上半身は、一瞬の折った反動で少し起きます。
(5)「ワァ~」の母音”ァ”で、声は最高音に達します。
その時、お腹は下腹部が上がり、お臍の2・3cm上が凹みます。これは、人(力)が谷底(下)へ落ちる事への反力です。
頭も下がります(顎が引けます)
声は遠心力で飛んでいきます。
飛び始めたら折れた上半身を、お腹を膨らませながら起こします。声に幅が出てきます。背筋で起きないように注意。
(6)(7)(8)(9)これは1~5の感覚で小刻みに繰り返します。
(10)自分のキー音です。
(11)(12)(13)これも1~5の感覚で小刻みに繰り返します。





      (5)声が最高音になります 
    (4)/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒(6)
     / ̄\                ⌒(7)           ⌒(13)
    /     \                ⌒(8)       ⌒(12) 
  (3)|      \                 ⌒(9)   ⌒(11)
――|―♂―|―|―――――――――――――(10)
   |     /(1)  |            (8) ⌒(9)   ⌒(11)  
     \  /     |         (7) ⌒        ⌒(12)
    (2) ̄        |      (6) ⌒            ⌒(13)
              (5)|____⌒


上手く書けませんが
(1)丹田から出た声は(2)一旦下へ行き(3)後ろを通って(4)上に行き、(5)遠心力で飛んで行きます。
体が後ろへ反る感じで、力と声が離れる時までがタメです。(4)一気に体が前に振れ、頭が下がり、力は下まで行きます。(5)声は遠心力で飛んで行きます。
後は、徐々に上がってくれば、声は下がってきます。
この絵で分かりますかね。
イメージで声は喉を通りません。

普通の笑いと同じでかまいませんが、
歌をイメージした時、(5)高い声を伸ばすようなら、前に振れた身体を、お腹を前に出すように起きてくれば、張りのある綺麗な声が得られます。喉は痛めません。

要するに、高い声は上げるのではなく、振り下ろせば声は上がります。
低い声は下げるのではなく、上がってくれば声は下がります。

声(音程)は真直ぐではなく、上から前方下へ放物線を書いて進みます。(腹圧・残気の関係9

遠くの人と話すようにすれば、声は飛んでいきますから、喉はそんなに痛めなくなります。

また、裏声は
顎の下までの塀を置きます。
塀の上に顎を乗せて、足元を覗き込むように発声すれば、綺麗で、張りのある裏声が出せます。
(5)の状態のときです。
尾てい骨と後頭部で背筋を引っ張る様にです。

遠くの人に分かる言葉で、
遠くの人に聞こえるように、
遠くの人に語りかける様に歌って下さい。
高い声も出ます。裏声も自然に出せます。
綺麗な低い声も出ます。

腹式呼吸の呼気の時に、声帯を振動させるのが、腹式発声ですが、
息継ぎが自然に出来ます。
声に安定感が出ます。
声をコントロールしやすくなります。
歌いやすくなります。
声に迫力が付けやすくなります。
感情移入がしやすくなります。
良い声が出しやすくなります。


お腹を抱えて笑ってみてください。
下に描いてみました...続きを読む

Q合唱で声が幼いと言われました

私は中学3年生でもうすぐ学校で合唱コンクールがあります。
そこで今クラス曲と学年合唱曲をクラスで歌っているのですが(私はソプラノです)
いつも先生に「○○さん(自分)の声がいけない」と言われます
「○○さん以外で歌ってみて」などすごくきついことをされたりします。
私は声が大きい方なので余計に目立つそうです。
音痴だとは言われませんが、声が幼稚というか響きがないという風に言われます。
自分では先生の言われた通りにしているつもりなので、何度注意されても改善できません。
「大人っぽく歌え」とも言われます。

先生は「響き」といいますが、響きって一体どうしたらつきますか?
どうしたら声が幼くなくなるでしょうか。
うまくなって先生に認めてもらえるようになりたいんです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1、のどの奥の方に指を入れる。
 そうすると、「オエッ」となりそうになる。舌は下がります。のどの奥の方が広がります。
2、その状態で声を出してみる。顔全体に響くような感じならOKです。
3、合唱の時はのどをこの状態にして歌う。

響きのある声を作ろうとするのはいいことですね。しかし、この先生に認めてもらおうと思わなくていいと思いますよ。質問文を読む限り、教師は最悪の指導をしているように感じますので。
ただ、その先生を信頼しているなら「大人っぽく、響きがあるように歌うにはどうすればいいですか?」「先生のお手本を聴かせてもらえますか」と聞いて、先生の歌い方を真似してみてください。


人気Q&Aランキング