痔になりやすい生活習慣とは?

今は両親と住んでいますが、過去数年間母方の祖父母の家に居候していました。
2年ほど前に祖母が急に体調を崩し、色々考えた末に私は両親の家に移りました。
しかし、祖母はむしろ悪くなっていき、今年は祖父も癌で手術をしました。
だから、来春大学生になったら、また祖父母宅に居候して、一番世話をかけた私が、今度は二人を一番お世話しようと決めました。
しかし今年の春先、私が叔母の不興を買ってしまう出来事があり、彼女はそれを今でも根に持っているらしいのです。
祖父母には3人の娘が居ます。私の母はその真ん中で、私は両親と兄の四人家族。
母の妹は数年前に離婚、今は地方で一人暮しをしています。
問題の叔母は長女で、夫と一人の息子と暮らしているのですが、祖父母の家において全権を掌握しているような感じです。祖母はこの長女が白といえば白、黒といえば黒、といった所があるのです。
祖父母は、私の此度の居候に異論はなかったのですが、昨日母に長女からすごい剣幕で抗議の電話がかかってきたそうです。
私は、本当に祖父母にお世話になったので、実は祖父母の養子に入ってもいいかなと暫く思っていました。
私の両親には兄がいますし、将来お婿さんをもらえば、祖父母のお墓も続いていきます。
そして四女ということになれば、気兼ねもなく堂々と祖父母宅に住むことが出来るでしょう。
まだ両親・祖父母にも話していないのですが、まず、実の両親との離縁や養子縁組においてのメリット、デメリットを、経験者の方やそういう件に関わってきた方に実情をお伺いしたく存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。



まず、実のご両親との離縁はすることができません。
養子縁組をすれば、質問者さんにとっては、親が増えるという形になります。

未成年者であると思いますので、今の段階ですと、ご祖父母双方と共同してする必要がありますが、このケースでは法的な手続きはご祖父母の方々と縁組の届出をするだけです。

縁組をすれば、ご祖父母は同時にご両親になります。
姓も変わります。
問題は長女の方とは姉妹になることです。
法的な問題としては、その新たな姉妹と扶養義務がお互いに生じることと、将来の遺産相続に関して、おそらく問題になるであろうことです。
相続権が発生することはメリットといえばそうですが、トラブルの種でありなんともいえないところです。
おそらくは、縁組するにあたって、長女の方からは、相当な反発を受けることと思います。それは法的な意味か精神的なものかもしくは両方であるかもしれません。
おそらく相続人が増えることに賛成はしないでしょう。
確かに、法的地位としての四女は強いと思いますが、その叔母さんのこれ以上の反発を招いてまでする価値があるのかは質問者さん次第かもしれません。
では相続は放棄するから!と思ってみても生前放棄はすることが法律上認められておらず、相続についてはほぼ間違いなく問題が起こると思います。
本気で考えるならば、その叔母さんが別に住んでらっしゃるようですので、将来の遺産分割は有利であるとは思いますが・・・。

姓について。
日本では約97%が男性側の姓を選んでいます。
法の趣旨からすればとんでもない話ですが、未だに都会ですら、女性側の性を名乗ることを「養子に入る」と称するなど、未だ家制度の感覚は色濃く残っています。
そんな中で、女性側の性を選ぶことは、それなりの理由と、世間のそういった感覚からくる目や評価に抗う必要があります。
男性側はそのことについて、それなりの不利益も被る可能性があり、地域や職業によってはそれが結婚の障害になることもあるかもしれません。
ですので、姓については、質問者さんのこれからのご結婚を考えると、それを理由に縁組をすることはあまりおすすめできないです。

メリットは相続権。法的地位。
デメリットは相続トラブル。
叔母さんとのおそらく相当な軋轢を生むこと。
気兼ねなくお住まいできるかというと、法的な地位は強くなりますが、相手は人間ですので反発を生むことは必至だと思います。それを法的理由で抑えてくれればよいですが、そう簡単にいくかは疑問です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング