同じと解釈していいのですか?
違う場合どこがちがいますか?
放送中に・・・”ただいま不適切な発言がありました。お詫びして訂正します。”と時々ありますが、なぜ言った本人の口からお詫びして訂正させないのでしょうか?
昔は問題の無い言葉でも今は放送禁止用語(または差別用語)になっている言葉が幾つかあったとしたらそれらで共通していることはどんなことですか?
 また昔は放送禁止用語(または差別用語)だったけど今は問題のない言葉になっているのはどんな言葉ですか?そして問題がなくなった理由として考えられるのはどんなことでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

現時点では同じといえるように感じます。

土着の人を表す言葉、身体的欠陥を罵倒する言葉など、概ね今は放送禁止用語です。それから、「都会」の反対語の「田舎」はOKですが、それ以外の意味では確か放送禁止だと思います。
放送中の訂正については、電波に乗せたものの責任という解釈で、発言者以外で放送局の人が謝るのではないでしょうか?今は問題がない言葉は厳密にはないように思います。映像の放送コードがゆるくなっている代わりに、言葉の放送コードは厳しくなっているように感じています。
    • good
    • 0

まず、本人が言わない理由ですが、


本人にはわからないからです。わかっていれば使いません。
だから、まず、早めにお詫びだけを入れておいて、後で本人に
注意、説明します。
わかる人の場合、言った瞬間に気がつきます。
局アナはたいてい気がつきますから、自分ですぐに言い直します。

それから昔は大丈夫、今は問題 という言葉は結構ありますが、
昔が30年ぐらい前だとすると、一番多いのは職業差別でしょう。
再放送の巨人の星は口パクが多いので有名です。
逆は暴力的な言葉、表現、性的な言葉でしょうね。
今は普通の番組でも気にせずにセックスと言っていますが、
昔はこんなことは絶対にありませんでした。

放送禁止用語というのは、厳密には存在しません。
ですから、同じか?と、聞かれてもわかりません。
    • good
    • 0

厳密に言うと、違います。


差別語は「不快語」ともいわれるように、その言葉を使われた人が傷つく恐れのあるものです。

一方、放送では使えない言葉の中には「性的」な単語があります。
また、禁止とまではいかなくとも、耳で聞いて分かりにくい表現や誤解を招く恐れのある言葉はなるべく使わないようにしています。
例えば、放送では「約50人」とは言わないはずです。
「やく」と「ひゃく」の音が似ているからです。
(放送で「やくごじゅうにん」という人がいたら、その人はプロではありません)

昔使えなくて、今使えるようになった言葉…思いつきません。
その逆はありますね。

なぜ、しゃべった本人が謝罪しないのか。
これは、苦情が放送局に寄せられるからです。
そのような言葉を使う出演者を出す放送局が悪い、ということなのでしょう。
    • good
    • 0

>放送中に・・・”ただいま不適切な発言がありました。

お詫びして訂正します。”
>と時々ありますが、なぜ言った本人の口からお詫びして訂正させないのでしょうか?
「そういう発言をうっかり放送してしまってごめんなさい」という意味の謝罪だから、発言者が誰であれ、放送局側の人間である、アナウンサー(最近フリーの人も多いかもしれませんが)が謝るのだと思います。
だから、もし、アナウンサー自身が不適切な発言をしたとしても、そういう謝り方になると思います(「私が不適切な発言をしました、ごめんなさい」ではなく)。
電車が遅れた際、車掌さんのせいでなくても「電車が遅れましてご迷惑をお掛けしました」と車掌さんが謝るのと同じではないでしょうかねー。
    • good
    • 0

私の勝手な解釈なので、違うかもしれませんが・・・。


「禁止用語」は、差別言葉を含む、全体像だと思います。
差別言葉自体は、身体障害者の方を悪い言い方で表したもののような感じですね。
で、それに加えて過激な性に関する発言とか、そういうものが含まれて「禁止用語」になっているのでは・・・と思います。
ちなみにテレビ局によって禁止用語はさまざまな様で、その局ごとに「禁止用語マニュアル」なるものがあるそうです。

ちなみに、むか~しの映画をTVで放映する場合、差別用語はそこだけ無音にして放映する場合があります。
たしか、黒沢監督の映画だったように思いますが。
ここに書いていいのか分かりませんが、「めくら」「つんぼ」なんかはほぼ確実に消されているようです。
あと、「あいのこ」と言うのも差別用語になるそうで。
「ちびくろサンボ」も、「サンボ」自体が黒人を卑下した言い方なんだそうで、
題名を変更すべきではないか、なんて会議が開かれたりってことも一時期ありましたね。

私の持論としては、確かに差別することはよくないけども、
いまのテレビのようにあまりにも過剰になりすぎるのもどうかと思います。
昔から使っていた言葉であって、それを差別ととるのは
あまりにも判断が難しいのではないかと・・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ女性器名称だけが放送禁止用語なのですか???

一般的に、女性器名称は放送禁止用語とされています。

しかし、男性器名称は放送禁止用語ではありません。
勿論、男性器名称も積極的に発言されるべき言葉ではない?とは思いますが、女性器に比べれば、断然許容されています。規制が緩いです。

今現在の状況はまさしく男女差別で、フェミニストの方々が、「女性器名称の発言も許容しろ!男性器名称だけ発言されるのは『女性差別』だ!」と叫び出しやしないかと、日々、戦々恐々としております。

何故、女性器名称は、放送禁止用語なのですか?
また何故、男性器名称は、放送禁止用語ではないのですか?
女性器が放送禁止用語でなくなる未来は訪れないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下は過去ログになります。
参考になるかどうかはわかりませんが、一応載せます。

【http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016052500】
【http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q108580740】

Q放送禁止用語に

オナニーやマン○、チ○ポは、放送禁止用語ですが、何故辞書にも載っていないような言葉が禁止されるのでしょう。

連想させられる言葉なんですかね・・・

そもそもオナニーとは医学用語なんでしょうか?だとするとドイツからきているのでしょうか?マン○もです。その道に詳しい方いましたらおねがいします。

Aベストアンサー

#1です。
回答するのを忘れていました。

オナニーはドイツ語です。聖書のオナンの逸話からでています。
広辞苑などの辞書を見てください。ほかのことばも辞書には載っていますよ (^_^)v

青年よ、疑問を持つことは素晴らしい。ただ、自分で調べる努力もしないと、実力は期待できないょ。

Q放送禁止用語とは?

放送禁止用語については漠然とは分かりますが、実際、それらを記した小冊子なるものがあるのでしょうか?
番組出演者(一般人を含む)に前もって注意を促すことはあるんでしょうか?
また、禁止用語の使用を詫びるのは放送局側であって、出演者が謝るケースは殆どありません。こういうことも対応の仕方が決まっているんでしょうか?
マスコミ界での放送禁止用語の扱い方について具体的に教えていただきたいと存じます。

Aベストアンサー

放送禁止用語集
www.geocities.co.jp/WallStreet/4845/odio/kinku.html

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4845/odio/kinku.html

放送禁止用語一覧
http://page.freett.com/storyland/kikaku/kinshi/

番組、出演者の内容とモラルの問題と思います。

Q放送禁止用語について

放送禁止用語について


ほとんどは男性器も女性器も口にすればピー音が入りますが
たまに深夜番組かなんかで男性器はピー音は入らないけど女性器はやっぱり入ります
なぜ違いが出るんでしょうか?

Aベストアンサー

性的な言葉はその番組の自主規制によるものなので、プロデューサー次第です。

#1の方が言っているように卑猥さの社会的な概念の違いが大きいでしょうね。

チンコはokでもチンポはだいたいNGですし、
セックスは半々ぐらいですが、Hならだいたいokですし。


「キチガイ」みたいな差別用語に関しては放送法の問題があるので禁止の傾向が強いです。

Q「村八分」ってなぜ放送禁止用語なのでしょうか

今朝(12月28日)のTBSラジオ「森本毅郎スタンバイ」で、コメンテーターがネット社会の運営事業者の独占的地位を懸念することを述べ、締めくくりとして、「“村八分”ならぬ“グーグル八分”といわれている事がある」という旨を述べました。
すぐ(10秒以内)に、アシスタントアナウンサーが「ただいま、“村八分”という不適切な表現がありました。お詫びいたします」と謝罪コメントを入れました。
生放送なのに、すごく早い訂正で、きっと放送禁止用語として登録されている言葉なのだろうと推測しました。

さて、村八分というのは、そのコミュニティにおいて、何らかの事情で、その人(世帯)との付き合いはしないことを申し合わせることで、八分はお付き合いしない、残りの2分は「火事」と「葬式」で、そのときだけは村の人も手伝いに来るということだと思いました。

歴史的事実ですし、学校の授業でも習いましたし、パソコンの漢字変換でも一発変換できるほど“一般的”な言葉だと思います。

が、なぜ、“不適切”とされているのでしようか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。

そのラジオ番組が、その用語を、「この番組で放送するには不適切なものだ」と判断したからでしょう。

詳細は以下アドレス参照で~。
基本的に、「放送禁止用語集」のようなものは無いようで、あくまで、一般的に差別用語、卑猥な用語等を「放送で不適切であろう」と判断して、その番組独自で禁止するようです。
時間帯、番組によって、その用語が不適切かどうかも変わってくるようですし。
(「世の中の差別討論番組」とかがあったとして、その討論番組で出てくる差別用語~が全て「ピー」とかにされちゃ番組成り立ちませんしね。
あくまで、番組単位、独自の判断。というのがほとんどかと思います。

まぁ、大体の方向性?はあるようですが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E9%80%81%E7%A6%81%E6%AD%A2%E7%94%A8%E8%AA%9E


人気Q&Aランキング

おすすめ情報