電圧はV(Voltage)抵抗はR(Resister)
ナノに電流はなぜI(?)なんでしょうか?

それと、回路図などでトランシスタに番号をつけるとき
PNP TrのときはP1,P2・・・
となるのに
NPN TrはQ1,Q2・・・
となるのはなんでなんでしょう?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  以下の参考URLは、IEEEのサイトの「歴史についてのFAQ」のページです。ここに以下のような説明があります:
 
  >Why is current designated "I"?
 
   大意:
  >電流は、何故「I」で表すのか? この使い方は、1827年のオームの法則の公式化に遡る。オームは、負荷を横切る電流の「intensity 強度」が、電流発生源の emf に正比例することを見いだした。
  (詳細は、以下のページの文章を参照:)
  http://www.ieee.org/organizations/history_center …
 
  従って、電流の記号Iは、英語の intensity の頭文字です。上の参照URLには、出典等を挙げた説明があります。
 

参考URL:http://www.ieee.org/organizations/history_center …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっそく見てみようと思います。

お礼日時:2001/12/17 08:52

質問者はかなりレベルの高い方ですね。



>電子回路ではV(電位差)、電気回路ではE(起電力)を電源として用いるかと思うんですが?

電気回路でも同じです。起電力(変動しない)はE、電位差(周囲条件によって変動)はVです。Vは記号としても、単位としても使います。

>NPN TrはQ1,Q2・・・となるのはなんでなんでしょう?

私も、Qしか見た事がありません。P,Qを使うのはきっとローカルルールでしょう。NPNとPNPを特に区別したいのでしょうね。でもP,Qでわざわざ区別しなくても図を見ただけで即座に判るんですけどね。
    • good
    • 0

電流の I は intensity の頭文字だというのをどこかで見た記憶があります


(うろおぼえなので,自信なし,です).
でも,強さを表す量は他にもありますよね.
どうして電流だけに使うんでしょう?

V,E の使い方は必ずしも統一がとれていないようです.
テキストによっていろいろな使い方を見ます.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そういえば、intensity の頭文字と聞いたことがあるような。

お礼日時:2001/12/14 17:20

電流がIと表記されるいわれはわかりませんが、ちょっと指摘。

(^^;
抵抗をR、電流をIと表記した場合には、電圧はEですよね。
電圧のVは単位ですので、電圧をVとしたら抵抗はΩだし、電流はAですね。
あと、トランジスタをPで表記するのは、ローカルルールだと思います。とくにPNP,NPN関係なくQで表記するのが通常だと思います。回路図の部品表作成ルールとして、判りやすいようにどなたかが設定されたのではないですか?ローカルルール作成のルール(^^;としては、通常使われる記号の、アルファベット並びの連続を使うことが多いので、Qの1つ後はRで抵抗を意味してしまうため、Qの1つ前でPを使うのは、結構アリかも知れません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
おっしゃるとおりトランジスタのPはローカルルールでした。(^^;

ちょっと補足なのですが
電子回路ではV(電位差)、電気回路ではE(起電力)を電源として用いるかと思うんですが?

補足日時:2001/12/14 12:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qp、q、r、が定数で、かつ、p|x-q|の解は(ア)。 連立不等

p、q、r、が定数で、かつ、p<q<rのとき、
不等式|x-p|>|x-q|の解は(ア)。
連立不等式|x-p|>|x-q|>|x-r|の解は(イ)。

この問題の解き方を至急教えてください!
よろしくお願いします!

答え
(ア)x>p+q/2
(イ)x>q+r/2

Aベストアンサー

||の中が両方とも正の時、x-p>x-q → p<q
||の中が両方とも負の時、-x+p<-x+q → p<q xは関係ない
||の中が左辺が負の時、
-x+p<x-q
-2x<-q-p → x>(p+q)/2
||の中が右辺が負の時は、
x-p>-x+q
2x>p+q → x>(p+q)/2 ∴x>(p+q)/2

(イ)は、更に|x-q|>|x-r|の関係で同様の計算を行う。

Qpnpトランジスタとnpnトランジスタの接続回路について質問です。 写真の回路で入力電圧が4.7vで

pnpトランジスタとnpnトランジスタの接続回路について質問です。
写真の回路で入力電圧が4.7vでIc1のコレクタ電流が流れ、コレクタ電流が増加すると、VB2が0.7v以上にりpnpトランジスタのベース電流IB2が流れ、Ic2が発生すると言った説明がおるのですが、pnpトランジスタはベースの電位が下がるとベース電流が流れると勉強したのですが、これではIc1が増加するにつれ、Ic1と、コレクタ抵抗によりVB2は増加しますよね?
電位が高くなるのになぜ、pnpトランジスタは作動するのでしょうか?
詳しい方ご教授頂きたいです。

Aベストアンサー

> それはプラスの電圧VB2ではないのですか?
> エミッタから見てマイナス電圧とはどういった見方なのでしょうか?

TR1のコレクタにある抵抗に名前が書いてないのでRc1としておきます。
Ic1が流れるとRc1の両端に電圧が生じます。すなわちVB2が発生します。
VB2は直流の電圧ですが、その極性(プラス、マイナス)はどうなるかわかりますか?
図にIc1の流れる方向が矢印で書いてあるのでわかるでしょう。図の上方向がプラスになります。ですからVB2の矢印も上向きになってますね。
これをTR2について言えば、エミッタ側がプラス、ベース側がマイナスです。
このことを「エミッタから見てベースはマイナス」と言います。当然のことですが「ベースから見ればエミッタはプラス」ですね。視点を変えればプラスの電圧にも見えるしマイナスの電圧にも見えるのです。どこを基準にした見方なのかということが大事なのです。「○○から見てプラス」とか「××を基準としてマイナス」のように基準点を明確にしておかないと誤解を生じるのです。

Q電流、電圧、抵抗について。

こんにちは
1つめは、
中学のときに学習したオームの法則で
電流が I(アイ)
電圧が E(イー)
抵抗が R(アール)
と大文字の英語で表しましたが、
これは何の略なのでしょうか??
和英辞書で調べてみても当てはまる
ものがありませんでした。

2つめは
直流と交流の違いなんですか??

どなたか教えてください!
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

略号は既に正解が出てるので、直流と交流についてのみ。

直流はいつも一定方向に流れる電気です。
乾電池の電気がそうですね。
川の水も上流から下流に向かっていつも同じ方向に流れています。

交流は流れの方向が激しく変わる波です。1秒間に50とか60の波の数になります。
ということは波の向きは倍の100回とか120回変わります。
家庭に来ている100ボルトの電気は交流です。
例えとしては、電気洗濯機の水流を思い浮かべてください。
激しく向きが変わっていますね。でもちゃんと洗濯ができてますね。
交流の特徴はトランスを使えば電圧が簡単に変えられることと、
モーターを回すのに都合がいいことです。

Q電流20.4mAを流した時の電圧降下165mVである抵抗は何Ωか。

電流20.4mAを流した時の電圧降下165mVである抵抗は何Ωか。

Aベストアンサー

I=E/Rより、R=E/I、[I:電流、E:電圧、R:抵抗]、E=165mV、I=20.4mAより、R=165/20.4≒8.1Ωとなります。

Q数学IIの質問です。 円外の点から引いた接線の方程式を求める問題で、接点を(p,q)とおいた場合、円

数学IIの質問です。
円外の点から引いた接線の方程式を求める問題で、接点を(p,q)とおいた場合、円上にあるとp^2+q^2=r^2となるのはなぜですか?
どうしてもそこが疑問で勉強が進みません。
説明不足でしたら言ってください。
お願いします!

Aベストアンサー

原点が中心の円は x²+y²=r² 。①
(p,q)は接点だから、①の円周上にあり、x=p,y=qを代入すれば
p²+q²=r²。

別の言い方をすれば(x,y)の組で、(xの値)²と(yの値)²を足したらr²になる様な点(x,y)を全部描いてみると円になるという意味。
(p,q)はそういう点の内の1個と言う事。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報