現在青色申告しています。
小規模共済を止めるに際し、解約と廃業では支払額に大きな差があります。
出来ることなら「廃業」による手続きに出来れば、と考えています。このときに必要な書類は廃業届なので、税務署に「廃業届」をださなければいけません。
そうなると次からは白色申告になると思うのですが、一年くらい白色にするにしても、いずれは又青色申告にしたいと思っています。
しばらく時間を置いてから「青色申告申し出」を出しても受理されないのでしょうか。
どのくらい経ってからなら受理されるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一度、税務署に廃業届を提出した場合ですね。



まず、廃業届と一緒に「青色申告の取りやめ届出書」を提出する必要が有るようです。
そうすると、翌年から白色の扱いになります。

そして、再度、開業した場合、青色申告の取りやめ後1年を経過しないで、青色申告の申請を出した場合には、受理されないことがあります。

青色申告の取りやめた年の翌年から白色になり、これから1年を経過していれば、再度、青色申告の申請をすれば、他に問題がなければ受理されます。

ただ、これは、税務署との問題であり、これで、小規模共済の方が、実質的な廃業と見られるかは判りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。感謝申し上げます。
kyaezawaさんの博識にはいつも感心させられます。
経験者とありますがこの分野のご専門家ではないのですか?

お礼日時:2001/12/14 18:11

 小規模共済の受取額のために「廃業」手続きをして、青申から白申に変更し、税務署にも「廃業届」を出し、また、時間が経過したら青申でって、そのようなことはできないと思います。



 もう、廃業したのに、1~2年後に青色申告承認申請書を出すことは、出来ないでしょう。ただし、会社名なり屋号を変更するなら可能かもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
質問が枝分かれして申し訳ありませんが<
一度止めたにしたにしても、再度同じ仕事を始めることを禁止されているわけではないので、青色申告申し出を受理されないとは思えませんが。
これから先のことはやはり税務署に直接確認しなくては、と思います。

お礼日時:2001/12/14 18:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q廃業届を出すと、昨年の確定申告は青色申告?

廃業届を出すと、昨年の確定申告は青色申告ではなくなるのでしょうか。
昨年5月くらいまで、月に3万弱の仕事をしていましたが、契約していたところと切れたので、以降収入がないのですが、前年までは年間が150万くらいあったので青色申告していました。
今は仕事が出来ないので、近いうちに廃業届を出す予定です。
その場合、青色申告ではなく、白色申告でいいのですか?
貸借対照表などはいらないのでしょうか。

Aベストアンサー

青色申告をしていたなら青色申告です。本年度も廃業届けが出る前に営業をしていましたから、来年も青色申告をしてください。従来通りの申告です。赤字で申告してください。

Q2008年03月で廃業し、その後無職。その場合の確定申告方法は?(青色申告?白色申告?)

 状況は以下の通りです。

2008/03まで 個人事業主として青色申告していた。
2008/03末日 廃業し、以下の書類を提出した。
       ・個人事業の開廃業等届出書(2008/03/31廃業)
       ・所得税の青色申告の取りやめ届出書(2008年から取りやめ)
2008/04~  無職で所得はゼロ。

 この場合、確定申告をどんな方法で行えば良いのでしょうか?
(国税庁のサイトを見てもよくわかりませんでした)

 おそらく2008年から青色申告は出来ないと思われるため・・・

・従来通りの書類(貸借対照表、損益計算書等々)を用意し、白色申告する。

 という方法で申告可能でしょうか。
 また、従来通りの書類を作るのであれば、廃業に関する特別な仕分けが必要なのでしょうか。

 以上、ご回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

個人の税金は 1/1~12/31 の1年間がひとくくりであり、年の途中で青色、白色と分けることはありません。
青色申告取り止め届けを出したのなら、1年を通じて白色申告です。
貸借対照表も損益計算書も必要ありません。
『収支内訳書』を作成するだけでよいです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdf

Q途中で自営を廃業した場合の青色申告特別控除額について

去年の1月から4月までは自営、その後転職して今はサラリーマンをしています。

転職する前まではずっと自営で青色申告をしていて青色申告控除は10万円でした。

が、去年は途中で転職しているので、この場合の青色申告特別控除はいくらで計算すればいいのでしょうか?
去年転職してたったの4ヶ月しか自営でやってないので
10万円を月割りして4ヶ月分を控除すればいいのでしょうか?
どうかご存じの方教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

青色申告特別控除については、措置法の条文上に月割りの記述はありませんので、年の途中の開業であっても、廃業であっても、要件を満たす限りは控除額の全額が控除できます。
10万円という事であれば全額控除できますが、もし控除前の所得金額が10万円未満であれば、その所得金額が控除額となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2072.htm

Q青色申告・今年は白色?夫の社保などなど

色々と似たような質問が有るようで、自分でも読みましたが、いざ自分がどう該当するのか心配なので、お答え頂けると大変助かります。。
去年九月に会社を辞め、現在フリーランスで仕事を始めています。
今現在までで、デザインコンペの賞金の収入が有りまして、源泉徴収を引かれた内容の賞金をいただきました。
なので私の手元には、九月まで勤めていました会社からの源泉徴収書とその賞金の分の源泉徴収書が二枚有ります。
そこで確定申告の時期を迎えてしまったのですが、
今回は白色申告、ということですよね??
色々と私も調べ、青色申告の方がお得ということを理解しております。
青色申告にはその年の3月15日までに、今年から青色申告をします、という書類を提出すると読みました。
なので今回は白色申告をして、今年の分から青色申告をする様に書類を提出したら良いのでしょうか?今回も青色申告、というのは無理なんですよね??

後もう一つ、現在失業保険をもらっており、4月まで受け取れる予定です。なので、仕事を辞めてから、国民健康保険と国民年金を払っています。そこで私は既婚者なので、フリーランスの仕事もまだしばらく収入があまり見込めないので、夫の会社の健康保険に入ろうと思って居ます。
そこで、青色申告をしていても、夫の会社の保険等、入っておく事はできるのでしょうか?
また、こういったフリーランスの仕事だと、配偶者控除等受けていたとしても、一年たってみると意外と収入が有った、という事も起きると思います。そういった場合、夫の社保に入っていること等、どうなるのでしょうか?また自分で国民保険、国民年金に加入しなければならないのでしょうか?
収入が一定で無いと思われますし、それに何回も夫の社保~国民健康保険~と変えたりするのは面倒なので、夫の社保に入っておきたいのですが。。。

すいません、長くなってしまいましたが、よろしくおねがいします。

色々と似たような質問が有るようで、自分でも読みましたが、いざ自分がどう該当するのか心配なので、お答え頂けると大変助かります。。
去年九月に会社を辞め、現在フリーランスで仕事を始めています。
今現在までで、デザインコンペの賞金の収入が有りまして、源泉徴収を引かれた内容の賞金をいただきました。
なので私の手元には、九月まで勤めていました会社からの源泉徴収書とその賞金の分の源泉徴収書が二枚有ります。
そこで確定申告の時期を迎えてしまったのですが、
今回は白色申告、ということです...続きを読む

Aベストアンサー

>なので今回は白色申告をして、今年の分から青色申告をする…

はい。

>今回も青色申告、というのは無理なんですよね…

はい。

>青色申告をしていても、夫の会社の保険等、入っておく事はできるのでしょうか…

税と健保は次元の異なる話です。
青色申告をすることだけで、直ちに健保に影響することはありません。
青色申告をした結果が、所定の所得額以上似れば、健保を外されることはあり得ます。

>配偶者控除等受けていたとしても、一年たってみると意外と…

税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
月々の源泉徴収はあくまでも足らぬ狸の皮算用に過ぎないので、年末調整で正しく是正されます。
青色申告の決算が夫の年末調整に間に合わなかったときは、夫にも確定申告が必要になることもあります。

>そういった場合、夫の社保に入っていること…

青色申告をした結果が、所定の所得額以上似れば、健保を外されることはあり得ます。

>収入が一定で無いと思われますし、それに何回も夫の社保…

社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
細かい部分はそれぞれの会社、健保組合によって違います。
正確なことは夫の会社にお問い合わせください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>なので今回は白色申告をして、今年の分から青色申告をする…

はい。

>今回も青色申告、というのは無理なんですよね…

はい。

>青色申告をしていても、夫の会社の保険等、入っておく事はできるのでしょうか…

税と健保は次元の異なる話です。
青色申告をすることだけで、直ちに健保に影響することはありません。
青色申告をした結果が、所定の所得額以上似れば、健保を外されることはあり得ます。

>配偶者控除等受けていたとしても、一年たってみると意外と…

税法上の配偶者控除や扶養控...続きを読む

Q不動産収入の申告、青色か白色かどうすべきでしょう

夫婦で共同所有する建物を賃貸に出す話が持ち上がっています。
予測される賃借人は健全な法人で支払調書もしっかりしているし、こちらも正確に処理したいので家賃は持分割合で按分し確定申告をしようと思います。

現在夫は報酬比例部分の年金受給者、妻は無職で二人とも総合課税される収入は夫年金他は上記不動産のみ、将来妻が年金受給者になっても年金控除の範囲内程度だと思います。

不動産所得を予測計算してみたところ、経費差引後で各自年間額120万円程度、すべての申告所得はそれぞれの控除額によって違いますが0円(計算上はマイナス)~30万円程です。

この程度の低収入の不動産収入ですが、確定申告をするにあたり青色・白色どちらがよいでしょうか?
青色のメリットが10万円の控除にあることは承知していますし記帳自体はできます。

【青色の方がよいかと思う理由】
* 10万円の控除は申告所得赤字なら無用の長物だが健康保険税や住民税には有用か
* 賃借人交代の場合のリニューアル費用が赤字になった場合翌年以降に繰り越せる

【白色でもよいかと思う理由】
* 節税を考えるほどの収入でもないし記帳も楽そう
*青色にしても不動産所得のみだから控除は10万円が限度で専従者給与も認められないから白色とたいして変わらない
*今後上記不動産収入以外の事業をするつもりはない
* 青色申告会とかに勧誘されて無駄に費用が掛かりそう(入会しない場合に不都合ありか?)

以上を考えている状態です。
青色の届を出すなら所得のいかんにかかわらず夫婦共に出したい(青白問わず揃えた方が同じ手続きで楽そうだから)と考えています。

どのようにした方がよいかご指導いただければ幸いです。

夫婦で共同所有する建物を賃貸に出す話が持ち上がっています。
予測される賃借人は健全な法人で支払調書もしっかりしているし、こちらも正確に処理したいので家賃は持分割合で按分し確定申告をしようと思います。

現在夫は報酬比例部分の年金受給者、妻は無職で二人とも総合課税される収入は夫年金他は上記不動産のみ、将来妻が年金受給者になっても年金控除の範囲内程度だと思います。

不動産所得を予測計算してみたところ、経費差引後で各自年間額120万円程度、すべての申告所得はそれぞれの控除額によって違...続きを読む

Aベストアンサー

[青色申告会とかに勧誘されて無駄に費用が掛かりそう(入会しない場合に不都合ありか?]
が「どうしよう」という点のポイントのようです。
青色申告会は入会勧誘はまずしません。仮にされても「自分で出来ます」といえば「はいそうですか」となります。
入会しなくても不都合はありません。

特別控除10万円が受けられるのは大きいです。
所得税は5%課税で5千円ですが、住民税は10%なので1万円節税効果があります。
特別控除後の所得で、地方自治体が多くのサービス価格を決めてくるので「あと10万円所得が低かったら、負担額がずいぶん違った」というケースも出ます。
ただし、健康保険料(税)の算出は所得だけでなく、資産からもされますので、多くの資産を所有してると「限度額課税」になっているので、健康保険料への影響はないという場合もあります。

青色申告の承認を受けると、とにかく記帳がしっかり出来てないといけないということで、いまさら簿記など習いたくないという方が、承認申請をためらうのですが、記帳が出来るというなら、迷わず青色申告の選択だと思います。
白色申告ですと記帳義務がないので、経費も「収入の30%」として申告してしまって、ことさらに否認されるものではないですが、実際にそれ以上の経費負担をした場合には認められない、損失の繰越控除がないという点が欠点です。
固定資産税など経費がかかるのですから、自己管理的にも「いくら利益が出てるのか」計算はするのですから(つまり、記帳を義務ではなく、自分用にするということです)、そこまでしててあえて白色申告でいなくても良いと思います。

[青色申告会とかに勧誘されて無駄に費用が掛かりそう(入会しない場合に不都合ありか?]
が「どうしよう」という点のポイントのようです。
青色申告会は入会勧誘はまずしません。仮にされても「自分で出来ます」といえば「はいそうですか」となります。
入会しなくても不都合はありません。

特別控除10万円が受けられるのは大きいです。
所得税は5%課税で5千円ですが、住民税は10%なので1万円節税効果があります。
特別控除後の所得で、地方自治体が多くのサービス価格を決めてくるので「あと10万円所...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報