安楽死についてずっと考えていました。もう頭がちょっとパニック気味です。安楽死をさせて医者が殺人罪になった大きな事件があったのですが、安楽死は殺人ですか?私は殺人だとは思いません。安楽死に賛成ではありません。それでも、殺人とは思いません。安楽死の定義にもあいまいさが多すぎてわからなくなっているのです。尊厳死は患者の意見を尊重しますが、安楽死においても患者はあいまいな形で死にたいといったかもしれません。分からないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「殺人」だと思います。



なにか手を下して(あるいはわざと手を出さないで)人を死なせる(殺す)のですから、医者であろうと家族であろうとたとえ本人でも。

ただ、それなりの事情は勘案したいです。
#3の方の言葉を借りるなら、「いい殺人」もありうると思います。

そしてそれは、ケースバイケースで「殺した」ことの「罰」をどうするかという裁判でのみ認めるのがよいと思います。
安楽死、尊厳死はことばだけのものです。事実は「殺した」ことですので、「罪」は消えないのです。事情によって、罰さない場合があるというだけ。

安楽死、尊厳死という一切をひとまとめにして思考を止めてしまうような法律は、あってはならない。

と考えています。
    • good
    • 0

現在の刑法では、たとえ安楽死を患者や家族が願っていても


処置を行った医師は、患者さんを意図的に死なせたことになるので、
業務上過失致死ではなく、殺人罪が適用になるのだと思います。

話しは違いますが、脳死に陥った患者さんからの臓器移植について
数年前に法案が国会で可決されています。
ではこの臓器移植法で取り入れられた「脳死」という考え方と
安楽死ではどう違うのでしょうか。
それは、不可避か可避の違いではないかと思います。
脳死は患者さんにも家族にも不可避であり、言わば運命であるとしたら
安楽死は可避であることに問題があると思うのです。
脳死を死と認めたことは意義あることだと思いますが、
その判定には幾重にも医師のチェックが入りますが、
安楽死は、一人の医師と患者家族だけで決められることにも
問題があるとおもいます。
    • good
    • 0

法律というルールの視点で言ったら、安楽死、尊厳死、自殺、どれも、殺人になるでしょう。



わたしも、人生をどう生きるか、と考えると、どう終わるか、という点も考えてしまいますね。

ただ、『安楽死や尊厳死は、それが本人のためだから、「いい殺人」、だから罪にはならない』
って論理は、私は受け入れられません。

「私は、以下の状況になったら、安楽死を望みます。
 
 (1)事故で植物状態になったとき。
 (2)相当な苦痛を伴い、完治することがなく、かつ専門医  余命が六ヶ月以内と診断されたとき。」


など、自分が尊厳死を考慮してしまうような状況になっていないのに、尊厳死したい状況を場合分けして設定するってのは、あまりにも非人間的な論理だと思います。
    • good
    • 0

安楽死はよく議論されるテーマですが、実は安楽死は問題の核心ではありません。



その前の問題です:自然の摂理を受け入れて、死ぬべき時に死ぬことができない世の中になっています。

人生は長ければ長いほどいいというものではない、いかに丁寧に生きることこそ重要です。

現代社会において、全てがシステム化されていて、感動を覚えることも、残忍さに気付くことも、あまりできない仕組みになっているのです。

どちらかといいますと、『楽(らく)』であることが追求されつづけてきました。

一方、人間の欲張りのせいで、数えきれないほどの動物が食われる為に生まれ、一生狭いところで育ち、殺される運命になりました。

環境破壊も進み、毎日沢山の種が滅亡している様です。

それにしても、なにがあろうと、彼達の最後まで生きようとする無言の努力は感動ものです。

なのに、人間は『安楽死』の是非について、議論をしている...あまりにも醜い構図です。

良し悪しの問題ではなくて、「人類はこんなに情けない生き方でいいのかよ!」ということです。
    • good
    • 0

では、かなり個人的な意見で...。



私の考えでは、「安楽死」,「尊厳死」,「自殺」の全てが「殺人」の位置付けですね。

ただ、「良い」or「悪い」の判断では有りません。

根本的に、人の社会自体が不自然な形で均等を保とうとしてると考えており、
それ自体に善悪の判断を行う事が困難と考えて居ります。

その中でこののケースも「良し」「悪し」の判断では無く、「法律」と言うそれを保とうとしている物で判断されているのだと考えています。

勿論、私自身がこの中で生きている以上は、私なりにそれを認識しているつもりでは居ますので、それらを軽視している訳では御座いません。

例えばこのケースでも、その結果どうなるかを知らなかった場合は論外として、知って行った行為については、その後の事も考慮されて居たのでは無いでしょうか?
「安楽死」が「殺人」と同意で罪として問われるかどうかの論議は、まだ完全な結論も出ていませんし、それぞれのケースでも変わって来る事と思います。
その事は、この医師も御存知だあったと考えて居ります。
それを承知の上であれば、私としては反対する必要性を感じては居ません。

ただ、これらの事件や事象で私自身が必要と感じている事は、「考える」事は必要だと思って居り、それを意識し続けて行きたいと思って居ります。

何か、中途半端な文章で申し訳無いです...。
(ここでの討論は無理ですし、考える所の全てを文章化出来る程の文才も無いので...。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尊厳死・安楽死

今度尊厳死と安楽死についてのゼミ発表があります。

色々と調べてみたのですが、なんだか曖昧だったのでお聞きしたいことがあります。

尊厳死=消極的安楽死
と言えるのでしょうか・・。(方法は似ているのに言葉が違うのでよくわからなのです・・)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在の医療で特に重視される項目に
インフォームド・コンセントがあります。
患者に現在の病状を説明し
今後の治療の方針について、話し合いを
行いながら、決めていくという事です。

安楽死は、医師や家族の側が、これ以上
無理に苦しませたくないという事で、
積極的な治療を(無意味な延命措置をとらない)を
控えるという形で行われる場合が多いと考えられます。

逆に尊厳死の場合は患者本人が
病気の治癒や回復を目的としない
無意味な延命を拒否するという形で行われる場合が
多いといえます。

一番重要視されるのは、患者本人の意思の確認だと考えています。

ですが,実際の現場では、どちらか一方に簡単には
決められない事の方が、圧倒的に多いですし

いたずらに治療方方針を患者に委ねるのは、医師の無能を示す事だと、
相談する事を嫌う医師や家族が多いのが現実です。

自分も、もし、そういう状態になった時
治らない病気になった事を受け入れ、どういう治療を受けるのかを選択できる程、
強い人間でいられるか、どうかは、解りません。

医師は、どんな病気も治せる神様ではありません。
人間の生死を簡単に割り切れる医師は、医師としての
技術の面では、ともかく、
人としては、どうかとも思います。

尊厳死=消極的安楽死ではありません。

むしろ治らないのが解っていながら、いたずらに
延命措置を行う事の方が余程、
医師や家族の責任逃れの消極的安楽死と、いえるのではないでしょうか。

人間は必ず死にます。私がもしそうなったら病院ではなく、
自宅で家族と一緒に暮らしながら、死にたいと
回答を書きながら考えています。

現在の医療で特に重視される項目に
インフォームド・コンセントがあります。
患者に現在の病状を説明し
今後の治療の方針について、話し合いを
行いながら、決めていくという事です。

安楽死は、医師や家族の側が、これ以上
無理に苦しませたくないという事で、
積極的な治療を(無意味な延命措置をとらない)を
控えるという形で行われる場合が多いと考えられます。

逆に尊厳死の場合は患者本人が
病気の治癒や回復を目的としない
無意味な延命を拒否するという形で行われる場合が
多いといえま...続きを読む

Q安楽死と尊厳死の違いについて

安楽死と尊厳死の違いについて教えてください。
法律や医療に全くの無知ですので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pirayaさん、今日は^^

私が調べた所ですと、安楽死は、第三者が苦痛を訴えて居る患者に同情して、其の患者を『死なせる行為』。

其れに対して、尊厳死は、不治、且つ、末期の患者本人の『死に方』の事で在り、安楽死とは、其処が違う様です。

より詳しいお話は、以下のページで紹介されて居ますので、御参照頂ければ幸いです^^

参考URL:http://www.sal.tohoku.ac.jp/~shimizu/euthanasia/euth-def.html

Qがん患者の安楽死

タイトル通りなのですが
①がん患者に安楽死を選択出来るのでしょうか?出来るとしたらステージなどは関係しますか?日本では安楽死は違法でスイスなどの国では安楽死が合法とゆう事は日本のがん患者の方々は合法の国に渡航し安楽死が出来るのでしょうか?
②自分なりに調べてみるとセデーションとゆう言葉が出てきましたその
セデーションは安楽死?みたいな行為で日本の病院でやっているとゆう書き込みを見ました仮にセデーションが安楽死?のような行為の場合はどのようにして行うのでしょうか?
勉強不足などですみません
真面目な回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

拝見しました、

基本的に皆さんが仰る様に、日本国内では「安楽死」は認められません、
刑法(殺人罪)に抵触するからです、

海外で安楽死が認められている国々においては、聞き及んでいるところでは、安楽死を求めて単に入国する人間には認められないと言う事です、
完全に国籍を取得してからのようです、
安楽死への方法の多くは医師が処方する薬剤の服用(服用される方は、親類・知己などに集まって貰い極上のシャンパンを酌み交わしながら従容と臨終を迎えられるとか)、もしくは医師の手で心臓の鼓動を恣意的に停止させる薬剤の注入によって臨終を迎えられるそうです、

無知で申し訳有りませんが、「セデーション」なる意味合いは存じません、
ただ、患者本人が自由意志で意識が明確な折に積極的な治療は必要ない旨を担当医に宣言して自然の成り行きのままで臨終を迎える、
所謂「尊厳死」の事ではないかと推察します、
勿論、其れまでの間には耐え難い苦痛や疼痛も発生するでしょう、その折には積極的に緩和・沈静させるためにモルヒネなどの麻薬を使用してもらうと言う事です、

名前は不確かですが「日本尊厳死協会?」と言ったと思います、
民間の任意団体ですが、会員登録かによって、ご本人の意思に基づいた宣言を後押ししてくれるらしいと聞いております、

私事で恐縮では有りますが、
私も、癌に罹患した折には、治療は放棄して成り行きに任せる事にしています、
夫婦共々にです、
さらには、老い曝らえて惚けて尚命を刻む事にも自身は耐えられません、
こんな折にも可能ならばと考えます、

日本においても早急に安楽死が合法化されることを望んでいるのですが、
中々に、
気配すら無いのが現実です。

拝見しました、

基本的に皆さんが仰る様に、日本国内では「安楽死」は認められません、
刑法(殺人罪)に抵触するからです、

海外で安楽死が認められている国々においては、聞き及んでいるところでは、安楽死を求めて単に入国する人間には認められないと言う事です、
完全に国籍を取得してからのようです、
安楽死への方法の多くは医師が処方する薬剤の服用(服用される方は、親類・知己などに集まって貰い極上のシャンパンを酌み交わしながら従容と臨終を迎えられるとか)、もしくは医師の手で心臓の鼓動を恣意...続きを読む

Q医療と尊厳死について

尊厳死についてちょっと疑問に思ったのでここで質問させていただきたいと思います。


つい最近、身障者としての保護を受けている高齢の親戚が転んで骨折をしました。
その親戚は痴呆とかではないですが体の不自由があるため現在老人ホームに入っています。
また、本人は尊厳死の会員証?を持っております。

自分は直接現場にいたのではないのではっきりわかりませんが、
そこで手術を行った医者がこのようなことを言ったそうです。
「高齢であるし、もし手術時に危なくなったとしても蘇生処置とかなくてもいいか?」
※だいぶ簡潔にしてます

それに関する署名or印も取ったようですが、

それは・・・・職務放棄か所謂見殺しをする許可に思えました。


尊厳も何も無いと思っていますがこれは問題ある内容だと思ったのでここで質問させていただきます。


こういうことは見えないところで行われているとは思いますが、大いに問題あるのではないでしょうか?
そこのところどうなのでしょう。


詳しい方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

(Q)手術が起因となったものなのに対処しないのはどうなのだろう
(A)例えば、手術中に誤って血管を切ったというのならば、
ちゃんと対処しますよ。
(手術中に誤って血管を傷つけるというのは、珍しいことでは
ありません)
しかし、突然に心停止するなどの重大な合併症が起きたとき、
どうするか、という問題です。
このような重大な合併症が起きて、蘇生をした場合、
脳に損傷が起きて、寝たきりになるとか、色々と問題が
生じることがあります。
事前に、蘇生拒否の確認がなければ、脳に損傷が起きる可能性が
高いとわかっていても蘇生しますよ。
ご親戚への質問は、そのような状態なったとき、
蘇生をしますか? しませんか?
という質問なのです。

Q将来、尊厳死したいです

 先日まで、入院していました。下の世話とチューブを通じた流動食を送られる以外、寝たきりで全くかまわれない老人がいました。血管が硬くなっているので、腕に針は通らず、のどにテープを張って止めていました。体を動かすこともできず、だんだん衰弱してゆきつつ、何年も生きているということでした。ぞっとしました。
 自分がこのような状態になったら、さっさと亡くなってしまいたいのですが、今しておくべきことってありますか?

Aベストアンサー

#1で解答した者です。
母が入院中に病院でこの会の冊子を見つけてこれは、何かなと思い中を見る結果となりました。
 母も膠原病で、入退院の繰り返して入院すると点滴です。
 点滴も腕が細くなり、注射針が入らず結果何度も何度もする事となり、本人は痛がるし看護婦は仕事ですからと、押し問答をした事で、痛がる患者にする必要性有るのかと、疑問が湧いて来たのが、きっかけです。
 もう、尊厳死協会の会員になっていますが、自分がスパゲティ状態になった時、自分の意志が有るなら無駄な医療は受けたくありません。
 治療と言う名目で、患者が痛がる場面で真剣に、真の医療とはなんぞや?
 未だに、解答は出ていません。
 何か、困って時のアドバイザーもなってくれるとの事で、継続して入会しております。
 解答には、なっていませんが、入会した経緯を書きたくて追加で書きました。
 失礼します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報