下記英文の和訳あってます?間違っていたら和訳願います。

Many industrial towns in the north owed their rapid enlargement to railways, so that railways are one of the most important explanations for England becoming the first thoroughly urbanized country in the world.

北の多くの産業都市がそれらの迅速な拡大を鉄道に負いました。その結果、鉄道はイギリスが世界の中で最初の完全に都会化された国になるための最も重要な説明のうちの1つです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず単語ですが、「industrial」は(日本人には分かりにくいのですが)産業だけでなく、工業の意味もあります。

前後の文脈が分かりませんが工業都市のほうが自然かと思います。

「多くの北部の工業都市は、迅速な拡大を鉄道に負った。」<それらはいらないような気がします>

「それゆえに鉄道は最も重要な説明の一つにである、
英国が世界で最初に完全に都会化された国家になったことの。」

上から訳したのでこの語順になりました。気になるようでしたら
「それゆえに鉄道は英国が世界で最初に完全に都会化された国家になった最も重要な説明の一つである」
としてください。ただ翻訳でもない限り上から訳してやるのがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 22:58

間違っているということはないと思います。



ただ、とても細かいことを言うようですが、
urbanized は「都市化」ですね。
社会科学ではよく用いられる用語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 23:00

前半部分は、


「北の多くの産業都市が急速に拡大したのは、鉄道のおかげであった。」
としては如何でしょう。

また、「explanation」は「説明」の他に、「原因」「理由」の意味がありますので、
そちらの方がいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考なりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 23:02

大体合っていると思いますが、ただ、


・・・なるための・・・説明
というのは、日本語としておかしくないですか?
・・・国になったことを説明するもので、最も重要なものの一つ
ということだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり日本語おかしいですね!
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 23:11

ずいぶん堅い和訳ですが、一応、意味はあってると思いますよ。


あとは国語力の問題です。

*ただ、試験などの場合は、意訳が減点対象になる場合もあるので御注意。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり日本語おかしいですね!
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/12/14 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこのtheは総称の可能性はありますか?Everyone has the right to free speech in our country.

こんにちは、

或る方が、

Everyone has the right to free speech in our country.

のthe rightのtheは総称のtheだと言っていました。

しかし、このtheは数ある権利の中で、特定されたtheではないでしょうか?

総称のtheの可能性はありますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

The horse is a useful animal.
これなんかが総称の the の代表的な例文です。
特定の「馬」をさすのでなく,馬全体。

なぜ,the で総称を表すのか。
それは,この表現をする場合に,カテゴリ上,horse より上にある「動物」などが意識されているのです。
前に「動物」について話題にあるか,単に頭の中で意識しているか,いずれの場合もあるでしょう。

「動物」というカテゴリにおいて,さまざまな種類のものがある。
その中で「馬」種,ともいうべき,特定の種類のものを表す結果,馬全体を表すことになります。
言い換えると,種類を限定しており,結局,the は that から来た「特定」のものを表すことに違いありません。

このイメージがわかれば,なぜ north など方角,田舎で the country になるのかなどが理解できるようになります。

「言論の自由」の総称ということはありません。

Qfrom the most primitive myths to the most contempo

from the most primitive myths to the most contemporary novels the search for identity has been the most compelling human problem

1つ1つの単語の意味はわかるのですが
和訳できません
教えてください

Aベストアンサー

最も原初的な神話から最新の小説に至るまで、アイデンティティの探求こそが、常に最も人を引き付けて止まない人間的課題であった。

Q英文解釈の質問です。 people who live in the country and ne

英文解釈の質問です。

people who live in the country and
near open fields have a great advantage
in an earthquake.

という文の in an earthquake は副詞句なんですが、advantageに掛かる形容詞句だとなぜダメなんですか?

Aベストアンサー

こういうのはどちらかと考えるのはナンセンスです。
英語では動詞→名詞 (have an advantage)ときて、
前置詞句 in ~が続く。

それだけのことで、動詞にかかるか、名詞にかかるか、
あるいは動詞+名詞という動詞部分全体にかかるか、
大きな問題ではありません。
そのまま前から流れるだけです。

日本語で訳そうとすると、構造を考えようとすると、
どうしても後ろから見ることになり、
どちらにかかるかということを考えざるを得なくなるのです。

There is a book on the desk. の場合、on the desk は副詞句、
The book on the desk is mine. の場合は形容詞句、
こういうことを日本では習うわけですが、まったく同じものです。

名詞の後に前置詞句がきたら、それにかかる形容詞句、という発想は日本人が好んですることです。

今回も、「地震において、アドバンテージがある」も、
「地震におけるアドバンテージがある」も同じことです。

go to the library to study
これは副詞用法の不定詞であって、
「勉強するための」図書館
ではない、
こういう理屈でいっても今回は副詞的、の方がいいようには思いますが、
英語として前から流れる、というだけです。

国語の修飾に関する問題で

「だんだんと明るくなる」というと

「だんだんと」は「なる」にかかる、となりますが、
別に前から流れるだけで、普段は何にかかるかなど意識しません。

英語も、前から流れるだけのことです。

「だんだんと」が前にくるように、in ~は英語で最後にきて、
日本人的には逆向きで考えないといけないから悩むのです。

こういうのはどちらかと考えるのはナンセンスです。
英語では動詞→名詞 (have an advantage)ときて、
前置詞句 in ~が続く。

それだけのことで、動詞にかかるか、名詞にかかるか、
あるいは動詞+名詞という動詞部分全体にかかるか、
大きな問題ではありません。
そのまま前から流れるだけです。

日本語で訳そうとすると、構造を考えようとすると、
どうしても後ろから見ることになり、
どちらにかかるかということを考えざるを得なくなるのです。

There is a book on the desk. の場合、on the desk は副詞...続きを読む

Qthe best season in the year or the best season of the year

最上級を使った文についての質問です。「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。生徒にof→複数名詞、in→範囲(例:of the three3人の中で。in his classクラスの中で。)と教えていたので、返答に困りました。また、この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。特定の年ではないと思うのですが。辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

Aベストアンサー

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad seasonなどで構成されていて、そのうちのbest season)
(2)the tallest of the three(そのグループがその3人で構成されていて、そのうちで最も背が高い人)
(3)the people of Japan(日本がpeopleで構成されていて、そのpeople)
(3)は、「日本を構成している人々」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本で生まれて日本で大きくなった人々」というような意味です。


このような用い方のA in Bは、「Bが最外縁の境界線でありその中にある」という意味です。「AがBを構成している」という意味は表しません。例えば、次のようです。
(4)the tallest in his class(his classが最外縁であり、その中で最も背が高い人)
(4)では、his classを何人が構成するか、それが誰であるかなどには全く注意が向けられていません。ただ単に、his classという最外縁を示しているだけです。
(5)the Americans in Japan(日本にいる米国人)
(5)は、「日本に住んでいるあるいは来ているだけで日本を構成していない米国人」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本の中にその瞬間にはいる米国人」というような意味です。

したがって、いけない理由は、御質問の英文が「1年はseasonsで構成されていてそのうちのbest season」という意味だからです。御質問の英文でofの代わりにinを用いると意味になりません。

>この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。

構成要素に注目した場合のyearは特定のものだからです。例えば、best season、two good seasons、worst seasonで構成された「1年」は世界に1つしかないからです。例えば、次のようです。
(6)the second month of the year(1年のうちの2番目の月)
(7)the last quarter of the year(1年の最後の1/4)
(6)、(7)のofをinで置きかえると意味になりません。

>特定の年ではないと思うのですが。

特定の年ではありません。構成が特定である年です。

>辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

御質問の英文のような内容の場面ではyearは可算名詞なので、冠詞を付けなければなりません(しかも、この場合は上に述べたような理由から、冠詞はtheでなければなりません)。
何も冠詞を付けないと意味になりません。

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad season...続きを読む

Q「The light in them died」とは?The light in one's eyes diedの事?

こんにちは、いつもお世話になります。

Colleen McCulloughのANTONY AND CLEOPATRAを読んでいて、
慣用句らしき「The light in them died」という文に遭遇しました。 

しかし、辞書にこの慣用句は、載っておりません。

そこで考えたのですが「light in one's eyes」という慣用句に手を加えたものでしょうか?

目は二つあるから、「Them=one's eyes」と考え、

The light in them died=The light in one's eyes diedは「それら(両目)から(希望の)輝きが消えた」=「がっかりした」ということですよね?

==========================================================
参考までに前後の文脈です。

背景:Antiochにアントニウスと共に居たクレオパトラの下にエジプトから手紙が届く。 クレオパトラの長男カエザリオンがもんだいを起こして手に余っているという。 急遽エジプトに船で帰国するクレオパトラ。 港に着くと、侍従長のApollodorus一人が待っていた。 カエザリンが港で待っていてくれなかった、、と気がついた所で、この文が出てきます。

Apollodorus was waiting on the jetty in the Royal Harbour, but not, her eager eyes discovered, her elderst son. The light in them died, but she give her hand to Apollodours to kiss when he rose from his obeisance, and didn't object when he led her to one side, his face betraying his need to give her vital information right at this moment of her arrival.
=================================================================

よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

Colleen McCulloughのANTONY AND CLEOPATRAを読んでいて、
慣用句らしき「The light in them died」という文に遭遇しました。 

しかし、辞書にこの慣用句は、載っておりません。

そこで考えたのですが「light in one's eyes」という慣用句に手を加えたものでしょうか?

目は二つあるから、「Them=one's eyes」と考え、

The light in them died=The light in one's eyes diedは「それら(両目)から(希望の)輝きが消えた」=「がっかりした」ということで...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね、この前文で複数形のものはeyes しかありませんし、light の意味に
>a gleam or sparkle, as in the eyes.
がありますので
http://dictionary.reference.com/browse/light

>The light in them died=The light in one's eyes diedは「それら(両目)から(希望の)輝きが消えた」=「がっかりした」ということですよね?

ここではThe light in her eyes died で、まさにそういう意味だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報