こんにちわ。今、Sidney Sheldon の ’The Best Laid Plans'
という本を読んでいます。内容は良くある男に捨てられた女性の復讐劇なの
で、その復讐計画という意味だろうとは思うのですが、どうも、Laid が
わかりません。Layの過去分詞なのでしょうが、どう訳せば良いのでしょうか。
 ちなみに邦題は’氷の淑女’というらしいです。
(原題とはチト飛躍していますよね・・・)よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


  確信がないので「自信なし」にします。
 
  >The Best Laid Plans
 
  これは、The Best Laid の部分だけを見ると、「完璧に準備された、完璧に整えられた、完璧に立てられた」という風なニュアンスで、The Best Laid Plan は、単純には、「完璧な計画」程度の意味でしょう。「撚る」という意味が確かに lay にはありますが、the best laid は、「撚りに撚った」ではないでしょう。The Most Laid Plan なら、そういう意味かも知れませんが。
 
  問題は、もし質問者の書き間違いでなければ、plans と plan が複数になっていることです。「完璧な計画」が何故複数になっているのかです。完璧な計画が二つあり、完璧な計画を立てて復讐しようとした処、それ以上の完璧な計画があって、見事逆転するということかも知れませんし、計画が二つとは限らなく、計画に対する反計画があって、あわや返り討ちと思うと、奥の奥の計画、つまり、Tha Best Laid Plan があって、見事、計画逆転を逆転させるという意味のような気がします。
 
  これが「完全な計画」と思って、復讐に入ると、それが狂って来ると言うか、先方側の計画がもっと周到で、意外な方向に終結を向かえるというのは、よくあるサスペンスの話です。この場合、Plan と単数であって自然だと思います。「完璧な計画……だったのに……」という訳です。しかし、あわや、そう見えて、実は、奥に更にもう一つ万一の場合の「計画」があり、逆転が逆転、すなわち、これこそ、「完璧な計画」であった……というのは、通俗作家シドニー・シェルダンにありそうな展開で、the best laid plans と複数になっているところから、アメリカの読者は、「完璧な計画が……複数!」「逆転また逆転……その先を見越し・見越し立てられた、計画予定」と思うのでしょう。
 
  また計画が「ベスト」なのではなく、計画の「立て方」がベストなのです。plasn には「計画」以外に、「予定表、計画表、平面図=見取り図」というような意味もあります。技術系(特に建築など)では、plan というと、平面図のことを指すことが文脈ではありますし、よく使います。The Best Laid Plans というのは、「完璧に準備された見取り図」のような意味もあります。それが複数ですから、「完璧に準備された複数の見取り図」また「複数の予定表」です。完璧に準備した行動予定が、同じような予定計画としのぎを削り、さて、完璧に準備された予定とは、どちらの方であったのか、更に別の完璧な計画・予定が隠されているのか。……ということではないかと。
 
  意味を訳すとすると、どうも日本語になっていませんんが、「完璧に準備された計画……は一つではなかった」とでもなるでしょう。Plans と複数になっているのは、The Best Laid と先にある以上、完璧な計画だったのが、逆転され、しかし、更に逆転の計画が予定に準備されており……最後には、誰の予定・計画が勝つか……お楽しみに……というような意味を喚起するタイトルです。(作品の内容も知らず勝手なことを言っていますが、タイトルで読者を引きつけるというシェルダンの通俗技法ではないかとも思います。宣伝コピーライトの世界では、こういう意味ありげな表現がしばしばあるように思います)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答、有難うございます。ご指摘のPlansですが、間違いなく
複数形です。まだ半分も読んでいないのですが、おっしゃるとおり、
プランがいくつも(登場人物別の)あり、それがしのぎを削っていく、
というようなストーリーだと思います。又色々お世話になるかと思います。
本当に有難うございました。

お礼日時:2001/12/15 12:51

研究者の「新英和辞典」で「lay」の項に


・よる、なう、編む、組む
とあります。
さらに、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「ALC」
このサイトで「laid」と入れて検索すると、
・laid rope
があります。

これらからの推測ですが、hirojiさんの回答のように練りに練った(復讐)計画と言う意味ではないでしょうか・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.alc.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良いサイトを教えていただき、有難うございました。

お礼日時:2001/12/15 12:52

わたしはその本読んだことないので、内容と合ってるかどうかわかりませんが…


lay one's plans で「計画を立てる」という意味の慣用句になります。なので、直訳すれば「最も熟慮された計画」とかになるんじゃないですかね。
layには「(人を)葬る」という意味もあるようですが、ここではたぶん上のような解釈でいいと思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。もっと辞書を読み込むべきでしたね。反省!

お礼日時:2001/12/15 12:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qvideos being watched ... 分詞の後置修飾?

英語版Youtubeのトップページにビデオを紹介するコーナーとして
Videos being watched right now 
とありますが、
質問(1)この「being watched right now」は分詞の後置修飾であると解すべきか、それとも、Videosが動名詞being watchedの主語である
とするのか、わかりません。

ここで分詞の後置修飾であるとすると、疑問が浮かびます。
「being」の存在とその意味です。
本来、他動詞を過去分詞にすることによって受動態のニュアンスがでる
ので
質問(2)「being」を抜いた Videos watched right now でも良いと思うのですが、問題はあるのでしょうか。
(そもそも、分詞の後置修飾でbeing done はありえない と思っています)

お願いします。

Aベストアンサー

これは、後置修飾という説明でもいいのかもしれませんが、一般に新聞の見出しやタイトルなどに見られる文体で、名詞(主語)の後にくるbe動詞を省略した形だと考えるのがより自然だと思います。

例えば、http://club.japantimes.co.jp/special/jt/ の真ん中よりやや下にある「英字新聞を読み解くポイントとなる見出しのルール」の3、「be動詞は省略」にあるとおりです。

つまり、件の場合、Videos are being watched right now. の見出しヴァージョンだと思います。日本語ですと、「ヴィデオ放映中」とか、「視聴可能ヴィデオ」ぐらいはどうでしょう。 

Beingの意味についてはご回答#1の方もおっしゃっているように、現在進行形の受け身ですね。

QSIDNEY SHELDON

SIDNEY SHELDON 著 ゲームの達人 
TOEIC 700 台ですらすら 評判どおり 読めました、満足しています
次は? NETで探しても わかりません、
どなたか ご教示いただきたく お願いします。
’真夜中は別の顔’でしょうか? 愛読者様へ。

Aベストアンサー

Sidney Sheldon は、数冊読みましたが、やはり売れ筋トップの
Master of the Game が内容的には秀逸だと思いました。
女流作家ですが、
Sandra Brown の Mirror Image などは、
ハラハラドキドキ感が楽しめます。
http://www.amazon.co.jp/Mirror-Image-Sandra-Brown/dp/0446353957/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=english-books&qid=1264153337&sr=8-1

参考までね。

Q"Full Sentence" videos are always o

"Full Sentence" videos are always out-pulling outline-style videos.
とはどういう意味ですか?日本語訳例も教えてください。推測でも助かります。

Aベストアンサー

“Full Sentence" videos are always out-pulling outline-style videos.


完全訳文付きのビデオ(教材?)の方が,常に簡略訳文(付き)よりも遙かに人気がある(よく売れている、売り上げではダントツである)。

Q’all (the) 複数名詞’ と ’all of the 複数名詞’ではどちらが先?

英語史に詳しい方にお尋ねします。

(1)
’all (the) 複数名詞’ と ’all of the 複数名詞’ の2つの表現形式では派生上どちらが親でどちらが子の関係なのでしょうか?

次の(あ)説と(い)説のどちらが正しいのでしょうか?
(これはこのカテの質問(No.2058657)の ’all (the) 複数名詞’ に関して調べる中で、いくつかの学習文法書をみていて湧いた疑問です。)

(あ)
『総合英語フォレスト』(第4版、桐原書店、p.463)は、「[all the booksは]もともと、all of the booksという表現で、ofが脱落したものである」、と書かれています。私自身も今までずっとこのように理解していました。

つまり、’all of the 複数名詞’ が親という説。

(い)
ところが、中・上級者用の代表的文法参考書『ロイヤル英文法』(旺文社、p.223)はallの形容詞用法の説明で、「allは元来形容詞で…代名詞用法のAll of the villagers ~の形はsome of ~などの形にならってできたもの」、と書いてありました。同様のことは小西友七編『英語基本形容詞・副詞辞典』(研究社出版、1989年、p.86)にも、「’all of …’ はnone [some, any] of などの表現の類推によってできた比較的新しい言い方」、とあります。

つまり、’all (the) 複数名詞’ が親という説。


(2)
bothについても同じことがいえるのでしょうか?

(3)
ついでにと言っては何ですが、そもそもsomeについてはどうなのでしょうか?’some複数名詞’ と ’some of the 複数名詞’ の2つの表現形式にも派生上の親子関係があるのでしょうか?もしあるとするなら、どちらが親でどちらが子の関係なのでしょうか?


(1)、(2)、(3)どれか一つだけでも結構です。ご教示ください。

英語史に詳しい方にお尋ねします。

(1)
’all (the) 複数名詞’ と ’all of the 複数名詞’ の2つの表現形式では派生上どちらが親でどちらが子の関係なのでしょうか?

次の(あ)説と(い)説のどちらが正しいのでしょうか?
(これはこのカテの質問(No.2058657)の ’all (the) 複数名詞’ に関して調べる中で、いくつかの学習文法書をみていて湧いた疑問です。)

(あ)
『総合英語フォレスト』(第4版、桐原書店、p.463)は、「[all the booksは]もともと、all of the booksという表現で、ofが脱落...続きを読む

Aベストアンサー

all, some, each/every には,古英語の時代から形容詞用法と不定代名詞用法がありました。古英語の eall (現代語の all)の例を挙げます(綴りは微妙に変えてあります)。

1.形容詞的用法
ealne daeg (all day)
ealle menn (all men)

2.不定代名詞用法
hit eall (it all)
all thas thing (all these things)
eall Godes getheaht (all the counsel of God)

3.名詞的用法
alle butan anum (all except one)
eal moncynnes (all the males)


また数詞も部分属格をとっておりました。
twentig wintra (twenty winters)

というわけで,
(1) 「of ~」は(部分)属格から生まれたもの
(2) all のもともとの品詞はともかく,古英語の不定代名詞用法の子孫には当たる。

ただし,これが形容詞ではない,とまでは実は(個人的には)言いたくない。数量詞のいくつかの用法の一つにすぎない,と考えているので。でもこれは余談。

all, some, each/every には,古英語の時代から形容詞用法と不定代名詞用法がありました。古英語の eall (現代語の all)の例を挙げます(綴りは微妙に変えてあります)。

1.形容詞的用法
ealne daeg (all day)
ealle menn (all men)

2.不定代名詞用法
hit eall (it all)
all thas thing (all these things)
eall Godes getheaht (all the counsel of God)

3.名詞的用法
alle butan anum (all except one)
eal moncynnes (all the males)


また数詞も部分属格をとっておりました...続きを読む

QMusic Videos

LANUCHみたくMusic Videos を見れるサイトはないですか。

Aベストアンサー

Music Videos、私も好きです。
列挙します。
http://windowsmedia.com/mg/home.asp?
http://entertainment.msn.com/Music/
http://channels.netscape.com/ns/music/ch/songs.jsp
http://home.real.com/
http://www.apple.com/quicktime/whatson/
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/9series/super9/default.asp

Q名詞+to be 過去分詞、being 過去分詞、過去分詞

英語やり直し組みです

The government meanwhile says more than 12 hundred people detained for their part in the protests in Rangoon have been released, about half of them Buddhist monks, after they pledged not to demonstrate again.

最初見た時に意味がわかりませんでしたがdetainedはpeopleを形容して「引きとめられた人々」のような意味になるのだと思います。
そこで気になったのですが
(1)people detainedはpeople being detainedにはならないのでしょうか?
名詞+to be+過去分詞、名詞+being+過去分詞、名詞+過去分詞
これらの使い分けがよくわかりません。
toは未来志向だ、とかingは動いているイメージ、というのはよく見ますが、最後の名詞+過去分詞はどういう状態なのでしょうか?

お願いします

英語やり直し組みです

The government meanwhile says more than 12 hundred people detained for their part in the protests in Rangoon have been released, about half of them Buddhist monks, after they pledged not to demonstrate again.

最初見た時に意味がわかりませんでしたがdetainedはpeopleを形容して「引きとめられた人々」のような意味になるのだと思います。
そこで気になったのですが
(1)people detainedはpeople being detainedにはならないのでしょうか?
名詞+to be+過去分詞、名...続きを読む

Aベストアンサー

まず質問の意味を取り違えていたらすいません。
あと、私は日本語での解釈は日本語の「~された」のような日本語の過去形が影響するので好きではないですが、一応こんな違いがあります。

people detained は、「拘留された人々」
people being detained 「拘留されている人々(拘留中の人々)」(今もまさに人が拘留されているという状況のイメージ。通常文章も拘留が継続中であることを示すような文が使われてる)
people to be detained 「拘留『状態』となった人」(なったとは過去形だが、peopleを直接修飾しておらず、状態[to be]を修飾している。)


最初のは名詞 peopleを過去分詞がまま修飾しています。
people (人々)
───
   └── detained(その人々は「拘留された」)

ここでは過去分詞(分詞は)が直接名詞を修飾していることで、形容として拘留されたということと同時に、その形容はすでに過去であり終わったイメージがあります(形容が出来ているからこそ、「~した、された」と述べることができる。出来ていないなら「~した、された」と形容ができません)。事実文章中では、have been released (解放された) と完了していますので、その人々は解放されたイメージがつたわります。

最後のは、to を中心として peple(人々) | be(~の状態) が対峙しています。
people to be  (人がある状態になっている)
    ───
      └── detained(その状態は「拘留された」という状態)

これは真ん中も同じで
people being (人がある状態になっている。またそれは進行している)
    ───
      └── detained(その状態は「拘留された」という状態)


to が未来志向なのかは、前の動詞との兼ね合いによったり、後ろにくるものが名詞なのか他の品詞なのかによるので、すべてのtoの説明に適用できるものではありません。
本来英語は英語で判断されているので to は to でしかないのですが、日本語による説明はその時々で、説明する人によって、あるいは説明を受ける人の理解のレベルなどにより、使い分けられています。
(なので解釈や説明の違い、という分けのわからない言い訳もでてくる)。

まず質問の意味を取り違えていたらすいません。
あと、私は日本語での解釈は日本語の「~された」のような日本語の過去形が影響するので好きではないですが、一応こんな違いがあります。

people detained は、「拘留された人々」
people being detained 「拘留されている人々(拘留中の人々)」(今もまさに人が拘留されているという状況のイメージ。通常文章も拘留が継続中であることを示すような文が使われてる)
people to be detained 「拘留『状態』となった人」(なったとは過去形だが、peopleを直接...続きを読む

QMy Videosへのアクセスが拒否されてしまいます。

DVDをPSPで見るための動画へ変換しようとPSP変換君FEというツールを
使おうとするとエラーが発生します。

エラー内容
パス C:¥Users¥○○○○¥Documents¥My Videosへのアクセスが拒否されました。

とでます。おそらくVistaのセキュリティ関係のことだと思うのですが、設定をどう変えればいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

作者のブログによると、Vistaには対応してないようです。

参考URL:http://timamu.blog83.fc2.com/blog-entry-131.html

Qthe best とただのbest

英文で、二つ質問があります。

1)I like all. But I like this one best.

なぜthe best ではなくbestだけなのでしょうか。

2)I like wtite shirt better than red.

なぜredのうしろにoneがこないのでしょうか。

どなたか解答をお願いします。

Aベストアンサー

1) 本来、the は名詞につくので、形容詞の最上級で
かつ、後に名詞がある場合、あるいは補える場合に the がつきます。
副詞の最上級の場合、the はつかないはず。

しかし、最上級の the はそういう名詞につくという本来の用法と関係なく、
副詞の最上級にもつけることが一般的になっています。

日本でも私の学生時代(数十年前)から、かっこつきでどちらでもいい、となっていました。
今ではかっこなく、最上級には the はつく、と決まったパターンで教えています。
逆に、実際にはこの例のように the がないこともあります。

形容詞の場合に
The lake is the deepest (one/lake) in Japan.
The lake is deepest at this point.
のような違いにならって、副詞についても区別するということがないわけでもないのでしょうが、
この形容詞の違いについても、今では下の場合に the をつけることがあるのです。

だから、状況とか個人差があって、どちらでもいいくらいに思ってください。

2) shirt は可算名詞なので、
I like white shirts better than red ones.
複数にするか、the white shirt better than the red one とするか。

色には名詞的用法があるので、色の対比として than red とすることがあります。
この場合、the red は不可。
もちろん、one を使ってもいいです。

1) 本来、the は名詞につくので、形容詞の最上級で
かつ、後に名詞がある場合、あるいは補える場合に the がつきます。
副詞の最上級の場合、the はつかないはず。

しかし、最上級の the はそういう名詞につくという本来の用法と関係なく、
副詞の最上級にもつけることが一般的になっています。

日本でも私の学生時代(数十年前)から、かっこつきでどちらでもいい、となっていました。
今ではかっこなく、最上級には the はつく、と決まったパターンで教えています。
逆に、実際にはこの例のように the がない...続きを読む

QI love seeing videos and pictures like these in my

I love seeing videos and pictures like these in my feed.

の翻訳お願いします(T_T)

それと 私は今とても幸せって英語でなんて言いますか?お願いします(๐ ›ㅅ‹ ๐)

Aベストアンサー

自分のニュースフィードで、こんなビデオや画像を見るのがとっても好き。

>私は今とても幸せ
I am very happy now.

Qthe best season in the year or the best season of the year

最上級を使った文についての質問です。「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。生徒にof→複数名詞、in→範囲(例:of the three3人の中で。in his classクラスの中で。)と教えていたので、返答に困りました。また、この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。特定の年ではないと思うのですが。辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

Aベストアンサー

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad seasonなどで構成されていて、そのうちのbest season)
(2)the tallest of the three(そのグループがその3人で構成されていて、そのうちで最も背が高い人)
(3)the people of Japan(日本がpeopleで構成されていて、そのpeople)
(3)は、「日本を構成している人々」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本で生まれて日本で大きくなった人々」というような意味です。


このような用い方のA in Bは、「Bが最外縁の境界線でありその中にある」という意味です。「AがBを構成している」という意味は表しません。例えば、次のようです。
(4)the tallest in his class(his classが最外縁であり、その中で最も背が高い人)
(4)では、his classを何人が構成するか、それが誰であるかなどには全く注意が向けられていません。ただ単に、his classという最外縁を示しているだけです。
(5)the Americans in Japan(日本にいる米国人)
(5)は、「日本に住んでいるあるいは来ているだけで日本を構成していない米国人」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本の中にその瞬間にはいる米国人」というような意味です。

したがって、いけない理由は、御質問の英文が「1年はseasonsで構成されていてそのうちのbest season」という意味だからです。御質問の英文でofの代わりにinを用いると意味になりません。

>この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。

構成要素に注目した場合のyearは特定のものだからです。例えば、best season、two good seasons、worst seasonで構成された「1年」は世界に1つしかないからです。例えば、次のようです。
(6)the second month of the year(1年のうちの2番目の月)
(7)the last quarter of the year(1年の最後の1/4)
(6)、(7)のofをinで置きかえると意味になりません。

>特定の年ではないと思うのですが。

特定の年ではありません。構成が特定である年です。

>辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

御質問の英文のような内容の場面ではyearは可算名詞なので、冠詞を付けなければなりません(しかも、この場合は上に述べたような理由から、冠詞はtheでなければなりません)。
何も冠詞を付けないと意味になりません。

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad season...続きを読む


人気Q&Aランキング