今度土地を購入することになりました。1,000万円ほどですが

妻名義の貯金を解約して(私名義の貯金は利率が良いため)支払い

に当てたいと思っています。登記の際夫婦2人で共有名義にした場合

私に贈与税が掛かりますか。妻は現在無職です。

また無職の妻の貯金ということで税務署から登記後何か「おたずね」とか

がくるでしょうか。もしきた場合どのように答えればいいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

夫婦の間で、不動産や、不動産の購入資金を贈与した場合、婚姻期間が20年以上の場合は、贈与税の非課税枠110万円の他に、2000万円の控除が有ります。


この条件に該当しない場合は、贈与額が年間110万円を
超えると、贈与税がかかります。

1000万円の土地を、奥様の預金で購入して、お二人の名義(2分の1づつ)で登記した場合は、500万円が、奥様から貴方への贈与となり、贈与税の1年間の非課税枠110万円を超えますから、超えた390万円に対して、695千円の贈与税がかかります。

贈与税を少なくするなら、奥様の持ち分を100分の89で、貴方の持ち分を100分の11にすれば、贈与額が110万円になり、贈与税はかかりません。

不動産の購入をすると、大抵は、税務署から「お尋ね」とい書類が来て、資金の出所を訪ねられます。
無職の奥様に預金があった場合、過去に勤めていたときの預金や、毎年、少しづつ貰ったものだと証明できれば問題ありません。
例えば、毎年、贈与税の非課税の枠内(昨年までは年間60万円)であれば、問題ありません。

又、税金の時効は5年(悪質な場合は7年)ですから、5年以上前に貯金されていたものなら、何の問題もありません。

この回答への補足

kyaezawaさん早速の回答ありがとうございました。
結婚20年以上なので贈与の問題はないと安心しました。
気になるのは
"無職の奥様に預金があった場合、過去に勤めていたときの預金や、毎年、少しづつ貰ったものだと証明できれば問題ありません。 ”
の件ですが具体的にどういった証明をすればいいのでしょうか。

補足日時:2001/12/15 08:23
    • good
    • 0

>結婚20年以上なので贈与の問題はないと安心しました。



念のために、要件に該当するか、参考URLで確認しておいてください。

>具体的にどういった証明をすればいいのでしょうか。
銀行の通帳などは有りませんか。
無かったら、銀行に依頼して過去の取引の明細などを貰えると思います。

その預金は、何年くらい以前からの貯金で、どのようなお金を貯金したのでしょうか?
しょうか?

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/4452.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございました。問題が起こってもややこしいので、
私名義の貯金から全て支払うことにしました。

お礼日時:2001/12/16 07:54

>登記の際夫婦2人で共有名義にした場合


持分は1/2でしょうか・・・?

最近の改正で年間110万円までは贈与税がかかりませんが、
夫婦間でも贈与になります。

自信がありませんので、専門家の回答を待ちましょう!

このサイトでも回答があると思いますが、税金関連の掲示板もありますので、そちらでも相談されては如何でしょうか?
「税金・会計・金融のBBS」
「税務経理110番」
http://www.ifsp.com/financial/wwwboard/wwwboard. …
http://www.telepocket.net/rent/bbs/mkgif/mkgif.c …

いずれも専門家およびその卵の方が親切に回答してくれますので、こちらでも相談されては如何でしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが、http://www.ifsp.com/financial/wwwboard/wwwboard. …
は参考になりました。

お礼日時:2001/12/16 07:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫婦の貯金から妻名義の不動産購入 贈与?

1000万円程度の不動産の購入(2件目)を考えています。

妻名義にしたいのですが、夫の通帳から資金が出る場合
夫から妻への贈与になりますか?

自営業で夫婦のお金は夫の通帳にすべてはいるようにしています。
確定申告上、専従者給与を年間100万円ほどもらっていますが、特に妻名義の通帳は作っていません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>夫から妻への贈与になりますか…

はい、立派な贈与です。
ただ、あなた方が 20年を経た熟年夫婦なら、贈与税支払いはなくすることができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4452.htm

>不動産の購入(2件目…

あっ、居住用の不動産でないのなら、20年雲分は関係なく、頭からごく普通の贈与です。

>自営業で夫婦のお金…

税法に「夫婦は一心同体」などという言葉はなく、お金はあくまでも誰か 1人のものです。

>専従者給与を年間100万円ほどもらっていますが、特に妻名義の通帳は作っていません…

妻が、宵越しの金はびた一文持たない江戸っ子なら、通帳など必要ないですね。
年間 100万ぐらい使ったところで法律に触れるわけではありませんから、それはそれで良いでしょう。

もし、申告上は専従者給与を払ったことにしているが、実際には支払わず夫が持ったままにしているという意味のご質問なら、それは脱税という犯罪行為になります。
払ってもいない給与を払ったように見せかけるのはいけません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>夫から妻への贈与になりますか…

はい、立派な贈与です。
ただ、あなた方が 20年を経た熟年夫婦なら、贈与税支払いはなくすることができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4452.htm

>不動産の購入(2件目…

あっ、居住用の不動産でないのなら、20年雲分は関係なく、頭からごく普通の贈与です。

>自営業で夫婦のお金…

税法に「夫婦は一心同体」などという言葉はなく、お金はあくまでも誰か 1人のものです。

>専従者給与を年間100万円ほどもらっていますが、特に妻名義の通帳は作っていませ...続きを読む

Q私名義の土地建物を売却して 妻名義(5年前に取得)の土地に私名義の建物

私名義の土地建物を売却して 妻名義(5年前に取得)の土地に私名義の建物(約2500万)を新築する予定です
(今月末引渡し)
今住んでいる家は まだ売れてません(不動産会社に1500万で売ってもらうよう依頼中)
今回どの様な税金がかかってきますか?

Aベストアンサー

質問者の名義の今までの家を売却することで、譲渡所得に対して所得税がかかります。
まずは当時の購入金額を証明できるようにします。そして、売却までの期間で減価償却させ、売却金額との差額に対して課税されることになるでしょう。
購入時の金額の証明がないような場合には、当時の不動産屋などに再発行やコピーを依頼しましょう。
購入金額がわからないと、売却金額に低い率をかけたもので算定することになり、所得税が高くなることが多いですね。

所得税は確定申告が必要となりますし、買い替えであれば特例計算などが可能な場合もあるでしょう。税理士へ相談されることをお勧めします。出来れば事前に相談することで、有利な規定を利用するための条件を確認の上で、新築の予定を変更可能かもしれませんからね。

売却の部分に関しては、上記のようになりますが、新築する部分に関しては、不動産取得税がかかるでしょう。そして、登記の時点では登録免許税がかかるでしょうね。そして、毎年固定資産税がかかることになります。

毎年の固定資産税では、奥様名義の土地の固定資産税が安くなる可能性がありますので、建築前後に役所で相談されることをお勧めします。

質問者の名義の今までの家を売却することで、譲渡所得に対して所得税がかかります。
まずは当時の購入金額を証明できるようにします。そして、売却までの期間で減価償却させ、売却金額との差額に対して課税されることになるでしょう。
購入時の金額の証明がないような場合には、当時の不動産屋などに再発行やコピーを依頼しましょう。
購入金額がわからないと、売却金額に低い率をかけたもので算定することになり、所得税が高くなることが多いですね。

所得税は確定申告が必要となりますし、買い替えであれば特例...続きを読む

Q税務署からの「おたずね」について

主人の転勤による転居で
住んでいた家を貸しています。

その賃貸収入を
主人の会社からの給料と合算して
白色申告をしています。

10万円の青色申告特別控除が受けられると聞いて
所得税の青色申告承認申請書を税務署に提出しました。

でも、
帳簿のつけ方がさっぱりわからなくて
青色申告書での確定申告は断念して、
白色申告書にて確定申告しました。

そのため、
昨日、管轄税務署から「おたずね」と称する書類が届いて
頭がパニック状態です。
一週間後に税務署に行かなければならないです。


その「おたずね」には

「おたずねしたい事項」
・青色申告特別控除について
・扶養控除について

「持ってきていただくもの」
不動産所得の計算に必要な帳簿書類と書いてありました。


ここから質問です。
(1)所得税の青色申告承認申請書を申請すると
 必ず青色申告書で確定申告しないといけないのでしょうか?


(2)8歳の子供がいるのですが
  2011年度に扶養控除の額が変わったと知らずに
  思い込みで前年度と同じ38万円と記入ミスしました。
  この場合、追徴課税されますか?
  それとも修正申告出来ますか?


(3)帳簿のつけ方がわからないので帳簿はありません。
 「何で帳簿がないのか」と責められますか。
 

(4)税務署に来てくださいという指定日は主人が仕事なので
 (税務署がやっている平日は仕事を休めません)
 私が行かなければならないのですが
 主人の確定申告書なのに私が行ってもいいのですか。


(5)税務署というとマルサみたいな
  怖い人が出てきそうで
 上記の相談の電話も出来ないのですが
 どんな雰囲気で「おたずね」されるのですか。
 ドラマによく出てくる警察の取り調べみたいな感じでしょうか。
 怖そうで不安で眠れません。 


もし、税金や税務署について詳しい方や
「おたずね」の経験がある方がいたら
ひとつでも、少しでもいいので教えてください。
よろしくお願いします。

主人の転勤による転居で
住んでいた家を貸しています。

その賃貸収入を
主人の会社からの給料と合算して
白色申告をしています。

10万円の青色申告特別控除が受けられると聞いて
所得税の青色申告承認申請書を税務署に提出しました。

でも、
帳簿のつけ方がさっぱりわからなくて
青色申告書での確定申告は断念して、
白色申告書にて確定申告しました。

そのため、
昨日、管轄税務署から「おたずね」と称する書類が届いて
頭がパニック状態です。
一週間後に税務署に行かなければならないです。


その「おたず...続きを読む

Aベストアンサー

>賃貸収入は今の家の家賃に消えていて
  儲かっておらずマイナスが出ている状態なのに泣けます。


そうですね、、、愚痴になりますね。

今の家賃は生活費として経費にできませんし。

>2 またミスが見つかり
  家の固定資産税と昨年度の還付金の計上もしていませんでした。
  他に計上もれが見つかりそうです。  
  倒れそうです。

基本的には、売上・収入の計上漏れは税務署もうるさい若しくは厳しいですが、経費の計上漏れはスルーです。

固定資産税をいまさら認めてくれるかは、言ってみないとわかりません。
更生の請求という手続きになりますが、強く主張すれば、やってくれるかもしれません。いや、めんどくさがって、「もう申告は済んでいますし、経費の追加計上はできません」と言ってくるかもしれないし、なんともいえないのですけれど。

還付金とは何?所得税の還付金自体は、非課税なので問題なし。還付加算金であるのなら、一時所得だったかな。

>かと言って、税理士に頼むほど収入があるわけでもありません。

頼むほどでもないと思います。
要領がわかれば、足し算引き算ですから。

経費になるもの、、、
固定資産税の領収書
火災保険地震保険
契約書など作成の事務用品(細かいですけど)
住宅ローンの借入金利息

くらいでしょうか。ケースバイケースです、、、

>税務署が鬼のようです。そのような事情は考慮なしなのでしょうか。

税務署だって、変にごねるような人には、鬼になるかもしれませんが、まじめにやりますでも税金は苦手なんですのような一般人には、ふつうに対応します。
ただ、税務署の説明がその場でなかなか呑み込めないときもあるかと思います、よく聞いて理解して話をすすめてください。

(蛇足)
あと、ケースバイケースですが、基本的には納税申告方式といって、自分で売上経費を集計して、さらに扶養控除なり医療費控除なりを計算して、税金をはじき出します。

不動産がいくつもあって、経費もいくつもあって集計がややこしい、でも計算は面倒だ、いっそのこと通帳領収書全部持って、税務署の人に計算してもらおう!
というひとには相手にできません。これじゃ、申告納税ではなくなるからです。税理士さんにやってもらってくださいとなります。

今回のケースは、そんなことはないので、追い返される心配はないです。
ただ、「何が経費にできますか?」っていう質問には、冷たくあしらわれる可能性もあります。
それは自分で判断してください!もしくは税理士に聞いてください、税務署が手助けするものではありません、となります。事業に関連するもの、というようなわかったようなわからなかったような返答をされるかもしれません。
聞き方によっては、税務署で答えれるものも、答えられなくなります。
「今の家賃は経費にできますか?」「できません」
「貸家の固定資産税は経費に、、、」「一軒まるごと貸家ならば、全額できます。半分が自宅で、半分が貸家なら、見合いで税額の半分が経費です」
まとを絞れば答えやすい。
念のため、書きました。
蛇足でした。

今回のお尋ねは、扶養の明らかな誤り=税務署にきて訂正してください という意味合いです。
青色の件は、なぜ白色にしたの?ってな感じかなあと推測。

でも、税務署ってのは、怖い、というのが誰しもの印象ですよね。

>賃貸収入は今の家の家賃に消えていて
  儲かっておらずマイナスが出ている状態なのに泣けます。


そうですね、、、愚痴になりますね。

今の家賃は生活費として経費にできませんし。

>2 またミスが見つかり
  家の固定資産税と昨年度の還付金の計上もしていませんでした。
  他に計上もれが見つかりそうです。  
  倒れそうです。

基本的には、売上・収入の計上漏れは税務署もうるさい若しくは厳しいですが、経費の計上漏れはスルーです。

固定資産税をいまさら認めてくれるかは、言ってみない...続きを読む

Q妻名義の土地に私名義の建物を新築する場合 

妻名義の土地に私名義の建物を新築する場合 

土地の使用貸借となりますので課税されませんと 回答がありました

普通なら 不動産取得税、登録免許税、固定資産税がかかりますね

これのどれが かからないのでしょうか?

これとは又別に 免除される税金があるのでしょうか?

Aベストアンサー

・ 課税されないのは「借地権課税」のことです。

・ 人の土地に建物をたてると「借地権」が発生します。
・ 通常は、人様から土地を借りれば、
 (1)借地権の代金を払う
 (2)または、毎年相当の地代を払う
 ことになります。

・ このやり取り取りがないと、ケースによっては、
 (1)地主は借地権の代金を貰ったものとみなす(借地権分の譲渡所得課税)
 (2)借主はこの借地権分の現金を「一旦支払ってから、貰ったとみなす」(贈与税の課税)
 という最悪の事態まで「理論上発生する」のが借地権課税の概要です。
 
  実際には、借地権慣行の有無、地代の状況、権利金の状況などによって、課税パターンが
  分かれます。
  <参考>
    http://www.shakuchiken.com/ 

・ この「借地権課税」が夫婦間の使用貸借の場合は認定されない。ということです。
  <参考>
    http://www.zeikin-jiten.com/category/cat006/20051019174618.html
  

・ 建物を建てたことによる
  不動産取得税、登録免許税、固定資産税 は、普通に課税されます。

・ 課税されないのは「借地権課税」のことです。

・ 人の土地に建物をたてると「借地権」が発生します。
・ 通常は、人様から土地を借りれば、
 (1)借地権の代金を払う
 (2)または、毎年相当の地代を払う
 ことになります。

・ このやり取り取りがないと、ケースによっては、
 (1)地主は借地権の代金を貰ったものとみなす(借地権分の譲渡所得課税)
 (2)借主はこの借地権分の現金を「一旦支払ってから、貰ったとみなす」(贈与税の課税)
 という最悪の事態まで「理論上発生する」のが借地権課税の概...続きを読む

Q税務署

去年の12月に主人の会社が税務署に入られました。いまだにまだ解決していないのですが、税金などどんなかたちで請求が来るのでしょうか?また、こんなに長くかかるものなのでしょうか?全然わからないので、すみません、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご主人の会社の業種はなんですか?調査に入れば、内容によっては5年前の項目までさかのぼっての調査になりますので、時間がかかっているのかもしれませんね。税金としては、申告の過小申告加算税の場合、修正申告又は更生処分による増差税額の10%(但し、増差税額が期限内申告税額と50万円とのいずれか多い金額を超える時は、超える金額の5%を加算)です。無申告の加算税は、本税の15%、原因が故意等のほ脱である場合は、本税の35%、無申告の場合は40%の税金が課せられます。
尚、加算・重加算税とも、分割での納付は原則としてできません。何事もなければいいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報