アナログ信号をFMトランスミッタで1mくらい飛ばそうと考えてます。信号元、発信元は体に取り付けて、レシーバ回路も体に取り付けようと思ってます。周波数はまだ未定ですが、80MHz辺りか、300MHzあたりを使おうと思ってます。そのときに、
1.アンテナは必要でしょうか?
2.送信元の回路を出来るだけ小さく(4cm×4cmくらい)にしたいのですが、何か工夫できますでしょうか?
とりあえず、以上の2点をどなたか教えてください。
よろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1. FMトランスミッタ/ワイヤレスマイクのアンテナは通常、ビニール被覆電線を20cm~50cmくらいに切って接続しますが、距離が1mならアンテナは付けなくても十分届きます。


2. 電子工作のご経験がどの程度おありかによりますが、4cm×4cmなら十分に作れます。電池も込みでその大きさにするのであれば単5電池やボタン電池などで工夫することになります。

以下はネット上で見つけたFMトランスミッタ/ワイヤレスマイクの製作記事です。
http://plaza12.mbn.or.jp/~audio/fmw_01.htm
http://www.sikasenbey.or.jp/~enaga/wress/wrpiro. …
http://www3.ocn.ne.jp/~kumitate/fmwm.htm

こちらはキットのご案内です。
http://www.kagakukyozaisha.co.jp/list03/list03.h …
このページで紹介されている
http://www.kagakukyozaisha.co.jp/fbase/ent7b.html
http://www.kagakukyozaisha.co.jp/fbase/kq09k.html
などは小さくまとめられており目的のものに近いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。簡潔にお答えいただき、ありがとうございました。このへんの無線回路についての入門書みたいなのでお勧めの本などありましたら教えていただけませんでしょうか?お礼なのに再質問になってしまいました…。よろしくお願いしますm(_ _)m

お礼日時:2001/12/15 22:08

micro_neoさん、改めましてこんにちは。


私自身は製作記事を読みながらラジオやらワイヤレスマイクを作った程度ですので、「これは!」という本を推薦するほどではないんですよ・・・
堅苦しい学術書でなく、手ごろな製作記事や解説が中心の本であればCQ出版社からいろいろと出ています。参考URLに付けておきます。(ページの作りが少しごちゃごちゃしていてお目当ての本に辿り着くまでは少し骨が折れるかも知れません。大きな本屋に実際に出向いて、電気技術のコーナーで手に取って探した方が早いかも。)
とりあえず、作るだけならあまり難しい理屈は知らなくて大丈夫です。いじくりながら経験を積んでいけばよいと思います。

参考URL:http://www.cqpub.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Umadaさん、御回答ありがとうございます。
>作るだけならあまり難しい理屈は知らなくて大丈夫です。いじくりながら経験を積>んでいけばよいと思います。
そうですね!わかりました。とりあえず作って見たいと思います。また見かけたらよろしくお願いしますね!

お礼日時:2001/12/18 10:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピンインの覚え方

独学で中国語検定3級を目指していますが、ピンインの覚え方で苦労しております。なにか良い方法がありましたら、ぜひ教えて下さい。また合格のコツなどありましたら、それも教えて下さい。かつて受験しましたが、ヒアリングが80点に対し文法は50点・・・。それもピンインはほぼ全滅でした。ピンインを何とかしたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本人が中国語を学ぶとき、どうしても漢字に頼りがちになるので、ピンイン中心の学習を進めるほうが良いと思います。そうすればいやでもピンインを覚えられると思いますよ。

具体的には、
1.中国語テキストの漢字の文章を見て、ピンインだけをノートに書き写す。
2.そのピンインだけを見て声を出して読む。また漢字に直す。

あと私がよくやった方法は、とにかく目にした日本語の漢字をピンイン読みすることでした。
例えば、いま私の目の前に広辞苑がありますが、その「広辞苑」を見て「こうじえん」と読まず、「guang3 ci2 yuan4」と読みます。ときには人差し指で空中に書いてみます。

外出したときも街中にある看板や標識を全部ピンインで読むのです。地図を見たときも、日本の都道府県や市町村をピンイン読みします。
数字も同様です。車のナンバー、電話番号、辞書をひくときのページなども、ブツブツつぶやいていました。
また、できるだけ小さな「新華字典」を持ち歩き、読みがわからなければその場で調べたり、メモして家で調べたりもしました。

面倒くさいですが、「読む」と「書く」を地道に繰り返すしかないと思いますね。がんばってください。

日本人が中国語を学ぶとき、どうしても漢字に頼りがちになるので、ピンイン中心の学習を進めるほうが良いと思います。そうすればいやでもピンインを覚えられると思いますよ。

具体的には、
1.中国語テキストの漢字の文章を見て、ピンインだけをノートに書き写す。
2.そのピンインだけを見て声を出して読む。また漢字に直す。

あと私がよくやった方法は、とにかく目にした日本語の漢字をピンイン読みすることでした。
例えば、いま私の目の前に広辞苑がありますが、その「広辞苑」を見て「こうじえん」と...続きを読む

Q図は0ボルト信号と入力信号が同時に加わった時にのみSCRに出力を出す回路なのですが、入力1に0ボルト

図は0ボルト信号と入力信号が同時に加わった時にのみSCRに出力を出す回路なのですが、入力1に0ボルト信号を加え、入力2には、オンしたい時にのみ0ボルトの電圧を加えるみたいなのですが、説明によると、作動させない時は、入力2に高い電圧をかけておいて(トランジスタON)、作動させる時は0ボルトを加え、トランジスタをOFFにすることによって0ボルト信号か出力側に現れると説明があります。
しかし、そもそもトランジスタOFFでは電流の流れもないですし出力が出ないのではないのですか?
回路の流れを教えて頂きたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

回路図から考えられる波形図を添付します。
①は電源波形(Vac)

②はツェナーダイオードの端子電圧で、正側はツェナー電圧Vzに等しい振幅(たぶん10~20V)、負側は0Vです。図は台形に書いていますが、立ち上がり・立下りは急峻でほぼ方形波になります。

③は②をコンデンサで微分したもの。負側のパルスは図には書いていますが無視してください。使用しません。実際の回路では負側のパルスは出ない回路になっていると思います。
前の添付写真の「入力1」信号がこの波形です。
このパルスがSCRをトリガーします。タイミングがVacの立ち上がりの位置であることに注意してください。
SCRはご存じと思いますが、ゲートに正のパルスが入るとONとなります。いったんONするとゲート信号がなくなっても(0Vになっても)ONを維持します。アノード電流がゼロになるとOFFになります。
トランジスタがONであれば③のパルスがショートされSCRのゲートには入りません。SCRはゲートが0VのままなのでONしません。

④は負荷に流れる電流です。Vacの立ち上がりから正の半サイクルだけ導通します。

> Vacが0ボルトの時に整流回路と0ボルトの時に出力する回路からVzが発生して、その時にV1の入力を0にすると、トランジスタはOFFとなります、その時に上記のVzが入力されるとVoはどのような出力が出るのでしょうか?
左側のダイオードは整流回路ではなく、トリガーパルスを作るためにVacの正弦波を方形波に直すためのものです。
Voは③のパルスです。前述のように使うのは正のパルスです。

回路図から考えられる波形図を添付します。
①は電源波形(Vac)

②はツェナーダイオードの端子電圧で、正側はツェナー電圧Vzに等しい振幅(たぶん10~20V)、負側は0Vです。図は台形に書いていますが、立ち上がり・立下りは急峻でほぼ方形波になります。

③は②をコンデンサで微分したもの。負側のパルスは図には書いていますが無視してください。使用しません。実際の回路では負側のパルスは出ない回路になっていると思います。
前の添付写真の「入力1」信号がこの波形です。
このパルスがSCRをトリガーします。タ...続きを読む

Q中国語のピンインの覚え方

中国語の勉強を1ヶ月ほど前から開始しました。
漢字は割と覚えやすいのですが、どうしてもピンインの暗記が困難です。ピンインの覚え方でよい方法をご存知の方、お願いいたします。

Aベストアンサー

私が勉強を始めた頃によくやった練習です。

日本語の漢字も全てピンインで読んでみましょう。
中国語・日本語とか関係なく「漢字→ピンイン」を常に意識するのです。

自分や友だちの名前、地図に載っている地名、新聞・雑誌の広告、街にあふれている看板、
そして電話番号、車のナンバーなどの数字なども、全部ピンインで声に出してみたり、
または人差し指で空中にそのピンインを書いてみたりします。

以前、回答したことがあるので、ご参考まで。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=265131

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=265131

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。

Qピンインの憶え方

中国語の単語を憶えるのに苦労しています。
ピンインを憶えるのが苦手で軽声と第一声をよく勘違いします。
早く覚えるコツありますか?

Aベストアンサー

中国語の学習を始めて約3ヶ月の若輩者です。
# 私も単語を憶えるのは得意なほうではないので、他人様にアドバイスできる立場にないような気もしますが、参考までに。

私の場合、声調がおなじ組み合せになる単語は一まとめにして一緒に憶えるようにしています。
例を挙げると、下記の要領です。

[第1声 + 第4声]
天気 Tian Qi
公共 Gong Gong
工作 Gong Zuo
関税 Guan Shui
高興 Gao Xing


[第2声 + 第4声]
顔色 Yan Se
能力 Neng Li
学校 Xue Xiao
遅到 Chi Dao
実在 Shi Zai


[第3声 + 第4声]
考試 Kao Shi
感到 Gan Dao
眼鏡 Yan Jing
馬路 Ma Lu
打架 Da Jia


[第4声 + 第4声]
電話 Dian Hua
寂寞 Ji Mo
再見 Zai Jian
見面 Jian Mian
照片 Zhao Pian


それから、IMEを使用して中文をタイプすると、ピンインを正しく入力しないと漢字が出て来ないので、嫌でも憶えます。(^-^;
(声調は憶えられませんが)
経験的に、一番間違えやすいのが、[n]と[ng]です。

# 辞書を引くのがもどかしいので、ExcelかAccessで電子辞書を自作しようかと思う、今日この頃........。

中国語の学習を始めて約3ヶ月の若輩者です。
# 私も単語を憶えるのは得意なほうではないので、他人様にアドバイスできる立場にないような気もしますが、参考までに。

私の場合、声調がおなじ組み合せになる単語は一まとめにして一緒に憶えるようにしています。
例を挙げると、下記の要領です。

[第1声 + 第4声]
天気 Tian Qi
公共 Gong Gong
工作 Gong Zuo
関税 Guan Shui
高興 Gao Xing


[第2声 + 第4声]
顔色 Yan Se
能力 Neng Li
学校 Xue Xiao
遅到 Chi Dao
実在 Shi Zai


[第3声 +...続きを読む

Qビデオ信号処理回路

ビデオ信号のコントラスト比をコントロールする(強調する)回路が必要になりました。
マニュアル操作でコントロールする回路はいくつかの文献に紹介されていますが、自動的にコントラスト比を調整してくれる回路があれば助かります。
そのような回路が紹介されている文献もしくは製品があれば紹介してください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私も映像処理は専門でなく、学生の頃かじったり趣味でCGで遊ぶのに自分で
勉強したくらいなので、すいませんがご質問の回答とかヒントとなる具体的
な文献は知りませんので、こうしたらどうかと言うヒントになればと思います。

既に撮影した映像信号を加工、コントラストを高めて見たいと言う趣旨であ
るならば、一度パソコンのキャプチャボードで取り込んでしまえば、コント
ラストの低いものでも高くすることは簡単です。

NTSC信号をある回路を通して自動にコントラストを高めてモニタで見たいと
するならばCPU等を持たない回路によって実現する方法は思いつかないです。

コントラストを高める手順としては、NTSC信号をS端子用又はRGBに分離して
各信号をサンプリングして、前回の通り各信号のレベルを比較、変換プログ
ラムして結果を出力するのが簡単かと思います。

QMS Wordでのピンインの声調記号のつけ方

Microsoft Wordで中国語の教材プリントを作っているのですが、ピンインの声調記号をどのようにつければよいか分かりません。どなたか、教えて頂けませんでしょうか?
(ちなみにOSはWindows XPで中国語の入力などは可能です)

Aベストアンサー

まず、MicrosoftWordで中国語を入力します。それから、ピンインで表記したい部分を選びます。あとは、書式---拡張書式---ルビ、オフセットやサイズなどをちょっと調整するとOKです。

Q大学院修士課程 M1、M2 のMは?

現在 大学院修士課程1年です。
M1とかM2と学年を表現しているようですが、Mのもとの単語は
何でしょうか?気になるのですが・・・

Aベストアンサー

英語で「修士」は「Master」、「博士」は「Doctor」です。

Qピンインの覚え方について

(1)明天
(2)mingtian
(3)ming2tian1

自分はピンインがなかなか覚えられなくて、悩んでいます。(2)の段階までは意外とすんなりと覚えられます。(3)の段階、つまり四声の部分(数字の部分)がなかなか覚えられません。何かいい覚え方はないでしょうか?覚え方にコツのようなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

日本人には特に2声が難しいと思います。

私は、声に出しながら、首をふりまくったり、
右手を指揮者のように振り回しながら覚えました。

例で上げていらっしゃる「ming2」のような2声の場合は、
「み」の言い始めは意識してアゴをひき、
そして「ん」の時に天井を見るくらいの勢いで首を振り上げ、
「てぃえーん」で、横に吹っ飛ぶくらいの勢いで首を右に流し、
笑っちゃうくらいにオーバーアクションで練習しました。
そして、徐々に身体で覚えました。
実際、中国人はオーバーアクションの人が多いので、
そのくらいの勢いで大丈夫だと思います(笑)。

あとは、単語ごとに覚えようとせず、
短いセンテンスの流れで丸暗記したほうがいいと思います。
ピアノ等の楽器をされたことがあるなら、
単語よりセンテンスのほうが覚えやすいかもしれません。

例えば四声が難しい例では、
「ming2tian1 ni3 zai4 na3→2li3 ?」などがありますが、
繰り返し練習して「音感」を養うと、四声のだいたいの音程がつかめます。

実際、中国人にも、それほど普通話が上手でない人もいますが、
それでも中国人同士の会話が成り立つのは、
文章のリズムとメロディで、何となくかっこがついているからと思います。
ご参考までに。

日本人には特に2声が難しいと思います。

私は、声に出しながら、首をふりまくったり、
右手を指揮者のように振り回しながら覚えました。

例で上げていらっしゃる「ming2」のような2声の場合は、
「み」の言い始めは意識してアゴをひき、
そして「ん」の時に天井を見るくらいの勢いで首を振り上げ、
「てぃえーん」で、横に吹っ飛ぶくらいの勢いで首を右に流し、
笑っちゃうくらいにオーバーアクションで練習しました。
そして、徐々に身体で覚えました。
実際、中国人はオーバーアクションの人が多いので、
そ...続きを読む

Qアナログ回路とデジタル回路

よく、アナログ回路とデジタル回路を絶縁したりしていますが、
そんなにノイズが作用してしまうものなのですか?
具体的にどんな不具合が出るものなのか教えてください。

あと、デジタルとアナログのグランドを区別している表記をよく
見ますが、それもこのことと同じような理由からですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デジタル回路はパルスで信号を受け渡ししているのですが、
このパルス波には、周波数に関係なくオンになった瞬間、
OFFになった瞬間に高い周波数の成分が含まれています。
高い周波数の電気が電線(基盤上の銅箔)を流れるとき、
電波が発生しますので、ノイズに弱いアナログ回路は絶縁されて
いるのだと思います。

>あと、デジタルとアナログのグランドを区別している表記

普通、ノイズに強い電気回路を設計する時は、1点アースにします。
何故1点アースにするのかというと、筐体は大体アルミか鉄で
出来ていて、電気抵抗が大きいのでアースの間の電位差を
無くするためです。

しかし、デジタルとアナログの回路が1つの筐体の中に
存在する場合は、電源自体を別としているため
アースは各々の回路内でクローズするという意味で
別のアースとしているのだと思われます。

アンプの場合
アナログとデジタル回路の絶縁が悪いと、”キーー”という音が
スピーカーから出たりします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報