一年前に前頭葉、向かって右側を脳挫傷を起こしてしまいました。
約一ヶ月入院し、退院後一ヶ月は、転換発作を恐れがあると言われ通院
し、薬を飲みましたが、そのあと 通院していません
今の所異常なさそうですけど、医者に行ったほうがいいでしょうか?
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

脳挫傷後のてんかん発作は受傷後直ちにおこらなくても、1年後におこったり場合によっては10年後に初めておこったりすることもあるので長期にわたり服用する必要があります。

脳神経外科か神経内科の専門医を受診することをおすすめします。睡眠不足、喫煙、体調不良のときに発作を起こすこともあります。駅のホームでもしけいれん起こしたら、どうしますか?今の抗けいれん薬は非常にいいものが多いので特に通常の精神機能に悪影響を与えるものはなく安心して服用できるものが多いです。
神経内科医より
    • good
    • 1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「てんかん」
この中で特に「原因と危険因子」「症状」「治療」「予後と転帰」「合併症」と関連リンク先を参考にしてください。

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(頭部外傷)

やはり通院されることをお薦めします。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳挫傷について

自分で知らない間に脳挫傷になっているという可能性はありますか?
CTで診てもらってわかったのですが
右前頭葉に脳挫傷の跡があります。

倒れてしまうほど頭をぶつけた経験などありませんし
何らしかの後遺症のようなものを自覚したこともありません。

こんなことってあり得るのでしょうか?

Aベストアンサー

どういった経緯で、CTを撮られたんでしょう?
『脳挫傷の跡』とは、出血でも残っていたのでしょうか?

受傷時に『一過性健忘』を起こしたため。
受傷の記憶が無いということは考えられませんか?

うちの父親が、頭部外傷を家族に発見された際、
本人は受傷時の記憶が全く無く、
家族に傷を指摘されて、初めて怪我を自覚したそうです。

Q彼の病院に通院してます。保険証から他への通院歴がバレますか?

彼が歯科医なので、いま彼のところに通院して歯の治療をしていただいているところです。

ここのところいろいろあって精神不安定になり、1回だけ心療内科にお世話になりました。診察の結果、治療の必要はなかったのですが。

毎月一度、保険証の提出を求められますが、
それによって通院の事実が彼にバレるということがあるのでしょうか?

どなたか教えていただけると助かります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

大丈夫。
保健証に書くタイプじゃ無ければ。
それより彼が貴方の悩みを知らないで良い距離の方なのかの方が気になりましたよ(^^ゞ
貴方の味方になって貰えないのでしょうか。

Q脳挫傷について

父が頭部を打撲して脳挫傷と診断されました。
主治医の話では、比較的、軽い前頭葉の脳挫傷で
2~3ヶ月で職場復帰も期待できるということでした。
現在、受傷5日目ぐらいなのですが、怒りやすくなっていて、言ってることもチグハグです。

本当に社会復帰が可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

受傷5日目なので、まだ脳のダメージが大きいときではないでしょうか?
頭の中の腫れが引いてくれば、怪我が治るように時間とともに軽快されると思います。
怒りやすかったり、チグハグなことは前頭葉へのダメージからきているのでは?
前頭葉とはこんなところです。
(以下引用)
前頭葉に損傷を受けても,記憶障害は生じませんが,情報をいつ,どこで,どのような順序で得たのかという記憶(出典記憶ともいう)に関しては障害(出典健忘)が見られるのです。こうしたことから前頭葉は「記憶の組織化」を担っていると考えられています。前頭葉損傷患者はまた,ルールに基づいて物事を行う,という行動にも障害を示します。その他に,計画をたてたり,計画に基づいて順序よく行動したり,状況を(裏の意味まで含めて)理解して,適切な判断をしたりすることにも障害を示します。

本人の行動などを見ていると心配になることも多々あるかと思いますが、ゆっくりと見守ってあげてください。
酔っ払って、階段から落ち脳挫傷になった方を見ましたが、最初は自分でご飯も食べることができなかったのが、退院時には普通に社会復帰されました。
頑張ってください。

受傷5日目なので、まだ脳のダメージが大きいときではないでしょうか?
頭の中の腫れが引いてくれば、怪我が治るように時間とともに軽快されると思います。
怒りやすかったり、チグハグなことは前頭葉へのダメージからきているのでは?
前頭葉とはこんなところです。
(以下引用)
前頭葉に損傷を受けても,記憶障害は生じませんが,情報をいつ,どこで,どのような順序で得たのかという記憶(出典記憶ともいう)に関しては障害(出典健忘)が見られるのです。こうしたことから前頭葉は「記憶の組織化」を担っ...続きを読む

Q看護学生1年です。前頭面について分かる方お願いします。

いつもお世話になります。
今年から看護学生1年生です。
解剖学でさっそく疑問が出来ました。
今すぐ知りたいので、分かる方おられましたらお願いします。

問題
次のうち、誤っているのはどれか。
1、人体には、頭蓋腔、脊柱管、胸腔、腹腔の4つの体腔がある
2、体肢においては、正中面に近い方を近位という
3、鎖骨中央線は乳頭線ともいう
4、前頭面(冠状面)は、正中面と垂直に交わり、体を前後に
分ける面である。


上の問題で、間違いは4かな?と思ったのですが(理由は前頭面は
正中面と直角に交わる・・と教科書に書いてあったので)、でも
正中面と垂直に交わった線を想像しても前頭面にあてはまるかも。
と思いよくわからなくなってしまいました。

そもそも、前頭面ってのは体を前後に分ける線が
1本だけ存在するのでしょうか。

上の問題が出来る方おられましたら、是非アドバイスくださいませ。

Aベストアンサー

解答は1だと思います。
正確な用語は忘れましたが脊柱管や脳が体腔と違うのは確かだと思います。

参考までに
wikiに「ヒトの場合、いわゆる内臓の大部分は腹部の腔所に収まり、これを腹膜腔という。この腔所の上の端は横隔膜で区切られるが、その上には肺と心臓があり、それぞれに区切られた腔所に収まる。それらを胸膜腔、囲心腔といい、この三つの体腔がヒトにおける体腔である。」とあります。

4は正解ですね。
前頭面は上から見たときに両耳を結ぶ線に平行な面です。
体を前後に分けていますよね。
正中面は矢状面の一種ですので上から見ると前から後ろに走る面です。

上手に表現できませんが参考になればと思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/体腔

Q全治3週間と診断の出た脳挫傷について

どうぞよろしくお願いいたします。。。

(1) 全治3週間の脳挫傷というのは軽い症状というこ  となのでしょうか?
  それとも重い症状(重症といえる?)なのでしょう  か?

(2) 後遺症が残る可能性はありますか?それはどんな  後遺症でしょうか。。。
(3) 全治3週間の脳挫傷は完治する可能性もあります  か?
(4) 治療は一般的にどのくらいの期間がかかります   か?

どうかよろしくお願いします。。

Aベストアンサー

どういった原因で脳挫傷になったのか分かりませんが、脳に受けたダメージは後遺症という形で現れてきます。ですから現時点では元気そうでも、今後どのようになるかは分からないことだと思います。

親類の女性は交通事故で、頭を強打し、入退院の繰り返しで20年後になくなりました。
骨折や打撲といった単純なものではありません。

Q発作?

こんにちは。

私は先月の半ばぐらいに
発作みたいなのをおこしました。

友達と外を歩いていたら
いきなり咳がでだして
徐々に酷くなっていきました。

咳が酷く一人で立っているのも
ままならなくて、
息をするのも精一杯でした。
こんなことは初めてだったので
ものすごく怖かったです。

ですがそれ以来こういったことは
おこりません。

普段たまに息苦しかったり
運動した時に喉に違和感を感じたり
咳が少しでるくらいで…

喘息持ちでもありません。

あの時のは何だったのでしょうか?

今になっても
すごく気になります。

また
おきるんじゃないかって怖いです。

何かの病気なんでしょうか?

どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

急に咳が出るのは、何かの病気・アレルギーの場合もありますが、過度の緊張など、心因性と言って、心のある状態が原因で起きることもよくあります。人によっては、苦手な教科のテストの時、必ずひどい咳が出たりします。
初めて「せき込む」経験をすると、とても苦しいし、心臓がバクバクしたりして、びっくりしたり心配だったりしますね。

慢性的なものではないようですから、また起きるとは限りませんが、もしせきこんだら、まず、落ち着いて、冷たい水などを飲みましょう。水がなければ、つばでもいいです。なかなか収まらなければ、洗面所などで、うがいを何度かすれば、収まるはずです。
特別な病気でなくても、ちょっと緊張すると、痰がからんだようになって、のどの調子がおかしくなる人は、大勢います。そういう人は、大人になるにつれて、自分で、「あ、おかしいな」 と思うと、「エヘン、エヘン」 と咳払いして、せき込むのを未然に防ぐようになります。
咳に、何かの病気が隠れていることもありますが、今まで、健康診断で何も言われたことがないのなら、むやみに心配することはないでしょう。「突然咳が出るのは、よくあることだ」 と知って、落ち着いて対処してください。
万一、熱が出たり、体重が急に減少したり、咳が何時間も止まらない場合は、お医者さんに行って、診察を受けましょう。

急に咳が出るのは、何かの病気・アレルギーの場合もありますが、過度の緊張など、心因性と言って、心のある状態が原因で起きることもよくあります。人によっては、苦手な教科のテストの時、必ずひどい咳が出たりします。
初めて「せき込む」経験をすると、とても苦しいし、心臓がバクバクしたりして、びっくりしたり心配だったりしますね。

慢性的なものではないようですから、また起きるとは限りませんが、もしせきこんだら、まず、落ち着いて、冷たい水などを飲みましょう。水がなければ、つばでもいいです。な...続きを読む

Q脳挫傷は完治するのでしょうか??

はじめまして。

今から7年前に交通事故で脳挫傷、肝・肺挫傷、骨盤骨折、仙尾骨折などの傷を負いました。
脳外科でも『保存的治療』、整形外科でもリハビリによる『保存的加療』で2ヶ月ほど入院しておりました。
退院するときにMRを撮ってもらったのですが、そのときの脳の画像には脳全体に小さな点が無数にあり、医者に『これはずっと残ります』と言われました。

3年程前になりますが、頭痛がひどくて別の病院の脳外科で7年前の事故で脳挫傷だったことを伝えてMRを撮ってもらったんです。
ですが、『本当に脳挫傷だったの?凄くキレイな脳だよ』と言われたんです。。

脳挫傷は完治しないと聞きますし、実際入院していたところの先生には『残る』と言われていたので。。。

その時は人間の治癒力ってすごいなぁ。。なんて感動したんですが今頃になって、『あれは他の人のMRの画像だったり・・』なんて思い出して気になって仕方がありません。。。

もう一度MRを他の病院で撮ってみればいいのですが、お金や時間のコトを考えると、まずはどなたかにそんな事もあるのかお伺いしてからにしようかと。。。

もし完治するのであれば、後遺症の『記銘力障害』も治っているという事ですよね???

ご回答宜しくお願い致します。

はじめまして。

今から7年前に交通事故で脳挫傷、肝・肺挫傷、骨盤骨折、仙尾骨折などの傷を負いました。
脳外科でも『保存的治療』、整形外科でもリハビリによる『保存的加療』で2ヶ月ほど入院しておりました。
退院するときにMRを撮ってもらったのですが、そのときの脳の画像には脳全体に小さな点が無数にあり、医者に『これはずっと残ります』と言われました。

3年程前になりますが、頭痛がひどくて別の病院の脳外科で7年前の事故で脳挫傷だったことを伝えてMRを撮ってもらったんです。
ですが、『本...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

脳挫傷とは、外傷により脳皮質が硬膜や頭蓋骨にぶつかり、脳実質の挫滅が起きた状態であり、
内部に点状出血や浮腫、壊死を伴う不可逆性組織損傷のことを言います。

あなたがご覧になった「脳全体に白い点々が無数にあり」というのは、
その点状出血を差しているものと思われます。

脳に限らないのですが、体内で起こった出血による血腫は、
時間の経過とともに成分変化が起きます。
どういったシーケンス(撮像条件のひとつ)だったのか解かりませんが、
画像上では受傷直後、白くはっきり見えた血腫は、時間経過と伴に見えなくなっていきます。
すなわち、3年も経っていれば、点状出血は見えなくなって当然です。

しかし、不可逆性(元に戻らない)な組織損傷は、文字通り元に戻りません。
医師の「これはずっと残ります」という言葉は、この「損傷」を差すものと思われます。
損傷があっても細胞の栄養がされていれば、画像上正常組織と同じです。

壊死した細胞(つまり梗塞)でもあるのでしたら、それはそれで周辺組織と区別できます。
(白く見えるか黒く見えるかは、シーケンスに依る)

実際違う病院で検査されたようですので、厳密に言うと同じシーケンスでも、
施設や装置、細かい撮影条件などによって、画像は変わります。

また頭部撮影の基準線というのがあり、
これは一般に施設によって変わるといったものではありませんので、
#1の方には申し訳ありませんが、撮影位置が多少ずれたからといって、
脳に広範に点在していた物が、全く見えなくなることはありません。

いずれにしても「他人の写真だった?」という心配は、稀有でしょう。

※医師ではありませんので経験者としましたが、
 脳神経外科勤務経験ありの診療放射線技師です。

こんにちは。

脳挫傷とは、外傷により脳皮質が硬膜や頭蓋骨にぶつかり、脳実質の挫滅が起きた状態であり、
内部に点状出血や浮腫、壊死を伴う不可逆性組織損傷のことを言います。

あなたがご覧になった「脳全体に白い点々が無数にあり」というのは、
その点状出血を差しているものと思われます。

脳に限らないのですが、体内で起こった出血による血腫は、
時間の経過とともに成分変化が起きます。
どういったシーケンス(撮像条件のひとつ)だったのか解かりませんが、
画像上では受傷直後、白くはっ...続きを読む

Q性転換手術について

今の医療では、性転換手術をして、反対の性の機能を発揮することは、不可能だと思うのですが、結局、性転換手術とは、見た目の話ということになるのですか?

性交渉は、ある程度の形があればできるようにも思うので、性交渉は、できるんでしょうか?でも、例えば、元女性が、男性になっても、勃起したり、気持ちいいと感じるようなことはないと思うのですが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

>結局、性転換手術とは、見た目の話ということになるのですか

反対の性機能を発揮、は難しくても、前の性機能を取る去ることはできます。これもまた、当人にとっては重要です。
女性性を否定したい方が、手術によって晴れて乳房を取った・子宮を取ったときの安心感と言うか喜びを、手記で読みました。

Q主人の脳挫傷のことで・・・

主人の脳挫傷のことでお尋ねしたいことがあります。

転落事故で頭を強打し、脳挫傷と診断されました。
主治医からは「薬で散らせる程度の小さな傷です」と言われました。
入院~今現在までデパゲンという抗てんかん薬を処方されました。
今は朝一回だけ飲んでいる形です。
長くなりましたがここからが質問です(三つあるのです)。

1.顔の眉と眉の間から口元にかけて
小さな赤い発疹がいくつもできています。これはデパゲンの副作用ですか?
以前はこういう発疹はありませんでした。

2.後頭部に鈍痛を感じるそうです。事故時、首もしきりに痛がって
おりましたがそれを誤解して、後頭部だと感じているのでしょうか?
それとも脳挫傷のせいでしょうか?

3.記憶がまだ途切れ途切れではっきりと思い出せない状態です。
人の名前や家族などは思い出せるのですが、入院前2ヶ月~今現在まで
起こった出来事が途切れ途切れです。少しずつは思い出してきているようですが
2~3日前に起こったことなどを現実のことかどうか理解できない、
忘れているなどの症状があります。これらも脳挫傷からきている可能性は
あるのでしょうか?
長々となりましたが、専門家の方々の意見もお伺いしたいです。
よろしくお願い致します。

主人の脳挫傷のことでお尋ねしたいことがあります。

転落事故で頭を強打し、脳挫傷と診断されました。
主治医からは「薬で散らせる程度の小さな傷です」と言われました。
入院~今現在までデパゲンという抗てんかん薬を処方されました。
今は朝一回だけ飲んでいる形です。
長くなりましたがここからが質問です(三つあるのです)。

1.顔の眉と眉の間から口元にかけて
小さな赤い発疹がいくつもできています。これはデパゲンの副作用ですか?
以前はこういう発疹はありませんでした。

2.後頭部に...続きを読む

Aベストアンサー

1.に関しては、kawakawaさんの回答通りです。実際に患者さんにデパケンを投与している経験から言わせていただきますと、極まれに薬疹が出ることもありますが、おっしゃっているような形の発疹が出ることはまずないと考えます。
2.に関して、後頭部に感じておられる鈍痛は、頚性頭痛や緊張型頭痛が最も考えやすいと思われます。
3.に関して、健忘や記名力障害が認められるようですが、まず間違いなく脳挫傷の影響であると考えます。デパケンの長期投与で痴呆様症状が出ることがあるとされていますが、文面からはその可能性はほとんどないように思われます。

いずれにせよ、担当医の方にご質問されるのが最良と考えます。お大事に。

Q人工呼吸器を付けて退院される患者はいますか?

宜しくお願いします。
人工呼吸器を付けるような危篤状態から退院されるぐらい
回復する病気とはどんな病名でしょうか?
また、人工呼吸器を付けて退院するような人はいますか?
私の知る限りありません。
人工呼吸器=脳死のような気がしますが間違いでしょうか?

Aベストアンサー

> 心不全以外だと、ICUに入り、人工呼吸器を付けて意識不明だと
回復、退院の可能性はゼロに近いですか?

例えば、心肺停止で来院した人は意識もなく人工呼吸器に接続しますが、それでも2-3%は歩いて退院されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報