プロが教えるわが家の防犯対策術!

忘年会ではじめに社長が挨拶がてら少し話しをします。“まずはじめに社長からお言葉をいただきたいと思います。”と“まずはじめに社長からお言葉を頂戴したいと思います”のどちらが正しいですか? “いただく”と“頂戴する”の使い方あっていますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

使いかたはどちらも正しいと思います。


「いただく」は「頂く」とも「戴く」とも書かれるように「頂戴する」と同じ意味ですが、「頂戴する」はへりくだった、また馬鹿丁寧な印象を受ける人もいると思えます。
『まずはじめに社長からお言葉をいただきたいと思います』がスッキリした若々しい表現という印象を受けます。
    • good
    • 1

「いただく」と「頂戴する」も、どっちでもOKでしょう。



「思います」は、「存じます」のほうがいいとおもいますが…。

とはいえ、会社の雰囲気によっては、#2さんに賛成です。
    • good
    • 2

身内の忘年会と来賓がある忘年会では扱いが異なりますが、身内だけの場合にもあまり丁寧な敬語を使う必要はないでしょう。


「忘年会の開催(or乾杯)に先立ち、社長から挨拶があります。社長、宜しくお願いします」「乾杯の発声を○○部長にお願いします。部長、宜しくお願いします」で宜しいのでは?

来賓がある場合には、例えそれが下請先だとしても会社関係者に敬語は使いません。
「忘年会の開催(or乾杯)に先立ち、弊社社長の○○からみなさまにご挨拶申し上げたいと思います」「乾杯のご発声を協力業者会会長、株式会社○○○○、○○社長にお願いしたいと思います。○○社長、宜しくお願い申し上げます」など。
    • good
    • 2

「いただく」も「頂戴する」も、「もらう」ことをへりくだっていう使い方がありますので、どちらも正しいです。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q300名参加の会社主催の司会をすることになりました。そこでご教授いただきたい。

会社で主催する ある会の司会をすることになりました。
会の概要は弊社社員がお客様に対し開催するスタイルです。
そこで教えていただきたいのですが
・弊社社員の「挨拶」「発表」「総評」を紹介する際、
 どのように紹介したらよいか?スマートな言い回し方ができなく、
 はずかしながら困っております。
 恐縮ですが、どなたかご教授いただけないでしょうか。。

「続きまして、会長の○○より、挨拶を頂戴したいと思います」?
「続きまして、担当の○○より、・・・についての発表を」?
なかなか上手い言い方が見つからず。。。

Aベストアンサー

初めての司会経験なら不安があって当然です。どんな内容の会なのか想像も出来ないのでたいした助言は出来ませんが、いくつか。

>「続きまして、会長の○○より、挨拶を頂戴したいと思います」
これは間違いです。あなたは司会者ですが、会を主催する側の方ですから、お客様に会社の会長を紹介するときに「頂戴する」は不適切です。あなただけが挨拶を受けるなら「頂戴する」でもOKですが、会長が挨拶する相手はお客様。そのお客様に対して謙譲語の「頂戴する」はダメ。
「当社(弊社)会長の○○(必ずフルネームで)より皆様にご挨拶を申し上げます」が適切な表現です。

お客様が聴衆だからといってバカ丁寧、かつ過剰な敬語を使う必要はありませんが、主人公はお客様と考えればそう難しいことではありません。

数時間の会でも一番大事なのは事前準備、特に登壇者との事前打ち合わせです。発言、発表時間をしっかり決めておき、話す内容についても司会者は頭に入れておくことが余裕を生みます。進行は時刻とともに表にして手元に常に置いておきましょう。暗記する必要はありませんが、進行全体の把握はとても大事です。

そして
1.司会の自己紹介
来場に感謝し、氏名、役職、担当業務などを伝え、会の目的を再度明確にして聴衆に進行への協力を求めます。
2.会の進行概要
会長さんの挨拶が終わったら、登壇者のプログラムを簡略に説明する。途中休憩や質疑時間の有無についても説明する。これで聴衆も全体の流れをつかめ、安心に繋がります。
3.質疑
質疑の時間を最後に取りますが、「どなたかご質問を」と司会者が呼びかけても手が上がらないことが多いですね。2,3人ほど聴衆の中から事前にお願いして、司会者が呼びかけた時に質問をしていただくことも大事です。これを「仕込み」と呼びます。
4.締め
終了時間はきちんと守りましょう。
「本日の会はこれにて終了と致します。皆様におかれてはご多用のところ、また遠路ご来場をいただき主催者として厚く御礼を申し上げます。」
そして会社への支援、ご愛顧をお願いし、最後に「拙い司会でしたが、皆様のお陰で滞りなく進めることが出来ました。ありがとうございました」と締め括ります。

あなたのお年が分かりませんが、最近は司会者でなくても過剰なまでの敬語表現、くどいまでの謙譲語が溢れています。先日、ある会議で「私は今日の司会をやらさせていただく○○です」と言う人がいました。これはまったくの誤り。「私は本日の司会を務める○○です」で十分。その違い、分かりますか?

ご成功を祈ります。事前準備を丹念に、ね!

初めての司会経験なら不安があって当然です。どんな内容の会なのか想像も出来ないのでたいした助言は出来ませんが、いくつか。

>「続きまして、会長の○○より、挨拶を頂戴したいと思います」
これは間違いです。あなたは司会者ですが、会を主催する側の方ですから、お客様に会社の会長を紹介するときに「頂戴する」は不適切です。あなただけが挨拶を受けるなら「頂戴する」でもOKですが、会長が挨拶する相手はお客様。そのお客様に対して謙譲語の「頂戴する」はダメ。
「当社(弊社)会長の○○(必ずフルネー...続きを読む

Qことば「ご挨拶」と「挨拶」

セミナー、フォーラムなどで、主催者の代表者(社長、理事長など)が冒頭に挨拶しますよね?

そのときプログラムには「挨拶」「ご挨拶」のいずれを適用するのがが正しいのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

自分や身内の人の行為であっても、それが敬意を表すべき相手(お客様など)に対するものであれば、「お」「ご」を付けることは一般に行われています。

「ご返事を差し上げます」「ご案内いたします」「ご説明いたします」「お電話いたします」「お見舞い申し上げます」「お願い申し上げます」「お礼申し上げます」「ご挨拶申し上げます」
など。

会社名で取引先に送る「挨拶状」にも、「挨拶」ではなく「御挨拶」「ご挨拶」と書くのがふつうです。

企業のWebサイトによくある社長メッセージは、「社長挨拶」が1桁多いようですが、「社長ご挨拶」「社長御挨拶」も少なからずあります(自社の社長メッセージ以外のページもありますが)。
"社長挨拶" の検索結果 約 635,000 件
http://www.google.co.jp/search?q=%22%E7%A4%BE%E9%95%B7%E6%8C%A8%E6%8B%B6%22
"社長ご挨拶" の検索結果 約 60,400 件
http://www.google.co.jp/search?q=%22%E7%A4%BE%E9%95%B7%E3%81%94%E6%8C%A8%E6%8B%B6%22
"社長御挨拶" の検索結果 約 30,800 件
http://www.google.co.jp/search?q=%22%E7%A4%BE%E9%95%B7%E5%BE%A1%E6%8C%A8%E6%8B%B6%22

ちなみに、第1期国語審議会の建議『これからの敬語』(昭和27年4月14日)では、以下のようになっています。
---------------------------------
4 「お」「ご」の整理
(1)つけてよい場合
  4) 自分の物事ではあるが,相手の人に対する物事である関係上,
   それをつけることに慣用が固定している場合。たとえば,
     お手紙(お返事・ご返事)をさしあげましたが
     お願い  お礼  ご遠慮
     ご報告いたします
---------------------------------

文化庁編『言葉に関する問答集』にも、同様の「お」「ご」の用法・用例が載っています。

自分や身内の人の行為であっても、それが敬意を表すべき相手(お客様など)に対するものであれば、「お」「ご」を付けることは一般に行われています。

「ご返事を差し上げます」「ご案内いたします」「ご説明いたします」「お電話いたします」「お見舞い申し上げます」「お願い申し上げます」「お礼申し上げます」「ご挨拶申し上げます」
など。

会社名で取引先に送る「挨拶状」にも、「挨拶」ではなく「御挨拶」「ご挨拶」と書くのがふつうです。

企業のWebサイトによくある社長メッセージは、「社長挨...続きを読む

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q他人に依頼する時の ”~~して欲しい。” の敬語は?

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもしれませんが、
最近この”いただきたい”を多用したり、間違った使い方をしてるの見かけたり、または無意識に自分自身が間違って使っていることもあるかもしれませんし、
何より、”いただきたい”よりもっとふさわしい言葉があるのではないかと思い、質問しました。

こういう、自分の希望などで”~~して欲しい”というときの敬語はなんと言えばいいのでしょうか。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。
ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、
もしかしたら出ていないかもしれません・・・。
と思い、教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもし...続きを読む

Aベストアンサー

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社はどこから取れば良いのでしょう?

↓こんな感じでかまいませんよ。

         見積もり依頼書

下記条件で見積もりをお願いします。

            記

品名     :○○○○○○○
数量     :10セット
希望納期   :2009年5月20日
納入場所   :弊社内指定場所
支払条件   :従来通り弊社規定に基づき、3ヵ月手形
見積書有効期限:発行日から1ヵ月間

他の文章については、以下のように考えます。
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
 → ~~に関する価格と納期を回答願います。

~~の見積もりを取って欲しい。
 → ~~の見積もりをお願いします。

~~して欲しい。
 → ~~していただきたい。

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「ご依頼する」の使い方 日本語の使い方について

部外用の文書での敬語、丁寧語の使い方で質問です。
相手方からの依頼は、「ご依頼の件」や「ご依頼いただきますよう・・」などと表現するのはわかりますが、こちらからのお願いについて、「ご依頼いたします」という言い方は正しいのでしょうか?。「ご依頼する」という表現がなんとなく引っかかるのですが。上司がこの表現を使って対外文書を出そうとしているのですが、間違っていたら恥ずかしいので調べております。
どなたかお詳しい方ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E4%BE%9D%E9%A0%BC&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=01409001211000
「する」をつけて漢語のサ変動詞「依頼する」です。

これに「ご」をつける場合、
・相手が「依頼」する時は
「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。
・自分が「依頼」する時は
「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。
「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。

理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。
参考------------------------------------------
・「日本語なんでも相談室」:Q&A
http://nihongo.ashir.net/qandaDisp.php?id=152
[「質問」「依頼」は、その行為自体は相手に向かっていますが、話し手の一方的な行為であったり、相手にとって恩恵をもたらしたりしていませんから、謙譲語は使えません。]

・メールマガジン【 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 】:「ご依頼」その2< 敬語の使い方(2)
http://blog.livedoor.jp/kamigaki2005/archives/51463425.html
[ですが、自分からの依頼や質問などは、
 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、
 謙譲の「ご(お)」は不要です。]

・教えてgoo:「[ご]の使い方について」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3394656.html
回答No.3
[ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。]
----------------------------------------------

上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。
(余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。
ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、
謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。重要なのは「立てている」事です。
つまり「”向かう相手”がある言葉」が[謙譲語 I ]なのでなく、「”向かう相手”を立てている言葉」が[謙譲語 I ]です。誤解のないよう^^。
例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。
「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も
「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。)
(別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。)


これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は
専ら「ご依頼申し上げる」と使います。「ご依頼する」は使いません。
(難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。)

参考------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『依頼という言葉にごをつけると丁寧語になるのか?』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1415757794
ベストアンサーの中の
[(注)「ご依頼」は、名詞や、謙譲語 I の一般形「ご~する」の形では用いられず、専ら謙譲語Iの
ほかの一般形「ご~申し上げる」の形で用いられます。]

Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1317159548
 補足2の中の
[「お/ご~申し上げる」は、同じ謙譲語Iである「お/ご~する」とほぼ同じ意味・用法を持ちます。その両方が使える場合(「ご連絡申し上げる」と「ご連絡する」など)が多く、その場合は「お/ご~申し上げる」の方が敬度が高いといえます。
ただし、その一方しか使われない語もあります。例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」
とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。]
----------------------------------------------

上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。
自分側からの「ご依頼」については既出の「敬語の指針」の中の
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_tousin.pdf
27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お(ご)……申し上げる」
の形しか使わないと理解しています。

(ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。
Yahoo辞書「申し上げる」
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E7%94%B3%E3%81%97%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8B&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=20252818189000
「日本語オンライン」BBS
http://nihongo-online.jp/bbs/discuss.cgi?id=01&mode=part&page=0&num=582&sort=1&back=tree
              )



ではなぜ「依頼」は「ご依頼申し上げる」だけは使うのかと考えた時に、その理由としてNo.4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。
なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。
つまり”特別”に「ご依頼申し上げる」はOKという事です。



次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、
これは「敬語の指針」
20ページ------------------------------------------
[【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】
謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で,
両方の性質を併せ持つ敬語として「お(ご)……いたす」がある。
「駅で先生をお待ちいたします。」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。」と同じ
内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。これは,「お待
ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I)
と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる]
28ページ------------------------------------------
[【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の
[上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お(ご)……いたす」がある。]]
--------------------------------------------------
にある「お(ご)~いたす」の形です。
ここにあるように「お(ご)~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。まず謙譲語 I の「お(ご)~する」が成立しないと成り立ちません。



ここが「依頼」の悩ましい所だと思います^^。
さぁどう解釈するかです。

私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。なので「ご依頼いたす」は無いです。
ただし下記のような方もいます。
--------------------------------------------------
Yahoo知恵袋:『「ご」の使い方 3例』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110822451
[とにかく、理屈から言えば、「依頼」はI~IIIのすべての謙譲語になれるはずですから。
~~
理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない]
Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた...』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1217107332
[ただし、サ変動詞「依頼」するの場合、「ご依頼する」という形ではなく、「ご依頼申し上げる」という形のほうが落ち着きがよいのでよく用いられます。]
--------------------------------------------------

この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。
本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。


正直日本語の謙譲語は難しく、『自分がする「依頼」』の「ご」については特に難しい部類であり、私も「ご依頼いたす」が絶対に不可とは言い切れません^^。
ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。

ただ一般的には自分が依頼する場合は、
題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では
「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」
「〇〇していただけないでしょうか」
「〇〇していただいてよろしいでしょうか」
などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。

No.4です。
補足とお礼を拝読しました。
私もNo.5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。
ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。
これ(「ご依頼」の謙譲)は非常に難しく、「痛い所をつかれたな」(笑)という非常にいい質問だと思います^^。

まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。
問題は自分が「依頼」する時ですね。


「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。
http://...続きを読む

Q入社式の司会者用の台本

会社で、4月1日に入社式を行うため、
当日用に台本を作らなければなりません。
小さな会社なので毎年入社式を行っているわけではないので、
数年前の前任者(既に退職)が作成したものを参考にしているのですが、
「これでいいのか??」と思う部分があり、
詳しい方にご意見お伺いしたいです。
参加者は、新入社員と会社幹部、全従業員、新入社員の父兄で、
全員で40名程度です。

(1)開式・・開始時間になればみんな着席しているように
     段取りしていますが、いきなりはじめるのではなく、
     クッション的に何か言葉を挟みたいのですが、
     どういった言葉がいいのでしょうか?
     例えば、「お時間になりましたのではじめたいと思います」
     とか、変でしょうか?

(2)社長訓示・・社長に壇上から訓示をいただくのですが、
     司会者は、「社長訓示 代表取締役 ○○」とだけ
     言えばいいのですか?
     前任者のマニュアルには「社長、お願いします」と
     書いてありましたが、これはおかしいですよね?

(3)会社幹部の紹介・・司会者が「会社幹部の紹介を行います」と
     言った後、幹部の社員に向けて「幹部の皆様は
     恐れ入りますが、お名前を申し上げますので
     その場でご起立ください」と言うと
     マニュアルに書いてありました。
     新入社員の父兄も同席される中で、幹部とはいえ
     同じ会社の人間にそのような言葉遣いをするが
     正しいのでしょうか??
     間違っている場合、どのように言ったら良いですか?

(4)閉式の辞・・「以上をもちまして、平成21年度××会社入社式を
     終了いたします。」
     ⇒閉式の辞は『終了いたします』で正しいですか?

沢山ですみませんが、よろしくお願いします。

     

会社で、4月1日に入社式を行うため、
当日用に台本を作らなければなりません。
小さな会社なので毎年入社式を行っているわけではないので、
数年前の前任者(既に退職)が作成したものを参考にしているのですが、
「これでいいのか??」と思う部分があり、
詳しい方にご意見お伺いしたいです。
参加者は、新入社員と会社幹部、全従業員、新入社員の父兄で、
全員で40名程度です。

(1)開式・・開始時間になればみんな着席しているように
     段取りしていますが、いきなりはじめるのではなく、
...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ひと声いれるといいですね。
(2)全体に向けて「社長訓示 代表取締役 ○○」
社長に向けて「社長、お願いします」です。
挨拶は義務ではなくお願いしてやってもらう形ですから。
(3)幹部を来賓と見るか、父兄を来賓と見るかによりますよね。
両方の顔を立てなければいけないので
「会社幹部の紹介を行います。名前を読み上げますので、呼ばれた方はご起立下さい。」
位にしておきましょうか。
(4)終了でもいいですし「閉式」「閉会」でもいいと思います。

形式上は社内の人間に敬称をつけるのは厳密に言えばおかしいですが
質問者様も社員である以上、先輩や上司の方への敬意も忘れないでくださいね。

Q懇親会の司会、乾杯の音頭の取り方を教えてください。

全国的なボランティアの組織で、日本のいろいろな地区から代表者が集まって会議を開きます。そのあとの懇親会の司会を頼まれました。お知恵を貸してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(司会)「ただ今より、懇親会を開催いたします。開催に当たりまして、A(懇親会が開催される地区
の代表者)よりご挨拶申し上げます」
〔A氏挨拶〕
(乾杯前)「それでは乾杯に移らせていただきます。乾杯のご発声はB様(A氏以外の地区の代表者)にお願いいたします」
〔B氏発声〕「・・・ご参会の皆様のご多幸を祈念して、乾杯いたします。乾杯!」
〔全員〕「乾杯!」(拍手)
(司会)「ありがとうございました。それでは皆様、ごゆっくりご歓談ください」
〔終了時刻直前に〕
(司会)「宴たけなわではございますが、このあたりで中締めとさせていただきます。中締めのご挨拶をC様(A氏、B氏以外の地区の代表者)にお願いいたします」
〔C氏あいさつ〕
(司会)ありがとうございました。それではこれをもちまして、お開きとさせていただきます。皆様、お忘れ物のないよう、お気をつけてお帰りください。

司会者がすべてをこなす必要はありません。、あらかじめA氏、B氏、C氏に依頼しておけば良いでしょう。
A氏、C氏の挨拶、およびB氏発声の「・・・」の部分は、ご本人に考えていただけば良いのではないでしょうか。

また、主催者は懇親会が開催される地区の事務局と思われますので、A氏に尊敬語を使ったり、「ありがとうございます」を言う必要は無いと思います。

どのような組織か存じ上げないので、見当外れの所もあるかとは思いますが、ご参考までに。

(司会)「ただ今より、懇親会を開催いたします。開催に当たりまして、A(懇親会が開催される地区
の代表者)よりご挨拶申し上げます」
〔A氏挨拶〕
(乾杯前)「それでは乾杯に移らせていただきます。乾杯のご発声はB様(A氏以外の地区の代表者)にお願いいたします」
〔B氏発声〕「・・・ご参会の皆様のご多幸を祈念して、乾杯いたします。乾杯!」
〔全員〕「乾杯!」(拍手)
(司会)「ありがとうございました。それでは皆様、ごゆっくりご歓談ください」
〔終了時刻直前に〕
(司会)「宴たけ...続きを読む

Q式典における来賓の紹介方法

 式典のシナリオを至急つくらなければいけないのですが、来賓の紹介方法がよく分かりません。

 代理が出席された時は、どう紹介するのでしょうか。
(来賓本人を紹介?、または代理出席者を紹介?)

 また、そもそも、代理が出席された時、紹介自体が必要なのでしょうか?
(国会議員の秘書が代理出席した場合、秘書の紹介が必要?)

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本として、紹介する側は代理と言う認識は一切持ってはいけません。
胸のバラも名票も席の名札も全て来賓本人のものです。
○○様代理○○様などという紹介もいけません。
祝辞を読むときに代理なら自分で代理と名乗るだけです。

来賓紹介も上に述べた基本の通りです。
代理であろうが無かろうが、本来の来賓の序列、名前で紹介します。
秘書だから紹介しないなどとなると代理を出した方のメンツ丸つぶれです。
紹介されたときに、代理の場合「代理」と名乗るかどうかは、出席者の決める
ことです。(普通は、「代理の○○です」と自分でいいます。)

くどいですが、主催者はとにかく代理も来賓本人と思って扱えばよいです。

Q講習会の司会進行方法

こんにちわ。
今度、弊社では、外部の講師を呼んで講習会を行なっていただくことになりました。

そこで私が司会進行役になったのですが、どのように進めていけばいいのですか?
ちなみにスケジュールは下記の通りです。

1.オリエンテーション (お客様説明)
 30分
2.オブジェクト指向の考え方 (お客様説明)
 1時間
3.これからのソフト会社  (お客様説明)
 1時間

ちなみにお客様の紹介等はいつどのタイミングで行なうのかもわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ひとつの事例として書きますので、これをベースに講習会の主催者(主催する部門の長)と、講師の方と打合せして進行要領を決めてください。

1)「これから○○の講習会を開催します」という宣言・・・出席者への儀礼的な参集お礼等が必要であれば一言添える。講習会のスケジュールと簡単な注意事項(携帯OFFとか、講習中の外部からの連絡、休憩等)を説明しておく。

2)主催者の長を紹介して、講習会の趣旨(どういう目的で、どういう成果を求めている等)を話してもらうか、事前に主催者からヒアリングした内容で、司会者が簡単に講習会の趣旨を述べて確認する。

3)講師の紹介。・・・講師から資料をもらって、話す内容を打ち合わせておく。

4)「それでは○○先生よろしくお願いします。」で講師にバトンタッチする。

後は、最後まで講師が進行してくれる(打合せ時にそのようにお願いしておく)ので、あなたは講習を受ける立場で、講師の話の要点をメモっておく。

5)講義が最後まで終わった後の質疑応答があるのであれば、やりとりを進行する。(講師にしてもらっても良い)

6)最後に、講師へのお礼の言葉を述べて、受講者に講師へのお礼の意味の「拍手」を勧める。・・・この前に、講習会の趣旨を踏まえて、講師の話のポイントを簡単に振替って話ができるようであれば、貴方の評価はグンと上がるでしょうが、それはおまけです。

ひとつの事例として書きますので、これをベースに講習会の主催者(主催する部門の長)と、講師の方と打合せして進行要領を決めてください。

1)「これから○○の講習会を開催します」という宣言・・・出席者への儀礼的な参集お礼等が必要であれば一言添える。講習会のスケジュールと簡単な注意事項(携帯OFFとか、講習中の外部からの連絡、休憩等)を説明しておく。

2)主催者の長を紹介して、講習会の趣旨(どういう目的で、どういう成果を求めている等)を話してもらうか、事前に主催者からヒアリングした...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング