はじめまして。実は、母が約1ヶ月くらい前から「痰に血がまじっている」と言うので、病院へ行き検査を受けましたところ「肺に菌がある」と言われました。でも、抗生物質の投与は他の菌も殺してしまうから投与すべきかどうかまだお医者の回答が得られていません。再度、菌を培養?してみますとのことでした。ただ、MRSAの方ではないと言われたそうですが、治療の方法が明かされないのでとても心配です。そして、悪くなると肺に穴があくと言われたそうです。まだ、血のまざった痰は出ます。今後どのようにしたらいいのでしょうか?良くなっていくものなのでしょうか?どうか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

血痰の精密検査のため病院を受診し喀痰の検査を行ったところ黄色ブドウ球菌が検出されたものの、感受性検査の結果ではMRSAではなかったということですが、今の病状が肺に炎症がおきていて、その結果血痰が出ているかどうかについては、お書きになっている情報からは判断できません。



喀痰検査以外にも、胸部のX線検査や採血の検査なども行っていると思いますが、そういった検査の結果を総合的に判断して、すぐに抗生剤を投与しなくても、炎症がそれほど強くなく、自然の経過で改善が期待できると担当の先生は考えられているのかもしれません。

菌検査というのは治療方針を確定するためには非常に重要な検査ですが、いったん抗生剤を使用し始めると培養で検出されにくくなるので、肺に炎症を起こす疾患の場合、その後は血液検査やX線検査で経過を追うのが普通です。抗生剤を投与しなければ再度の喀痰の菌検査で菌量の変化をみるというのはそれなりに意味がありますが、喀痰はその都度、常に同じ条件で出るわけではありませんから、客観的な経過の評価のためには血液検査で炎症の程度を調べる方が適していると思います。

黄色ブドウ球菌は肺炎桿菌、嫌気性菌とならんで肺膿瘍(肺化膿症ともいいます)の原因になりやすい菌で、肺に穴があく病気というのはこのことを指しています。
このような疾患に進展する可能性があるような強い炎症所見がある場合は、当然抗生剤の投与の適応になります。ただすぐに抗生剤の投与を行っていないことから考えて、そのような強い炎症はないと考えるべきでしょう。

抗生剤の投与が目的とする菌だけでなく、他の菌も殺してしまうというのはその通りで、不必要な抗生剤治療を長期的におこなうと菌交代現象といった問題が生じることもあります。基礎に慢性気道疾患があるような場合は、特にこのような問題が生じることが多いのです。

普通、血痰が出るような炎症が肺にあり、原因と思われる菌が検出されている場合は抗生剤の投与を行うことが多いと思います。投与しなくても改善するであろうという確かな見通しがある場合や、炎症はなく血痰が他の原因、例えば気管支拡張症などの慢性疾患が基礎にある場合などは投与しないこともあるでしょう。その辺は担当の先生に聞いてみなければわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

blackleon様
この度は、ご回答頂き大変ありがとうございました!母は、私が思っているよりも悩んでいたようで、専門家の方からこのような内容の回答をいただいた事を伝えましたら、大変心強くなって安心したようで、実は夜も眠れない日がつづいていたと告白され私も涙が出てしまいました。本当に、心から感謝しております。どうもありがとうございました。
どうぞ、風邪などひかぬよう体に気をつけてくださいませ。今後とも宜しくお願いいたします。
※胸部X線写真では、特に異常なしでしたが血液検査はしていないとのことでしたので、そのあたり担当の先生に聞くようにします。

お礼日時:2001/12/16 22:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌operon(オペロン)について

あるウィルスのDNAに大腸菌オペロンのDNAが400bpぐらいマッチングしました。こういう場合、このウィルスは大腸菌と関係していると考えられますか。GC%が大腸菌と一致していたら大腸菌をもとにしたものと考えてもいいでしょうか。

Aベストアンサー

大腸菌の配列とウイルスの配列を比べて見ましたが、
少なくとも、現時点でNCBIからダウンロードしたデータでは
そのように100%一致する領域は見当たりませんでした。
(SARSの配列にヒットしたのは、類縁のウイルスのみでした。)

ただし、大腸菌のご指摘の領域には、ISという、移動性因子が
含まれていることが分かりました。
そこで、この領域に一致する配列をデータベースで検索
したところ、大腸菌以外に、ヒトやイネなどの配列と
されているもののいくつかにもヒットしました。
これは、おそらく、ヒトやイネなどの塩基配列を決定する操作において、
一旦大腸菌でそのDNAを増やす過程において、ISが大腸菌の
ゲノムから飛び出して、ヒトやイネのDNAを載せたプラスミドに
飛び込んでしまったためであると思われます。

したがって、これらの現象は、あくまで、配列決定操作上の
誤りであり、ヒトやイネがそのような配列のDNAを持っているという
ことではないでしょう。

>それで仮説ですが、大腸菌にバイオ操作でウィルスを感染させて利用するような技術はありますか?そうすれば大腸菌のDNAや部分的な機能が含まれたりするのではないでしょうか。

つまり、上記の様に、大腸菌にウイルスを感染させたという
わけではなく、ウイルスのゲノムDNA配列を決定するにあたり、
その一部分ごとにしたウイルスゲノムDNAを大腸菌内で
増幅させた際に生じた混入と見るのが妥当でしょう。
(もし、どこかの時点で取得して来たウイルスの配列に
大腸菌の配列が含まれていたとした場合)

ちなみに、動物に感染するウイルスを大腸菌に感染させることはできません。
大腸菌に感染するウイルスの仲間もいますが、それは、
バクテリオファージと言われるものであり、ヒトなどの
動物に感染するものとは全く違うものです。
鳥にしか感染しないはずのウイルスがヒトに感染するように
なってしまうという様なレベルの違いではないのです。

大腸菌の配列とウイルスの配列を比べて見ましたが、
少なくとも、現時点でNCBIからダウンロードしたデータでは
そのように100%一致する領域は見当たりませんでした。
(SARSの配列にヒットしたのは、類縁のウイルスのみでした。)

ただし、大腸菌のご指摘の領域には、ISという、移動性因子が
含まれていることが分かりました。
そこで、この領域に一致する配列をデータベースで検索
したところ、大腸菌以外に、ヒトやイネなどの配列と
されているもののいくつかにもヒットしました。
これは、おそら...続きを読む

QMRSA、病院の責任?

先日、MRSAに感染した患者さんの遺族が、訴訟を起こして勝った、というニュースを聞きました。
じつは、知り合いの家族の方が、やはり病気で手術したあとから、発熱し、
MRSAに感染していると、病院に言われ、結局亡くなってしまいました。
手術そのものは成功したのに・・です。
知人はひどく嘆き、病院からの説明を求めましたが、「MRSAは通常は発病しない菌です。体力が弱っていたから、発病してしまった」という回答で、亡くなった方に体力がなかったため、仕方なかった、とのことで、病院側の対応には非はない、といった内容だったそうです。この場合も、病院の責任を問うことはできるのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

法律の専門家でないため一般人としての書き込みです。

MRSAの問題はいまや社会的な問題となっています。院内感染という言葉からもわかるように問題になるのは病院内ですが、MRSAという細菌自体は(ブドウ球菌でなくMRとなったブドウ球菌自体)一般人でも保菌者として存在しています。つまり感染の可能性は病院内だけではないのです。

そこで『MRSAに感染した患者さんの遺族が、訴訟を起こして勝つ』ためにはどういう条件が必要か考えてみます。通常の病院では感染に対して対策をしていますよね。その感染対策の程度と実際の方法…これです。

結論を書けば、世間一般で必要とされている細菌感染への対策を行い、実際に施行した上での感染か否かです。不可抗力という言葉がありますが、院内感染についても同様の考え方をするべきだと思います。
知人の家族の方が入院された病院が、世間一般で必要とされている対策を十分に講じていたかどうか。その上での感染であり、さらに感染に対して遅滞ない対応を取られたのであればその責任はないものと思います。逆に対策に明らかな手落ちがあり(必要な手洗い処置をしていないなど)その結果であれば当然ですが責任を問うことができると思います。また可能性を考えて処置するのが遅くても責任はあるでしょう。またその点について明らかでなければ責任の追及は難しいでしょう。実際に責任を追及できる病院は…それほどは多くないと思いますよ。たいていの病院は厳しく管理されています。それでも感染を防ぎきれないのが・・現状ですからね。

法律の専門家でないため一般人としての書き込みです。

MRSAの問題はいまや社会的な問題となっています。院内感染という言葉からもわかるように問題になるのは病院内ですが、MRSAという細菌自体は(ブドウ球菌でなくMRとなったブドウ球菌自体)一般人でも保菌者として存在しています。つまり感染の可能性は病院内だけではないのです。

そこで『MRSAに感染した患者さんの遺族が、訴訟を起こして勝つ』ためにはどういう条件が必要か考えてみます。通常の病院では感染に対して対策をしていますよね。その感...続きを読む

Q大腸菌について。

とても初歩的なことをお尋ねさせていただきます。

・大腸菌は、もともと人間の大腸内で増殖・生存している菌なのに、それを食べてどうして病気になるのでしょうか?

・大腸菌の中で、ガスを発生するのが病原菌と聞いたことがあるのですが、ガスとは何なのでしょうか?

・一般的な菌検査では、大腸菌群(大腸菌とは関係ない??)、ガスを発生する菌か否かで検査するのでしょうか?具体的な菌名で検査しないのは、コストがかかるからでしょうか?

・食品で病原性大腸菌が発生する要因としてどんなことがあるのでしょうか?

以上ご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ご職業は何でしょうか。質問者様の立場がわかるとより状況に即した回答ができると思います。
私は医師です。
・人間側の防御機構との釣り合いの問題です。細菌が優勢になると病気になります。O-157など人間にとって強烈な毒素を産生する一部の大腸菌は人間の大腸内にいません。
・その場合のガスとはCO2やH2がメインです。ガスを出さない病原性大腸菌も多くいます。
・ガスを産生する菌は大腸菌以外にもいます。ガス産生能は、菌を推定する一つの目安になります。具体的な菌名まで特定しないのは、まあ、コストというか、需要の問題です。抗菌薬治療するならもっと細かく分類が必要です。大腸菌群とは大腸の中にいる菌という意味で、大腸菌やその他の腸内細菌を含みます。
・細菌を含む生物は基本的に自然発生しません。外からの混入、増殖を減らす努力をしてください。

Q抗生剤の投与間隔って?

 看護学生です。実習先で抗生剤の投与方法に疑問を持ちました。
 抗生剤は一定の投与間隔を守らないと効果がないように習っていたのですが、実際は看護士の勤務時間の都合で4、5時間ずれていることがあるそうです。これは他の病院でもよくあるんでしょうか?
 また、二種類の抗生剤を併用するときに、その二種の間隔は開けたほうがいいのでしょうか?それとも連続して投与してもいいんでしょうか?

Aベストアンサー

一日二回投与の場合、勤務時間の影響で若干ズレることはしばしばあり、さほど有効性を減じるものではないでしょう。どの程度労力をさけるかという問題でもあります。
「間隔が均等でないと有効でない」というのは誤りで「間隔が狭いほど有効性が高い」が真実です

二剤の場合の相互作用は作用機序にもよります。グラム陽性菌を狙ったもの(ペニシリンやセフェム系)と陰性菌をねらったもの(アザクタムやダラシンS)の組み合わせの場合、順序や間隔はさほど重要でないと思います。静菌的薬剤(ホスミシンやミノマイシン)と殺菌的薬剤(その他ほとんど全部)の組み合わせの場合は前者を先にして連続投与するようにしています。

また、ラシックスはセフェム系やアミノグリコシドの腎毒性を増強するので併用がやむをえない場合も時間をずらすようにします。

以上のようなことは医師が投与指示の際に明記すべき事項です。感染症科の先生はもっと細かい技をもっておられるのかもしれませんが基本はこんなもんだと思います。

Q大腸菌の遺伝子操作について・・・

大腸菌にプラスミドを加え形質転換させました。
最終的にLB/ampプレートに溶液をまき一日待ちました。

amp→アンピシリン(抗生物質)

大腸菌は紫外線に当てて発見できましたがこの大腸菌は最初の大腸菌と同じのができあがったと考えていいもですか?それとも違う物質なのですか?

Aベストアンサー

大腸菌をプラスミドを用いて形質転換したとき、LB/amp培地を使用したということは、そのプラスミドにはamp耐性の遺伝子が組み込まれているためです。プラスミドがうまく導入された大腸菌は(つまり、形質転換成功)amp耐性がつきますので、LB/amp培地上でも生育でき、コロニーが現れますが、プラスミドが導入されなかった大腸菌はamp耐性を持っていないため、LB/amp培地では生育できずコロニーとしては現れません。

一般的にプラスミドには抗生物質耐性の遺伝子がコードされているので、これを利用して形質転換したものとしてないものを選抜しています。最初の方のように大腸菌がもともとamp耐性を持っているとすれば、話は変わってきますが・・・。

質問の内容を見るとおそらく研究している方ではなく、大学の授業の課題のように思えます。だとすると、紫外線を当てたのは形質転換体とそうでないものを選抜する目的ではなく、形質転換後の大腸菌がどのように変わったのか(この場合、紫外線に反応する大腸菌を作出したのでは?かなり有名な遺伝子です)を見るためだと思います。

分子生物学を専攻に研究されている方にとっては、この問題はかなり基本の部分になりますが、実際に自分で体験しないと本で読むだけでは理解するのに時間がかかるのかもしれないです。今後分子生物学の分野の授業をとるとか、そちらのほうに興味があるのでしたら、本格的なものでなくても載っていると思うので、生化学の教科書等でプラスミドや形質転換について勉強されると良いですよ。

大腸菌をプラスミドを用いて形質転換したとき、LB/amp培地を使用したということは、そのプラスミドにはamp耐性の遺伝子が組み込まれているためです。プラスミドがうまく導入された大腸菌は(つまり、形質転換成功)amp耐性がつきますので、LB/amp培地上でも生育でき、コロニーが現れますが、プラスミドが導入されなかった大腸菌はamp耐性を持っていないため、LB/amp培地では生育できずコロニーとしては現れません。

一般的にプラスミドには抗生物質耐性の遺伝子がコードされているので...続きを読む

Q医薬品の投与量(体重or体表面積当り)

とある医薬品の「投与量」の記載が、mg/kg/日とmg/m2/日とで併記されており、どうも単純に20ちょっとを掛けたくらいにしか思えないのですが、どなたか「体重当り投与量」と「体表面積当り投与量」の換算式(のようなもの)、あるいは法則(のようなもの)をご存知の方はおられませんでしょうか。
また、「新生児」から「成人」まで、どちらか一方の目安(体重当りか体表面積当りか)で良いものか(特に体重当りだととんでもないことになるかも)、あるいは「何歳」や「何kg」等と境にどちらかが推奨される等の法則、目安などがあるものか、ご存知の方はおられませんでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

何の薬ですか?

Q「大腸菌群」のある食品はなぜ不衛生?

ニュースで話題になることの多い、食品中の大腸菌群なんですが、
なぜこれがあると危険なのでしょう?

大腸菌自体は体内にもあるんだし、大学で(畜産関係です)
「一度口をつけた飲み物には、口から大腸菌が入ってる」
と聞いたこともあります。
別の種類・また数の多さが問題なのでしょうか?

また、危険な菌は他にもあるのに、いつも大腸菌が問題になる気がします。
それとも、大腸菌群の有無が何かの目安になっているのでしょうか??

Aベストアンサー

大腸菌群は糞便汚染の指標とされています。
ほかには腸球菌も指標として使われます。
検出方法が簡単なことも指標として使われる1つの要因でしょう。

ちなみに、大腸菌群は必ずしも大腸菌ではありません。
畜産関係なら知ってると思いますが、一応。

Q高齢者への、脱水症状での造影剤投与について

早速ですが質問の際に、上記タイトルに至るまでの経緯をお話いたします。


今月12日に、夕方テレビを見ていた90歳(要介護2)の祖母が突然酷いめまいを訴え、在宅介護中の私が救急車を要請し、現在緊急搬送先の病院で入院しています。

救急車が来る前に「胸の痛みが出てきた」ということで、以前狭心症で処方されていた
ニトログリセリンを飲ませ、病院へ搬送中には祖母からはめまいは治まり胸の痛みのみがあるとのことでした。
緊急での診断結果は「脱水症状および誤嚥性肺炎(肺炎については、実は断定できないほど軽症だったと15日に分かる)」だったのですが、
病気の特定のために血液検査と心電図を撮られ、間をあけてMRIのため造影剤の合意を求められました。


この時点で既に疑問があるのですが
・なぜ血液検査の結果を踏まえても、MRIを摂る必要があったのか
・脱水症状の特定がMRIの取る前の段階で診断できていれば、造影剤投与という
高齢者に対しリスクの高い医療行為をしなくてよかったのではないか(※紙面に祖母は46 egfr ml/minと明記あり、造影剤でのアレルギー反応あり)
・造影剤投与後すぐに点滴されたが、元々の体が脱水状態だとすぐに尿として排出されず、腎臓に蓄積されダメージを与えるのではないか

上記に対し、緊急対応において本当に造影剤に対する安全性が確保できていたのか、
今になって私自身が大変不安になっております。
理由は今日の段階で下記の状態
・救急当初から肺炎とも言えないくらいの症状だが、何故かCRP値(炎症反応)が高い
・昨日より左の腰、腎臓に位置する部分が腫れており、皮膚の上からでも分かるほど飛び出し、かつ内出血している
という点からです。

素人目の私からすれば、このような事態に陥ったのは、単純な脱水症状と特定できなかった病院側が、心臓や脳に重篤な症状が後で発覚したときに責任は一切負いたくないの一身で、腎臓のことは考えずにMRIに踏み切られたのかと悪い方向に考えてしまいます。また、15日には転院を示唆され、まだ安静が必要であると考えている私と、主治医や看護師、もしくは救命に応じた人達との意見の相違に違和感を覚えています。


これまでの内容から総じて一番お聞きしたいことは、
祖母がこれから脱水症状もしかり、肺炎と断定するにはリスクが大きかったであろう造影剤の影響が、今後出る可能性が低く、無事に退院できるのでしょうか?ということです。
お見舞いに行くと「体がしんどい」「腰が痛い」と訴えており、心配でなりません。

なお、そもそも真夏であるのになぜ家庭内で祖母に十分な水分補給をさせていなかったというと、
・昨年2月に血栓症から退院した後、水分制限1000mlを守っていたこと
・症状が発覚する前日に麦茶を飲ませ過ぎたため、当日朝の薬、朝食の牛乳、昼の薬のためだけしか水を取らせていなかった
この事実に関しては、医者の口から症状を伝えられて以降、私自身認めております。
めまいが起こった瞬間、脱水症状だと私は分からず、祖母の体の何処かに病変が起こったものと思い込んでおりました。


視野が狭くなっている自覚があり、客観的な見解を求めております。
以上、どうぞよろしくお願いいたします。

早速ですが質問の際に、上記タイトルに至るまでの経緯をお話いたします。


今月12日に、夕方テレビを見ていた90歳(要介護2)の祖母が突然酷いめまいを訴え、在宅介護中の私が救急車を要請し、現在緊急搬送先の病院で入院しています。

救急車が来る前に「胸の痛みが出てきた」ということで、以前狭心症で処方されていた
ニトログリセリンを飲ませ、病院へ搬送中には祖母からはめまいは治まり胸の痛みのみがあるとのことでした。
緊急での診断結果は「脱水症状および誤嚥性肺炎(肺炎については、実は断定...続きを読む

Aベストアンサー

どの部位のMRIですか?頭部なら造影は不要でしょうが、腹部なら腎梗塞を否定する必要があるのでリスクは承知で造影は当然です。

Q大腸菌の生命力について。

大腸菌って、大腸から離れた場合、
どのくらいの時間生存しているのでしょうか?

よくお金は大腸菌がいっぱいついてて汚いと言いますが、
大腸菌が生きて付着しているのですか?

またネコを飼っているのですが、お尻を舐めたあと、
体も舐めています。その場合、ネコの体は「大腸菌だらけ」に
なっているのでしょうか・・・^^;)

こちらで質問するとキチンとした回答が得られると思って、
投稿させていただきました。

Aベストアンサー

O-157のような病原性大腸菌や大腸菌感染症という病気も存在しますが、一般的には大腸菌は人に悪さをする菌ではありません。

腸内細菌として糞便に含まれる事から、飲料水からは大腸菌が検出されてはいけないという決まりはあります。

ちなみに健康な人間の皮膚上から大腸菌が検出される事もあります。

お札にどの程度付着しているか、私は調べた事はありませんがお札には人間の汗、老廃物など細菌にとって栄養素となるタンパク質やアミノ酸が付着しています。

また、水分ですが人間がいう「乾いている」状態でも細菌にとっては十分生育できる湿度がある場合もあります。(カビなんかも良い例だと思います)

後は細菌が生育可能な20℃~37℃くらいの温度が有れば言い訳ですから生育は可能でしょう。

結構細菌ってあっちこっちに居ますよ。
誰もいない部屋に培地を30分くらいおいて、テストしてみるとたくさんの落下細菌が検出されたりしますから。

もし質問者さんが学生さんなら生物系の先生に頼んで実験させてもらうと良いかもしれません。

Q抗がん剤投与や脳外科手術などで髪の毛が抜けた場合

病院関係者の方に質問です。上記のような患者さんは男性も女性も非常に困ると思うんです。医療機関では医療かつらを退院する時にあっせんしてくれたりする所もあるようですが、まだまだそのようなシステムは定着していないのでしょうか?導入されている医療機関の方はどこを利用されていますか?業者は販売にきて、病棟の処置室などでカットやセットなどしてくれたら患者さんは助かるのではと思って質問させていただいております。内情にお詳しい方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

医療関係者ではないのですが、
気になったので書き込みさせていただきます。
抗がん剤治療経験者です。

確かに脱毛(全て抜けました)のショックは大きいものでしたが、
「また生えてくる」という言葉で安心していました。
かえって、こんな経験なかなかできない、と楽しむ余裕もできました。
回りの皆さん(入院患者さん・病院関係者)の励ましのおかげでした。

かつらを購入するのは高額ですし、一時期のみの物ですから、
私は「夏目雅子ひまわり基金」で無料で借りました。
だいたい好みのサイズ・長さの物を貸していただけますし、
スタイルが今ひとつなら美容院でカットしてもらうのもOKでした。

この基金のことをご存知ない方はたくさんいらっしゃるでしょうし、
病院側である程度用意してくれるなら、それに越したことはないですね。
せめてこの基金のことを、もっと病院で宣伝してくれたら、と思います。

参考URL:http://www.himawari-kikin.com/faq/index.html


人気Q&Aランキング