NHKって国営放送でもなくなったのに、どうしてテレビがあるだけで料金を支払わなければならないのでしょうか?NHKはまちがってチャンネルが変わってしまった時以外は見ないのですが・・・。他の民法ではCMなどをやって資金確保をしているので、NHKも受信料のほかに資金確保をかんがえないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

mittannさん、こんにちは。



「どうして?」かと聞かれれば「放送法があるから」という答えになってしまいます。
また、広告放送も「放送法」によって禁じられている為できません。
全ての根源は「放送法」です。NHKが「放送法」を作った訳じゃ無いし、「放送法」を改定する権限も無いから、NHKに文句を言うよりは国に文句を言うべきでしょうね・・・

っと思ったら、先に文句を言いそうな奴がいました。
政府の「規制改革委員会」です。(関連記事のURLを下記に上げておきます。)
彼等はこう言ってます。
>衛星放送用の受信機があれば自動的に支払う義務が生
>じる。12月1日からはNHKや民放7局、データ放
>送8局がBSデジタル放送に参入する。NHKは受信
>料の上乗せはしないとしているが、民放BSデジタル
>を見るために対応テレビを買う人も、NHKが映ると
>いう理由で衛星受信料を支払う必要が出てくる。
こいつぁ、おかしい!と・・
規制緩和委の見解として、提案するらしいので放送法の改正もあり得るでしょうね。今後の展開を待ちましょう。
しかし、これは衛星放送の話なので地上波は関係無しです。

以下は私の見解です。
将来、地上波から衛星へ完全に移行し、地上波の放送を受信する設備が日本国内から無くなるまで受信料徴集は続くと考えています。(放送法が改定されないなら)
なぜなら、「明日から受信料は払わなくていいよ」となった時、今まで受信料を払い続けてきた人達が
「おいっ!ちょっと待てよ!それなら今まで払った分返せよ!
今まで払ってきて無い奴だっているんだぜ!そいつから今まで払って無い分も取れよ!これじゃぁ不公平だぜっ!!
正直者が損するのかよ!」
って言い出すから。
これを説得するのは結構大変です。

参考URL:http://www.cnn.co.jp/2000/JAPAN/11/23/asahibn001 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2000/12/13 23:09

 それ今、審議中らしいです。


 デジタル放送普及後はNHKも契約制にするとか云々……。
 昔々大昔、NHKは「テレビはNHKを見るための物」という位置付けで営業を開始したんじゃないでしょうかね(←注:勝手な想像)、だから強制的に払わせられるとか。うーん。
 俺も、見もしないNHKやBSの受信料を強制的に引き落とされて負担になってます(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2000/12/13 23:10

◆Naka◆


NHKの受信料ですか。
基本的には、「受信できる」設備を所有するだけで支払う義務があります。
ただし、NHKが映らないように改造されていれば、その限りではありません。
ご参考となる質疑が、過去の質問にありますので、まずそちらをご参照ください。(下記参考URL)

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=16045,http …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2000/12/13 23:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民法の遡及効ほか一点教えてください

遺産分割で揉めています、相続人は私と姉の二人だけです、姉は農家の跡取りはしない、と言って先に結婚し出て行きました、その後、残された私は夫が退職したら実家で農家を継ぎます、と言う約束をし結婚しました、夫は退職までの30数年間跡取りとして父の手助けをし、頑張っていましたが退職の2年前突然亡くなりました、父が亡くなった時の一切の法事も、その後の田畑や家の管理、税金など一切の費用も姉に出させること無くやってきました、その後離婚状態のまま一人で暮らしていた姉が実家に住み着き一人で生活しています、私達に、旧姓に戻らなければ跡継ぎの資格は無い、と言い張り出て行ってくれないので私達は跡継ぎをあきらめましたが、その代わり、跡継ぎと言われそのつもりで今まで出費した一切の費用を出してくれ、と姉に言ったところ、半分しか出さない、と言われました、弁護士に聞いたところ民法の遡及効によって全額請求できると聞きましたが、一方遡及効は「遺産に限る」とも書いてあったように思います、どちらが正しいのでしょうか、またこんな状態ですのでそれぞれ名義変更はしていませんが、姉が家とその敷地を、私が田畑を貰う、ということで話はついていますが、先日家の修理代が30万かかったから半分を支払ってくれ、との申し立てがありました、2年前から自分がそこに住んでいながら、名義が父のままになっているとはいえ私達が半分を出さなければならないのでしょうか、分かりづらい文章になってすみません、遡及効の範囲と、家の修理代の件詳しい方よろしくお願いします。

遺産分割で揉めています、相続人は私と姉の二人だけです、姉は農家の跡取りはしない、と言って先に結婚し出て行きました、その後、残された私は夫が退職したら実家で農家を継ぎます、と言う約束をし結婚しました、夫は退職までの30数年間跡取りとして父の手助けをし、頑張っていましたが退職の2年前突然亡くなりました、父が亡くなった時の一切の法事も、その後の田畑や家の管理、税金など一切の費用も姉に出させること無くやってきました、その後離婚状態のまま一人で暮らしていた姉が実家に住み着き一人で生活し...続きを読む

Aベストアンサー

遺産分割の遡及効
遺産分割は、相続開始の時に遡ってその効力を生じ、 各相続人が分割によって取得した財産は、 相続開始時に被相続人から直接承継したことになります。これを遺産分割の遡及効といいます。
遡及効が認められる範囲は、 遺産分割によって分割した遺産に限られます。
例えば、代償分割によって取得した遺産については遡及効が生じますが、 代償金支払債務について遡及効は生じません。換価分割によって取得した代価についても遡及的効力は生じません

>名義が父のままになっているとはいえ
→「これから」遺産分割についての協議がもたれるわけで文からは遺言書の存在が記されていないので法的な縛りはなく今後の話し合いが全てです。

文から時系列がはっきりしない部分がありますが仮に民事の調停なら既に遺産から得ている利益を勘案して「修理代金の支払要求」は取り下げるよう判断されそうですが残された親族と決定的な亀裂を生じさせるプロセスをお奨めできません。

Q自己株式取得で、事業承継者の相続税の納税資金の確保ができる?

自己株式取得のメリットとして、「事業承継者の相続税の納税資金の確保ができる」という話を聴きましたが、これはどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる中小企業のオーナーには,資産のほとんどがが会社の株式だという場合が結構あります。
その場合に相続が生じると,相続税の納税資金に困るわけです。現金が必要ですから。

かといって,第三者に売却したり物納したりすると,その相手に議決権が生じてしまい,いろいろ口出しされるのも面倒だ。

そこで会社に自己株式として買い取ってもらえば,現金化できるし,事業承継者は100%の議決権を確保できるってことです。


他にも,事業承継者以外にも相続人がいて,株式以外分ける財産もないってときに,会社に自己株式を買い取ってもらって他の相続人には現金を分与し,事業承継者が一人で事業を承継するってことでも利用されます。

Q父名義で家を建てるのに、資金が足らないです。

法律に関してはド素人の私に、御教授いただけたら幸いです。

家族構成:父 79歳(収入は年金のみ)・母 74歳(収入は年金のみ)・妻 45歳(専業主婦)・私 50歳(会社員)。

住まい:約40年前に父と母が建てた1戸建て住宅に4人で暮らしている。(土地と建物は、父名義)

家計:私が父・母の年金を預かり、私の給料と合計して家計をまかなっている。

相談の背景:市の河川拡張事業の用地候補に、住んでいる家全体が引っかかり、立ち退きをする事になった。
市の査定により、土地と建物の賠償金額は決定している。(家が古い為か、かなり安い)
市の賠償金だけでは、家を建てる予算が足らない為、私もローンを組んで補充しようと考えている。
父は、できることならすぐにでも「家と土地の名義」を私に譲りたいと言っている。
しかし、役場より「新しい家に住み始めるまでは、家と土地の相続は遠慮願いたい」と釘を刺されている。
新しい家には、今と同様4人で暮らす予定。

お聞きしたい事:(1)このまま家を建てた場合 名義は父となりますが、私がローンを組んで補充した金額は、相続の時点で考慮されるのでしょうか?
(2)考慮される為には、補充した証拠として何を残すべきでしょうか?(領収書? 借用書?)
(3)現在、遺産相続(生前相続)に対して特別減税が適用されると聞きましたが、どのような内容なのでしょうか?

ご回答、よろしくお願いいたします。

法律に関してはド素人の私に、御教授いただけたら幸いです。

家族構成:父 79歳(収入は年金のみ)・母 74歳(収入は年金のみ)・妻 45歳(専業主婦)・私 50歳(会社員)。

住まい:約40年前に父と母が建てた1戸建て住宅に4人で暮らしている。(土地と建物は、父名義)

家計:私が父・母の年金を預かり、私の給料と合計して家計をまかなっている。

相談の背景:市の河川拡張事業の用地候補に、住んでいる家全体が引っかかり、立ち退きをする事になった。
市の査定により、土地と建物の賠償金額は...続きを読む

Aベストアンサー

用語の使い方をご存知ないのか、勘違いされているのか。

まず、公の事業による立ち退き保証金なので、現在の所有権を変える事はできません。
また、生存している父からは相続はありえません。

つぎに、子がローンを組もうにも、新しい家の持分がなければ住宅ローンになじみません。
ここで、役所には新築移転には保証金だけでは不足するので、子が住宅ローンを組む必要があるが、不動産の持分は親子共有になることの相談をして、保証金の対象に該当するか確かめる。
銀行への資金相談で、実際ローンが組めるかどうか確かめる。

すべてを同時に運ばないとうまく進みません。

将来の相続のことよりは、目の前の現実に対処することに気を使うべきです。
市の事業なのですから税金面では市の税務課か税務署かに具体的な相談をして、将来どうなるのかの基礎知識程度は知っておきましょう。

Q【コーポレートガバナンスの実効性の確保】とはどういう意味ですか?とりわけ、実効性の確保が分りません。

こんにちは、みなさん!!

【質問】コーポレートガバナンスの実効性の確保とはどのような意味
   ですか?

【質問の背景】コーポレートガバナンス(以下CG)について、只今勉強をしております。その中でよく、CGの実効性の確保という表現が頻出しいますが、ここの【実効性の確保】の意味が良くわかりません。

Aベストアンサー

言うだけでなく、本当に実現出来るかどうか、という意味で使われていると思います。

コーポレートガバナンスの定義自体なかなか難しく、人によって認識が異なると思いますが、一般的には「企業統治」と訳されることが多いですね。

企業が合理合法に、正しく運営される状態を言うのでしょうが、そのために経営者である取締役の責任や義務、経営を適切に監視・点検する監査役の責任や義務を明らかにし(これは委員会設置会社でも理念は同じですね)、そしてそれらを実現するための様々な組織体制や仕組みをつくることなど、かなり広範な対応が求められていますね。

Q民法516条と民法468条の違いは・・・ 

異議なき承諾
異議を留めない承諾

との違いはなんでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨がわかりかねます。
1「民法516条」は下記のように債務更改に債権譲渡の「468条1項」を準用するという規定です
2ご質問の「異議なき承諾」「異議を留めない承諾」の文言は法文にはありません。
3民法の解説書の著者の表現方法の差ではないのでしょうか。
4ご質問の条文は次の通りです。
更改
第516条 第468条第1項ノ規定ハ債権者ノ交替ニ因ル更改ニ之ヲ準用ス
債権譲渡
第468条 債務者カ異議ヲ留メスシテ前条ノ承諾ヲ為シタルトキハ譲渡人ニ対抗スルコトヲ得ヘカリシ事由アルモ之ヲ以テ譲受人ニ対抗スルコトヲ得ス 但債務者カ其債務ヲ消滅セシムル為メ譲渡人ニ払渡シタルモノアルトキハ之ヲ取返シ又譲渡人ニ対シテ負担シタル債務アルトキハ之ヲ成立セサルモノト看做スコトヲ妨ケス
2 譲渡人カ譲渡ノ通知ヲ為シタルニ止マルトキハ債務者ハ其通知ヲ受クルマテニ譲渡人ニ対シテ生シタル事由ヲ以テ譲受人ニ対抗スルコトヲ得


人気Q&Aランキング

おすすめ情報