お世話になります。
「日本には二個の原子爆弾が落とされた」との報道記事を見て記憶をたどってみると、小学生の時(30年くらい前)に広島は「原爆」長崎は「水爆」を落とされたというふうに習ったような気がするんですが、単なる記憶違いでしょうか?
私は原爆と水爆の違いを理解してませんが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

どちらも原爆で、原爆ならば必ず核分裂を利用します。



で、核分裂を起こすために必要な原子として広島ではウランを、長崎ではプルトニウムを用いています、また起爆の方法も違いがあります。

水爆が核融合を利用した爆弾です。

簡単に。

核分裂とは、原子核が二つ(以上)に別れてしまうことです。別れてしまうからには、もとからでかい原子が必要であることはなんとなく想像つくと思います。
一応、普通に天然に存在する最大の原子はウランになります。また、ウランから無理くそさらに大きくしてやった原子がプルトニウムなど、といえます。
んで、原子が分裂する際に、膨大なエネルギーが発生するので、それを一気に引き起こしてやるのが原爆です。

他方、核融合とは、二つの原子核がくっついて一つになることです。なんとなく、小さな原子ほど融合させやすい気がしますよね、んで最小の原子である水素をくっつけさせるわけです。すると、今度は核分裂にもまして強烈なエネルギーが引き出せる、と。
しかし普通に核融合が起きちゃぁ、世の中のあらゆる物質がどんどん重くなって、しかもエネルギーを放出するから危険極まりない、つまり普通はそんなこと起きないんです。
それを、無理くそ引き起こすために、水爆ではいったん核爆発(つまり、原爆)を起こした後、そこから核融合させている、まそんな感じです。

核融合自体は、実は放射能としては根が浅く、低レベル放射性廃棄物の処理が問題となるんですが、そのきっかけの核爆発がやっかいなようですね。
    • good
    • 9

さらに補足です。


「広島は原爆で、長崎は水爆」と間違って教えた背景には、
「日本は原爆の被爆だけではなく、水爆の被爆被害も受けた」という事実があるためでした。
水爆の被爆とは戦争ではなく、1954年3月1日にビキニ環礁でのアメリカの水爆実験の際に、現場海域に近づき過ぎて死の灰をかぶった第五福竜丸のことです。
このことを戦争中の原爆2個と勘違いして、教えたのだと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答をお寄せいただきました皆様、#7の方のお礼欄をお借りしましてお礼を述べさせていただきます。
たしかに長崎は水爆というふうに習ったと記憶しています。同じ小学校を卒業した私の姉もそう言っておりましたし・・・。
大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/23 15:34

他の方からの回答がすでにあります通り、どちらも原爆で、その核物質と起爆方法の違いです。


広島型原爆:ウラニウム ガンバレル方式(砲身式)
長崎型原爆:プルトニウム インプロージョン方式(爆縮式)

ただし、習った気がするというのはあながち間違っていないかもしれません。
私が習った小学校の先生も、
「広島は原爆で、長崎は水爆」
と間違って教えていましたよ。
クラスに居たいわゆる戦争オタクの指摘で間違いを認めていましたけど。
私も30年前は小学生でしたが、当時から質の悪い不適格教師はいましたね。
    • good
    • 4

日本に投下されたのは両方とも原爆です。


広島と長崎の原爆の違いはガンバレル方式かインプロージョン方式かの違い、使用された核種の違いだと思います。

水爆は05年現在で実戦使用はされていない、はずです…。多分。
原爆は核分裂反応、水爆は核融合反応を利用します。が、現在の技術では常温核融合が不可能なため、水爆の起爆に原爆が流用されてます。そういった意味では、水爆も原爆のバリエーションの一つと言えるかもしれません。
ビキニ環礁で米国が行った水爆実験のとばっちりを受けたラッキードラゴン(第五福竜丸)は記憶に新しいかと思います。むしろ忘れちゃ駄目でしょうね、これは…。起爆剤としての原爆で乗組員が被爆してます。
因みに原爆を使用しない水爆の研究も行われてますが、実用された場合は原爆よりも遥かに核汚染が少ない『綺麗な核兵器』となります。
そんなん作るなよ…、と思いますけど。
    • good
    • 7

広島も長崎もどちらも原爆です。



ただ、起爆方式が違いまして、広島「ガンバレル方式」
でウラニュウム爆弾。
長崎は「インプロージョン方式」でプルトニュウム爆弾です。

以下などを参考にしてみてください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%AB% …
    • good
    • 1

 こんはんは。



 水爆は1950年代に開発されていますので、第二次世界大戦時には存在しませんから、ご記憶違いだと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%88%86

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%88%86
    • good
    • 1

ヒロシマもナガザキも原爆。


ちなみにリトルボーイとファットマン。
水爆はビキニだと思います。

原爆は原子爆弾。
水爆は水素爆弾。
どちらも核融合だと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q広島、長崎 原爆被害エリア

こんにちは
広島、長崎に落とされた原子爆弾
リトルボーイ、ファットマンの被害エリアを記した図を探しています。
爆心地からここまでは、全滅。
ここからここまでは、焼け野原、といった様な図です。

また、現在の原爆、水爆はどれくらいの威力があるのかをしるした記事や図があればそれもよろしくお願いします。
(今のは地球がふっとぶとかって聞きますが…)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

だいたいでよければ
http://contest.thinkquest.jp/tqj2001/40234/damage/damage.htm

Q長崎の原爆を題材にした映画

こんにちは。長崎の原爆を題材にした映画のうち、有名なもの、特に忠実に表現されたものを二つ教えてください。

Aベストアンサー

先の方も回答されていますが『この子を残して』ですね。
永井隆の随筆作品であり、それを原作とした木下惠介監督の映画作品です。
原爆投下のシーンを撮影する際、実際にセットを爆破し原爆投下の直後をリアルに再現しています。(一部、原爆投下後に広島・長崎で撮影された被爆者の写真を正確に再現したシーンもある)

それと『八月の狂詩曲(ラプソディー)』です。
核兵器がいかに長年に渡って人の心を蝕むかについて触れています。
こちらは、忠実に再現というには難しいです。
独善性や合成画面に批判がありましたが、それでも泣ける作品です。

Q長崎に原爆を投下したB29の飛行ルートについて

 私の祖父から聞いた話です。

 終戦直前、祖父の部隊は敵の本土上陸を想定して、熊本の海岸で塹壕を掘っていたそうです。
 8月9日の昼前にふと空を見上げたら一機のB29が悠々と飛び去るところだったそうです。そのときは何とも思わなかったようですが、もしかするとあれは長崎に原爆を落とした飛行機だったのかもしれない、と思っているとのこと。

 これについてふたつ質問させていただきます。

1.長崎に原爆を投下した後、B29は熊本上空を飛んでいったのでしょうか。
2.熊本の海岸に塹壕の跡のようなものは残っているのでしょうか。

 どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.長崎に原爆を投下した後、B29は熊本上空を飛んでいったのでしょうか。

 原爆を投下した部隊のうちの1機である可能性は高いです。

 原爆投下部隊は6機のB29爆撃機で編成されており、原爆投下のほかに、事前に目標地の天候等を調べて、原爆投下機を先導する機体、爆発の様子を写真に撮ったり、科学的な調査をする機体などです。

 各機は、グァム島の南西にあるテニアン島の基地を飛び立ち、屋久島付近の上空で連絡をとりながら、第一目標の福岡県の小倉に向かいましたが、小倉上空の天候が悪く断念しました。
 この間に熊本上空を飛んだという記録があります。
 
 第2目標として長崎へ向かった各機は、まず、気象偵察機が上空を通過し、続いて、原爆投下機と、撮影・観測の合計3機が、間隔をとりながら、進入し、原爆を投下しました。

 原爆投下後は、撮影・観測の機体を除いて、テニアン島に帰る予定でした。
しかし、原爆を投下した機体は、燃料系統のトラブルで、当時、すでにアメリカ軍に占領されていた沖縄の基地へと向かいます。
 長崎-沖縄であれば、熊本上空を飛んだ可能性は微妙です。
また、このときは、もう1機が万が一に備えて随伴していたので、2機編隊だったのかもしれません。

 原爆投下後も、撮影と観測の機体は、しばらくの間、長崎上空を飛んでいた可能性は高く、各機が任務を終えた後で、バラバラに帰投した可能性が高く、そのうちの1機を目撃されたのかもしれません。



2.熊本の海岸に塹壕の跡のようなものは残っているのでしょうか。

 すみません、こちらは分かりません。
図書館や郷土資料館に行くと、残っている記録を見せてくれたり、そのような史跡に詳しい方を紹介してもらえるかもしれません。

1.長崎に原爆を投下した後、B29は熊本上空を飛んでいったのでしょうか。

 原爆を投下した部隊のうちの1機である可能性は高いです。

 原爆投下部隊は6機のB29爆撃機で編成されており、原爆投下のほかに、事前に目標地の天候等を調べて、原爆投下機を先導する機体、爆発の様子を写真に撮ったり、科学的な調査をする機体などです。

 各機は、グァム島の南西にあるテニアン島の基地を飛び立ち、屋久島付近の上空で連絡をとりながら、第一目標の福岡県の小倉に向かいましたが、小倉上空の天候が悪く...続きを読む

Q「神戸大空襲」 「東京大空襲」 「広島・長崎原爆」

「神戸大空襲」 「東京大空襲」 「広島・長崎原爆」

1.それぞれの実施された日を教えてください。

2.広島と長崎って言いますが、同じ日に投下されたのですか? 広島がメインな印象ですが・・・(原爆ドームとか)

3.他に第二次大戦中の「大空襲」ってありますか?
私の祖母が「神奈川県横浜市鶴見区でも空襲があった」と言ってましたが・・・(鶴見の総持寺というお寺に逃げたらしい)

Aベストアンサー

神戸大空襲:1945年3月17日、6月5日ほか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

東京大空襲:1945年3月10日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

広島原爆投下:1945年8月6日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B

長崎原爆投下:1945年8月9日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B4%8E%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B

日本本土大空襲
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9C%AC%E5%9C%9F%E7%A9%BA%E8%A5%B2

ドレスデン爆撃
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%B3%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

ベルリン空襲
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3%E7%A9%BA%E8%A5%B2

神戸大空襲:1945年3月17日、6月5日ほか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

東京大空襲:1945年3月10日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2

広島原爆投下:1945年8月6日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B

長崎原爆投下:1945年8月9日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B4%8E%E5%8E%9F%E7%88%86%E6%8A%95%E4%B8%8B

日本本土...続きを読む

Qなぜ原爆は広島の後すぐに長崎に落とされたのか?

なぜ原爆は広島の後すぐに長崎に落とされたのか、教えてください。
最初の広島の原爆の「効果」(災害の規模と戦争を止めさせるという意味)の如何にかかわらず、2個落とすというが最初から決まっていたのでしょうか?

Aベストアンサー

 大前提ですが「災害の規模と戦争を止めさせるという意味」は実はなかったと推測されます。

 実はアメリカ側は原爆の投下の決意をしており、日本側が絶対拒否することをみ
越して、5月にグルー国務次官から提出された降伏文書案から「天皇制存続」を削除
してたわけなんですよ。
 で、8月3日以降の原爆投下の実行を指示。

 本来であれば6月前後の終戦がみこめたはずだったんですがね。

 実験を兼ねた原爆を落とすために終戦を延期したんです。待つ待たない関係なく
予定通りの爆撃だったんでしょうね。
 ウラニウム爆弾、プルトニウム爆弾1回ずつ。
 と言うわけです。

 
 

参考URL:http://www.ops.dti.ne.jp/~heiwa/kimura/columnbn/col0030.htm,http://www.ut2.nu/html/nenpyo/1945.html,http://www2s.biglobe


人気Q&Aランキング

おすすめ情報