コンビニの販売統計などの情報を探しています。
コンビニ業界の業界団体などはないのでしょうか?
何でも良いので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本フランチャイズチェーン協会(JFA)という社団法人があり、毎年協会に加盟しているFCのチェーン数、店舗数、売上高などの統計を発表しています。

コンビニ業界のデータも発表されています。
また、コンビニ業界データとしては、MCR統計というものがあり、商業界刊行の雑誌「コンビニ」において発表されています。
JFA(下記参照)や商業界に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://jfa.jfa-fc.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速調べてみます。

お礼日時:2000/12/13 13:57

コンビニエンスストアのオーナーが中心となって作っていると思われるコンビニエンスストア・コミュニケーション・コミュニティというサイトがあります。

FCに関するサイトを集めたリンクがありますので、それもお勧めです。→ http://www.net-kreis.co.jp/

参考URL:http://homepage2.nifty.com/cccom/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに便利なサイトですね。重宝させていただきます。

お礼日時:2000/12/15 13:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q統計学入門(東京大学出版会)より易しい統計の書籍を探してます

閲覧ありがとうございます。
私は統計が大の苦手で、過去に大学の統計授業を落としたことがあるほどですが、
わけあって再び統計学を学ばなければいけません。
統計学入門(東京大学出版会)がおすすめと聞いて、その本を図書館で借りて勉強しましたがさっぱりわかりませんでした。
上記の本よりも易しくて理解しやすい統計の書籍を紹介してほしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「へえ、心理学って統計やるんだ」というレベルだった私が最初に読んだのが、ロウントリー『新・涙なしの統計学』(新世社)。
統計の本はその後も何冊か読みましたが、その中で一番わかりやすいなと思ったのは、村井潤一郎・柏木惠子『ウォームアップ心理統計』(東京大学出版会)。
この2冊であれば、統計学に苦手意識を持っている人でも、抵抗なく読み進められるかと思います。

あとは具体的に統計で何をしたいのかがわかると、もうちょっと勧めやすくなります。
たとえばt検定をやりたいのか、それとも因子分析をしたいのか。
あるいは基礎からきちんと学びたいのか、もしくは仕事で使うからとにかく分析ができればいいのか、はたまたソフトは何を使うつもりなのか、などでもだいぶ違ってきます。
ご参考までに。

Q企業信用調査や情報提供などの業界ランキングについて

お尋ねしたいのですが、

企業信用調査や情報提供、出版物の販売等を行っている業界ランキングを
知りたいのですが、教えていただけないでしょうか。

東京商工リサーチとか東京経済株式会社などがこの業界だと思うんですが・・・。

こういう業界についてまったく知らないんですが、事務職として応募したい
と思っているのですが、この業界で働く場合に知っておいた方がいいような
ことなど何でも結構ですので教えていただけないでしょうか。
その会社は、事務職の募集はみかけたことはないのですが、調査員の募集は
ちょくちょくでているようなんです。調査員は、出入りが激しいのでしょうか?

Aベストアンサー

帝国データバンク、東京商工リサーチ以外は、認知されていません。
東京経済レベルでは、知らない人が圧倒的です。
これ以下になると、うさんくさい会社が多くなったり、探偵的なところが出てきます。
調査員は大半が嘱託です(一定期間の契約)。
具体的な社名が分かれば、アドバイスできますが。

Q統計学でわかりやすい入門書 本を教えて下さい

統計学でわかりやすい入門書 本を教えて下さい

Aベストアンサー

大学生向けですがどうでしょうか?
http://14goukan.xxxxxxxx.jp/menu/nyu.html#soc

小島さんのはわかりやすいです。

Qコンビニなど街のコピー機から情報が漏れる危険はありますか

仕事場のコピー機はA4までしかコピーできないので、
B4サイズの書類は近所のローソンやオフィスデポに行って、
1枚10円のコピーをしています。

きのうオフィスデポでコピーをしました。
料金は、コピーしたあと自己申告で枚数を伝え、
料金を払うシステムです。したがってコピー機は
汎用タイプのものだと思います。

きのう、はたと気が付いたのですが、
オフィスデポのコピーは「メモリー」を使用しながら
コピーするタイプのコピー機のようです。

ということは、いったん、コピー機に
文書の内容がメモリーされて、それを出力してコピーすると思うのですが
コピーの情報は、コピーの機械に残ってしまうのでしょうか。

たいした機密文書ではにのですが、企画内容などは部外秘にしたいので
心配です。
事情をご存知の方はお教えください。

Aベストアンサー

情報を消すタイプのコピー機もありますし、残す事ができるタイプのコピー機をあります。

としか言えないですよ

通常、いつ誰がどんなデータを持ってくるか判らないので、情報を盗もうとしても、いつになるか判らないので、可能性は低いでしょうねぇ、でも無いとは言いきれない(^_^;

部外秘なデータなら可能性も含めてコンビニコピーは止めることですね

Q統計力学と量子力学の入門書

こんばんは!
理系大学2年のものです。
応用物理学科で、統計力学、量子力学の授業が始まったのですが、授業が難しすぎて、というか言っていることが難しくてよく分かりません!
ただ、分かれば得るものは大きいと思うので、自分である程度基礎的な部分から、標準的なレヴェルまで勉強したいと思うんですが、
統計力学と量子力学でそれぞれオススメの入門書を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

量子力学の教科書としては、シッフが標準的ですね。しかし、ちょっと難しいと思います。ディラックや朝永は量子力学の考え方を学ぶ上で良書ですが、高度な内容です。「基礎的な部分から、標準的なレヴェルまで勉強したいと思う」のでしたら、メシアの「量子力学1~3(東京図書)」がお薦めです。じっくりと、量子力学を学びたい人には最適の本だと思います。この本は学生のときに購入し、読んだのですが、いまでも、この本を読み返し、参考にすることもあります。

統計力学は少し古い本になりますが、原島鮮著「熱力学、統計力学(培風館)」が標準的で、読みやすい本だと思います。私が学生の頃は、名著と言われていました。最近の本では、グライナーの「熱力学・統計力学(シュプリンガー東京)」が良いのではないでしょうか?

Qコンビニ業界

ローソン(三菱商事)やファミマ(伊藤忠)のように、商社がコンビニの親会社になる事に、どのような意味がありますか?
実は今、就職活動中なんですけど、先日の面接で聞かれてうまく答えられませんでした。帰ってから自分で調べたんですけど、はっきりしません。
商社というパイプを使った展開が出来るということでしょうか。

Aベストアンサー

簡単にまとめれば次のような事が考えられます。

コンビニの立場からすれば、商社の持つ商品供給力に大きな魅力があります。より魅力的な商品をより安く調達する上で、商社の持つノウハウはとても役に立ちます。また、商社と組む事で資金を調達しやすくなるという狙いもあります。コンビニ業界はシステムの塊で出来ている様なモノなので、店舗の開設や情報化投資などに多額の資金が必要となりますが、そういう場合に商社がいると、仕事がやりやすい訳です。

一方、商社の立場からすると、ビジネスチャンスが増える事、およびビジネスノウハウを吸収できることがメリットと言えるでしょう。
コンビニは何千店もあるわけですから、それらに商品を供給できるルートを持つだけでも商社のメリットは大きいものがあります。また、コンビニは小売業であり、消費者に非常に近い位置でビジネスを行なっています。商社は物流や卸売が得意分野ですが、これらの機能だけではこの先の商売が先細りになるという危機感を持っています。そこで、小売の最前線にいるコンビニを取り込むことで、新しいビジネスチャンスを開拓する事を狙う訳です。

他にも色々ありますが、あとはご自分で色々研究してください。

簡単にまとめれば次のような事が考えられます。

コンビニの立場からすれば、商社の持つ商品供給力に大きな魅力があります。より魅力的な商品をより安く調達する上で、商社の持つノウハウはとても役に立ちます。また、商社と組む事で資金を調達しやすくなるという狙いもあります。コンビニ業界はシステムの塊で出来ている様なモノなので、店舗の開設や情報化投資などに多額の資金が必要となりますが、そういう場合に商社がいると、仕事がやりやすい訳です。

一方、商社の立場からすると、ビジネスチャンスが...続きを読む

Q統計と解析学の入門書

生物学系(医学)の研究をしているものです。

実験データの統計処理にはもっぱら統計ソフトを使っていたので不便を感じなかったのですが、データの処理の仕方でいろいろと疑問なところが生じてきて、果たして自分の実験のデータをどう評価していいのか考えています。それで少し統計のことを勉強しようと思っています。

しかしながら私は理系出身であるにもかかわらず数学が大の苦手で、解析学が全くわからないのです。(高校の数学段階ででストップしています)統計学の入門書を読んでも微分積分だかがいっぱいでてきて理解できません。こんな私にも少しずつでもいいですから理解する助けになるような書物はないものでしょうか。

お恥ずかしい質問ですが、詳しい方、ご回答ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしの教科書は

東京大学出版界
医学生物学の為の推計学

です。微分積分必要なし.電卓一つで十分でしょう(手回し計算機とそろばんで分散分析をしていた世代です)。
適合度の検定が載っている本がこれくらいしか.見つからないので.これをすすめます。統計では.特定の検定をするためには特定の分布様式であることが必要ですから。

Qコンビニ業界について

最近、道を歩いているとコンビニが作られていますが、いぜんコンビニ
があったところがつぶれています。疑問なんですがなぜコンビニが作られるのはこんなにおおくなったのでしょうか。どこのコンビニをみても大した変わりがないように見えます。またコンビニのオーナーは本部からノルマといわれるものがあるのでしょうか。たとえば、新製品などがあれば、また本部がすいあげる加盟料などがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

営業の美味い話に騙されてコンビニ経営を始める人が多いからだと思いますよ。実際にやってみたら全然儲からなくて廃業、もし上手く行っても近所に直営店ができて廃業。FC経営だと本部への上納金を納めるだけで精一杯なとこが大多数です。

Q統計的品質管理の学習に適した入門書、基礎参考書

品質保証業務のため、統計的品質管理の学習の必要性が生じました。
まずは本を読んでみようと思ったのですが、種類が多すぎて目移りします。
入門者&初心者でも読める、統計的品質管理やの分かり易い参考書がありましたら情報をお願いします。
ちなみに、当方の数学能力は義務教育レベルです。

出来るだけたくさんの情報を求めています。
実際に読んだ感想や成果などのコメントも添えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

まだ締め切ってないんですね。

わたしが若いころ便利に使ったのは,
「初等品質管理テキスト」改訂版 日科技連出版社
です。コンパクトにまとまっていますが,今も販売されているかどうか・・・たぶん,絶版。

たとえば,ここgooで,「日科技連出版社 統計」で検索したら
「日科技連出版の本はbk1で」
http://www.bk1.co.jp
と,出ました。たくさんあります。初歩の・・・とか,文系の・・・などが書名に付くものを選んだらどうですか。
「ビーケーワン」のサイトで,「日科技連出版社 統計」と検索したら,11件ヒットしました。

老婆心ながら,
品質保証業務にはそのほかに,信頼性関係のことも勉強する必要があると思います。

Q食品を販売するときに届出などが必要なのはどんなものを販売するときですか?

野菜を販売するときは許可とか必要ないんですか?
詳しい方教えてください^^

Aベストアンサー

店舗で販売するための施設は届ける必要があると思うよ。
畑で直接販売するなどの小屋などはいいと思うけど。
保健所に行って販売したいものを提示して聞いてくるといいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報