N-3B TYPE(寒冷地の空軍用ジャケット)
PEA-COAT(英国海軍の艦上用コート)
MA-1 TYPE(米空軍のフライトジャケット)
が、このようなスタイルになった理由を教えてください。
(気候、機能、軍事的な理由など)

A 回答 (1件)

N-3B:


空軍用ですが、エアクルー(主に整備士)のための物です。
フードに付いているファーはコヨーテのもので、
雪が付き難いという理由で米軍に採用されました。
元は空軍の物でしたが、機能性に富んでいたので陸軍にも使われたそうです。

PEA-COAT:
甲板での強風の進入を防ぐため左右どちらでも前が合わせられるように
考慮されています。
ちなみに「ピー」というのは、粗くて実用的な布地の名前。

MA-1:
狭いコクピットの中(レバーやボタンが沢山)で
引っ掛かったりしないために装飾が少ない。
MA-1はB-15シリーズの流れを汲んで1950年代中期に登場し、
1980年代まで生産された。

参考URL:http://www1.interq.or.jp/~hyossy/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなって申し訳ありません。
的確な解答をありがとうございました。

お礼日時:2001/12/25 01:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空軍と海軍の仲

戦争映画など見ていると、米海軍と空軍は反目と言わずとも
互いに対抗心を持っているような描写があります。
これって何故でしょうか。

他の国(例えば、日本の空自や海自)など
他の国でも同様なのでしょうか。
また、陸軍に関してはそのような聞きません。
私の知識不足かもしれませんが……。

ついでと言っては何ですか、投稿カテゴリに「軍事」って
ありますか? いくら探しても見つからないので、このカテゴリを
選択しました。

Aベストアンサー

そもそも、米空軍は米陸軍航空隊が独立して誕生したものです。ですから、米海軍としては面白かろう筈はありません。また、米海軍は空軍とは独立した航空部隊を持っており、空母も持っているし、戦略的には攻撃型原潜も持っており、空軍にひけを取るという認識をしていないでしょう。

日本の場合は、海自はこういった航空へ威力を持っていませんから、それほどのライバル意識はないのでは

現在、海軍が十分な航空兵力を持っているのはアメリカが図抜けており、近代的な本格空母はあとはフランスくらいしか持っていません。イギリスやロシアはSTOLが運用できる程度の空母を除いて廃してしまいました。まあ、ヨーロッパでは空母が必要になるような状況はほとんどありませんからね。攻撃型原潜は英仏露が持っています。

ICBMの管轄も空軍ですが、ロシアだけはロケット軍として独立組織です。

Qフライトジャケットにつける皮製の名札について

フライトジャケットなどにつける皮製の名札(ネームタグ)を作っている店をご存知の方はいないでしょうか??
(米軍のクリューなどが付けているようなヤツです。)
横須賀の某XXXXXX商会に行って聞いたところ「受注・販売はしていない」ということでした。
東京や神奈川で受注・販売をしている店をご存知の方がいましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本で探す必要はありません。下記のページから自分の名前のタグを作ってFEDEXで送ってくれますよ。

参考URL:http://www.flightsuits.com/jackets_tag.html

Q艦上攻撃機流星の20ミリ機銃

水上偵察機瑞雲は水上戦闘機としての運用を狙って20ミリ機銃を搭載しているようです。
 艦上攻撃機流星も20ミリ機銃を搭載してますが、これも同様でしょうか。
 瑞雲は昭和18年登場、流星は昭和19年です。昭和18年ならまだアメリカも旧式戦闘機がありましたが、19年にもなりとF4UやF6Fの新型戦闘機が相手で零戦も苦戦していました。そんな状態なのに艦上攻撃機を戦闘機代わりというのは無理があると思います。どうでしょうか。

Aベストアンサー

自艦が攻撃側の時は
・旋回式13mm銃は防御用
・翼内20.0mm固定機関砲は爆撃後の追加攻撃、または
 車両、ボート等爆弾が勿体無い、または当たりにくい敵への攻撃
に使用するようです。

攻撃機は、戦艦の大砲の射程の数倍の作戦行動半径を生かして遠くの敵に打撃を与える兵器です。
攻撃機は偵察機が敵を発見したら相手を見失う前に護衛の戦闘機とともに発進する必要があります。
すぐに発進できる飛行機は飛行甲板の上に載っている機体だけで、格納庫の中の機体はエレベータで1機ずつ上に出す必要があります。

とはいえ、空母の飛行甲板の面積には限りがあります。
そこから、常時飛行甲板に置ける機体は攻撃機×10+戦闘機×10等に限定されます。
上例では自分が攻撃側のとき、この20機の飛行隊を発進させることになります。
敵の迎撃機の相手は護衛の戦闘機がします。

一方、自艦が防御側で同程度の飛行隊が相手の場合、やはり飛行甲板上の20機で対処することになります。
この場合、敵護衛戦闘機の相手は零式が、流星は攻撃機の相手をする事になります。
爆装した攻撃機相手なら遅れをとることはないですし、相手を撃墜する必要はありません。
回避のため爆弾を捨てさせるか、最低限攻撃軸線をずらすことに成功すれば相手の任務を阻止できます。

いずれにせよ、攻撃機の「空戦能力」は戦闘機の相手をすることを期待したものではありません。
流星の要件である「零戦に匹敵する運動性」は攻撃後、敵追撃機を振り切って生還するためのもので、それはエンジンの性能向上により実現可能であり、敵機の性能向上を考慮すれば最低限その程度の運動性がないと攻撃機としても通用しないという意味と考えるべきでしょう。

自艦が攻撃側の時は
・旋回式13mm銃は防御用
・翼内20.0mm固定機関砲は爆撃後の追加攻撃、または
 車両、ボート等爆弾が勿体無い、または当たりにくい敵への攻撃
に使用するようです。

攻撃機は、戦艦の大砲の射程の数倍の作戦行動半径を生かして遠くの敵に打撃を与える兵器です。
攻撃機は偵察機が敵を発見したら相手を見失う前に護衛の戦闘機とともに発進する必要があります。
すぐに発進できる飛行機は飛行甲板の上に載っている機体だけで、格納庫の中の機体はエレベータで1機ずつ上に出す必要があり...続きを読む

Qアメリカ空軍の服についての質問。

アメリカ空軍の服についての質問。
第二次大戦中のアメリカ空軍(陸軍航空軍?)の軍服はどんなものだったでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

これは正直難しいデス。

パイロットは基本A2レザージャケットを着用。ヨーロッパや冬季はレザーの飛行帽。
南方などのトロピカル装備ではチノシャツ&コットン飛行帽です。
飛行帽とゴーグルの形式は多々ありますのでご注意。
パンツはチノが一般的(?) シューズはM43サービスシューズ。
レザー電熱オーバーオールもありますし、時期によって装備の進歩が加わるのでタイヘン。
パラシュートハーネスの種類だけでも時系列で網羅するのは困難ですよ。
面倒なのがいわゆるボマークルーの装備。
B17に例えると、機首に集中するクルーは基本将校で、暖房も効いているためA2を着用。
機長はサービスキャップとヘッドフォン式レシーバー、パラシュートは無し。
コパイ、ボマー、ナビは救命胴衣とパラシュート着用。それにフラックヘルメットと防弾ベスト。
上部銃座、ラジオ、ウェスト、下部銃座、テイルガナーは電熱服の上にB3ボマージャケット
B1ボマーパンツ、防寒シューズ。
救命胴衣は一緒ですがパラシュートは違います(お腹の上にT5型補助パラ装着)
もちろん防弾ベストも使用します。(対空砲火用)
高高度に使用する酸素マスクにも種類が多く、マイクの有無、たいへんですね。
(マスクにマイクが無い時は喉あてマイクを使用します。)

http://www.amazon.co.jp/%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%9C%8D%E7%99%BA%E9%81%94%E5%8F%B2-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-12-%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E4%BB%8A%E6%9C%9D%E6%98%A5/dp/4846520129

これは正直難しいデス。

パイロットは基本A2レザージャケットを着用。ヨーロッパや冬季はレザーの飛行帽。
南方などのトロピカル装備ではチノシャツ&コットン飛行帽です。
飛行帽とゴーグルの形式は多々ありますのでご注意。
パンツはチノが一般的(?) シューズはM43サービスシューズ。
レザー電熱オーバーオールもありますし、時期によって装備の進歩が加わるのでタイヘン。
パラシュートハーネスの種類だけでも時系列で網羅するのは困難ですよ。
面倒なのがいわゆるボマークルーの装備。
B17に例えると...続きを読む

QWW2のソ連空軍体当たり戦法について。

WWW2の時、ソ連のパイロットが特攻隊の様に体当たりで敵機を撃墜していた事を知りました。
別の書籍では、翼の頑丈な機体で翼で敵機を切り裂くように敵機を落としたとありました。
こちらはギャンブル戦法と説明してありました。
そこでいくつか疑問が浮かびました。

1、この二つは別々の戦法でしょうか?

2、実際に翼の頑丈な機体で翼で切り裂く事は出来たのでしょうか?
または理論上可能だったのでしょうか?

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー


たぶん同じだと思います。
「タラーン」と呼ばれる戦法で、組織だったものとの個人的なものだったとも言われています。
爆撃機に激突します。


切り裂いたとしても、こっちも無事では済まないでしょうね。
金属製の機体で木製の機体を切り裂いても翼はもげるでしょう。

弾幕をすり抜けるためにほぼ全速力で飛行しているのだから時速5~600kmは出ていますからもう、硬いとか柔らかいとか言うレベルではなく、質量とエネルギーの問題なので翼はもげると見て間違いないと思います。
ただし、翼を失った後に脱出は可能なので数回行った人もいるそうです。
相手は自軍に進行してきた爆撃機なので着地しても自分の領土なのでなぶり殺しに逢うことも無いと言うわけですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報