10万円以上20万円未満の資産については一括償却が可能ですが、
例えば10万円のパソコンを同時に3台購入した場合、
資産台帳にはそれぞれパソコン10万円と3台分記入して、
それぞれ、3年で償却してよいものなのか、
パソコン1式30万円と記入して、法定耐用年数で償却していくもの
なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

10万円3台 で、3年償却 でしょう。


それが一体を成している物(たとえば3台がLANでつながった
倉庫管理システム)だったら、倉庫管理システムとして30万円ですが、
普通、パソコンは1台ずつです。
そうでないと、途中除却なんかのときに苦労します。

でも、購入担当者の常識としては、
そのパソコンは99800円で購入するべきです。
これなら経費ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
確かに自分で経理をやるようになってから、
10万円の壁が気になるようになってきました。
既に買ってしまったものは、仕方ありません。
3年償却しましょう・・。

お礼日時:2001/12/16 16:40

物件数を増やしても意味は無いと思いますので 


資産計上する時は、少額固定資産ですので、台数を記入したら
いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
台数をいれるとよいというのは、思いつきませんでした。
(知らなかっただけです・・・。)

お礼日時:2001/12/16 16:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q償却資産台帳と減価償却費の記入について

青色申告の記入についてお伺いしたいともいます。
農業従事者です。
昨年末に市役所より、償却資産台帳というものが送ってきたのですが、
文書の中身を読むとそのまま青色申告書の添付書類として使用出来るようですが、
只、台帳に記載されている期末残高と青色申告書の減価償却費を計算する欄との
一致する場所がありません。
市町村により記載方法は違うと思いますが、参考にさせてもらえたらと思います。
ちなみに、減価償却費の計算は、償却期間が終了していますので、5年定額の方法が用いて計算を出しましたが、きっちりとは一致しません。
アバウトな質問になっているかと思いますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は「償却資産台帳」については分かりません、減価償却計算の違いについて回答します。

1.取得年月と決算月
2.取得価格(購入金額)
3.償却方法(定額・定率・旧定額法・旧定率法)
4.耐用年数
減価償却計算には上の4項目が必ず必要で、4項目が同じなら計算結果は同一と思われていますが、計算途中の「端数処置」により単年度で1円、「期末残高」及び「累積額」で数円~十数円の違いが生じる事があります。

「端数処置」とは:「切り上げ」計算は円以下の端数を全て円に切り上げる、(「四捨五入」の説明は省略)、「切り捨て」計算は円以下の端数を全て0(ゼロ)に切り捨てる。

例えば、取得価格100万円の資産を5年で均等償却する場合、(1年目~4年目まで)1万円なら「切り上げ」計算、9,999円なら「切り捨て」計算です。

市販の会計ソフトの多くは「切り捨て」で、確定申告コーナの減価償却計算は「切り上げ」計算です。

私はウェブ上のフリー(無料で自由に使える)ソフト「Exsel減価償却計算25」を使用しています、新法はSheet1で定額法・定率法の切り替え、旧法はSheet2で旧定額法・旧定率法の切り替え、及び「切り上げ」・「四捨五入」・「切り捨て」の各切り替えがワンクリックで出来、計算結果を比較する事が出来る、但し5年で均等償却の場合は全て「切り上げ」計算に成っています、非常に便利なソフトです。 以上。

私は「償却資産台帳」については分かりません、減価償却計算の違いについて回答します。

1.取得年月と決算月
2.取得価格(購入金額)
3.償却方法(定額・定率・旧定額法・旧定率法)
4.耐用年数
減価償却計算には上の4項目が必ず必要で、4項目が同じなら計算結果は同一と思われていますが、計算途中の「端数処置」により単年度で1円、「期末残高」及び「累積額」で数円~十数円の違いが生じる事があります。

「端数処置」とは:「切り上げ」計算は円以下の端数を全て円に切り上げる、(「四捨五...続きを読む

Q償却資産申告書(償却資産課税台帳)の記載内容で

市へ,20年度固定資産(償却資産)の申告を行う準備をしています。
償却資産申告書(償却資産課税台帳)での「評価額」とは,営業車であれば,市場での中古車としての査定額を記入すれば良いのでしょうか。前年(19年中)に新品で取得したパソコンはどう「評価額」を決めればよいのでしょうか。ご教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

最下段にある「評価額(ヘ)」のところですよね?ここは償却資産の税額算出上、計算する方法があるのでその方法により算出した金額が記載されます。
ここは電算処理で申告されなければ記載は不要です。

もしも電算処理で行うのであれば、会計ソフトで出力が可能なものもありますが、下記に東京都主税局のHPにあるその計算方法のアドレスを載せておきます。

ところで営業車は自動車税・軽自動車税の課税対象であれば申告の必要はありません。あとパソコンでも10万円未満で取得時の費用、10万以上20万円未満で3年での一括償却にしているのであれば申告不要です。

参考URL:http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/shokyak_sis.html#sy_5

Q10万円以上20万円未満の減価償却資産で、年の途中の購入?

すぐ下の原付バイクのノ科目は?
で質問した続きなのですが、

http://www.taxanser.nta.go.jp/2100.HTM
にて、
「その業務の用に供した年以後3年間の各年分において合計額の
3分の1に相当する金額を必要経費に算入することができることとされている」
となっているのですが

10万円以上20万円未満の減価償却資産を
年の途中(2月でも12月でも)で購入した場合も、
関係ないんでしょうか?
購入年は、月割りで計算しなくてもいいんでしょうか?

たとえば、3月に購入した場合10ヶ月分とか・・・?

関連URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=257173

Aベストアンサー

先の質問でも回答しましたが、10万円以上20万円未満の減価償却資産をについては、年の途中(2月でも12月でも)で買った場合でも月割り計算の必要は有りません。

20万円以上の減価償却資産をについては、年の途中で購入した場合は、月割り計算をします。

Q10万円以上のパソコンで、按分により経費が10万円以下になる場合の減価償却

12万円のパソコンを購入し、家事按分率が20%の場合は経費になるのが9万6000円になりますが、その場合でも減価償却して経費計上しなければいけないのでしょうか?
それとも、経費分は10万円以下なので一括で経費計上できるのでしょうか?

ご存知の方、教えていただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
私は、昨年10万以下でパソコンが購入でき、消耗品として
一括経費参入OKと言う回答を、顧問税理士から受け処理しました。

Q取得価額30万円未満の減価償却資産について

教えて下さい。
賃貸マンション経営の法人です。
今回、防犯対策強化の為、防犯カメラ一式設置と全室ピッキング対策用の鍵の交換を実施します。
それぞれ30万円未満で、タイトルの30万円未満の減価償却資産として一括損金処理する予定です。
確定申告書は別表十六(二)の備考に特例の適用を受ける旨記載すれば良いと有りますが、
(1)経理の仕訳はどのようにすればよいでしょうか。
(2)「その明細は別途保管している」とは具体的にどうすればよいでしょうか。
(3)又、「資本的支出を 行った場合及び繰延資産となる支出を行った場合には、この特例の適用はありません。 」と有りますが、適用できない資本的支出・繰延資産とは具体的にはどのようなものでしょうか。
(4)鍵の交換は修繕費で処理できるでしょうか。

Aベストアンサー

1.一括償却資産で処理します。
2.固定資産台帳で品目別に管理します。
3.下記URLを参考にしてください。
4.金額によりますが、一般的には修繕費でOKです。
http://www.toyo-t.com/new_page_41.htm
http://www.rakucyaku.com/Koujien/M/E04/E400800


人気Q&Aランキング

おすすめ情報