困ってます。
自転車の鍵を無くしてしまいました。
サドルの下で円形になっている鍵のタイプなのですが
スペアのキーもないのです。

1.取り外す事が可能なのか?
2.何処でできるか?

を教えて下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

鍵 自転車」に関するQ&A: 自転車の鍵を紛失

A 回答 (3件)

No.1の方の回答通り、プラスドライバーとペンチ(物によってはドライバーよりもレンチ)ではずせます。

かなり力を使いますので、無理だと思ったら近所の自転車屋か、買ったところにお願いしてみましょう。
自転車の鍵は合鍵を作れないので、なくさないよう、注意しましょう。
    • good
    • 0

自分もはずしましたよ。


でも結構力技ですし、キズもつく可能性もありますから、後輪をもって自転車屋に行った方が良いかもしれませんよ。
    • good
    • 0

自分でやりました。



したがって

1.可能です
2.自分の家の前です



と、これでは、愛想なさ過ぎなんで・・・

プラスドライバと大きめのプライヤ(かペンチ)を用意して、プライヤで円形の輪をタイヤがとおるくらいひん曲げてから、固定されているネジをはずします。

と、これでは、「うちに工具なんてありません」で、終わっちゃいそうなんで・・・

自転車やさんにわけを話して、お願いしましょう。
パンク修理よりはるかにカンタンなので、新しいロックをその場で買うと言えば、工賃はタダでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモザイクを.......

AVのモザイクって消せるんですか 消してみたいですね

Aベストアンサー

基本的に今のモザイクは消せなかったと思います。
なんでも大昔にモザイクを掛ける方式によってはモザイク信号だけを除去することが可能で、それがモザイクが消えるという都市伝説の始まりだとか。
モザイクキラーというのも売られていましたが実際には全体にぼかして境界をあいまいにしてなんとなく消えてる感じがするというものらしい(実際に見ていないので何ともですが)
いまは完全にデジタル処理ですから何か復元的なものがもしかしたらあるのかもしれないですけど。今の物に限っては無修正とかあふれてますからね…。

Qサボテンの赤腐れが.......

今の時期(冬)にサボテンの赤腐れを発見した場合どう対処すればよいのでしょう。

Aベストアンサー

冬に切除するのはかなりリスクがありますが、腐った部分は切除しなければ、どんどん腐りが進行します。

Qがま口の縫い付けタイプと詰めるタイプの違い

ハンドメイド用のがま口の口金で、縫い付けるタイプと、ボンドと紙紐で詰めるタイプの見た目はどうやって見分ければいいのでしょうか?パーツだけ単品であって、どちらのタイプなのか分かりません。穴が全体的に並んで空いていれば縫い付けタイプなのでしょうか??

Aベストアンサー

>「穴が並んで空いていても詰めタイプだった」ということはあるのでしょうか?

今まで千個以上の国内外のがまぐち金具を見てきましたが、穴が並んでいながら詰め込みをして仕上げたものは見たことがありません。

回答は1に書きましたとおり、穴が開いているものは縫い付けタイプです。

穴が開いていても、板が2重になっていて、中芯を入れるタイプに見えるようなタイプもあります。
この場合、基本的には穴への縫い付けで生地を留めますが、
その他のやり方として、中芯の入る部分へは「裏生地」を芯入りで留め、外側の穴には「表生地」や「ビーズなどで編んだ表柄や飾り」をつけるのに使ったりもします。

要するに、裏生地を中芯で留め、外側の表生地を縫い付けで留めるという事です。
ビーズやスパンコール、編み物で表生地を作る場合によくある手法です。

Q金魚の餌ですが、沈餌タイプと浮餌タイプがありますが、

金魚の餌ですが、沈餌タイプと浮餌タイプがありますが、
各、メリット、デメリットあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

金魚は、中~上層魚で、低床部分よりも水面部分がよく見えます。
金魚は、一度、底砂に落ちた餌を拾って食べにくい口の形をしています。

・浮性タイプのメリット。
沈性タイプの餌よりも浮性タイプの餌の方が食べ残しが少ないので、水が汚れにくい。

・沈性タイプのデメリット。
食べ残しが出やすく、水を汚す最大の原因である、餌の量が多くなりやすい。

・浮性タイプのデメリット。
浮性タイプの餌には空気が多く含まれています。
また、がっつき小僧の金魚は水面でパクパク、餌と空気を飲み込みます。
空気や、空気を多く含む餌を食べ過ぎると、急性の転覆病を発症することがあります。
金魚が転覆病で水面に浮いた場合、水面に出た部位が乾燥し、やがて壊死する危険性があります。

・沈性タイプのメリット。
空気を飲み込みにくく、急性転覆病が発生しにくい。

Q液体肥料の薄めるタイプと薄めないタイプ。この二つに違いってあるんですか

液体肥料の薄めるタイプと薄めないタイプ。この二つに違いってあるんですか?

Aベストアンサー

植物の肥料は3大栄養素とその他の微量要素から成り立ちます。
3大栄養素は、人間でいえば、「でんぷん・タンパク質・脂肪」のようなもので、植物の肥料では「窒素・カリウム・リン」です。その他の微量要素はビタミン・ミネラルのようなものです。

薄めるタイプの液体肥料は、この3大栄養素が主体で、3大栄養素だけのものや、3大栄養素+その他の微量要素で構成されています。大量(庭や畑など)に使用することを前提に、No1の方の回答のように数百倍に薄めて使います。

薄めないタイプの液体肥料には2種類あり、一つはNo1の方の回答のようなその他の微量要素が入っているもの、もう一つは薄めるタイプの液体肥料を希釈したものがあります。こちらは基本的に少量(鉢植えなど)使用することが前提となります。
微量要素のみの製品は、3大栄養素は買って来た鉢植えなどでは、鉢に入っているとみなして不足する微量要素のみ植物に与えようとしたものです。
薄めるタイプの液体肥料を希釈したものは、総合的な栄養補給を手軽に行うことを目的としています。肥料は大量に与えると逆に害になり、薄めたものを毎日与える方が効果があります。アンプルに希釈した肥料を入れて、土に指せば、自動的に少しずつ与えることができますし、また小さなジョウロなどの容量では、薄めるタイプの液体肥料を正確に希釈するのは難しいです。

植物の肥料は3大栄養素とその他の微量要素から成り立ちます。
3大栄養素は、人間でいえば、「でんぷん・タンパク質・脂肪」のようなもので、植物の肥料では「窒素・カリウム・リン」です。その他の微量要素はビタミン・ミネラルのようなものです。

薄めるタイプの液体肥料は、この3大栄養素が主体で、3大栄養素だけのものや、3大栄養素+その他の微量要素で構成されています。大量(庭や畑など)に使用することを前提に、No1の方の回答のように数百倍に薄めて使います。

薄めないタイプの液体肥料には2種類あり、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報