任意売買の中古物件の契約を済ませました。
来週決済の予定で引っ越しなど色々手続きを済ませましたが、銀行との手続きのため不動産業者と会ったところ、売主が引越しの際、権利書が見当たらなくなったと言っていると言われ、保証書を発行するための委任状を書かされました。
決済日が延びると転居のための手続き等してあるため大変困ります。来週には引っ越すのに決済終わるのが年末ギリギリで登記が間に合うか心配です。
引っ越しのほうは売主が引っ越しのキャンセル料や入居できない際のホテル代が出せないといわれそのまま行い、決済前に入居しなくてはなりません。何度も交渉して決済後に引っ越しや入居が出来ないか言いましたが無理なようです。今、住んでるところも社宅で1週間後には引渡しをしなくてはなりません。
登記をしない状態で何も保障がないのに住んでいいものか悩んでいます。
年内に登記できない可能性もあります。
不動産業者の口約束だけでは心配です。何か証拠になるものを請求することは出来ますか?

専門家の方、そのような経験のある方ご指導お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>保証書に対して私が委任状を書くということはないことなのでしょうか?



それを必要とする理由はよく分りません。残代金決済の時には、同時に不動産の所有権移転登記申請の委任を司法書士にします。金融機関から借入れをする場合、司法書士は、買主の代理人であるとともに、金融機関の抵当権設定等に関する代理人でもあります。金融機関の担保を確実に確保するという意味では買主サイドですから、取引内容や提出書類に不明の点があれば、お尋ねになるとよいと思います。

>判っている事だからと言って危険負担等の責任はない

契約から引渡しまでの間に、火災や自然災害によって建物等が滅失した場合の損害負担を誰がするかという問題ですが、民法534条の扱いとは逆に、一般に不動産売買契約では、売主が危険負担するものとしています。

参考URL:http://www.900.co.jp/jyoho/10.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。危険負担について火災保険に不動産業者の負担で入っていただけることになりました。委任状は新しく内容の書かれているものに変えていただきました。委任状の意味ですが「保証書発行のため売買契約が成立している旨の手続きを司法書士を代理人とするため」のものだそうです。今回は任意売買ということで色々とリスクが多く勉強することばかりでした。無事に登記が終わる事をこれから待とうと思います。

お礼日時:2001/12/18 22:16

ポイントは二つあります。

先ず、売主が間違いなく所有者であること。二つ目は、残代金決済と登記が同時であることです。ここを押さえれば、先に引渡しを受けて居住することに何の不都合もありません。出切れば火災保険に加入すると万全です。

一つ目に関しては、不動産仲介業者と司法書士が取引の安全を担保してくれるハズです。二つ目は、売主の引渡し義務履行の遅延が原因ですから、登記・決済までの期間中に関する危険負担、公租公課や水道光熱費等の負担等に関して覚書を、仲介業者に作成させることです。

なお、平たくというと、カネも決済しないのに建物の引渡しを受ける訳ですから、これは買主に有利な取引です。但し、次はよくわかりません。

>保証書を発行するための委任状を書かされました

司法書士に対する買主の登記事務に関する委任なら兎も角、保証書の作成は売主の事務です。確か、同じ法務局管内に不動産登記している成人の印鑑証明等が必要だったと思いますが、売買契約当事者間としては、節度を越えた協力のような気がしますね。登記権利者が登記義務者を本人確認する訳です。回答者の勘違いかもしれませんが…。

参考URL:http://www.takahou.go.jp/1300.HTM

この回答への補足

契約当日に売主とされる方とお会いしましたが権利書を見せていただいていないので不動産業者は売主との売買契約をする際、確認しているとの事ですが権利書の写しいわゆるコピーというものをとらないものなのでしょうか?
本当に最初は会ったのかどうか疑問です?

委任状の件ですが白紙の委任状に保証書発行の際に使うということで署名捺印しました。説明されたことはそれだけなので実際何に使うか明日確認いたします。また、この件は売主側の不動産業者が作って欲しいとの事で当方の不動産業者が銀行内の手続きの際に、ついでだからということで書くことになりました。

決済のことについても詳しい説明は受けておりません。

建物の入居は火災保険等入ってはいないようなので加入するよう話をします。

補足日時:2001/12/16 22:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくご回答頂きありがとうございます。私の勉強不足でご指導頂きありがとうございます。補足にも書きましたが保証書に対して私が委任状を書くということはないことなのでしょうか?
また、このような取引の際相手に支払能力がないからといった内容のことは契約書には記載されてはいませんが、判っている事だからと言って危険負担等の責任はないとの話を当方不動産業者からされました。このようなこともありえることなのでしょうか?
また、ご回答いただけることを希望いたします。
よろしくお願い致します。

お礼日時:2001/12/16 23:21

専門家でも、経験者でもありませんが、先方の都合で、決済前に入居することになっても、占有権は確保できるのでかえって、メリットがあるように思われます。

しかも、家賃もいりません。住んでいると言うことが何よりの証拠になるような気がしますが。。。
わたしなら、そうします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
占有権という事に関しての知識がないのですがこれから調べてみます。
どのぐらいの効力を持つのかと言う事も調べます。
住むことが証拠になるということは確かに言える事ですね。

お礼日時:2001/12/16 23:28

 不動産の登記は、権利書=登記済証が無い場合は、不動産業者の方が言われるように、保証証を登記済証の変わりに添付しなければ、登記は出来ません。



 不動産業者に「確約書」を発行してもらうか、その物件の登記簿記載事項証明書(以前の登記簿謄本)を見せてもらい、前所有者を確認するなどの方法でしょう。

この回答への補足

登記簿上は確かに数日前までの居住者ということは確認してあります。ただ、土地と建物が御夫婦それぞれの名義になっており、権利書は2通あるということですよね。保証書も2通発行しなければならないものということになるのでしょうか?

確約書というものを知らないのでこれから調べますが、これは不動産業者は必ず出してもらえるものなのでしょうか?

補足日時:2001/12/16 23:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。まだわからない事ばかりで
ご回答により大変考えることも多く、調べたいと思います。私の補足をお読みになり、またのご回答を希望いたします。

お礼日時:2001/12/16 23:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qofficeのスペルチェックについて

お世話になります。

officeのスペルチェックについて教えていただきたいことがあります。
ちなみにoffice2007です。

今、パワーポイントで、資料を作成しているので、できればパワーポイントで解答をいただけるとうれしいですが、ワードでもエクセルでもわかる方がいらっしゃればご解答をお願いします。

本題ですが、スペルチェックを実行して、引っかかった文字列を[無視]ボタンをクリックすると、以降何度、スペルチェックしても、2度と引っかかることがなくなります。

この状態から、もう一度スペルチェックに引っかかるようにするには、どうしたらよいのでしょうか?

1つ見つけた方法は、同じ文字列を入力すること。

一応これで、もう一度スペルチェックに引っかかる状態には戻ります。コピペでもOK。

その他に方法がありそうなのですが、わからないので、どなたかわかる方お願いします。

なんでこんな質問をしたかというと、いっぱいスペルチェックして、どこをスペルチェックしたかわからない状態になってしまい、最初からスペルチェックをやり直そうと思ったのです。

どなたかよろしくお願いします。

お世話になります。

officeのスペルチェックについて教えていただきたいことがあります。
ちなみにoffice2007です。

今、パワーポイントで、資料を作成しているので、できればパワーポイントで解答をいただけるとうれしいですが、ワードでもエクセルでもわかる方がいらっしゃればご解答をお願いします。

本題ですが、スペルチェックを実行して、引っかかった文字列を[無視]ボタンをクリックすると、以降何度、スペルチェックしても、2度と引っかかることがなくなります。

この状態から、もう一度スペルチェッ...続きを読む

Aベストアンサー

PowerPointのオプションの文章校正欄で、「入力時にスペルチェックを行う」のチェックを外し、一回OKでダイアログを閉じます。
再度オプションを開き「入力時にスペルチェックを行う」のチェックを入れ、OKでダイアログを閉じます。

校閲タブでスペルチェックと文章校正を行ってみます。

Q不動産登記の事前通知制度についてです。実際に困った者ではなく不動産登記

不動産登記の事前通知制度についてです。実際に困った者ではなく不動産登記を勉強中のものです。よろしくお願いします。
売買したい土地の登記識別情報が代位者により、登記がされていたので、登記識別情報が提供できない、
所有権の登記名義人がいたとします。事前制度で申請することによって登記識別情報に代わるものが(当該土地の登記事項証明書か何か)、交付されるのでしょうか?

Aベストアンサー

登記所から名義人に本人限定郵便で申請の認否確認がきます。
認めると回答すれば、登記手続きされます。
登記されれば、新たな識別情報が交付されます。

QWindows Mail でスペルチェックできない

Windows Mail を使っています。英語のスペルチェックをしたいのですが、「この言語でスペルチェックを実行することができません。オプションダイヤログで別の言語を選択してください。」 とメッセージが出てしまいます。

WORDに貼り付ければスペルチェックができます。
スペルチェックできるようにするにはどうしたら良いでしょうか。

使っているのは Windows Vista 、 nifty Windows mail です。

Aベストアンサー

「この言語ではスペル チェックを実行することができません。スペル チェックのオプション ダイアログで別の言語を選択してください。」とのエラーメッセージが出る場合の案内です。
(Windows Vista で 英語のスペル チェックを Windows メールで実行するとエラーが発生する場合がある)
http://support.microsoft.com/kb/932096/ja

(その他参考:スペル チェックの Windows メールでの英語のテキストが期待どおりに動作しません。)
http://support.microsoft.com/kb/933142/ja

Q土地不動産未登記の保存登記の手続き方法について

対象の土地不動産全部事項書の、地目:墓地です 
自治会管理の不動産名義は全て個人名義になっています
つきましては、地縁法に基づき自治会の法人化を進めています
自治会管理不動産の整理の中で、「土地不動産全部事項書の表題部に、地目:墓地、所有者:大字OO(自治会の所在地名)になっています。
推察・・・表題部の作成時に、所有者について限定出来ないので取りあえず、自治会の所在地名に記載したのではないか思われます。
自治会の法人名で保存登記を行うにつきまして、そのままの名前では登記は出来ないと思います、保存登記の申請書の作成にあたっての方法をご教授をお願いします。

Aベストアンサー

「自治会管理の不動産名義は全て個人名義」とありながら,
大字名義の表題登記のみの登記になっているような記載もあり,
それってどういう意味だろう…と思っていたのですが,

(1)すでに所有権の登記(所有権保存や所有権移転)がある土地の所有者は,
 地縁団体(自治会)の代表者個人の名義になっている
(2)表題部しかない土地の所有者欄の所有者は,「大字○○」になっている

ということでしょうか。

質問にはありませんが,(1)については「委任の終了」を登記原因にして
代表者名義から認定地縁団体名義に変更(登記の形式上は所有権移転)
することで足りるのではないかと思われます。

問題は(2)ですね。
その表題登記がいつされたのかが気になるところですが,
現行法でも,法人格のない大字名義での所有権保存登記はできないと思われますので,
地縁団体の認定(取扱専門職は行政書士)後に,
(1)表題部所有者を認定地縁団体とする更正登記(取扱専門職は土地家屋調査士)を
したうえで所有権保存登記(取扱専門職は司法書士)をする方法か,
(2)その「大字○○」が認定地縁団体と同一のものであることの疎明資料を添付して,
認定地縁団体名義で所有権保存登記する方法が考えられるように思われます。
表題部所有者の更正に際しても,疎明資料は必要になるはずで,
この疎明資料については,地縁団体の認定申請書及びその附属書類等に
当該土地に関する資料が含まれていると思われ,
認定申請書及びその附属書類等の写しになるのではないかと思われるのですが,
それも登記所(の登記官)の判断によることになるでしょう。

ほとんど扱われないような特殊な登記になりますので,まずは登記所に,
どのような登記が必要なのかを聞いてみるしかないと思います。

「自治会管理の不動産名義は全て個人名義」とありながら,
大字名義の表題登記のみの登記になっているような記載もあり,
それってどういう意味だろう…と思っていたのですが,

(1)すでに所有権の登記(所有権保存や所有権移転)がある土地の所有者は,
 地縁団体(自治会)の代表者個人の名義になっている
(2)表題部しかない土地の所有者欄の所有者は,「大字○○」になっている

ということでしょうか。

質問にはありませんが,(1)については「委任の終了」を登記原因にして
代表者名義から認定地縁団体名義に変...続きを読む

QWord のスペルチェックと文章校正

Word オプションの「文章校正」には、「Microsoft Office プログラムのスペルチェック」と「Word のスペルチェックと文章校正」との別々の大項目がありますが、Office プログラム共通のスペルチェックでなく、Word 独特のスペルチェックが必要な何かがあるのでしょうか?

分けて扱っている意味がよくわかりません。

できれば具体例で教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

具体的に説明すると大変なので、簡単な説明ですが。

> Microsoft Office プログラムのスペルチェック
これは、Officeプログラムとして用意されている指定言語の辞書を元に
したチェックツールであり、辞書として用意されているスペルと比較して
類似のものだけをチェックするものですね。
辞書にない場合に
このスペルチェック用のツールとして用意されている言語に[日本語]は
含まれていないので、日本語はチェックされません。

> Word のスペルチェックと文章校正
Outlook、Word、PowerPoint は入力時に自動でチェックしますが、他の
ものは手動でスペルチェックを実行する必要があります。
Wordなどでは、この自動でチェックをする機能を設定する項目があり、
これをチェックしておけば、赤や青などの波線で表示してくれます。
https://support.office.com/ja-jp/article/Office-2010-%E4%BB%A5%E9%99%8D%E3%81%A7%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB-%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A8%E6%96%87%E7%AB%A0%E6%A0%A1%E6%AD%A3%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86-5cdeced7-d81d-47de-9096-efd0ee909227

Word独自の機能としての文章校正は、[設定]ボタンでわかります。
http://www.tanimoto.to/Publishing_Librarian/Word_kousei/
文書のスタイルとして公用語などを指定すると、それに見合った設定に
チェックが付き、より厳密にチェックさえるようになります。
入力ミスだけでなく、表現としてのチェックや半角全角の混合のチェック
など、Word以外ではチェックされないこともチェックの対象にすることが
できるようになります。
http://www.wanichan.com/pc/word/2010/07/06.html

具体的に説明すると大変なので、簡単な説明ですが。

> Microsoft Office プログラムのスペルチェック
これは、Officeプログラムとして用意されている指定言語の辞書を元に
したチェックツールであり、辞書として用意されているスペルと比較して
類似のものだけをチェックするものですね。
辞書にない場合に
このスペルチェック用のツールとして用意されている言語に[日本語]は
含まれていないので、日本語はチェックされません。

> Word のスペルチェックと文章校正
Outlook、Word、PowerPoint は入力時に自動で...続きを読む

Q破産手続き開始を登記=解散登記済は同じことですか

役員をしていた会社の破産で、掛けていた中小企業小規模企業共済が240ヶ月の満期に5ヶ月足りないようです。現在、破産手続きの開始が登記され、手続きの終了まで今後数ヶ月かかりそうです。それで、共済金の請求事項として解散登記済みの登記簿謄本となっているのですが、破産手続きが終了していないうちは、役員として掛け金を掛け続けても認められるものでしょうか。破産手続き開始を登記=解散登記済になるのでしょうか。

Aベストアンサー

破産手続き開始決定は株式会社の解散事由の一つですので、残念ながら恐らくダメなのではないでしょうか。
もし支払いをうけても、不当な支給であとから返せなどと言われたら大変ですので、共済組合などに問い合わせてしまったほうが確実かもしれません。

Qスペル

英語などの単語にはスペルがありますが外人の名前のスペルは日本同様、親がスペルを決めるのですか?それとも単語のように決まっているものなのでしょうか?おしえて下さい。

Aベストアンサー

欧米人の名前は日本のように親が意味や字画を考えながら決めるのではなく、既に存在する名前(聖書の中、先祖の名前など)から選びます。それらの名前は古代に意味があってつけられたものですが、現代では
必ずしも意味は考えず聖人の名前、祖父の名前といった捉え方です。

例外として、小説家が考えだした新しい名前が映画化などで流行し、作家と同じ国の人ではなく、外国の人(親)もその名前を子供につけるというケースがあります。いずれにしても欧米人の名前は国際的に流通して綴りや発音が少しづつ変わっているものがあります。聖書の名前が多いのでユダヤ系の名前が多いということになります。

Q不動産の売買による所有権移転登記で義務者が権利者に登記手続きを委任

不動産の売買による所有権移転登記で義務者が権利者に登記手続きを委任
することはできるのですか?
また、できる場合委任状の添付は必要ですか?
また、登記識別情報の受領は登記権利者だけでできるのですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

できます。

委任状は必ず必要で、実印です。

識別情報は、登記権利者「だけ」に交付されます。
義務者には、完了証だけです。

QOffice2000 スペルチェックの解除方法

Win95、Win98どちらもOffice2000を使っています。WordとExcelのスペルチェックを解除の方法教えてください。
例えばHTEと入力しEnter key を押します。次にEnterを押すかスペースkeyを押すとTHEに変わりスペルチェックが作動します。(Wordでの入力時)
Win95のExcelもスペルチェックが作動します。
Wordの場合、【オプション】→【文章校正】→【自動スペルチェック】のチャックを外しても作動してしまいます。
WordとExcelともスペルチェックのON/OFFを設定する所が分かりません。
またみなさんどのように使っていますか。

Aベストアンサー

スペルチェックでは無くて、ツール>オートコレクトじゃないでしょうか?

Q不動産相続登記を省略して第三者に贈与等する内容の登記は?

 今月相続があり、不動産(被相続人が居住していた土地及び家屋)を数名で相続することとなりました。ですが、この不動産には経済的価値が無いため、相続人とは無関係の第三者に無償で現状のまま引き取ってもらうこととなりました。
(実際には、家屋の取壊し費用をその第3者に負担してもらうこととなるわけなので、お願いしてもらって頂くというような状況なのです)

 本来ならば、まず、相続人数名の共有等で相続の登記をした後、その第3者への贈与という形で所有権移転の登記をするのが筋かと思われます。

 ただ、これ以上、経費をかけたくありません。また手間もかけたくはありません。 そして第3者の方にもこれ以上迷惑をかけたくはありません。

 相続の登記が省略できるならば、その分、登録免許税や、登記の手間も省けますので良いのですが、このやり方では、今年4月の不動産登記法改正の影響もあるような気がします。

 相続登記を省略して、その第3者に所有権を移転させることは可能なのでしょうか?

 もし、可能でしたら、どのような手続きとなるのでしょうか?(また、不可能の場合にはどのような手続きとなるのでしょうか?)

 注意すべき点などもありましたら、あわせて教えてください。

 * 相続の放棄は考えていません。
 * 第3者が取得する際にはその手続きについてはその第3者が司法書士に依頼すると思われますが、それ以前の手続きについては、自前で行う予定です。


 以上です。長くなってしまいましたが、皆様どうかよろしくお願いいたします。


 

 今月相続があり、不動産(被相続人が居住していた土地及び家屋)を数名で相続することとなりました。ですが、この不動産には経済的価値が無いため、相続人とは無関係の第三者に無償で現状のまま引き取ってもらうこととなりました。
(実際には、家屋の取壊し費用をその第3者に負担してもらうこととなるわけなので、お願いしてもらって頂くというような状況なのです)

 本来ならば、まず、相続人数名の共有等で相続の登記をした後、その第3者への贈与という形で所有権移転の登記をするのが筋かと思われます...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

相続登記を省略して第三者に贈与登記を行うことはできません。相続登記は絶対に必要です。下記のふたつの申請が必要です。(同時に連件で申請してもかまいません)

1.被相続人から相続人への相続を原因とする所有権移転登記申請
2.相続人(贈与者)から受贈者への贈与を原因とする所有権移転登記申請

質問者様は、相続手続き、また専門家の存在意義などには精通していると思われますので、「自前で」登記申請する際に留意してもらいたい点などについては省略します。

表題部に関する登記は「被相続人名義のまま、相続人全員の申請により」実行可能ですが、権利部に関する登記は相続登記を省略して権利の移転や設定を行うことはできません。


人気Q&Aランキング