クラッシックギターの国内量産メーカーの松岡良治(R.MATUOKA)は有名ですが、T.MATUOKAギターは松岡良治さんとは関係があるのでしょうか?ホール内のラベルもなんとんなくにていますが・・・。

A 回答 (2件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「株式会社 松岡楽器」

http://www.plazaguitarra.co.jp/profile.htm
(独占代理契約ブランド:松岡利昭ギター)

推測ですが、「T」は「利昭」かもしれませんね・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.cam.hi-ho.ne.jp/chubu-gsk/chubumenber …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
松岡利昭さんでしたか。
良治さんとは関係ないのかな?
ギターのグレードはいかがなもんでしょ?

お礼日時:2001/12/16 22:45

MiJunです。


>良治さんとは関係ないのかな?
>ギターのグレードはいかがなもんでしょ?
分かりませんので、松岡楽器の連絡先が判るサイトを書きました!
直接問い合わせて見ては如何でしょうか・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q阿部ガットギターにつきまして

最近、阿部ガットギターの中古を非常に安価で入手しました。当然現在は製造及び販売はされていないと思いますが、調弦をしまて音を出しますと大変に音が良く出るのと、その手になじみやすい(弾きやすい)のに感心しました。ラベルには”ZEN-ON MUSIC CO LTD"とあり、番号として518と記入されています。又、縦書きで"阿部保夫”のスタンプが押されています。このギターはいつ頃作成されどの程度(価格)なのでしょうか?ご存じの方がいらっしゃましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

40年ほど前のことなので,確かな記憶ではありませんが,
Abe Gut 阿部保夫 懐かしい名前です。
阿部保夫さんは当時のクラシックギター奏者でしたから,
阿部保夫さんが製作されていたわけではありませんが,
信頼の阿部ブランドのようなものですね。
ギターだけでなく,確か,Abe Gutという絃もありました。
ところで,値ですが,当時の初心者用の安いガットギターは
3000~5000円でした。
阿部ガットは,それよりも少し高かったと記憶しています。
具体的にいくらというのは覚えていませんが,
ほんの少しなので,6000~8000円ぐらいではないかと
思います。1000円だけの違いと言っても,当時のうどんが
30円,繁華街の喫茶店のコーヒーが30~50円という時代
ですから,1000円の差は大きいでした。
中級者が使う手工品が3万~5万くらいで,阿部ガットは
初心者用と中級者用の中間というイメージがありました。
今の物価なら何倍くらいになるのでしょうね。
阿部ガットギターにも,いろいろグレードがあっただろうと思いますので,
およその目安にしてください。
品番の518というのはわかりませんが,阿部保夫さんが活躍
されていた時期というか,知名度が高かった時期から考えて,
およそ30~40年前と考えていいかと思います。
とてもいい音がするとのことですが,長い間,いい状態で保管されて
いたのですね。

40年ほど前のことなので,確かな記憶ではありませんが,
Abe Gut 阿部保夫 懐かしい名前です。
阿部保夫さんは当時のクラシックギター奏者でしたから,
阿部保夫さんが製作されていたわけではありませんが,
信頼の阿部ブランドのようなものですね。
ギターだけでなく,確か,Abe Gutという絃もありました。
ところで,値ですが,当時の初心者用の安いガットギターは
3000~5000円でした。
阿部ガットは,それよりも少し高かったと記憶しています。
具体的にいくらというのは覚...続きを読む

Qクラシックギターの購入(スペイン製か国産)

都内の女性です。

幼少の頃よりピアノをやっていまして、音楽大学も出ましたが、
最近ギターも始めてみたくなりました。
クラシックギターの購入を考えているのですが、
何しろ初めてなので皆目見当がつかず、毎日ネットで調べたり
楽器屋さんに行って店員さんの話を聞いたりしています。

そこでこちらのサイトでも皆さんのお知恵をお借りしたいと思いました。

クロサワ楽器(町田店)というお店では、スペインの「アントニオ・サンチェス」
型番がprofesor-1(杉)という楽器を勧めて頂きました。

下北沢のフォルテ楽器というお店では、
国産の「マツオカM60」という楽器を見せて頂きました。

音色は、杉のものがいいなという気持ちはあります。
予算は、10万円以下なら嬉しいですが、それではいい音が鳴らないというのであれば、15万までなら…と思っています。

重視するのは音で、固くてはっきりした音よりは、
音量が少なくてもいいから深くて優しい、丸く暖かい音色がいいと思っています。
人に聞かせるよりは自分の部屋でつま弾いてみたいというのが今の気持ちです。

スペイン製と国産、どのように音色など違うのでしょうか?
何か他に、おすすめのメーカーなどがあるでしょうか?

初心者なので見当違いなところがあるかもしれませんが、
教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

都内の女性です。

幼少の頃よりピアノをやっていまして、音楽大学も出ましたが、
最近ギターも始めてみたくなりました。
クラシックギターの購入を考えているのですが、
何しろ初めてなので皆目見当がつかず、毎日ネットで調べたり
楽器屋さんに行って店員さんの話を聞いたりしています。

そこでこちらのサイトでも皆さんのお知恵をお借りしたいと思いました。

クロサワ楽器(町田店)というお店では、スペインの「アントニオ・サンチェス」
型番がprofesor-1(杉)という楽器を勧めて頂きました。
...続きを読む

Aベストアンサー

音大出身の方ですね。それなら、弦楽器のご友人はおられませんか?もしおられたら聞いてみると良いのですが、弦楽器というのは新作よりも古いものの方がよい音がします。理由は木の乾燥が進むからですので、その傾向は量産品であっても同様です。なので、おすすめは新品ではなく中古です。

新品で言えば、ギターらしい音がするのは3、40万円のもの(つまり手工品)からです。手工品は個体差が大きいので、実際に自分で弾いてみて気に入ったものを選ぶことが基本です。10万以下というのは工場製なので良い音は望めません。15~30万くらいのものは値段相応です。

杉か松かですが、あまりこだわらない方がよいです。

スペインか国産かですが、国産がお薦めです。日本の製作者の技術水準は高いですし、スペイン製は運賃を買うようなものです。また、日本製のものは日本の気候にあったように作られています。

10万以下がお望みとのことですが、そのような新品のものはお薦めできませんので、それならいっそのことリサイクルショップで数千円の中古のものを買って練習し、ギターの音が分かって来てから再度探してみてはいかがでしょう。耳が肥えてくれば、安くていいものが見つかるかもしれません。楽器選びは試奏が鉄則です。

※中古は調弦した状態でネックが反っている場合があるので、それだけは注意して下さい。

音大出身の方ですね。それなら、弦楽器のご友人はおられませんか?もしおられたら聞いてみると良いのですが、弦楽器というのは新作よりも古いものの方がよい音がします。理由は木の乾燥が進むからですので、その傾向は量産品であっても同様です。なので、おすすめは新品ではなく中古です。

新品で言えば、ギターらしい音がするのは3、40万円のもの(つまり手工品)からです。手工品は個体差が大きいので、実際に自分で弾いてみて気に入ったものを選ぶことが基本です。10万以下というのは工場製なので良い音は望...続きを読む

Qギターの事について教えてください。(初心者です)

まったくの初心者♀です。初歩的な事ですみませんが教えてください。

父が昔使っていたギターがずっと前から家にあり、種類は、見た感じアコースティックギター?っぽいのですが、何十年もほったらかし状態で、飾り物みたいな感じで置いてあるので、最近興味を持ち、弾いてみたいと思っております。今実家にいないので、どんな状態かわかりませんが、何十年もほったらかしているような状態のギターでも、弾けますか?楽器店へ行って修理してもらわないといけない事はわかっておりますが、良い楽器店の見分け方はどこがポイントですか?
まったくの無知なので、教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

再登場の#5です。
補足ありがとうございます。


お持ちのギターはハンドメイド品ですね。製作者の京さんという方の名前は存じないのですが、わざわざお父様のために作られたものだとしたら、是非治してあげたいですね。
しかし、30年くらい前は中小楽器メーカーが乱立してましたので、お父様に入手経路を確認してみないと、どの程度の品かは、判断しにくいです。


補足内容からすると、5絃のぺグの調子が悪いようですね。そこの修理を楽器店に注文すると安いところで大体¥5000+部品代(3000~10000)くらいです。


ギターは生ものです。

ぺグを治し、調整したとしても楽器として使える状態になるとは限りません。しかし同時に、名器となっている可能性も秘めています。
自分の好きな音の善し悪しがわかり、弾きやすいかどうかがわかるまで、とりあえずは他のギターで練習する事をオススメします。←#6さんとかぶっちゃってますね

ガットギターはキレイな音を出すために、一般的に初心者には、絃が押さえにくくなってます。
あまり最初からハードルが高いと、挫折してしまう可能性がありますので、良い楽器屋を見つけて初心者向けのギターを選んでもらいましょう。(個人的にはYAMAHAの安いモデルでいいと思います)

再登場の#5です。
補足ありがとうございます。


お持ちのギターはハンドメイド品ですね。製作者の京さんという方の名前は存じないのですが、わざわざお父様のために作られたものだとしたら、是非治してあげたいですね。
しかし、30年くらい前は中小楽器メーカーが乱立してましたので、お父様に入手経路を確認してみないと、どの程度の品かは、判断しにくいです。


補足内容からすると、5絃のぺグの調子が悪いようですね。そこの修理を楽器店に注文すると安いところで大体¥5000+部品代(300...続きを読む

Q長年ギターを弾いている方に質問です

10年、20年とアコースティックギターを弾いている方はフォークギター、クラシックギターの両方弾いた事はあると思いますが、最終的にどちらがメインになっていますか?
ギター暦5年程になりますが、そろそろ高いギターを買おうかと思っています。
そこでどちらにしようか迷っています。最近はナイロン弦の音が気に入っていてよく弾いています。
ただ、本を見たりしていると有名なギターとかはフォークギターが多いし、クラプトンとかも主にフォークギターを使っていますよね。
もちろん好みによると思いますが、高いギターであればなかなか簡単に買えないので、
長年ギターを弾いている方は皆さんどうしているの教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 ギター歴20ン年、です。

 フォーク→クラシック、ですね。6年くらい前に持ち替えました。

〉自分はメロディでうっとりさせるような
〉ギターを弾きたいと思っています。
〉そうするとクラシックギターかなあ?と思うのですが。

〉フォークギターもたまに
〉ジャカジャカ弾きたくなるんですよね。

 勝手に編集してしまいましたけど、wako-さんの、ギターに求めるものって、こんな感じなのでしょうか?

 私も、メインは、メロディアスな小品をソロでやりたいですね。でも、歌の伴奏も、ストロークでカッティングをきかせた曲もやりたい。ギターって、とても可能性のある楽器だから、ギター弾きって、どうしてもワガママになりますよね。これ1本で、なんでもできそうな気がしますからね。

 で、私は、上記のように、1本のギターでなんでもしたいから、クラシックを選んだんです。

 東京の御茶ノ水に、よく行くギターショップがあるんです。そこの店員さんとも顔見知りになれて、いろんなギターを弾かせてもらったんです。
 クラシックが、いちばん守備範囲広いと思います。
 なぜか。
 まず、弦の張りが弱いでしょう。ってことは、音が長く鳴ってるってことです。特にナイロンの低音弦はそう。ベースがしっかりしてるわけです。フォークは、弦の材質からいっても、張りの強さからいっても、クラシックほど長くは鳴ることができない気がします。
 また、これも主に弦の材質と張度からくるんですが、ナイロンの方が、いろんな音色が出せる。弾く角度、位置、指の腹で弾くか爪で弾くか、などなど。
 もちろん、ギターの材質もあります。一般に、松は軟らかい音、杉はシャキッとした音といいます。また、スペインはロマンティック、ドイツは硬質(もろ国民性……)といいますね。日本はというと、中間なんだそうな。ギタービルダーとしては、後発だから、“いいとこどり”できたそうで、結構プロの愛好者が多いそうです。

 でも、音が小さいじゃないか、と思う人多いかも。私もそう思っていました。
 ところが、裏表とも単板の、しっかり作られたギターは、音が遠くまで伸びるんです。弦の振幅の大きさを、ボディが増幅するんでしょうね。これは、私自身、そういうギターを弾いたことがあります。さっきの店員さんに「これ鳴りますよ」って渡されて、弾いてみたら、20畳くらいのフロアに響き渡ったですよ。しかも、そこにおいてあるギターが共鳴しちゃって……これには感動しましたね。
 そのギターは、スペイン製で、30万位だった。店員さんによると「当たり」のギターだとか。60万の「普通レベル」のギターと弾き比べたけど、30万の方が断然よかった。
 フォークは、これに比べると、「手元で鳴ってる」っていう感じがしましたね。もちろんそれなりのギターですよ。
 聞いたら、ヤマハあたりの量産ギターは別として、どこ製でも、20万くらいからだったら、値段が高いほどいいとは一概にはいえないんだそうな。もちろん高くなればいいものにあたる確率は上がるけど、値段に正比例する訳じゃないんだって。さっきいったみたいな、“番狂わせ”なんてしょちゅうだそうです。ようは自分に合うか合わないか、「弾いてくれ」っていってるかいってないか、だそうな。
 あと「手工ギターは高い」ってのも違うみたいですよ。10万くらいからあるし、もちろんそれなりのものだけど、台湾で作ってる量産品の10万円也とは、全然違う。
 別に台湾で作ってるヤ●ハの量産ギターを貶してるわけじゃないです。あれだけのレベルのものをあの値段で作るのはやっぱり凄い。でも、多少手持ちがあるなら、そんなのもあります、ってことです。
 それに、最初にクラシックを買ったときだけど(今持ってるやつだけど)、予算が6、7万しかないけど、これでいいギターが欲しい、って正直にいったんです、だめもとで。そしたら、スペインに、R.MORENOという工房があって、そこは、それくらいの価格帯のものを中心に作ってるんだそうな。高級品は作らない、でも庶民向けの廉いギターをせっせと作ってる、だから当然その価格帯でどういいギターを作るかっていう技術は持ってる、高級品作ってる工房が作った廉いギターと比べたら、いいわけですよ。弾きやすい、いいギターですよ。
 クラシックギターって、工房も、個人も、層がとても厚いというけど、そんな風に、バラエティにも富んでるんですね。うまくいけば「当たり」もあるし。

 そりゃ、いいことばかりじゃないです。いろんな音色を出せる、ってことは、裏を返せば、音色が安定しにくいってことですから。フォークは、その点はいいと思います。普通に弾けば、ある程度安定した音を出してくれますからね。そのへんは、きっともうおわかりかと思いますが。

 長くなっっちゃったけれど、買いかえるなら、場数は踏んだ方がいいです。とにかくいろんな店に足を運んで、たくさん弾いてみてください。そのうちに、自分に合うギターがどんなものなのか、イメージもはっきりしてくると思います。
 あと、“凄くいいギター”を弾かせてもらってください。骨董屋が博物館にいって目を養うのと同じですよ。ギターの“一流”を知れば、自分のなかに基準ができますから。初心者か、ちょっとやったぐらいの人だったら、そのよさは、まだわからないと思うけど、wako-さんくらいの経験者なら、わかると思います。いいもんですよ、本当に。

 なんだか、クラシックがいい! という文脈で、強引にここまで書いちゃいました。すいません。実は私も、聞くほうは、スチール弦も好きです。フリーチューニングのフィンガーピッキング・スタイルなんかとてもいい。でも、たとえばオープンDチューニングで弾いてるのを聞いて、これが響きのいいクラシックだったらもっといいだろうな。なんて考えたりします。

 いいギターライフを!!

 こんばんは。

 ギター歴20ン年、です。

 フォーク→クラシック、ですね。6年くらい前に持ち替えました。

〉自分はメロディでうっとりさせるような
〉ギターを弾きたいと思っています。
〉そうするとクラシックギターかなあ?と思うのですが。

〉フォークギターもたまに
〉ジャカジャカ弾きたくなるんですよね。

 勝手に編集してしまいましたけど、wako-さんの、ギターに求めるものって、こんな感じなのでしょうか?

 私も、メインは、メロディアスな小品をソロでやりたいですね。でも...続きを読む

Qヤマハでおすすめの古いアコギ

古いヤマハのアコギを探してますが、お勧めの古い
FGシリーズはありますか?全体的に小ぶりで
リーズナブルなギターをほしいのですが
フォークや、ウェスタンタイプとどこがどう違うのかわかりませんので
その点もアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。ビンテージYAMAHAの魅力に取り憑かれていたのーちと申します。
長文になりますが、私の経験からわかる範囲でお答えいたします。


まずボディスタイルですが、大きく分けて、腰のくびれた小振りのボディの「フォーク」と、通常のドレッドノートサイズに近い「ウェスタン」に分かれます。
> 全体的に小ぶりで
とのご希望ならば、「フォーク」サイズが適当だと思います。

発売時期のボディ内のラベルの色によって、初期型から順に
(ライトグリーン)赤→グリーン→黒→オレンジ→ベージュ→アイボリー…「ラベル」と呼ばれ、一般的には赤~黒ラベルが、ビンテージYAMAHAとして珍重されています。

あくまで個人の好みとなりますが、私が100本以上試奏した経験をお話します。
【赤】音質は、合板モデルとは思えないレスポンスと箱鳴りで、芯のある枯れた味わいのある音色です。(ラワン材のFG-140は??です)
小ぶりのフォークモデルで5万程度までで買えるモデルとしては、「FG-110」が該当します。
このFG-110は、ビンテージYAMAHA唯一のメイプル材のモデルで、その独特の音色に魅せられ、数十本を試奏して探してきました。
【グリーン】音質は、赤と同様素晴らしい鳴りと同時に、しっとりとした潤いのある音色です。私的には音質は「グリーン」が一番好きなのですが、かまぼこ型の太いネックで演奏しづらいのが自分に合わず、今は所有していません。
フォールモデルでは、「FG-130,170,250,340,440」があります。440は、ハカランダ(あるいはニューハカランダ)合板が使われていて、滅多に市場に出てきませんし、非常に高価か状態が悪いかです。
【黒】人によっては黒ラベルがいい、という人もいますが、私は音質的に特別に良いと感じるギターに当たったことがありません。これならば、現行物の方が良いと感じています。
フォークモデルは「FG-150F,200F,250F,350F,500F」となります。
【オレンジ】黒ラベルまでに比べて人気がないので安価ですが、状態が良いものはとても良い鳴りと音色を奏でます。安価で購入して、サドルやナットを牛骨に交換調整してもらうと、素晴らしい音色になります。
フォークモデルは、前期は「FG-122,152,202,252,302,402」、後期は「FG-152B,202B,302B,402B」です。
【ベージュ】ビンテージモデルとしてプレミアがつない分安価ですが、楽器の完成度や経年による音の鳴り等素晴らしく、状態が良い楽器が多いので、個人的にお勧めです。安い値札のギターが奏でるヤマハサウンドに感激することも少なくありません。
フォークモデルは「FG-202D,252D,302D」後期は「FG-252C,302C,402C」です。唯一の単板モデル、FG-402Cはきっと素晴らしいはずで、随分と探しましたが、市場で手にすることはできませんでした。

★楽器選びの注意点★
●赤・グリーンは、設計時のネックの仕込み角に問題があるため、ネックの腰折れ(元起き、元反り)といって、ネックがボディと接合している部分から折れ曲がっている問題が生じているものがほとんどです。(ギターを立てて、糸巻き方向の上からネックを見下ろすとわかります)腰折れは修理がきかない(修理する方法もありますが、費用もかかるし別のギターになってしまいます)ので、止めておきましょう。
ネック自体の反りも、波打ちや左右非対称の反りが出ているものがあります。当時のネック調整ロッドは、固着して回らなかったり、回ってもネック中央部分が盛り上がるかどうか程度の調整しか効かないため、慎重に見ることが大切です。変な反りが見られるギターは、やはり避けた方が良いです。

●ビンテージギターは、ボディのトップ落ち、ブリッジ付近の膨らみも多いです。(これはギターの表板に長い直定規を当てるとすぐにわかります)
ボディのトップ落ちとは、サウンドホール付近が凹んでいる状態で、これはギターの鳴りに影響しますし、トップ板裏のプレーシングの浮き等が出ている場合があるので、要注意です。
ブリッジ付近の膨らみ(下腹が出てきた状態)がひどいと、鳴りや弦高の高さに問題が出ます。販売しているギターの中には、弦高を下げるためブリッジ自体を薄く削り直してごまかしているものもありますが、当然音の力強さが失われます。
ブリッジ付近の膨らみと、トップ落ちが全くないビンテージヤマハは(デッドストック品でもない限り)ありません。多少のブリッジ付近の膨らみは良しとして、トップ落ちができるだけ小さいものを選ぶようにしてください。

※このことを注意して私が納得のいくFG-110と出会うまで、1年以上かけて50本近くを試奏しました。それだけ、状態が良いビンテージは少ないということです。それでも、購入後、リペアショップでネック調整等をしてもらう必要がありましたが、今では大切な宝物になっています。

★まとめ
「俺のヤマハは○○ラベルだぞ~」というこだわりがなければ、価格と音質を考えると、オレンジ、ベージュラベルが穴場です。オレンジラベルは、楽器の基本に関わる状態が良くないものも多いですが、ベージュラベルは、その点(楽器の完成度が高いためか)傷等はあっても、上記の楽器の基本はしっかりしたものが多く、20年以上経ってサウンドも出来上がっています。
赤やグリーン等のビンテージ探しも楽しいものですが、価格と実用性を考えるとベージュラベルの型番の数字の大きいものが、お勧めかと思います。

ただ、どの時期のギターも、モデルと扱われてきた状態による個体差が大きく、一概に言えるものではありません。
tibitama2000さんが、自分の目と耳で確かめて納得のいく(惚れてしまう)楽器と出会われることを願っています。


☆☆ヤマハのビンテージについての情報でしたら、枻出版社の「ヴィンテージ・ギター (Vol.6) 丸ごと1冊YAMAHA FG」という本がお勧めです。ただ、今は絶版になるてるようですが…。

はじめまして。ビンテージYAMAHAの魅力に取り憑かれていたのーちと申します。
長文になりますが、私の経験からわかる範囲でお答えいたします。


まずボディスタイルですが、大きく分けて、腰のくびれた小振りのボディの「フォーク」と、通常のドレッドノートサイズに近い「ウェスタン」に分かれます。
> 全体的に小ぶりで
とのご希望ならば、「フォーク」サイズが適当だと思います。

発売時期のボディ内のラベルの色によって、初期型から順に
(ライトグリーン)赤→グリーン→黒→オレンジ→ベージュ→アイボ...続きを読む

Qクラシックギター 「杉」or「松」

クラシックギターを趣味で始めることにしました。
4~5万程度の新品量産品を購入することにし、いろいろ楽器店をまわっているのですが、「杉か松か」ということで悩んでいます。
私は「クラシック」の曲を「独奏」で弾きたいということで探してるのですが(「アルハンブラの思い出」みたいな・・)、このような場合、
松を購入する人が多いという意見を何回か聞きました。しかし実際音を聴いてみると、私は杉の方が断然好きでした。
また店員さんによっては、松でも杉でもどちらでもいいと言う方もいて、
何がなんだかよくわからなくなってしまいました。
どちらがいいでしょうか?教えてくださいませ。

Aベストアンサー

失礼ですが、私見ですので専門的な検地ではありませんが
4~5万¥のギターでどちらかは好みの問題かと思います
質問者様が気に入ったほうでいいと思います
本格的に材質うんぬんするのは生楽器の場合¥10万以上くらいのレベルかと思います。
と言うより、価格にかかわらず、楽器というのは自分が気に入ったものが1番です、たとえ材質・ブランドが良くても気にいらなければ自分にとっていい楽器では無いですから、自分の判断に自信を持って購入してください。

Qギター、サドルの向きがわからなくなった・・・!

ギター初心者です。
先ほど弦の交換をかねてギターの掃除をしていたところ
サドルが取れて(取れるということを知らなかった汗)しまいました。
サドルをどの向きではめ込めば良いのかがよくわかりません。
が、手がかりとして

1、サドルに一部頭が削れてるところがある。
それが2弦にくるべきか5弦にくるべきか。

2、↑を2弦にくるようにすると全体的に6弦側が高くなり、
5弦にくるようにすると全体的に1弦側の高さが上がる。

です。もしわかる方いらっしゃいましたら教えていただけると
本当に助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>1、サドルに一部頭が削れてるところがある。

これを2弦側にしてください。
フォークギターは2弦のピッチが上がりやすいので、ピン側に削って修正することがよくあります。

またナットを見ればわかると思いますが、6弦側が1弦側より弦高が高く設定されています。

Qクラシックギター購入について

ギターはアコギで1年程度しています。
ソロギターに魅力を感じ、本格的にクラシックギターで演奏をしたいと思い始めました。
そこでクラシックギターを購入しようと思うのですが、どのギターを買っていいのか全くわかりません。知り合いには、「5,6万のが無難でしょう。」といわれましたが、漠然としていてよくわかりません。予算は5~6万程度です。一番いいのは安くていい音がするギターです。予算ぎりぎりで買う必要はないので、お勧めのものを教えてくだい。

Aベストアンサー

クラシックギターをおのぞみの価格帯で探すならやはり徹底的に試奏してみるしかないと思います。
ポイントはネックの形が手になじむことと、4・5・6弦の5fから12fの音ののびです。
いずれにしろ高い楽器をいろいろ弾かせてもらうと、それを基準に選べるようになると思います。

テンポが60くらいで全部音符がどの弦も同じボリュームででるか?
このサスティーン感がどうしても値段と引き替えになっていく部分だと思います。


良いギターは弦のテンションが余りきつくないのに、良く鳴ってくれルので疲れません。
本当によい楽器は中古になってもそれなりのお値段で売買が可能です。


たまにオークションなどで見かけるのですが、OVATIONの1713が10万前後ででることがあります。初値が20万くらいでした。これは以前持っていたのですが、良く鳴ります。ただあのボディはよく滑るのでプレイヤビリティは安定しません。
どうしても5~6万程度なら、あえてお奨めするとすれば、Kヤイリかなぁ。

Q鈴木バイオリンのクラシックギター

先日、知り合いの方が「使わないから」と古いクラシックギターを下さいました。
楽器店で見てもらい、弦高ありとのことでしたが、とりあえず磨きと弦交換のみ頼んで、ギターが戻ってきたところです。
中を見ると、「SUZUKI」の大きな文字があり、楽器店の話では、現在は製造されていない鈴木バイオリン社のクラシックギターとの事で、当時いくらの値段で売っていたかは分からないと言われました。
ギターを下さった知り合いの方は、ギターを使用していた当時は小学生だったそうで(40年前位)、買ってもらったギターの値段は知らないようでした。
弦を避けて写真を撮ってみたのですが…ラベルの下の方に「No.38」とあるのですが、38000円の意味ではないのでしょうか?
分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「鈴木バイオリン製造株式会社」のサイトを見てみました。
http://www.suzukiviolin.co.jp/products.html

製品情報として「過去の商品 品番・価格表(エクセルデータ)」があります。

それには、

No.38 1970-1971 12,000

と出ています。

当時の定価は 12,000円のようですが、念のため、ご自分でお確かめください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報