なぜトタンとブリキではトタンのほうが傷ついた場合に腐食されにくいか??イオン化傾向の観点から説明せよ。
という問題でレポートを提出しなきゃならないんですけど
なにかよいホームページなどあったら教えてください。かなりあせっているので・・・・・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

観点」に関するQ&A: 短歌の評価の観点

A 回答 (3件)

トタンは、亜鉛でメッキした鉄板です。


ブリキは、スズでメッキした鉄板です。
あとは、イオン化傾向を見れば分かると思いますよ。
がんばれ~。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はい!!がんばりまっす☆ありがとうございました

お礼日時:2001/12/17 02:43

もうレポートの方は終わったかもしれませんが、一応参考までにこのページを載せておきます。


高校の教科書か資料集、参考書の方がしっかり説明されているかもしれません。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~fujiken1/N38.htm
    • good
    • 0

下のページはどうでしょうか?



参考URL:http://kescriv.kj.yamagata-u.ac.jp/shokai/takahi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました☆とても助かりました

お礼日時:2001/12/17 02:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトタン屋根のリフォーム

築30年以上の住宅です。土壁の造りで、建物はしっかりしています。
屋根は瓦のほか、ベランダの下とその一帯、家の裏側などにトタンが敷かれています。
トタンに、一部ですが錆が出ているので、リフォームしようと考えています。
断熱材の入った金属瓦を使うのがいいそうですが、おすすめのメーカー等ありますか。
外観はトタンのような平型にしたいと思います。
まだトタンはそれほど傷んでいないので、カバー工法も可能ですか。カバーした後、トタンの錆が広がってしまう心配はありませんか。一般にカバー工法の問題点は何かありますか。
金属瓦の価格は、メーカー希望価格の何割引きくらいを期待できますか。

Aベストアンサー

No.1です。ちょっと補足します。

瓦以外の素材の屋根(金属やスレートなど)の場合は,定期的(10年程度)に塗り直しが必要になります。材質によっては,塗り直しも張替えも価格的には,そんなに差がないことがあります。

Qブリキやトタンにめっきされているものについて

すずや亜鉛がつかわれています。
鉄にめっきされていれば 両方ともさびにくいのですが、
スズや亜鉛単体だと水素よりも イオン化傾向が大きいので
水に触れると錆びやすいということでしょうか?
ステンレスの中のクロムも やはり水素よりも イオン化傾向が大きいので そういうことがいえるのでしょうか?

Aベストアンサー

ステンレスの方はわからないので前者だけ:
実際には, 鉄であっても「完全に純粋」にしておけば意外と錆ることはありません. 確か「ほぼ純粋な鉄」が錆ることなく出土したという事例はあったはずです.
ということで, 亜鉛や錫が「水素よりイオン化傾向が大きい」としても, 「それだけしかない」状況では水がついても大丈夫なはずです. 特に錫は鉄よりイオン化傾向が小さく, その分腐食に強くなります.
ただし, 傷つくなどして表面の皮膜が壊れると「鉄と亜鉛」とか「鉄と錫」のように異なる金属が表に出ることになり, その境界に水がつくと「一種の電池」のような形で腐食が進行します. トタンの場合は亜鉛の方が鉄よりイオン化傾向が大きいので亜鉛が腐食され (鉄は亜鉛が残っている間は大丈夫), ブリキでは鉄の方が先に腐食することになります.

Qペンキ>トタン用・油性・白、のペンキが入手困難【入手について】

ペンキ>トタン用・油性・白、のペンキが入手困難【入手について】
自宅のトタン壁とトタン屋根を塗装するために、白や白に近い淡色のトタン用油性ペンキをホームセンターやネットで探していますが、ありません。
油性>トタン用、は、濃茶・濃青・黒・などばかりで、白やベージュ、スカイブルー(薄色系)などは無いです。
自宅には、トタン葺き&トタン壁の平屋部分があり、屋根の高さが2m以下なので、濃色のペンキは、夏は猛烈に暑くてたまりません。
-----
濃い緑色のトタン用ペンキの夏の吸熱にたまりかねて・・・。

油性>CRペイント鉄部用・白をトタン部分に塗装したところ、いままでの濃緑のトタン用塗料のときと比較して夏季の室温が10度以上、さがりました。
ところが、伸縮の激しいトタン用ではなく、鉄部用ですので、トタンの伸縮に長期間適応できないようで、わずか2年でポロポロとハゲてきました。
ほぼ同時期に塗装した機械倉庫はまったく問題なしです(泣)。
夏は立ち入ることがない倉庫なので、暑くてもかまわないので濃緑の油性トタン用を塗装しました。
-----
【質問の趣旨】
1.油性トタン用>白 & 淡色 の購入先をおしえてください。

2.濃色をトタンに塗装すると、夏季=トタンが非常に高温になる、冬季>放熱効果が高く一層寒くなるなど、淡色と比較して、温度変化を激しく(大きくする)方向に作用します(中に居る人間はたまりません)。> 濃色で塗装されたトタンは、居住性が悪化するのが判っているのになぜ、淡色の入手が困難なのでしょうか?

3.トタン用ペンキのメーカーが、淡色と比較して、温度変化を激しく(大きくする)方向に作用し、トタンの伸縮が大きくなり、亀裂や禿るなど、塗膜の耐久性が下がる濃色ばかり売って、利益の追求をしているのですか>?。

----

例>JIS規格を表示するために規格に準拠して製造した同じ品質の油性トタン用ペンキであっても、濃色のほうが、淡色に比べて温度変化を増長するので耐久性が劣るのでメーカーが儲かるという図式が思い浮かぶほど、淡色のトタン用油性ペンキをいくら探しても入手できません。

淡色を塗ればさびが目立つので、早く塗り替えようとする動機になると思いますが・・・。

今年の梅雨明け後に、禿げてしまった白い鉄部用ペンキの代わりに、白&淡色のトタン用ペンキを塗装して涼しい夏を過ごしたいです。購入先を御教示ください。

ペンキ>トタン用・油性・白、のペンキが入手困難【入手について】
自宅のトタン壁とトタン屋根を塗装するために、白や白に近い淡色のトタン用油性ペンキをホームセンターやネットで探していますが、ありません。
油性>トタン用、は、濃茶・濃青・黒・などばかりで、白やベージュ、スカイブルー(薄色系)などは無いです。
自宅には、トタン葺き&トタン壁の平屋部分があり、屋根の高さが2m以下なので、濃色のペンキは、夏は猛烈に暑くてたまりません。
-----
濃い緑色のトタン用ペンキの夏の吸熱にたまり...続きを読む

Aベストアンサー

A.塗装の耐久性
1.>ところが、伸縮の激しいトタン用ではなく、鉄部用ですので、トタンの伸縮に長期間適応できないようで、わずか2年でポロポロとハゲてきました。
2.>ほぼ同時期に塗装した機械倉庫はまったく問題なしです(泣)。
夏は立ち入ることがない倉庫なので、暑くてもかまわないので濃緑の油性トタン用を塗装しました。

鉄部用、トタン用に、塗料として大きな違いはあるでしょうか。無いと思いますが?但しメーカーや塗装工事店では、トタン屋根用として高品質製品を進めていますね。http://www9.plala.or.jp/penkiya/
塗装の耐久性は、塗装される側の使用状況(機能、目的)固定されているもの、たわむもの、風雨の度合いによりますね。
施工時の管理、ケレン具合(1級.2級、3級)下塗り材、含水率、湿度、温度、乾燥、厚さ等の条件で大きく変わりますね。厚さ管理は、使用量と塗膜計測管理によります。
今回の、トタンと鉄の温度に対する熱膨張(伸縮)は同じでと思いますが。例えば橋梁の厚1mmの鉄板と厚さ50mmの鉄板と塗料を変えていませんね。膨張率は同じですね。従って伸縮に対してはオールマイテーに追従するように設計されているものですね。(但し気温差の激しい北海道等耐寒仕様は在りますね)
トタンの屋根でも支点(根太)が細かく設置されて(固定間距離)熱膨張によって伸縮が抑制され、結果と量に悪い影響がでなくなることもありますね。実際は暑い日はボンと音が出るようですね。鉄板でも薄いほど、温度で、曲がり、そり、などの抵抗性が少ないため、結果、塗布されたと塗装が影響を受けやすくなりますね。

B.業務用では、白色、油性、鉄部は公共構造物(橋梁、外構、建築)などで多く使用され、商品名として販売していますね。同じものは業者で無いと入手は困難でしょうね。友人の塗装工事店などでどうでしょうか。呼吸工事では、設計量管理などを行っています。従って、空缶の検査もあり難しいですが。

C.油性は耐久性に優れていますが、安全面から水性に変わってきていますね。業務用でも本来油性ですが品質的には同じであり、水性で施工していますね。(要は施工管理で品質確保可能)
一般市販品は、品質の耐久年数に責任の表示が無いですね。業務用は耐久期間が明示されています。やはり材、メーカー、種類によって、塗る材料との化学変化など微妙に耐久性が違うと思います。メーカもそこまで責任が終えないと思います。

D.一応検索し、鉄部、トタンで油性、白色を探しました。在庫等は確かに白色は少ないですね。業務用は幾らでもありますがね。以下を検索ください。 その他砂金は、屋根など用の断熱・遮熱塗料がりますね。

1.ニッペ 油性 鉄部・建物・トタン用 0.7L
www.shopping-search.jp/item/detail/gid_6033003623423

2.item.rakuten.co.jp/paintjoy/ap-004/ -
油性スーパーコート 10L (アサヒペン)
鉄部/門塀、フェンス、建材などの鉄やアルミ・ステンレス、カラーベスト・ブロック・各種サイディングなどの外壁やへい、ドア・雨戸・羽目板・戸袋などの屋内外の木部、FRP・アクリル・硬質塩ビなど
架橋反応型油性シリコンアクリル樹脂塗料

A.塗装の耐久性
1.>ところが、伸縮の激しいトタン用ではなく、鉄部用ですので、トタンの伸縮に長期間適応できないようで、わずか2年でポロポロとハゲてきました。
2.>ほぼ同時期に塗装した機械倉庫はまったく問題なしです(泣)。
夏は立ち入ることがない倉庫なので、暑くてもかまわないので濃緑の油性トタン用を塗装しました。

鉄部用、トタン用に、塗料として大きな違いはあるでしょうか。無いと思いますが?但しメーカーや塗装工事店では、トタン屋根用として高品質製品を進めていますね。http://www9.plal...続きを読む

Qお茶箱のトタンの腐食を取りたい

古いお茶箱があるのですが、内部のトタンが腐食しています。ザラザラ、溶けた砂糖が表面についたような感じです。
これを化学的知識で取ることは可能でしょうか?
できれば腐食の原因も教えてください。

取るのが難しい場合は、腐食した部分に段ボールなどをひいて、物を収納したいと思いますが、直にあるいは一緒に収納すると化学的に変質をするようなまずいものはありますか?
予定では子供のおもちゃを入れたいと思っています。ゲーム機本体やソフトの金属部分に影響が出ますでしょうか。。。

よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。

茶箱の内張りに使ってるのは「トタン」ではなく「ブリキ」です。
両者の違いは、トタンは「亜鉛メッキ」ですが、ブリキは「錫(スズ)メッキ」です。

いずれも、鉄板にメッキしたものですから、鉄板内部が腐食(錆)するとメッキが浮いてきます。

腐食の原因はメッキが薄いため、メッキ表面の傷などで鉄板に空気中の酸素が触れてしまうことによる酸化ですから、メッキが浮いてきた部分を擦り落とすと鉄錆が姿を現します。

従いまして、下手にザラザラ部分を擦り落とさない方が良いです。

トタンやブリキの錆対策で一般的のは「塗装」で、家屋の屋根などにトタンやブリキを用いる場合は塗装を施してるのが知られてると思います。

ただ、茶箱の内張りにペンキなどは塗りたくないでしょうから、クロスなど壁紙のようなものを貼るとザラザラ感が気にならなくなるはずです。

ついでに、茶箱の外装も気に入った柄のものを貼るとお洒落になると思います。

勿論、手間暇を掛けたくないのでしたら、内張りのブリキに段ボール紙を貼っただけでも良いとは思いますが、段ボールは「吸湿性」があるので感心はしません。

出来れば、吸湿性がない合成樹脂(ビニールなど)のシートがお勧めです。

これ等の貼り付けに使う接着剤は金属(ブリキ)と樹脂(ビニール)に使えるものを選ぶ必要がありますが「両面テープ」を上手く利用すれば接着剤の選定で悩まずに済みます。

なお、ブリキ内部の錆は表面メッキを剥がさない限りは進行が遅いので、ブリキ表面を保護する対策を取ればオモチャ類などに影響は与えませんから過剰な心配は要らないです。

ちなみに、私は茶箱の底にキャスターローラーを取り付けて、茶箱の中には電子部品類を収納して利用してた時期がありますが、電子部品類に悪影響を受けたことはありませんでした。

こんにちは。

茶箱の内張りに使ってるのは「トタン」ではなく「ブリキ」です。
両者の違いは、トタンは「亜鉛メッキ」ですが、ブリキは「錫(スズ)メッキ」です。

いずれも、鉄板にメッキしたものですから、鉄板内部が腐食(錆)するとメッキが浮いてきます。

腐食の原因はメッキが薄いため、メッキ表面の傷などで鉄板に空気中の酸素が触れてしまうことによる酸化ですから、メッキが浮いてきた部分を擦り落とすと鉄錆が姿を現します。

従いまして、下手にザラザラ部分を擦り落とさない方が良いです。

...続きを読む

Qトタン釘について

先日、金属製の6尺のトタン板を厚さ20mm、幅90mm、長さ3650mの板に38mmのステンレス製のクギを使用して、打ち付けました。その作業は問題なく終了したのですが、別の箇所をやるときに今度はトタンと同じ色のトタン釘を使おうと考えておりますが、実物を拝見したところ、クギの頭の部分がとても小さく見え、ここまで小さいと今トタンから抜けてしまうのでは無いかと心配にな「トタン釘」と検索をしたところ以下のサイトを拝見しました。

http://www.handsman.co.jp/myweb/D51-4.html

トタン釘の紹介がありますが、どうやら頭の部分に大きい傘のようなものが付いている釘とは異なるようです。私には通常、一般的にあるクギに見えるのですが、トタン釘とはどのようなものでしょうか?
どなた様か、ご教示の程よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

木造の場合、カラートタンの波板を止めるのに一般的に使われるのは「傘釘」です。
敷き桟に使われる「12割」などと呼ばれる薄い材料では、所詮浮き上がりに対する釘の抵抗力も弱いです。
増して、普通の釘(軸部に何の加工もない、頭の形状的にも何ら変わらない物)では、
チョットした風でも持って行かれます。
=前にもありましたが、長めの釘を使用して脚の余ったところを曲げておけば、気休めにはなります。

なお、経過年数にも関係しますが、雨で釘からの浸透もありますので桟は腐ってきますので抜けやすくなります。
従って5年後くらいからは点検が必要です。

しかし、軒先などの風を強くうける所ではこれでも不十分で、釘の数を増やしたり
また、波板の上部から帯鉄などの補強的押え金を使って、垂木などまで貫通のボルトで固定します。

Qブリキのバケツの縞模様は何でしょうか

トタンのバケツの縞模様はスパングルというのだそうですが、ブリキのバケツの縞模様は何というのでしょうか?また、なぜ縞模様が付くのでしょうか?
http://item.rakuten.co.jp/s-kanamono/10002271/

Aベストアンサー

>ある専門書にも「スズメッキには独特のシマ模様が表面にできるのでブリキとわかります」と述べているものがあります。
 どんな専門書ですか・・酷い物ですね。

>先日、購入したダイソーのブリキのバケツにも縞模様があり、そこにはTinとあるだけで、
 さすがダイソーですね。嘘八百にもほどがある。
 バケツがブリキでしたら、ちょっと傷がつくと内部の鉄が急速に錆びて穴が開いてしまう。実用品にはなりません。
 ・・今度缶詰を買ってきたら、内側に少し傷を付けて水をためて外に置いてご覧なさい。数日もすれば真っ赤な錆が出てきます。

 なお、Tinとは錫の事ですが・・・鈴なりと言う加工した時に出る音を模している。

 ダイソーって、そこまで酷いのですか??(^^)、・・限度を超しているとしか・・
 とはいっても・・・
 ⇒ブリキ 表面 模様 - Google 検索( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%AD%20%E8%A1%A8%E9%9D%A2%20%E6%A8%A1%E6%A7%98&gws_rd=ssl&tbm=isch )
 で検索すると分かるように、スパングルの現れた物がたくさんでてきますが、それぞれの説明を読むと分かるように、亜鉛メッキと書いてある。

 まあ、ブリキとトタンの区別はかっては高校化学、いまは中学校で学ぶところななので寝てた人が多いのでしょう。

>ある専門書にも「スズメッキには独特のシマ模様が表面にできるのでブリキとわかります」と述べているものがあります。
 どんな専門書ですか・・酷い物ですね。

>先日、購入したダイソーのブリキのバケツにも縞模様があり、そこにはTinとあるだけで、
 さすがダイソーですね。嘘八百にもほどがある。
 バケツがブリキでしたら、ちょっと傷がつくと内部の鉄が急速に錆びて穴が開いてしまう。実用品にはなりません。
 ・・今度缶詰を買ってきたら、内側に少し傷を付けて水をためて外に置いてご覧なさい。数日...続きを読む

Q波トタン板のことで

こんにちは、いま、波トタンを金きり鋏で横に切っているのですが、
どうしても、トタンが反り返ってしまい、いざ壁に打ちつけようとしたら、波打ってうまくトタン同士が重ならず困っています。
なぜ、切る時に反り返るのか教えてくださいよろしくお願いします。

Aベストアンサー

父の関係した職人は
ヤナギ(柳刃型)

エグリ(エグリ鋏)
の2つの鋏を使っていて、最後の切れないところはエグリで。、その他はヤナギで切っていました。
http://www.naotoku.com/item_top.html
多少ゆがみが出るかもしれませんが、張るときにゆがみが消える方向にあてれば何とかなるでしょう。

そりの原因は、
へんな巨大ナチからがかかったことによって、金属が永久変形する場合

切り方が悪く、バリがたくさん出るような切り方をしている場合には、バリによって、本来曲線となるところが直線になって押さえられてしまい、変な形に曲がってしまいます。
後者の場合には、バリが出ないように切りなおしをしない、つまり、
1回刃を当てたらば刃先の8割でやめて、刃を合わせることをしない
途中休憩をはさまずに、切り出したらば最後まで鋏とブリキとの向きを変えない
途中で休みを入れると切り口がちょっと曲がってしまいます。これがバリの原因になるときがあります。したがって、2方向から切断して行く方法もだめです。

Q腐食の順位・・・

学生実験で、中性の塩化物の水溶液中におけるFe,Ti,SUSの分極曲線、ターフェル勾配、分極抵抗を測定して各試料の腐食特性を測定したのですが・・・

実験値icorr:SUS<Ti<Fe
計算値icorr:SUS<Ti<Fe
実験値Ecorr:Fe<Ti<SUS

となったので、

耐食性はFe<Ti<SUSの順と考察したのですが、
答えはFe<SUS<Tiであると言われました。

うまく測定できなかったのかと思い、同じ実験をした他の班の人に結果を聞いてみたところ、ほとんどの班でも私と同じ結果、耐食性:Fe<Ti<SUSとなったそうです。

この原因は何なのでしょうか?
・試料を研磨することからはじめたのですが、研磨があまかった?
・そもそも装置が悪い?
・測定の仕方が悪かった?
などなど・・・

いまいち原因が分かりません。

納得できないので、どなたか予想でかまわないので意見ありませんか?

よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

18-8ステンは、表面が酸化クロムの幕で覆われていて、これが破れると、ニッケルが溶け出して、こうしょくが発生します。

スパイク状の分極曲線が得られませんでしたか。これが出たときに、表面の膜が破壊されている、ということがわかります。
O2発生、又は、H2発生領域で、(定数)log(なんとか)という割合で、電位に対する電流が増えてゆくでしょう。ところが、表面膜が破壊されると、突然不規則に電流が増え、直後に減少するというスパイク状に電流が乱れ、隙間腐食が起こっていることがわかります。
多分、測定で、これを見落としたはずです。

Qトタン外壁を塗り壁に改装出来るのですか?!

トタン外壁ですが、塗り壁に改装出来るのでしょうか?
トタンに傷みはないので、
一番簡単な方法で出来ればと思っていますが、
トタンを一度全部剥がさないといけないのでしょうか?

また、それは比較的簡単に出来るものなのでしょうか。
それとも相当手間のかかる事なのでしょうか?

Aベストアンサー

大工です。基本的には出来ます。NO3の方が言っているようにトタンを剥がして施工するのが一番と思います、塗り壁(モルタル)はクラック(割れ)が生じる事が大ですのでサイディングをお勧めします。サイディングの方が工期も短く安価で出来ます。

Qすきま腐食

何かの本で、ステンレス鋼のすきま腐食は酸素の濃淡電池、というのを見かけたのですが、そうしますと、動かない水中にあるSUSと、エアーレーションなどがしてある水中のSUSとでは、後者の方がすきま腐食が発生しやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「金属の腐食事例と各種防食対策」
この中に「すきま腐食」の記載もあるようです。

ご参考まで。

参考URL:http://www.techno-s.co.jp/publish/fusyoku.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報