数学に関して質問があります。f(x)の導関数f'(x)を計算機ではなく、リミットの定義を用いて手計算で求める問題を解いているのですが、どう解いてよいのか分からず、一問目から躓いています。
その一問目が f(x)=(√(x^2+5))/(x-9) なのですが、ルートを消そうと√(x^2+5)/√(x^2+5)をかけてもf(x)=lim x->0 (x^2+5)/((x-9)・√(x^2+5))になるだけで、単にややこしくなった気がします。√(x^2+5)を(x^2+5)^1/2とみなすことも出来ますよね…でもそれがどう役立つのか…。どうかヒントだけでも教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、問題の題意を正しく理解しましょう。



1) By hand and using algebra, use the limit definition for the derivative to find f'(x) for f(x)=(√(x^2+5))/(x-9)

これを、意訳すると、
「手計算で代数的方法を用いて、導関数の極限による定義に立ちかえって、f(x)の導関数f'(x)を求めよ。」
でありますから、f'(x)を求めるのです。f'(x)は「関数」であり、数値ではありません。だから、-5/9という「数値」が答えにはなりません。

これを踏まえて。。。。
f'(x)は微分の公式を使えば、
f'(x)=x/(√(x^2+5))/(x-9) -(√(x^2+5))/(x-9)^2
と求まってしまいます。
(No.1starfloraさんの記事参照。)

以下面倒なので、a=(√(x^2+5)),b=(x-9)と置きます。
f'(x)=x/(ab) -a/b^2 (式1)

しかし、こうせずに、導関数の極限に定義に戻って(式1)を導けとこの問題は要求しているのです。導関数の極限による定義は、Umadaさんのおっしゃるとおり通り、Umadaさんの記事の(1)です。
で、どう計算するかというと、f(x+h)をhについて展開すると、hの0次=f(x)、hの1次=f'(x)h、hの2次=f''(x)h^2、と求まるわけですが、こうして求めても、導関数の定義の式より、hの2次以降はlim(h→0)でゼロになって消えてしまいます。だから、結局、f(x+h)をhについて1次まで展開するればよく、そうするとf'(x)、すなわち導関数が求まるのです。では実際にやってみましょう。
f(x+h)
=√((x+h)^2+5))/(x+h-9)
~√(x^2+2hx+5)/(x+h-9)(hの2次無視)
=f(x)*((1+2hx/(x^2+5))^(1/2))*((1+h/(x-9))^(-1))
(無理やりf(x)でくくる)
~f(x)*((1+hx/(x^2+5))*((1-h/(x-9))
(やはり各項展開して、hの1次まで残す)
~f(x)(1+hx/(x^2+5)-h/(x-9))(hの2次無視)
=f(x)+(f(x)x/(x^2+5)-f(x)/(x-9))h
=f(x)+f'(x)h
ただし、
f'(x)=x/(ab) -a/b^2 
よって導関数の極限による定義の式(1)に代入すると、
f'(x)=x/(ab) -a/b^2 
と導関数が求まる。
以上。おわり。

とうことを答えればよいのです。

(注)
(1+h)^dは、1+dh+(hの2次以上)と展開できることは知っていますよね。っていうか、これがここでいっている代数的方法(algebra)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
返事が遅れてしまってすみませんでした。
ようやく期末が終わりました。
TI89には微分をしてくれる機能があります。d/dx((√(x^2+5))/(x-9),x)とやるだけです
その結果はchukanshiさんの導き出した答えと全く同じになりました。
→ [x/((x-9)・(x^2+5))]-[(x^2+5)/((x-9)^2)]
つまり、x/(ab) -a/b^2です。
(前回は"solve(d/dx((√(x^2+5))/(x-9),x)=0,x)"とスキップしてしまったのですね)。

今回、実はhの2次無視が許されてなくて、とてつもなく長い式になりました。解くのに7時間かかりました(本当に)。

これからはもっと真面目に数学を勉強しようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 09:35

問題文は「手計算と代数(ここでは数値解法に対する文字式の意でしょう)を使って、極限を用いた導関数の定義から f(x)=(√(x^2+5))/(x-9) の導関数を求めよ。

」の意に解釈できます。

答えが-5/9と出たとのことですがそれはなんだか変ですね。導関数が-5/9なら原始関数は-(5/9)x+C (Cは定数)になるはずですが?? (何か具体的に導関数を求めた後で、xに何か数字を代入したというのなら話は別です)

まず答えを先回りして求めてしまいます。
 √(x^2+5)=(x^2+5)^(1/2)   (1)
で正しいです。この関数と
 1/(x-9)   (2)
の積の導関数を求めればよい訳です。
二つの関数f(x), g(x)の積fgの導関数はご存じのように
 (fg)'=f'g+fg'   (3)
ですから、定義に従えば
 [(1/2)×2x×(x^2+5)^(-1/2)]×[1/(x-9)]+(x^2+5)^(1/2)×(-1)×(x-9)^(-2)   (4)
です。整理すれば
 -(9x+5)/[√(x^2+5)×(x-9)^2]   (5)
です。(x=0を代入しても-5/9にはならないですね)

さて前回の私の回答(導関数の定義式に戻った計算)を最後までちゃんとやると
f(x+h)-f(x)
 (x-9)^2×((x+h)^2+5))-(x+h-9)^2×(x^2+5)           (6)
=---------------------------------------------
 [(x-9)√((x+h)^2+5))+(x+h-9)√(x^2+5)]×(x-9)(x+h-9)

 2h(x-9)[x(x-9)-(x^2+5)]+ゴミ               (7)
=---------------------------------------------
 [(x-9)√((x+h)^2+5))+(x+h-9)√(x^2+5)]×(x-9)(x+h-9)

*ゴミ・・・hの2次以上の項。あとで極限をとる時にどうせ消えるので「ゴミ」としてまとめた。

(7)式をhで割って、h→0の極限を取れば
 2(x-9)[x(x-9)-(x^2+5)]
=-------------------------
 2[(x-9)√(x^2+5)]×(x-9)^2

 (-9x-5)        (8)
=-----------------
 √(x^2+5)×(x-9)^2
となって、最初に覗き見しておいた答えと同じになります。でもこの式はどこをどういじくっても-5/9にはならないんですよね。
-5/9が現れるとすれば可能性があるのは「f'(x)=0となるxの値を求めよ」という問題を解いた場合です。これはすぐにx=-5/9と分かります。ひょっとして計算機にその問題を解かせてしまっていませんか?


あと、訂正です。すみません。前回の回答の下から4行目、
[(x-9)√((x+h)^2+5))+(x+h-9)√(x^2+5)]/(x-9)(x+h-9)

[(x-9)√((x+h)^2+5))+(x+h-9)√(x^2+5)]×(x-9)(x+h-9)
が正しいです。

また式(6)も
(x-9)^2×((x+h)^2+5))-(x+h-9)^2×(x^2+5) 
が正しいものです。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
返事が遅れてしまってすみませんでした。

> -5/9が現れるとすれば可能性があるのは「f'(x)=0となるxの値を求めよ」という問題を解いた場合です。

誠に仰る通りです。お恥ずかしい…。
困った時の計算機頼みをしたのですが、頼み方がまずかったようです(^^ゞ。
教授が答えを公開していないので僕はまだ本当の答えを知りません。
三人の生徒に尋ねたところ、二人の生徒がUmadaさんと全く同じ答えを導き出していました。
迷いましたが結局、starfloraさん、Umadaさん、chukanshiさん全員の回答を参照にして解きました。
僕が予想していたよりも遥かに難しい問題でした。
自分自分で解けるようにもっと数学を勉強しようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 09:50

lim f(x)


x→0
を計算しておいでの部分があるのですが、これは導関数ではなくて単に関数の極限です。

導関数の定義は言うまでもなく
lim {f(x+h)-f(x)}/h   (1)
h→0
ですよね。(私が問題を勘違いして理解していたらごめんなさい)

さてそこで
f(x+h)-f(x)   (2)
を作ると
[√((x+h)^2+5))/(x+h-9)]-[√(x^2+5)/(x-9)]   (3)
となります。
通分して
[(x-9)√((x+h)^2+5))-(x+h-9)√(x^2+5)]/(x-9)(x+h-9)   (4)
を得ます。これを有理化するためには、
(x-9)√((x+h)^2+5))+(x+h-9)√(x^2+5)   (5)
を分子分母にかけます。(4)の分子だけ書くと
(x-9)^2×((x+h)^2+5))+(x+h-9)^2×(x^2+5)   (6)
となって、これで根号が外せたことになります。

分母
[(x-9)√((x+h)^2+5))+(x+h-9)√(x^2+5)]/(x-9)(x+h-9)
はh→0でも0になりませんから、簡単に極限が求められます。

あとは整理して(1)に立ち返るだけですからご自身で解けることと思います。
計算間違いをしているかもしれませんので、式を確かめながら読んでいただければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。

僕の書き方が非常に悪かったようで、申し訳ないです。実は問題が英語で書かれてまして…

1) By hand and using algebra, use the limit definition for the derivative to find f'(x) for f(x)=(√(x^2+5))/(x-9)

実は僕、"derivative"を日本語で何と言うのか知らないんです。辞書で引くと「[数]微分係数、[数]導関数」とあって、他の方の回答を読む限り、導関数なのかなぁと思いまして…。

解法については、答えはもう-5/9と出ているのですが、それに辿り着くための証明が必要のようなのです。例はstarfloraさんの所に書いた通りです。でも授業ではこんなのやらなかったですよ、多分、きっと、おそらく…。

お礼日時:2001/12/17 03:06

 


  では、アドヴァイスをします。答えをすべて欲しいと言っているのではありませんから。
 
  一般に、f(x)=(g(x))^a
  という形の微分は、まず、aの階乗の部分を微分して、それに( )のなかのg(x)を微分して積を求めると答えがでます。  (公式1)
 
  問題の式は、f(x)=(√(x^2+5))/(x-9) ですが、
  全部、√ のなかに入れてしまえばよいのです。すると、(g(x))^(1/2)
  という式になり、まず、1/2の階乗部分を微分すると、
  (1/2)*(g(x))^(-1/2) となります。
  この後、g(x) を微分して先の式にかけるとよいのです。
 
  f(x)=(√(x^2+5))/(x-9) は、
  (x-9) を、√ のなかに入れてしますと、( )^(1/2) の形になるのです。
 
  また、f(x)*g(x) の微分は、f'(x)*g(x) + f(x)*g'(x) となるという公式も使います。(公式2)。これで解けるはずです。要望通り、ヒントを記しました。(しかし間違ってるかも知れませんね)。なお、導関数は、x^aの場合、a*x^(a-1) となるという普通の公式も知っておかねばなりません。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!

すみません、僕の書き方が悪かったようです。補足させてください。計算機(TI-89)では-0.5555...=-5/9という答えになりました。それに対する証明をしなければならないようなのです。

例えば
lim x->0 (1-cos^4(Ax))/(sin(Bx^2))
=lim x->0 (1-cos^2(Ax))(1+cos^2(Ax))/(sin(Bx^2))
=lim x->0 (sin^2(Ax)(1+cos^2(Ax))/(sin(Bx^2))
=lim x->0 (sin^2(Ax))/(sin(Bx^2))・lim x->0 1+cos^2(Ax)
=2・lim x->0 (sin^2(Ax))/(sin(Bx^2))
=2・lim x->0 (sin(Ax))/Bx・(sin(Ax))/Bx・(Bx^2)/(sin(Bx^2))・((Ax)^2)/(Bx^2)
=2・[lim x->0 (sin(Ax))/Bx]^2・lim x->0 (Bx^2)/(sin(Bx^2))・(A^2)/B
=2・1・1・(A^2)/B
=(2A^2)/B

…のような奴だと思います(長!)。僕自身がまだ問題を把握できてないんですね、きっと。こんなだから解けないんですけど(^^ゞ

それときっと(x-9)を√の中に入れることは出来ない気がするのですが…。計算機の書き方でしか書けないのが辛いですね(OKWebでExcelの数式を貼り付けられると良いんですけど)。

解法としては、u=1/2と置き換えて連鎖法則を使うのでしょうか??? でも今回は分数になってますし…。やっぱり、すみません、もしよろしければ答えをすべてください。よろしくお願いしますm(__)m

お礼日時:2001/12/17 02:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qy=a*ln(x)+bのxを求めたい

ど素人というか原理はわからないけどとにかく結果を求めたいです。
うまく説明できてるかもわかりませんがどうかお助け下さい。
EIA測定してキットのマニュアルに従い、吸光度(B/Bo%)をy軸に,濃度をx軸(対数目盛)にとってExcelを使ってグラフを作成。
対数近似曲線を引いたらタイトルの式が出ました。
知りたいのは測定物質の濃度なのでxを求めなければなりませんよね。
式がy=ax+bだったら、x=(y-b)/aで簡単に求められるのですが
タイトルの式ではln(x)をどうあつかっていいのかわかりません。
y=a*ln(x)+bの式をx=○○・・・に変換するとか、Excelのこの機能で求められるとか、何か方法を教えてください。
文章を読んで察しがつくと思いますが、数学ぜんぜんわからないので
理屈抜きで「この式のここに吸光度の値をいれるとこれが求める濃度だ」というような単純明快なお答えをお待ちしています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

グラフを作るときに、「吸光度B/Boをyとおく」からまずいのです。

吸光度から濃度を知りたいのなら、どうして、「吸光度B/Boをx,濃度をy」とおかないのですか?

これでx,yデータをエクセルプロットすれば、ANo.2さんのような近似式が求まります。
ただし、このとき、前回は「対数近似」をしましたが、y,xを入れ替えていますので、今回は「指数近似」をしなければなりません。
(対数近似/指数近似のどちらが適当かは、グラフの形を見て判断します)

ANo.2さんの式は正しいですが、もう少し変形できます。
  y=e^((x-b)/a)=e^(x/a)/e^(b/a)=e^(-b/a)*e^(x/a)
e^(-b/a)を引っ張り出してきた理由は、これが定数項だからです。

e^(-b/a)をエクセル上で求めるには、例えば
A1セルにa,B1セルにbをおいたとすると、C1セルに[=exp(-b1/a1)]と入れれば、C1セルに演算結果が表示されます。

Q時速60Km/H + 時速60Km/H の問題です

お世話になります。

自分が乗っている時速60Km/Hで走っている電車の前方から、時速60Km/Hでこちらに向かっている電車の速度は120Km/Hに見えるのですが、実は120Km/H未満が正解だったと思います。

計算の仕方を忘れてしまいました。

どなたか教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 お礼、ありがとうございます。#1です。

>もしも自分の乗っている電車が秒速20万Kmで進んでいて、前方からも秒速20万Kmでこちらに向かっている電車があるとき、

 そういう定性的なことですと、光速度不変の原理で考えることができます。

 前方の電車がこちらに向けて光を放つとどうなるでしょうか。その光も秒速30万kmという速度になる、というのが光速度不変の原理です。どんな条件で放たれた光であれ、どんな慣性系からでも同じ秒速30万kmです。

 さて、前方の電車に乗り移ったとして考えてみます。光を前方に向けて放てば、自分の電車より先に光は進みます(この光も秒速30万km)。自分をどんどん引き離して進んでしまいます。そして自分より早く他方の電車に到達します。

 再度、元の電車に戻ってみます。前方の電車が放った光は、前方の電車より早くこちらに届きます。その光は秒速30万kmなのでした(光速度不変の原理)。それより遅れてこちらとすれ違う電車は、光速度より遅いことになります。

 もう少し複雑にしてみましょう。

 電車1の上に電車2を走らせます。どちらも速度は同じ秒速20万kmとしておきます。それを駅のホームから眺めているとします。。ニュートン力学では、20万+20万=秒速40万kmとなり、光速度(秒速30万km)を超えます。

 ここで光速度不変の原理を使ってみます。電車2に乗ったと考えて、電車2から前方に光を放ちます。光は秒速30万kmで自分の前方を進んで行きます。

 この状況で電車1から考えてみます。電車2が放った光は、電車1から見ても秒速30万kmです(光速度不変の原理)。その光は電車2を引き離しながら進んで行くのでした。だとすると、電車1からすれば、電車2は秒速30万kmより遅い。

 さらに駅のホームから考えてみます。電車2から放たれた光は、やはり秒速30万kmであり、電車2を引き離して前方に進んで行きます。それなら、駅のホームから見ても、電車2は秒速30万kmより遅いということになります。

 電車を何段重ねにしようと、同じことになります。光速度は超えられません。この状況を先の速度の合成則で見てみます。

W=(v+V)/{1+(vV/c^2)}
=(v+V)/{1+vV} ←式が変形しやすいようc=1と置いた:定数なので任意に決めて良い
 =1-{(1-v)(1-V)/(1+vV)}

 c=1としたので、vやVが1未満、つまり光速度未満であればカッコの中は0より大きいですから、W<1です。ですので、光速度未満であることが分かります。

 いかに光速度に近い速度の電車を二台使おうとも、光速度にはなれないわけです。二台合わせても光速度未満ですから、さらに何台持って来ても同じ、光速度未満にしかなりません。

 もし、vかVのどちらか一方でも光速度であれば(v=1やV=1)、カッコの中は0となり、W=1、つまり光速度となります。どんな速度を持っていようが、そこから放った光は必ず光速度であることも、速度の合成則の式は示しています。

 お礼、ありがとうございます。#1です。

>もしも自分の乗っている電車が秒速20万Kmで進んでいて、前方からも秒速20万Kmでこちらに向かっている電車があるとき、

 そういう定性的なことですと、光速度不変の原理で考えることができます。

 前方の電車がこちらに向けて光を放つとどうなるでしょうか。その光も秒速30万kmという速度になる、というのが光速度不変の原理です。どんな条件で放たれた光であれ、どんな慣性系からでも同じ秒速30万kmです。

 さて、前方の電車に乗り移ったとして考えてみます。...続きを読む

Q回帰直線?linear range?直線範囲??統計で躓いています。。

回帰直線?linear range?直線範囲??統計で躓いています。。

統計のことはさっぱりわからない私が読んでいる論文ででてきた「linear range」という言葉がわかりません。。
ある物質を投与して、その投与量(横軸)と吸光度(縦軸)が負の相関になっています。
で、このassayのlinear rangeは縦軸に垂直に、投与量a~bまでの範囲になる、とあるのですが
その意味がわかりません。
a~bまでなら信頼できるからその後はa~bで実験していくみたいな感じなんですが・・・。

各投与量で実験結果の吸光度は3値ずつ出してあり、その平均値が直線で結ばれており、
標準偏差も記してあります。

論文には、「the dotted vertical line(投与量aの所の線)indicates the threshold of sensitivity,based on the mean +2SD of an untreated control run in tripricate 」
とあります。


回帰直線なるものと関係あるのかなーと本を読んでみましたが、
やっぱりわかりませんでした。
標準偏差とどう関係してるのでしょうか。
わかりにくい説明だと思うのですが、どなたか助けて下さい><
よろしくお願いします。

回帰直線?linear range?直線範囲??統計で躓いています。。

統計のことはさっぱりわからない私が読んでいる論文ででてきた「linear range」という言葉がわかりません。。
ある物質を投与して、その投与量(横軸)と吸光度(縦軸)が負の相関になっています。
で、このassayのlinear rangeは縦軸に垂直に、投与量a~bまでの範囲になる、とあるのですが
その意味がわかりません。
a~bまでなら信頼できるからその後はa~bで実験していくみたいな感じなんですが・・・。

各投与量で実験結果の吸光度は3値ずつ出して...続きを読む

Aベストアンサー

このlinearはおそらく「線形」の意味だと思います。
linear rangeで「線形な関係にある範囲」とでも訳しましょうか。
線形(linear)というのは、ある変数xに対してy=ax+bのような計算で得られるyとxの関係を言います。
質問の例だと、吸光度=Ax投与量+Bのような関係です。
おそらく、投与量a~bまでの範囲では、適当な定数A、Bを与えてやれば、吸光度が上式で計算できるような値になっている、ということだと思います。
グラフに描くとその範囲では、おおよそ直線になっているはずです。
この範囲外では、そうした線形な関係ではない(非線形、nonlinear)ので、グラフは曲線になります。
線形な関係はいろいろと扱いやすいので、その部分を使うということなのだと思います。
あるいは理論的に線形になるはず、というのがあって、実験値のその範囲がうまくそれに合う、ということでしょうか。
英語は意味が取りにくいのですが、「3回行われた未処理の対照群の平均+2標準偏差を基に、垂直点線は感度の閾値を示す。」とでも訳すのでしょうか。(かなり無理がある訳です)
それで、意味が通りますか?

このlinearはおそらく「線形」の意味だと思います。
linear rangeで「線形な関係にある範囲」とでも訳しましょうか。
線形(linear)というのは、ある変数xに対してy=ax+bのような計算で得られるyとxの関係を言います。
質問の例だと、吸光度=Ax投与量+Bのような関係です。
おそらく、投与量a~bまでの範囲では、適当な定数A、Bを与えてやれば、吸光度が上式で計算できるような値になっている、ということだと思います。
グラフに描くとその範囲では、おおよそ直線になっているはずです。
この範囲外では、そうし...続きを読む

Qhttp://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/21000

http://www.normal-japan.net/entry/2016/09/08/210000

このサイトのようにコンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか? できるようになるとしたら何年後でしょうか?
また できたとしても本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?

Aベストアンサー

>コンピュータ上で人間の脳をシミュレーションできるようになってしまうのでしょうか?
もう出来ているかも知れませんが、結構メンドイ。
>本当にそれは人と同じ人間言えるのでしょう?
これは簡単で天才数学者アラン・チューリングが定義した「チューリング・テスト」というのがあり、面倒ですが手続は既に決まっています。

Q1/fゆらぎのデザイン方法

1/fゆらぎのデザイン方法
1/fゆらぎのデザインは人間を癒すという話をよく聞きますが、それは多くの人が認めているとか、科学的に根拠があるものなのでしょうか。
それから、絶賛の記事はよく見ますが、設計方法を解説したものが見つかりません。
たとえば水玉模様を1/fゆらぎでデザインする場合、どのような手順でどんな計算をするのでしょうか。

Aベストアンサー

正確とは限りませんが。

水玉を格子状に1mあたり、横軸にl個、縦軸にm個並べます。
これを(仮想的に)l、mの周波数と考えれば、格子点から水玉をずらせば、
1/fっぽいデザインになるかと思います。
(どれだけずらせばいいかは、もう理解しているように思いますので省きます。)

とりあえず、時間軸方向の1/f揺らぎの話は聞いたことはありますが、
空間軸方向の1/f揺らぎが癒すなんて聞いたこともないので単純に拡張してみました。

たぶん、金儲けのための拡張だと思いますけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報