冤罪自白について調べています。電車の痴漢行為を無実なのに認めたケースを知りたいです。再び犯人扱いされるのが嫌で裁判を行わないとは思いますが、知っていたら事件の詳細について教えてください。

A 回答 (4件)

どのようなケースであれ、


警察署の中の刑事部屋の中のさらに奥にある、取調室で、
刑事に囲まれて、長時間怒鳴られたり、時には暴行を加えられたりすれば、
誰でも無実なのに罪を認めるというケースが生じます。
取り調べや拘留を、警察署の中で行うこと自体が問題です。
代用監獄問題と言います。
日本では取り調べに弁護士が同席することも認められていませんし、
全くの密室で取り調べが行われます。
このように、無実の人が犠牲になるように制度がなっています。
これは、
悪い奴を何とかするには、
少々の法律違反は仕方がない、
などという考え方の人がいることも問題があります。
    • good
    • 0

それでも私は やってないという映画がありました。

    • good
    • 0

確か、駅員の人に連れられて事務所い入ったら有罪(表現が悪いか)


そこへいってしまったら、犯人にされるというより、認めたにちかいらしいです。
    • good
    • 0

認めたケースではないのですが、もしも裁判に持ち込まれた場合、痴漢容疑がかけられている側が高い確率で敗訴しています。

(もしやっていなくても)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。やはり裁判ざたになると負けてしまうのですね。

お礼日時:2001/12/22 00:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報