首記の事に関しまして、今から約二年前、義父が胃や腸にガンを発症し、手術にてそれぞれ一部、及び全摘出しました。一時症候状態にありましたが、やはり当初の発見遅れの事からやはりといいますか、転移が認められ、近い内に再入院となる予定です。もはや手術も出来る状態ではなく、余命も良くて半年程とのことで家族・親族は悲しみの極みに立っております。特に近い内に私の第二子が生まれますが、一日でも長く生きてその子を見て欲しい、又がんの苦痛を化学治療以外に助ける物は無いかと・・よく聞くアガリクス等を試したいのですが、その効果の程はどうなのでしょうか?又各種各社から出ていますがどれが良いのかも全く見分けもつきません・・何卒教え願いますれば幸いです。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Shimajiroさん及びご家族、ご親族の方も大変と思われます。


私も肉親をガンで亡くしました。
発見が遅く入院時にはあと一月持つかと言われました。
アガリクスも気休めに飲みましたが、効いたのははっきり判りません。
ただひとつ言えることは最終的にはその人の精神力次第と思われます。
母は、結局のところ半年以上延命し、最後は亡くなる1週間前まで在宅でおりました。
新しい生命の誕生を義父さまがそれはそれは楽しみにしていることと思われますので、それをそれがかなり大きな支えになることと思われます。
ただ再入院というとそれだけでかなりショックの強いものですので、
皆さんで、また家に帰れると良いとか、第二子のお子さんの話をして元気付けてあげてください。
食事制限がないようでしたら、食べたいものを食べさせてあげたり、できるだけお見舞いをしてあげることが一番喜ばれます。
ただし見舞いはあくまで家族のみがいいです。抗がん剤などで弱っている姿を気のおけない人のは見られたくないという気持ちも強いようですので。
ただ、がんばれという言葉だけはある意味禁句だそうです。
こんなにガンバっているのにこれ以上どうしろと言うのと思ってしまうこともあるそうです。
あとは辛い選択と思いますが、末期となるとあとはできるだけ苦痛を感じさせないようにしてあげることも必要だと思います。結果、家族のことがわからなくなることもありますが、やはり全身を襲う痛みが一番辛いようです。

ガン患者の方の家族のフォーラムのようなものも参加なさるといいかもしれません。
患者さんも辛いですけど、実際、家族もかなり辛かったものです。
なんのお返事にもならずにすみません。

ただ、一言、民間療法は決して悪いとは言いませんが、高額のものも多いので、よく考えてからになさったほうが無難です。
お医者様に一応、相談すれば、それなら服用してもかまいませんよと教えてくれますよ。
嫌なことですが、確かに金儲け主義のご都合主義者が、弱みにつけこむ商売も少なくはないのです。
一番大切なことはShimajiroさんたちが後悔しないことかもしれません。
あまり参考にならなかったかも知れませんが、多分、経験したものにしか判らない痛みというものはあるものなのです。

第二子さんが元気で健やかに生まれてくることを祈っています。
    • good
    • 0

私は最近AST気功の勉強を始めました。

AST気功というのはまだあまり一般には知れ渡っていないのですが、現代の医学に匹敵する、あるいはその力を越す治療法として近年医学学会などで注目を集めつあります。ガン患者や、その他狭心症や腎不全などの様々な病気を治したりその症状を和らげたりすることができます。ガンの人の場合はその治療を受けた6割の人が完全に治っています。4割は治らない人がいます。それは残念なことにそのほとんどの人が末期ガンの方です。でも数は少ないかもしれないけど末期ガンの人で治ったという人もいます。AST気功を試してみる価値は十分にあると思います。AST気功を受けると、それだけでも体の痛みは激減し、また、抗がん剤による副作用を和らげることができます。ぜひぜひ試して見て下さい。少なくても絶対痛みや副作用の苦しみからは逃れられると思います。鈴木正弘さんという方の著書で「気功治療入門」という本が出ています。まずは読んでみることをお勧めします。とにかく読むだけでも読んで見て下さい。パソコンで鈴木正弘とかAST気功とかAST医学とか検索するといろいろ出てくると思います。あとはやっぱり本人の気持ちの持ち方だと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。
    • good
    • 0

アガリスクのことは、わかりませんが、痛みの軽減のために、お父様のお好きな音楽を、聞かせてさしあげたらいかがでしょうか。


昔歌った童謡とか、若い時にはやっていた思い出の曲とか、クラシックが嫌いでなければ、モーツアルトとか、ビバルディーとかの、穏やかな曲には、痛みを軽減す作用があるそうです。音楽療法の、講座に参加した時にそう聞きました。
音楽療法を、検索すると、きっと参考になることが、出てくると、思います。

ご自分の、出産の話題をきっかけして、ご主人様の、子供の頃の楽しい思い出とか、教えていただいたらいかがでしょうか。上のお子さんのかわいい姿も、どんなに、励みになることかと思います。皆様お体大切に、まず元気な赤ちゃんを産んでくださいね。
    • good
    • 0

末期癌の症状で、どの様な処置でも施しようの無い状態のとき、癌特有の痛みがあると思います、麻酔・座薬等も在りますが、人間としての状態は保てません、私の家内も肝臓癌の為に、余命3ヶ月と言われた時の状態を思いますれば大変な状態です。


人としての、状態を保ち余命をと考えられるならば、薬草での治療も一つの方法と思います。
 その方法は、「日々草」での療法です、この葉を3枚から5枚位を食べて下さい、癌特有の痛みは取れますし、食欲も出ますのでこの「日々草」を食べられることを進めます、きっと延命効果があります。
    • good
    • 0

ご家族の心中お察しします。



以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中でblackleon先生の回答や#3で紹介したサイトも参考にして下さい。

>又がんの苦痛を化学治療以外に助ける物は無いかと
どのような点でしょうか?
今は癌性疼痛の緩和ケアも進んでますので、それ程避ける必要もないかと思いますが・・・・?

一般的論として、民間療法(?)にあまり期待されない方が良いと個人的には思います。

なお「アガリスク」等に関しては、TOPページで「アガリスク」と入れて検索するとHitしますので参考にしてください。

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=124232
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膀胱がん 浸潤性 末期 リンパ節転移

タイトルの通りですが、そういうことです。現在がん研有明病院に入院してます。3日前に膀胱鏡手術をして3センチ大の腫瘍を取れるところまで除去も、「根が深い」とのことで全部取りきれませんでした。先月12月上旬に撮ったCTスキャンの時点でリンパ節転移が確認出来ています。11月に初めて血尿があってから、急転直下の出来事です。

来月なかばにまた再入院して抗がん剤を1度やるとのこと。私はきゃしゃで体力がありません。なので1度しか出来ないと。それが効く確率が40%。もし効かなければ余命1年と。

良い病院があったら教えて下さい。もしくは、治療法など。欲を言えば竹原慎二のように、どこでやったのかは知らないですが膀胱を取らないで治せれば良いですが。


※ある掲示板に同様の質問を書いたら心ない言葉を浴びせられました。ガンになったことがない人は、面白がって人が傷つくのを見て楽しんでいるようです、真面目にやめてください。真剣に悩んでいます。

Aベストアンサー

回答させて頂きます
まず最初に、私は全くのド素人です。偶然、貴方様の質問をみつけ、質問文を拝見したら大変な事だと思い、何か手伝えないかと思いました。

私なりに調べました。竹原さんの件ですが、たぶん病院は東大付属病院だと思われます。

あと、竹原さんは 琵琶の葉療法、がん抑制のための点滴などをされたそうです。
ただ、それらは一千万円くらい費用がかかるそうです、貴方様の経済事情は存じ上げませんが、私の感覚では、う、高いな と感じました。

すいません、以上こんな感じです。

私、本当に素人なのでなんにも役にたたない情報かも知れません。

病は気から という言葉があります。大変だと思いますが、気持ちで負けないでください、

私の想像を遥かに越えて貴方様は過酷な状況かも知れませんが、私、貴方様が少しでも癒されるように祈ってます。だって貴方様の質問文から貴方様の真剣さ、深刻さが私に伝わってきましたから、何か私なりに手助けしたかったのです。

負けないでください。

Q胃がん→肺がん→副腎に転移・・・状態について

父(71歳)が3年半程前に胃がんになり胃全摘しました。
2年程前に肺に転移しておりその時は大きめから小さめまで
いくつか見つかり手術してしまうと散ってしまって
よくないということで抗がん剤治療が始まりました。

徐々にですが特に3月頃から体力がなくなり
呼吸するのもひどくなり歩いても休み休みという状態でした。
胸のレントゲンを撮ったところ肺に水がたまっていて
抜きました。でも状態は変わらず反対に顔首手足に浮腫みが
出始め今では別人のようです。

色々検査した結果肺のガンは大きくなっており
腫瘍マーカーも2000になってました。
2000という値は大きいのかわかりませんが
今までは最高で700以内でした。
副腎にも転移しており本人には伝えてないけど
もう色々抗がん剤はやってきたし治療はないし、
できないと・・・。検討はしてみますが・・・。
という結果でした。

その他、尿が出にくくて利尿剤も使ってます。
食欲が全くなく栄養剤も点滴してます。
栄養剤のせいで特に食欲がなくなったのか
1ヶ月入院して46キロから54キロになりました(身長166)
最近では呼吸がしにくくなり鼻に空気出るようなものを
つけてます。

心配なのは浮腫みが引かないのと呼吸など色々ありますが
今の状態ではかなり悪いですよね??
余命なんて恐くて聞けなく・・・父は退院させられてからの
生活も自身がないと弱音を吐いてますが
今の状態では静かに見守るしかないのでしょうか??

父(71歳)が3年半程前に胃がんになり胃全摘しました。
2年程前に肺に転移しておりその時は大きめから小さめまで
いくつか見つかり手術してしまうと散ってしまって
よくないということで抗がん剤治療が始まりました。

徐々にですが特に3月頃から体力がなくなり
呼吸するのもひどくなり歩いても休み休みという状態でした。
胸のレントゲンを撮ったところ肺に水がたまっていて
抜きました。でも状態は変わらず反対に顔首手足に浮腫みが
出始め今では別人のようです。

色々検査した結果肺のガンは大きくな...続きを読む

Aベストアンサー

先の回答者にもありましたが、ホスピスに入れるも検討されてはどうでしょうか?

患者自身が、ガンであることを知っているのであれば、ホスピスに入ることで有意義な生活を送ることができます。

ただ、ガン患者なったからといって、即ホスピスに入れる訳ではありません。
一概には言えませんが、末期ガン(余命半年位)と宣告された際に選択するものです。 ※余命半年位の患者しか入れません。

ホスピスは「治療」の場所では無いので、一般病棟では使用しないような薬も使用します。
実際に、一般病棟では寝たきり状態・会話も出来ない状態だった患者が、ホスピス病棟に移動して薬が変更されたことで、歩いて散歩をしたり家族と会話ができるまで元気になりました(※一時的に)。

状況によっては放射線治療を行うこともあり、効果があれば元気(有意義)に過ごせる期間も長くなります。


とはいえ、現在では「ホスピス病棟」を持つ病院というのも増えつつありますが、聞き慣れない人にしてみれば、「ホスピス病棟とはどういうものなのか?」と疑問に思ったり、不安に感じるでしょう。


下のURLは日本で初めてホスピスを導入した病院です。
ホスピス病棟を新設する病院の看護師が数ヶ月間の研修に来たりすることもあるそうです。=新設する病院が参考にしているので、その実態がわかるでしょう。
http://www.seirei.or.jp/mikatahara/default.asp

先の回答者にもありましたが、ホスピスに入れるも検討されてはどうでしょうか?

患者自身が、ガンであることを知っているのであれば、ホスピスに入ることで有意義な生活を送ることができます。

ただ、ガン患者なったからといって、即ホスピスに入れる訳ではありません。
一概には言えませんが、末期ガン(余命半年位)と宣告された際に選択するものです。 ※余命半年位の患者しか入れません。

ホスピスは「治療」の場所では無いので、一般病棟では使用しないような薬も使用します。
実際に、一般病棟では...続きを読む

Q膀胱がん手術後の抗がん剤治療の是非

私は60歳男性です。膀胱がん(表在性、1cm大、1個)が見つかり、大阪府にある大学附属病院で手術を受けました。術前にIVP、MRIの検査を受け、腎盂に薄い影があることから、手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)と同時に逆行性右尿路造影の検査も受けました。その癌細胞の病理検査の結果は「筋層への浸潤無し、悪性度はG2、右腎盂も癌は無し」ということで、3か月後に膀胱鏡検査をすることになっています。
膀胱がんは再発しやすい、再発率が50%である、と聞きます。そこで最近の標準治療では、筋層非浸潤性膀胱がんの場合でも、手術時に抗がん剤の単回注入が推奨されています(膀胱がん診療ガイドラインCQ6)。私は少ししんどくても、再発防止のために抗がん剤を膀胱に注入すべきなのかな、と考えていたのですが、私の主治医(その大学の泌尿器科)は、抗がん剤の副作用を考えて、注入しないという方針を持っています。しかし最近のいろいろな医学書のどれもが再発予防の抗がん剤注入を勧めているので、その方針の方が正しいのではないか、と私は思うのです。私は医学については素人なので、専門知識をお持ちの方にアドバイスをお願いします。また抗がん剤治療を経験された方がおられましたら、アドバイスをお願いします。

私は60歳男性です。膀胱がん(表在性、1cm大、1個)が見つかり、大阪府にある大学附属病院で手術を受けました。術前にIVP、MRIの検査を受け、腎盂に薄い影があることから、手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)と同時に逆行性右尿路造影の検査も受けました。その癌細胞の病理検査の結果は「筋層への浸潤無し、悪性度はG2、右腎盂も癌は無し」ということで、3か月後に膀胱鏡検査をすることになっています。
膀胱がんは再発しやすい、再発率が50%である、と聞きます。そこで最近の標準治療では、筋層非...続きを読む

Aベストアンサー

素人です。
施設の方針とのことであれば、どういう根拠で手術時に抗がん剤の単回注入をしない方針としているのかをたずねてみるしかないのではないでしょうか?
副作用を考えてということであれば、ガイドラインにも副作用の記載があるし・・・

膀胱がん診療ガイドラインCQ6の解説には、
再出血や膀胱穿孔などを発症する可能性、重大な合併症を生じたとする報告などの記載がありますよ。
再発率は、1年で24%、5年で46%という海外の報告もあったような気がするので、5年で再発率が50%ということでしょうか?

いずれにしても、がんの再発、進展がないことをお祈りします。

Q癌に効く発酵アガリクス。

母がすい臓癌で肝臓と胆管への転移があります。
現在抗がん剤治療と併用してアガリクスを飲んでいます。
民間療法も様々あると思いますが、最近発酵アガリクスをいうのを目にしました。実際使われたことがある方、ご意見を伺いたく質問させていただきました。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご心中お察しします。

質問の主旨とは外れますが、アガリスクに関して以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「国立がんセンターのデータとして、アガリクスの抗がん効果について記述している出版物がみられますが、本当のことですか?」

>アガリクスががんに効くのはアメリカの国立がんセンターで証明されています。
実際の論文をご教示頂ければ幸いです。

お気持ちは分かりますが、個人的にはアガリスクを含む民間療法に過度の効果を期待されるのはどうかと思います。

◎http://humanbalance.net/gan3/data31/data31.html
(膵臓がん)

◎http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/colm32/250681
(進行膵癌に対するベバシズマブ+ゲムシタビンの第2相試験で1年生存率53%、奏効率27%)
今年のASCO(米国癌治療学会)での発表です。

いずれにしても主治医と良く相談されることをお勧めします。

ご参考まで。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/index/qanda.html#06

ご心中お察しします。

質問の主旨とは外れますが、アガリスクに関して以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「国立がんセンターのデータとして、アガリクスの抗がん効果について記述している出版物がみられますが、本当のことですか?」

>アガリクスががんに効くのはアメリカの国立がんセンターで証明されています。
実際の論文をご教示頂ければ幸いです。

お気持ちは分かりますが、個人的にはアガリスクを含む民間療法に過度の効果を期待されるのはどうかと思います。

◎http://humanbalanc...続きを読む

Q痛みを伴わないが赤ワイン色よりずっと薄い血尿、膀胱がんの可能性の程度

海外居住者54歳です。近くに泌尿器科の医院や総合病院がありません。

10日ほど前に2回血尿が出て、翌日にも1回血尿が出ました。ただ、その後は肉眼でわかる血尿は出ておらず、以前と変わりない尿で、既に9日間経過しました。痛みは全くなく、今もありません。その後、ネットで血尿について調べたところ、「痛みを伴わない血尿は膀胱がんの特徴で、膀胱がんの可能性が高く、直ちにCTスキャンと膀胱内視鏡検査をすべき」という泌尿器科専門医の記事を見つけて愕然としました。ただ、他のサイトも調べたところ、膀胱がんについては、「血尿の色が鮮血に近い真っ赤な尿の場合が多い」、「おしっこの最後の方で赤色が濃くなる」、「喫煙者に多い」などといった別の特徴もあるようです。私の血尿は、鮮血に近い真っ赤なものでないのはもちろんのこと、赤ワイン色よりももっと薄いものでした。また、おしっこの最初から最後まで同じ色で、喫煙者でもありませんので、「痛みを伴わない血尿」以外の膀胱がんの特徴は、全く該当しておりません。また、ストレス、睡眠不足、栄養失調等によって突発的・一時的に血尿が起こる場合もあると書いているサイトもありました。加えて、日本人の内科医の先生(知人)にも電話で相談したところ、「今のところ様子を見て、血尿が再発したら直ちにCTスキャンと膀胱内視鏡検査を受けなさい」とのアドバイスをもらいました。これらの理由により、現在、様子見中で、検査は全く受けておりません。

ただ、血尿2日目以降の尿は、肉眼でわかる血尿は出ておらず、以前と変わりない尿とはいえ、気のせいかもしれませんが、薄~い黄色(正常)というよりは薄~い黄オレンジ色のような気もします。微量ですが、まだ血が混じっているのかもしれないという意識と、もしがんだったら今も進行していることになるという恐怖感が頭を離れません。

このままさらに3週間くらい様子見を続け、肉眼でわかる血尿が出ず、以前と変わりない尿だった場合、「膀胱がんではなく、原因はがん以外」、「がん以外なら1ヵ月平常どおりなら自然治癒した」と思ってしまってかまわないでしょうか? 膀胱内視鏡検査は、局部を麻酔し、内視鏡カメラを挿入するそうで、大変恐ろしく、できうる限り避けたいと思っています。

海外居住者54歳です。近くに泌尿器科の医院や総合病院がありません。

10日ほど前に2回血尿が出て、翌日にも1回血尿が出ました。ただ、その後は肉眼でわかる血尿は出ておらず、以前と変わりない尿で、既に9日間経過しました。痛みは全くなく、今もありません。その後、ネットで血尿について調べたところ、「痛みを伴わない血尿は膀胱がんの特徴で、膀胱がんの可能性が高く、直ちにCTスキャンと膀胱内視鏡検査をすべき」という泌尿器科専門医の記事を見つけて愕然としました。ただ、他のサイトも調べたところ、膀...続きを読む

Aベストアンサー

原因は尿道の傷やその他でもあり得ると思いますが、ご年齢的にも可能であればやはり一度検査は受けておいたほうが良いでしょうね。

Q抗がん剤とアガリクスの相性は?

近親者にガンが発見され、12月に手術をしました。
で、今後の再発のリスクを少しでも低くするために抗がん剤の治療がはじまりました。

そこで教えていただきたいのですが、友人から「アガリクス」を頂き服用しようと思っているのですが、ちょっと心配なことがあります。

抗がん剤はAC療法でドキソルビシン(アドリアシン)とシクロフォスファミド(エンドキサン)の点滴投与です。
「エンドキサン」を検索すると「免疫抑制剤」とのこと。「アガリクス」は「免疫力を高める」とのこと。

この相反するものを同時にっていうことは大丈夫なのでしょうか?それとも、抗がん剤の効果を下げてしまうものなのでしょうか?
「アガリクス」はあくまでも健康補助食品なので薬との併用の副作用は心配の必要はないのでしょうか?

なんでもよいのでアドバイスいただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ質問を主治医に質問したことがありますがはやりアガリクスは健康補助食品なので大丈夫と言われましたので併用しましたが副作用などの問題はありませんでした。

気になるようでしたら主治医に聞かれたほうが良いと思います。

Q膀胱がん BCG治療の子供、妊婦等への影響

家族が膀胱がんでBCG治療をすることになりましたが子供、妊婦等への影響(感染)について教えてください

Aベストアンサー

患者さん自身では、昨年の感染症学会で腰椎だったかに罹患した報告がありましたが、周囲の人に感染した事例はないです。ただし、牛を家族と一緒に家の中で飼育していたら、その牛にはかかる可能性があるかもしれません。

Q胃がん手術しましたが又タバコを吸いだしてしまいました、だめですよね

胃がん手術しましたが又タバコを吸いだしてしまいました、だめですよね

Aベストアンサー

辞められないですよ、私も、明日手術なのに、病院に入院したら タバコは駄目だと言うんです、誰が決めたんだと言い 今 外で吸ってます、ヒョットして ミスで死んだら 死に切れんでしょう、貴方の気持ちに 大賛成。

Q膀胱がんの手術について

私の家族が膀胱がんと診断されました。福岡・山口でいい先生・病院を教えてください。

Aベストアンサー

直接の回答ではありませんが、下記のURLのANo.3に私の母の体験を記述してますので参考下さい。母の場合は悪性度の高い膀胱ガンでしたが、膀胱を摘出しないまま再発することなく、今も元気に生活をしてます。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288


尚、沢山の事例をこなしている「ガンセンターなど腫瘍専門の病院の泌尿器科」を探されたらよいと思います。お近くにない場合は、許されるものであれば、遠くであっても専門病院に行かれてはどうでしょうか。医師個人とともに病理検査などの人材および設備の体制も重要かと思います。

Q1か月程前に右頸(右耳斜め下)に4センチ程のしこりに気づきました。

1か月程前に右頸(右耳斜め下)に4センチ程のしこりに気づきました。
いずれ治るだろうと放置してましたが、
家族の勧めで、がんセンターの頭頸部外科に受診しました。

初受診当日、鼻からカメラを入れて扁桃腺や喉の部分を見てもらいましたが、
特別異常はありませんでした。
午後からは頸のシコリに針を刺して、組織を採りました。

また後日に、PETの検査と頸のシコリ部分CTを撮りました。

今日の検査結果では、頸のシコリから採った針生検で90%癌ですと言われました。
その上、頸のシコリは原発ではなく、転移したものだとも言われました。

これからは原発を見つける検査をしていくと言われました。

先生にPETで原発はわからなかったのですか?と質問したら
PETは100%ではないとも言われました。

気が動転していたので、その時は質問しなかったのですが、
どうして頸の腫瘍が転移したものだとわかったのでしょうか?
生検で原発細胞か転移細胞かわかるのでしょうか?

医学に詳しい方、どうぞ教えて下さい。
宜しくお願いします。

PC:51歳男性です。ビールもおいしいし、食事も食べれるし
体重も減っていません。至って健康ですが、
去年秋頃、ミカンを食べると喉に引っかかった違和感を感じていました。
父親は食道癌で他界しています。

1か月程前に右頸(右耳斜め下)に4センチ程のしこりに気づきました。
いずれ治るだろうと放置してましたが、
家族の勧めで、がんセンターの頭頸部外科に受診しました。

初受診当日、鼻からカメラを入れて扁桃腺や喉の部分を見てもらいましたが、
特別異常はありませんでした。
午後からは頸のシコリに針を刺して、組織を採りました。

また後日に、PETの検査と頸のシコリ部分CTを撮りました。

今日の検査結果では、頸のシコリから採った針生検で90%癌ですと言われました。
その上、頸のシコリは原発ではなく、転...続きを読む

Aベストアンサー

人の細胞には、色々な種類があります。
がんは、その細胞が異常に増殖する病気ですから、
もともとの細胞の特徴を持っています。

例えば、A細胞でできている部分にB細胞のがんがあれば、
それは、A細胞の原発癌ではなく、B細胞を持っている別の臓器からの
転移であるとわかります。

原発癌を見つける事は、とても重要なのです。
例えば、胃がんが肺に転移して、肺がんとなったとします。
このとき、肺がん用の抗がん剤は効かないのです。
もともとは胃がんなので、胃がん用の抗がん剤を使うことになります。

詳しくは、主治医の先生から説明を受けてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報